2013年02月27日

冬の空

愛犬の散歩を毎朝しています。
その時に必ず私がすること、
それは、空を見上げることです。

心の健康にも上を向くことはとても良いみたいだし、
なんといっても縮こまったカラダが、
思いっきり喜んでいるのがわかるから。

ちょっと立ち止まって見上げるのが精いっぱいだった
厳しい冬の朝。
最近は春の予感をはっきりと感じられます。

日差しが優しいというか、
吹く風の頬に当たる冷たさが昨日より痛くないのです。
「あぁ・・待ちに待った春が来るんだな」
なんだか嬉しくてたまらなくなります。

今朝もはっきりと「春の予感」がして、
いつものように、空を見上げました。
今日は「見上げる」のではなく、
「見渡して」みました。
いつもより遠くの方まで広く広く。

父の眠る場所に広がる空の方まで・・。

心の中で
「もう少ししたら会いに行くからね」
そうつぶやくと
「いつもそばにいるよ」
そんな声が聴こえてきました。

本当に声って聴こえるんですよね。。。

cpiblog01592 at 10:31│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぴよっこ   2013年04月12日 22:49
文子先生お久しぶりです。

新学期が始まり
新たな出会いに喜び、感謝の日々のさなか
父が肺がんを患い、父の弟が胃がんを患いました。

今年私は厄年です。
私に不幸が降りかからない分、周りに影響があるのだと
自分を責めてやまない毎日。

子どもたちの生きようとする姿に救われながら
母を支えること、自分にできることを模索しています。

家族って
命なんですね。

初めて知りました。

明日からも先生頑張ります。
2. Posted by 文子   2013年05月03日 14:27
びよっこさん、メッセージありがとうございます。
実は、パソコンの不具合で、本日拝見しました。
一生懸命、日々頑張っているぴよっこさんを心の中で応援しながら、
大切に読ませていただきました。

ぴよっこさん、自分を責めないでね。
人生の流れの中で、どうしようも出来ないことが沢山あります。
その時々に感じる辛さを、一手に引き受けては、
びよっこさんが壊れてしまいます。
お父様も、そんなぴよっこさんを知ったら悲しむと思います。

可愛い子どもたちに囲まれて、輝いているぴよっこさんを、
お父様は誇りに思っていると思います。

ぴよっこさん、いつもエールを送っています。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔