2009年12月

2009年12月31日

良いお年を!!

今年もあと、数時間。
振り返ってみると、今まで生きてきた中で、色々な経験をし、
数多くのことを考え、感じ、思った一年間でした。

何よりも、父の死は私にとって、深い深い哀しみでした。
一緒に年越しがができず、そして乾杯もできないけれと、
父はいつもそばにいる。
今日の夜もニコニコ笑って、ずっとそばにいてくれるでしょう。

「前を向いて歩いていくこと」の大切さも、
哀しみを知ったからこそ。
いつも感謝の気持ちを忘れることなく、
来年も「ありがとう」と言い続けたい。。。

気張りすぎず、流れにまかせ、柔らかく、自然に生きたい。
そして「自分をもっと愛してあげよう」
そんな風に思っています。
そうすることで、今までいくら目を凝らしても見えなかったことが、
必ず見えてくるはず。

みなさん、今年も温かい思いで読んでいただき、
本当に来心から感謝しています。

来年が優しく、愛にあふれた年でありますように。
どうぞ、よいお年をお迎えください。。。


cpiblog01592 at 13:46|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年12月29日

今年もあと三日

今年もあと三日。
今年は、父や知人との永久の別れがありました。

今でも父の亡くなった三月から、ある意味で時が止まっている、
そんな気もしています。
ただ、これほどまでに「ありがとう」と心で語り、
感謝の想いをもった年は、生きてきて初めてのこと。

そして、自分はもう決して若くないということも、
嫌でも感じた一年でした。

父の声が聴こえます。

「お前は、このまま安全パイをねらって 
       年相応の人生をおくるのか?」 

「それともチャレンジをやめないのか?」

答えは迷うことなく「チャレンジをやめない!!」です。

閃いたことを形にし、全力投球。
そして、もう一度新しい気持ちで生きなおしてみたい、
そんな気持ちです。

父のお通夜、告別式で誓ったこと。
どんな時でも、背筋を伸ばし、前を見つめ、凛として生きる。
そして、人の心の哀しさや、せつなさ、そして喜びを、
心底我がことのよう共感すること。
大きな哀しみを知ったからこそ、胸に焼きついたこと。

今日は空が真っ青です。
冬の冷たい空の青。
心をいったんキュンと冷たくして、少しずつ暖かくしてくれる・・
そんな青。。。

今日も「ありがとう」と「感謝」の心を胸に、
穏やかで優しい一日になりますように。



cpiblog01592 at 08:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2009年12月23日

江戸の女の心意気

あまりドラマを観ない私だけれど、
(面白いのがないせいかも・・)
日曜劇場「JIN〜仁〜」はずっと夢中で観てました。

現代の医師(主人公)が江戸時代にタイムスリップ。
「前世」の話しも満載で、私にとっては興味がある内容満載。
特に、江戸の女性の「強い心」には、惚れ惚れしてしまいます。
自分なら・・
男のフリして道場に通って「剣」を取るかな、と思ったり、
ひたすら殿方に尽くすかな、と思ったり・・・。

現代は、つらいことがあっても、ショッピングや、映画や、
飲みに行ったり・・と、気を紛らわすことであふれている。
でも、昔の女性は、自分の生き方を通すどころか、
ひたすら自分と向き合うことでしたか、
色々なことを、乗り越えられない。

そして辛い時、辛い・・と言えないこと。
そう・・我慢・・いえ、やせ我慢・・。
私は「やせ我慢」が、嫌いではありません。
そこには、本当の強さと、凛とした生き方と、恰好良さが、
息づいています。

「やせ我慢の美学」

現代の生き方にも、充分に支えになってくれる生き方だと思うのです。
何でも「美学」にするのはどうかと思うけれど、
「やせ我慢」は、美学になると思うなぁ。
深い深い意味がある・・そんな気がしてなりません。


cpiblog01592 at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月20日

なにかが少しずつ・・・

最近、何かが少しずつ「変化」している気がしています。
カラダも、そして心も・・・。
この一年に起きたすべてのことが、私をとても良い方向に、
導いてくれる感じ。。。

出会いたいと思っていた人に出会い、
読みたいと思っていた本に出会い、
欲しいと思っていた情報に導かれる・・・。

大きなきっかけは数冊の本。
今までは「なるほど!!すごい」と感動しても、
読み終えると、また次の何かを求め、以前読んだ大切な言葉たちを、
どこかに置いてきてしまった。

でも最近は、すべて実行し、意識してなにがどう変化したか、
しっかり確かめようとしている自分がいます。
そうすることで、劇的な変化は今のところないけれど、
確実に一つ一つの出来事が、
「本に書いていたことはこういうことだよ」
そう証明してくれている、そんな感じ。

結局は「自分」
今の自分は、いいも悪いも、すべて自分が作り上げてきたこと。
だったら「良い方向」に進んでいきたい。
それも自分の「思い一つ」。
「思い一つ」で人生が変わる!!
さぁ、これから一つ一つ「証明」していかなくては。。。

cpiblog01592 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月19日

年のせい??

最近、目覚ましが鳴る前に目が覚めます。
だいたい五時半頃だと思うのだけれど、
これが時々ならまだしも、毎日しっかり目覚めます。
一分でも長く寝たいのに・・・。

よく年を重ねると(年をとる・・と言いたくない・苦笑)
早起きになる、っていうけれど、それなのかしら・・。
寝るにもエネルギーがいるから、若いとずっと寝ていられる、
でも・・年を重ねると、そのエネルギーが・・??
あぁ・・、これもプラスに考えて、
目が覚めたらパッと起きて、朝の時間を充実させたらいいだけのこと。

もうすぐお昼。
これが眠いのです。
早く目覚めて一日眠くなければいいのだけれど、
仕事が休みの日は、いくらでもお昼寝できちゃう・・・zzz

年だな・・・と感じる瞬間はどこにでも転がっています。
でも、まだまだ「若いっ!!」と感じる瞬間も健在。

あぁ・・ホント・・ネムイ・・・。

cpiblog01592 at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月13日

生まれてきた意味・・

テレビを観ていたら、元楽天イーグルスの野村監督が、
子どもたちに
「君たちは何のために生まれてきたのだと思う?」
そう問いかけていました。
「何のために生きている?」とは、また違う問いかけです。

私は?考えてみました。

「父と母へのプレゼント」(そう思ってくれていたらいいな・・)
「子どもたちを生み、世に送り出すこと」
「感謝の心を知るため」
「ラブとウランの命を慈しみ守るため」
「コミュニケーションとコーチングの素晴らしさを、
  沢山の人たちに伝えるため」
「愛を知るため」

ん〜、短時間では、書きつくせません。

何のために生まれたかを考えることで、
「生きている意味」を感じることができるような気がします。
そして「一日一生」の重みも。。。

もっともっと、一日を大切にしなければ!!
躍起になって生きる・・ということではなく、
「自分をもっと大切にすること」
「自分をもっと愛してあげること」
この年まで生きてきたんだもの。
もっともっと自分をいたわっても、ばちはあたらないでしょぅ。。

cpiblog01592 at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月11日

やっぱりすごい!!

昨日は、ドクターとのコーチングでした。
一週間の間に、モヤモヤする問題を抱えていて、
すっきりしない気持ちのまま、コーチングが始まりました。
もともと、ポジティブな方なので、
スラスラと話しは進んでいきます。

質問をしていくうちに、そしてお聴きしていくうちに、
クライアントさんの中で、いつの間にか解決していきました。
そして思わず出た言葉が、
「よかった〜」
深いため息と共に、安堵感が私の心にまで伝染してきます。
私はアドバイスも何もしていません。
クライアントさんが、すべて自分で見つけた解決策。

長い長い診療の後のコーチング。
かなりお疲れのはず・・。
心から「よかった〜」の声を聴くと、
私の心まで元気になり、力が湧くのがわかります。
そして私も
「よかったですね〜」
何とも言えない、喜びの気持ちがあふれます。

あぁ、コーチングってやっぱりすごい!!


cpiblog01592 at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月10日

岩内の海…綺麗…

29c9ef0d.jpg


cpiblog01592 at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

父の思い・・

一昨日、父が最期の時をむかえた病院の前を通りました。
以前は、通るたびに泣けてきました。
でも今は、哀しく、そしてせつなかったけれど、
涙は出ませんでした。

ふと、思いました。
今まで自分の悲しみばかり考えていたけれど、
「父の思いはどうだったのか」と・・。

検査、入院、手術、抗がん剤治療、結果を聴きに行く時、
何度通ったことでしょう。
そして、病院へ向かうたび、どれだけ心細く、
辛い思いをしていたか・・。
私は父の心の支えには、慣れていなかった・・。

そして仕事にかこつけて、そんなに頻繁にもお見舞いに
行かなかった気がします。
まさか「さよなら」の日近いとは思っていなかったから・・。
父は、本当に強かったのです。

今でも父は抗がん剤治療で、入院してるだけで、
明日にでも帰ってくるような気がします。
病院に電話をすると、
「おっ、大丈夫だ。心配しなくていいぞ」
そんな声が聴こえてくるようです。

寝るときに必ず浮かぶ光景があります。
バトミントンの国体選手だった父との、夕方の光景。
父とラリーが続いたときの、誇らしさ。
急にスマッシュを打ってくる、その速さ。
そして、社宅のアパートの屋上までコックを打ち上げる力強さ。
まだ若くて、かっこよかったパパ。。。

逢いたい・・もう一度だけ・・・。
抱きついて
「ありがとう・・大好き・・感謝しているよ」
そう心をこめて伝えたい・・(涙)



cpiblog01592 at 10:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月09日

嬉しい・・・

昨日は、江別の商工会議所主催の、
コミュニケーション研修がありました。
みなさん意識が高く、熱心に聴いてくださり、
やっぱり、やっぱり・・いつものように思い出に残るひと時に。。。

朝、電話が鳴りました。
明るい男性の声で、昨日の研修に対するお礼の電話でした。
「生きてる限り忘れません」
「どうしても伝えたくて・・・」
お礼の言葉を、沢山伝えて下さり
遠慮がちにお電話を、切られました。

研修後、お電話や、お手紙、メールをいただくことがあります。
本当にそんなとき、涙が出てしまうのです。
ありがたくて・・嬉しくて・・。
「私の方こそ、聴いて下さってありがとうございます」と。。。

一期一会のこの仕事・・、
もっとお話がしたい、もっとお伝えしたい、
「心」を残していつも会場を後にします。

こんな私の「言葉」でも、一人でも多くの方の「心」に響くよう、
これからも感謝の心を忘れずに、思いを伝えていこう。。。



cpiblog01592 at 10:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)