2009年06月

2009年06月27日

ラジオ最後の日

昨日、大好きな元ラジオカロスのKちゃんが、
番組を卒業しました。
彼女とは9年前、番組の入れ替えの時のほんのわずかな時間を、
共有しただけでしたが、いつの間にか大好きな人になっていました。

彼女の卒業は、見事でした。
彼女らしい「笑声」「優しさ」「温かさ」
メインパーソナリティーの良さを、一層引き立てていました。
最後は、涙で声がつまっていました・・。
でも、背筋を伸ばし「凛」としているKちゃんが見えるようでした。
飛鳥さんの「心に花の咲く方へ」が、彼女の紹介する最後の曲。
曲をを聴きながら、私も泣いてしまいした。

私は、放送五分前に「卒業」のことを話しました。
こらえた涙を、いったんしまいこんで終えましたが、
もっと時間があったら、Kちゃんのように泣きながらの放送に
なったと思います。

心が折れそうな時、辛い日、体調がすぐれない日・・・
ラジオ局に通い、マイクの前に座ると心がシャンとなり、
リスナーさんからの温かいメッセージで、
自然と元気な自分になっている自分が居ました。

「Kちゃん!本当に長い間おつかれさまでした。
  そしてなによりも・・ありがとう・・」

ラジオってすごい!!大好き!!
「OH!ラジオ!!」


cpiblog01592 at 10:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)人生 

2009年06月26日

ラジオの記憶

少しずつ、ラジオの記憶が遠ざかっていきます。
本番前の緊張感、マイクの前に座った時の背筋が伸びる瞬間。
どれも私にとって必要なこと。

ただ遠ざからないもの・・・それは、
リスナーさんのメッセージの記憶。。。
一層近くなり、懐かしすぎる思い出として、
時に私の心が痛みます。

時々「あっ、この話題ラジオで話さなきゃ」
そう思う瞬間があります。
もう長年のクセ・・ですね・・。

今スタジオに入り、マイクの前に座ったら何を話すでしょう。
話すことはそれこそ山のよう・・・。

「カーラジオから・・スローバラード♪」(涙)


2009年06月21日

父の日・・いつまでも・・

今、大きな花束が届きました。
今日は父の日・・、送り主は私です。

今までは、デパートへ行って毎年何がいいか・・
選ぶのが恒例でした。
当たり前のように、選べることにも感謝せずにいたような気がします。

お財布、ストラップ、シャツ、名刺入れ、眼鏡ケースetc
物をプレゼントするということは、
使ってくれるからこそ・・・
こんな簡単なことに、今まで気づきもしなかったみたい・・。

毎年、プレゼントを渡すと父は照れくさそうに、
まず自分の前に置きます。
そして「早く開けたら?」という母の声にせかされて、
ゆっくり、そして不器用に、ラッピングを開けます。
「ありがとう、嬉しいよ」
照れ屋の父はそんな言葉は言いません。
ただもごもごと?何やら聴こえないほどの小さな言葉で、
ポツリ・・ポツリ・・語り、プレゼントを自分の前に置きます。

お礼の言葉を語りかけることはない照れ屋の父ですが、
どれだけ嬉しいかは、私の心に深く伝わりました。

今年は、仏壇の父の写真に向かって、
生きてい頃言えなかった感謝の言葉を、沢山伝えました。
心なしか写真の父の目の周りが、ピンク色に染まっていたのは、
父のうれし涙のせいでしょうか。。。

きっと天国の父の足元には、沢山の花が咲き誇っていることでしょう。
これからずっと・・綺麗なお花・・・
父の日にはプレゼントするからね。。。



cpiblog01592 at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人生 

2009年06月19日

時の流れ

昨日は父の百日法要でした。
仕事なので出ることが出来ず
「いつも仕事でごめんね・・」
そう仏壇の父に語りかけて、家を出ました。

帰りは、綺麗な花束。。。
「ご縁」のある大切な方からのプレゼントでした。
戴いたのは私ですが、お礼の言葉とともに、
父の仏前に飾らせていただくことをお話ししたら、
とても喜んでくださいました。
もちろん、一部は今私の目の前で、綺麗に咲き誇っています。
そして私に元気をくれています。
思えば父が亡くなってから、我が家には花が絶えることはありません。

百日の早さを実感しながら、車を走らせていると
「最後に父に怒られたのはいつだろう」
ふと、思いました。
もう子どもじゃないからずっと前・・と思っていたら、
意外と身近にあったことを思い出しました。

母と、ちょっとしたことで喧嘩をし(いい年して恥ずかしい・苦笑)
私が少しキツイ言葉を言ってしまいました。
すると
「なぜもっと優しく言えないんだ?
 ラジオで話しているように柔らかく言えないのか。
 そしてお前は何の仕事をしているんだ?」
かなりこたえました・・(涙)

「家では仕事のようにはいかないよ〜」
そう心で反発しつつ、父の言葉に隠されている深い意味を、
理解している自分が居ました。

もう叱ってくれる父はいません。
でも、生きている時以上に大切なメッセージを、
伝え続けてくれていることは間違いありません。
もう一度・・・叱られたいな。。。

cpiblog01592 at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2009年06月15日

身近なコーチング

もう何年も「子育てコーチング」を続けている
Hさんがいらっしゃいます。
当初は、普通のお母さんと同じように、
子育てに悩んでいらして、コーチングを始めました。

今では「子どものこと」と言うよりも、
ご自分のこれからの生き方や、夢の話しが増え始め、
切羽詰まって、お電話をくださってぃた初めのころとは、
本当に大違い!!
Hさんの元々の、明るさや、前向きさが、
コーチングの随所に感じられ、私ジ自身も力を頂いています。

先日のコーチングでHさんが教えて下さったのですが
「ママ、今日はコーチングの日だよね〜」
そんな言葉が、お子さんの口から飛び出すようになったそうです。
コーチングの意味も、Hさんはきちんと話されているそう。
そして長い人生の中で、
「コーチング」という言葉をお子さんがどこかで思い出して、
役に立つ日が来るといい・・・
そうも、おっしゃっていました。
コーチ冥利に尽きます。。。

私も子どもたちが小さい頃、コーチングが日本に入ってきていたら・・。
そして若い頃、コーチングに力を借りながら生活していたら・・
人生も変わってぃたかも・・・なんて考えたりもしてます。

「コーチング」
もっともっと沢山の人たちの身近に、この言葉があったら。
そう願わずには居られません。

2009年06月11日

感謝の心

最近、就職した子どもたちと話していると
「感謝」の心が伝わってきます。
一緒に働いている仲間、取引先・・・全ての人たちが、
みんな素敵な方たちばかりだと。

そんな時「ありがたいね〜」
私の口から出てくる言葉です。
社会に育ててもらっている感謝の気持ちでいっぱいになるのです。

「いつか必ずその恩は返しなさいね」
「本人に・・ということはもちろん、いつか自分がしてもらったことを
 別の人に同じように返しなさい」と。

厳しい社会の中で、人の優しさに触れることは、
何よりものご褒美です。
辛くて大変だからこそ、子どもたちは感じているのでしょう。
今日の夜も「ありがたいね〜」
そう言いたいものです。

今日は雨。
午後からコーチングが入っているので、午前中剣道のお仲間と、
電話で話しました。
「剣道、再開してみようか・・・」
ふと、そんな思いが浮かびました。
前と同じ私ではないけれど、体がどこまでついていけるか
わからないけれど・・何かを見つけられることは確かだと思うのです。

「奇跡」だって起きるかも知れない。
「思ったとおりに人生が流れていく」のであれば、
私は「剣道を一日でも長く続けていきたい」
そう感じている雨の一日です。。。

cpiblog01592 at 11:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日常 

2009年06月10日

爽やかな季節

5月、6月は私の大好きな季節。
今日も朝から気持ちのいい風が吹いて、お日さまサンサン!
ラジオ体操も、よほど早い仕事がない限りは、
毎日順調に続けています。
第二体操まですると、結構フゥフゥしていまいます。
でも、続けていると少しずつ体が柔らかくなるのがわかります。
また「ラジオ体操の歌」も、元気が出てなかなかいい!!
きっと大声で歌うと、かなり体じゅうにエネルギーが、
充満しそうな気がします。
歌わないけど(笑)
でも歌いたい気も(*^_^*)

昨日大学の講義があったのですが、暑かったから窓を開けていると
風にそよぐ沢山の木の葉のサワサワ・・ソヨソヨ・・という音に混じって、
蝉の声が聴こえてきます。
なんだか教室にいるのが勿体ないくらい。
青春ドラマじゃないけれど、
いまここでクラスのみんなを外に連れ出したら、
大学に注意されるかな〜なんて、真面目に考えている自分がいました。

だって、テキスト一ページ進むのも大事だれど、
「心地良さを心で感じる」講義も、またいいんじゃないかな。
短大の頃、ある教授が久保田早紀の「異邦人」を流し、
何を思うか・・なんて講義、今でも覚えています。

勉強材料は、探せばどこにでも転がっています。
答えだって、学生時代はいつも一つのことが多いけれど、
社会に出たらそれこそ無限大です!!
そこを可愛い学生たちに感じてほしい。。。

洗濯物も気持ちよさそう。
今日は早朝のうちに、仕事の資料作りを終えました。
夕方まで仕事がないので、さぁ・・何をしようかな。
どちらにしても、まず風呂掃除!!
あ〜!!現実的(苦笑)




cpiblog01592 at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2009年06月08日

やっと・・

今日はどうしても12号線を通らなければならない場所に、
でかけました。
12号線と言えば、父の亡くなった病院がある道。
今までは近くどころか、12号線の標識を見るのも辛かったのです。
もう二度と通らない・・通れないと思っていました。
(そう言えば若くしてご主人を亡くした友達が、
病院を見るのも嫌だ・・・そう言っていたっけ・・。)

通ってきました・・さっき・・。
近づくにつれ、色々なことが思い出されました。
入院の日、手術の日、お見舞い、そして退院、何度もの抗がん剤治療。
なんだか父が入院しているような気がしました。

父が最後まであきらめず戦った場所、いつまでも逃げてはいられません。
行きは、涙は滲んだけれど・・こぼれませんでした。
帰りは・・グッとこらえました。
父が命を終えた場所なのだから大切にしなければ・・
そんな気持ちが生まれました。。。

昨夜テレビのビールのCМに、俳優の父と娘が
カウンターで飲みながら、照れくさそうに会話をするシーンを観て
娘が「じいちゃんと二人でこうやって飲んだことある?」
そう何気なく聞いてきました。
「ない・・・」
そう言ったきり、涙で言葉が続かなくなった私・・。
娘の困った顔。

お酒大好きな父と私・・・、行っておけば良かったな。
きっとすごーく照れくさいけど。

哀しみってふとした瞬間、突然襲ってくる・・・。
あぁ・・ホントに逢いたい・・一緒に美味しいお酒を飲みたいな。。。





cpiblog01592 at 16:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)人生 

2009年06月07日

学生たちのエネルギー

大学での講義が終わり、廊下を歩いていると
「先生の講義聴いていると肩がピンピンこって来るよ」
・・えっ?それってど・・どういう意味?・・
一瞬落ち込みかけた時
「一時間半真剣に聞いちゃうから体が硬くなるですよ〜」
その言葉とともに、もう一人の男子学生が
「先生、ホント先生の講義ためになりますよ」
そう言って、私の先を歩いて行きました。

なんだか小躍りしたい気分。
「これこれ!だから学生の講義、好きなんだよな〜」

面白くなければ、学生はシビアです。
聴いてはくれません。
「よし、勉強するぞ」と既にスイッチが入ってる大人の方と違い、
スイッチはオフのまま・・・。
この休み時間や、通学時間を引きずっている心のオフのスイッチを
どうオンにしていくか・・
それが私の役割です。

私の講義が一話完結!!
一時間半全員の目が私を見つめ、そして何かを必ず得てくれること、
ひたすらそれだけを考えます。
ともすれば負けそうな若いエネルギーに、どう打ち勝つか。
心に響く言葉を伝えられるか・・・。

「同じ年頃の、わが子に伝えたいことを学生に伝える」
つまり、可愛くて大切・・ということ。

なんだか手前味噌になってしまいましたが、
学生への講義は、私自身がどこまで「熱い心」でいられるか、
試す場でもあるのです。

cpiblog01592 at 10:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)仕事 

2009年06月04日

一生懸命

夕方、犬の散歩をしていると、
一軒一軒の家を訪問している若者が居ました。
スーツを着て、手には大きめの紙袋。
おそらく何かのセールスでしょう。

気になって見ていると、一軒もドアを開けてくれる家はありません。
きっと、私も同じでしょう。
(必要なら別ですが・・)
でも、これが息子や娘だったら・・そう考えると、
ちょっぴり胸が痛みます。

そんなことを考えながら、歩いていると
ドアに向かって礼をしている彼の姿が・・。
「おっ、開けてくれたのかな?」
なんて、かなり彼の様子が気になっている自分が居ます。
ところが、ドアが開いている様子ではありません。

彼は、インターホンに向かって、礼をしているのです。
遠目からでも、それは形ばかりの礼でないことはわかりました。
電話口でも、相手が見えなくても、
本当に心をこめて、ありがとうの言葉を言ったり、
謝ったりするとき、頭を下げるのと同じこと。

「失礼致します。」の言葉だけで去らないのは、
社員教育かも知れません。
でも、彼の「心」がそうさせるのかも知れません。
彼はあれから何軒の家を回り、
何回の礼をインターホンに向かって、したのでしょう。
礼の数は、きっと無駄にはならないと、私は信じています。
彼の長い仕事人生の、一番の「軸」になるかも知れません。

昨日の出来事ですが、
しばらく心から離れない光景です。。
ガンバッテ!!昨日の彼!!



cpiblog01592 at 10:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)仕事