2007年05月

2007年05月28日

イギリスの庭に咲く控えめな薔薇のよう…でもこれは開いたチュ―リップ…

20590441.JPG


cpiblog01592 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

真昼の月

ちょっと前のぴよこさんのコメントに、
「思いつきの横浜一泊旅行」のお話しがありましたね。
私もぴよこさんと似た経験がありました。

思いつき、とは言えないけれど数年前、
色々な出来事にちょっぴり疲れていた私は、
仕事のパートナーでもあり、尊敬しているIさんを訪ねるために、横浜への一泊旅行にでかけました。
仕事8割、プライベート2割、ほとんどが仕事の話しでしたが、
それでも中華街を案内してもらったり、
後半の2時間位は、お互いのプライベートの話しで
大いに盛り上がりました。

再会を約束し、乗り込んだ帰りの飛行機。
窓の外に広がる青い空をボンヤリみていると、
そこには「真昼の月」が。。

いつもは夜空を見上げて眺める月が、
その日は、私の真横にありました。
そしてヘッドホンからはエンヤの曲・・♪
神秘的な、おそらく一生のうちで
そう何度も出会えないであろう真昼の月に、
心をふるわせたことを、今でもはっきりと覚えています。

その時、私の心に浮かんだ想い・・
「この月を見るために、横浜に旅立ったのかも」
エンヤの曲をバックに
控えめに輝く真昼の月を眺めながら飲むコーヒーは格別でした。。


cpiblog01592 at 21:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)人生 

2007年05月26日

〜びわ〜 なんと生まれて初めて食べました

ad456be3.JPG


cpiblog01592 at 18:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

泣けました・・・

急に思い立ち、今日は映画を観てきました。
「眉山」〜びざん〜です。

母が末期がんと知らされ、故郷徳島に帰省する咲子が、
今まで知らなかった母の人生を一つ一つ知っていく物語です。
会ったことのない父のこと、切なく苦しい母と父の恋・・。

母・龍子役の宮本信子さんの演技が、とにかくいいのです。
強くて、毅然とし、いつも背筋を伸ばし、自分の力で生きている・・
そんな凛とした強さが、何とも「粋」で美しい。。。

徳島の阿波踊りのシーンも素晴らしく、
いつか訪ねてみたい、そう思える祭りの風景でした。

人前で涙を流すのが、やたらと恥ずかしい私は、
映画館で泣いたことはありません。
あっ、泣いても一筋の涙がツツーと流れる程度にグッとこらえ、
連れにも、まわりの人にも、できるだけ悟られないようにするタイプ。
(可愛くないなぁ・・苦笑)

今日はまったくダメでした。
だって止めようにも、とまらないんですもん・・。
それでもエンドロールが流れる間に、気持ちを切り替え、
気合で?泣き顔を元に戻し(笑)、映画館を後にしました。

しばらく遠ざかっていた映画ですが、
「思い立ったら行く」をテーマにどんどん観よう・・
そう思った一日でした。。



cpiblog01592 at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人生 

2007年05月21日

開きすぎてしまったチュ―リップ(笑)

344e61cb.JPG


cpiblog01592 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

バイク・・・

バイク・・最近見かけませんね。
昔はこの季節になると、ライダーたちで溢れていたのに・・。
時々ライダーを見かけると、
なんだか遠い昔を思い出して、胸がキュンとなります。

若い頃、私の部屋には
ホンダの六気筒エンジン1200CCバイクのポスターが、
ド〜ンと貼られていました。
それからKawasaki Z400FXも・・。
本棚は雑誌「モーターサイクリスト」(まだあるかのかな?)で溢れ、
机の上には、小説「彼のオートバイ 彼女の島」が、
立てかけてあったっけ・・・。

親の猛反対で、中型免許も、大型免許も取らせてもらえなかったけれど、
今でも
「大きなバイクを自在に操って風に吹かれて走りたい」
こんな想いにとらわれることがあります。
わが子がバイクに乗りたい・・なんて言ったら、
命がけで止めるくせに・・(笑)

きっとこの先バイクに乗ることはないけれど、
時々は若い頃に感じた風を、何かの拍子に想い出すのでしょう。。




cpiblog01592 at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人生 

2007年05月17日

早起き


娘の学校が始まってから、ずっと5時起きが続いています。
まだ8時前だというのに、
朝食・お弁当作り、洗濯、掃除、洗い物、
仕事のメールのチェック、返信、
毎日の習慣のトレッチまで、すべて終わりました。
初めは眠いのと「朝早っ!!」という早起きイヤイヤ病で、
ちょっぴりしんどかったですが、最近ではホントに得した気分。
とってもいい感じです。
これでジョギングでもしたら、サイコーなんでしょうね〜(苦笑)

なんて・・・この後文章が続かないところをみると、
まだまだ頭の回転不足かも・・?
ここで朝風呂にでも入ったらサイコーなんでしょうが、
(いいなぁ・・一回やってみたい・・)
さっそく仕事に取りかかります。

みなさんも良い一日をお過ごしくださいね。。。






2007年05月15日

息子からのプレゼント

2be79b0f.JPG


cpiblog01592 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

娘からのプレゼント

37770a2f.JPG


cpiblog01592 at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

母の日

今年の母の日のプレゼント、息子からは三本のワインでした。
三本!!と言うところが
「さすが息子!ワイン好き(お酒好き)の母のことを、
よ〜く知っている」と感心(笑)
息子の言葉を借りると
「暴走のあまり勢い出して三本勝ったけど、
   会計の時予想外の金額でビビッた」ですって!

娘は「だいすき」と描かれているコーヒーカップ、
かわいい桜のグラス、
そして「おかあさんありがとう」という本。。
この本が泣けるのです・・・。

おかあさんへの感謝の想いが、
素敵な文と、イラストで綴られているのですが、
ページをめくるたびに、大粒の涙がポロポロ・・。
そして最後のページは、娘直筆の文章が綴られていました。
もうこの時はすでに、滝のような涙。
止める術が見つかりません。。

「何回私の名前を読んでくれただろう」
本の一ページに、こんな文章がありました。
生まれてから今まで、何度子どもたちの名前を呼んできたのかしら。
きっと他の誰よりも呼んでいるのは、子どもたちの名前。

こんなページもありました。
「お母さんがもっともっと幸せになれますように」
娘のプレゼントのグラスに、息子からのワインを満たし、
嬉し涙を流しながら、「ありがとう」でいっぱいの本を読む・・
今年の母の日は・・・格別・・でした。。




cpiblog01592 at 17:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0)人生