2008年11月

2008年11月28日

ミニクラス会

先日、中学のクラス会に出かけました。
クラス会、と言っても男子(笑)5人、女子8人の少人数。
「変わっているのに変わっていない」
そんな印象です。

どれだけの年月が経っても、一瞬であの頃に戻れる関係。
利害関係もなく、ただただ昔話、今の話しに花が咲いて、
おまけに美味しいお酒。
次々と「そう言えば・・・・」という話しが出てきて、
話しが止みません。

自分で驚いたのは、みんなの抱く中学時代の私の印象が、
「とにかく活発でスポーツ好き」
正直、自分で「えっ?ホント?」って感じ。
高校から「ぶりっ子」っぽい感じでしばらく生きてきた私にとって、
少し意外な感じがしました。
でも「それがホントの私」そんな気もしています。

女性は特に年を重ねるごとに、若い頃、そして小さな頃の自分に
戻っていく・・・そんな話しを聞いたことがあります。
だとしたら「活発でスポーツ好き」は大歓迎!!
若々しくて、私にとってはサイコーのイメージです。

可笑しかったのは、
みんな最後になると
「あそこが痛い・・ここが痛い・・」と言い出したこと(笑)
万年少年少女たちは、大爆笑でした。。。


cpiblog01592 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月23日

年齢って・・?

自分が今の子どもの年だった頃の、両親を思い出しました。
はっきり言うと、普通のおじさん&おばさんです。
「親」以外の何者でもない存在でした。
まして親も一人の男性であり、女性・・なんて思いもしません。

ただ、自分が今その年になると、
「まだまだ若い」(勝手に思っているたげ・・気持ちがね)
だって昔の同級生に会うと、すぐにあの頃に戻れるし、
いい恋愛映画を観ると、うっとりもする。
心はおばさんではないのだ!!と、強く言いたい私がいる。

娘がバイト代でオシャレな服を買ってきてので、
「時々借してね〜」
すると
「何いってんの?!コスプレになるっしょ」だって。
別にセーラー服借して」って言ってるわけじゃないのに(笑)
私の中では「着れる!!」と思っているのです。
大きな間違いかな?(苦笑)

今の自分の生き方や、気持ちを考えると、
もしかしたらあの時の両親は、
「父はまだまだ格好よくて、母は綺麗だったのかしら」
そう思えてなりません。

子どもたちにとって、私は完全なる「おばさん」。
私の心の中をのぞいてみると、
少しは見方を変えてくれるかな。。。

cpiblog01592 at 11:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年11月20日

ミニラブちゃん

5e691a42.JPG


cpiblog01592 at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ラブの分身

先週何気なくテレビを観ていたら、盲導犬が出ていました。
そう・・ラブと同じ犬種の、ラブラドールです。
すぐにチャンネルを変えました。
車を走らせていると、犬の散歩をしている人をよく見かけます。
今までは、犬種が同じワンちゃんだと思いだすので、
目をそむけていました。

「テレビだから大丈夫かも・・」
そう思い、チャンネルを元に戻すと・・
ラブにそっくりなワンちゃんの姿が・・・。
もう泣くまいと思っていた意志とは反対に、涙がポロポロ。
すぐにチャンネルを変えました。
まだラブの死を乗り越えられない自分が、そこに居ました。

先日、西岡北中でPTAの講演会がありました。
当日の会場設定など色々とご足労くださったМさんが、
帰り際、そっと渡してくださったもの・・
それは「ラブにうり二つの可愛い編みぐるみ」でした。
私は目にした瞬間涙が・・・。
ブログを読んでくださっていたМさんが、
心をこめて作ってくださったものでした。
感謝の気持ちをどう表現したら・・、
気の利いた言葉もなかなか出てきません。

「ラブが帰ってきた」
「ラブの分身」
なんだか嬉しくて嬉しくて。。。
今もつぶらな瞳で、伏せ、をした恰好で、私を見つめてくれています。

Мさんの温かな心、そして優しさに包まれながら、
学校を後にしました。

「人ってなんて優しいんだろうね・・・」
ミニラブを見せた時の、子供たちの言葉です。。。

・・・Мさん、心からありがとうございます・・・

cpiblog01592 at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)人生 

2008年11月16日

無心に・・・

二カ月前から、時間を見つけてウォーキングをしています。
去年はジョギングだったのに・・・、
そう思うと焦りもするし、走りたい気持ちが大きくなりますが、
そこはグッとこらえて、
「焦らない・・焦らない・・」
自分に言い聞かせて、ひたすら歩いています。

誰もいない公園に来ると、
どうしても走りたくなり「せめて二周だけ」と自分と約束し、
おそるおそる?走っています。
性格的に「あぁ・・やっぱりせっかちな私はジョギング向きだな〜」
あらためて思います。

歩きながら色々考えていると「ポジティブな考えが浮かぶ」なんて、
本で読んだことがありますが、未だにその感覚とは出会っていません。
ただ「無心になれること・・」これは大きいです。
日々生きていると絶え間なく考えや、雑念、で頭の中はいっぱい・・。
でも歩いていると本当に「無心」になれます。
これは私にとって大きな発見です!!

体のためにひたすら歩いていますが、
「無心」というご褒美が、ついてきました。
これから寒く厳しい冬がやってきます。
せっかく習慣づいたウォーキング、なんとか続けたいと思っています。

でもなぁ・・颯爽と走りたい・・
そして・・心から剣道がしたい。。。

cpiblog01592 at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2008年11月10日

一つだけ願いが・・・

以前、江原さんの「オーラの泉」に松田聖子さんが出演していました。
年齢も近く、いつまでも輝き続ける彼女は、
いつも気になる存在です。

番組の中で
「一つだけ願いが叶えられるとしたら何を願いますか?」
彼女の答えは「亡くなった父親に会いたい」でした。
きっと、とても切実な・・心からの願いでしょう。。

私は?ふと考えました。
迷うことなくすぐに浮かんだ想いは、
「子どもたちが自分の夢を叶え、
   幸せな家庭を築き大切に守り続けること」
親であれば、誰しもが願うことだと思うのですが、
自分の中では、とても強い想い、
そして願いとして強く湧き上がる気持に、
なんだかドギマギしている自分が居ました。

決して子どもべったりではないし、
距離を置きながら愛情を注いできたつもりですが、
「自立」目前の子どもたちの姿を日々見つめていると、
「私の見えないところで幸せを掴んでいく」
というこれからの現実がドッと押し寄せ、
・・・であれば
「心から子どもたちの幸せを願いたい」
そう単純に思ったのです。

「一つだけの願い・・」
考えると、とても深いですね。
自分にとって「一番大切なもの」が見えてくるかも知れません。。。


cpiblog01592 at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人生 

2008年11月02日

頭と心

人は心で考えているときも、やっぱり頭(脳)の中で考えているのかしら。
「心」という臓器はないから、
心と頭で考える・・その違いって、いったいなに・・・?

私はひらめきや、直感を大切にするほうだし、
「心で考える」という言葉は、大好きだしとてもしっくりきます。
でもどちらかというと、
つい頭で考えてしまうことが多いかもしれません。
ことプライベートでは・・。
普通は仕事の場面で使う「頭」をプライベートにフル活動して、
プライベートで使う「心」を仕事の場面でフル活動している感じ。

でもここ何日間で、
それが今の私にとってはとても不自然に感じ始めました。
「もっと心で動いていいのかな」
「頭で考えるが為に、失っていることって多いかもしれない」
そんな風に思い始めています。
「なにかが変わるかも・・」

「あるがままに生きる」
私の大好きな言葉ですが、そこには責任も生まれます。
大人として、人間として「凛」と背筋を伸ばしていきたいけれど、
それだけでは疲れてヘトヘトになってしまうことも・・。
「あるがままに生きる」この言葉を上手に取り入れながら・・
「心」で考える時間を増やしてみようかな・・。




cpiblog01592 at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人生