2010年02月

2010年02月26日

白いシャツ

私が子どもの頃、風邪をひくと父の会社の中ある、
社員が使う病院で診てもらっていました。

そこには背の高い、低音の綺麗な先生がいらっしゃって、
子どもながらに、憧れていたものです。

私が好きだった光景は、
必ず会社に行くと、守衛さんに頼んで、
母が父を呼んでもらうこと。
すぐに父は降りてきて、笑顔で頭に手を当ててくれました。

その時のワイシャツの白さ。
眩しいほど父は、輝いていました。
まさに「昼間のパパは〜男だぜ〜♪」

小さなころから、
「父は仕事が好きなんだな〜」
そう思っていたものです。

白いワイシャツがキラキラしていたころ、父はまだ若かった。
そう・・私より年齢は若かったのです。
母も、父を会社で見たときはホントに嬉しそう。

それからです。
男性のワイシャツにネクタイ姿が、好きになったのは・・。
袖をまくりあげて一心不乱に仕事している姿。
でも・・きっと・・何でもいいのです。
男でも、女でも、人が一生懸命に何かに打ち込んでいる姿は、
本当に美しい。。。

今日は、夕方からコーチングの仕事。
ゆっくりフィギュアスケート、応援ができそうです(*^_^*)



cpiblog01592 at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月22日

何度も思い出す・・・

先日、車を停車してると、前に一台の車が・・・。
シルバーグレイの御髪が輝のハッとしました。

スーツの襟にマフラーをかけ、
コートをもってその人は、車を降りてきました。
ふいにこみ上げる、思い出にいたたまれない哀しみが訪れます。

いつだって、心の準備なんてない。
一日に何度も・・
「父はもういないんだ」
数えきれないほど、何度も何度も心が淋しくなります。

来月で一周忌。
早かった・・いえ・・遅かった・・。
いつもそばに居てくれることはわかっていても、
やっぱり顔が見たい、そして話したい。。。



cpiblog01592 at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月18日

地球人

日本の国籍を捨ててまで、ペアに挑戦したくて、
ロシアに渡った川口さん。
どれだけの「決意」と「思い」があったかと思うと、
想像を超えるものがあります。

残念ながら、メダルには手は届かなかったけれど、
人々に残した「感動」は、金メダルのように輝いていました☆
(でも惜しかった〜)

ロシアの人が、国籍の違う、日本の選手を心から応援する。
そして、日本がロシアを応援する。
感動です。。。

「パスポートでスケートするわけではない」
川口さんはそう言ってました。
彼女の中には、国も、国籍も、国境もなかったのでしょう。
ただ「夢」を叶えるために、海を渡っただけ。

そう考えると、私たちは皆「地球人」。

彼女のこれからの人生が、もっともっと自由に広がること。
そして、四年後・・また挑戦してほしいなぁ。。。

cpiblog01592 at 09:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月16日

衝動買い

女性なら(男性もかな?)どなたも経験があるでしょう
「衝動買い」

しばらくおとなしく?買い物は控えていたのですが、
出会ってしまったのです。
素敵な「恋人」にも似た、コートに・・。

青味ががったカーキ色、
(表現できない色です)
程よくシワ加工がしてあって、
そで口はロールアップできるようになっています。

仕事柄、コートは持っているのですが、
これまた別の話し。
違う魅力を持って、私を誘います。

春になったら、このコートを着て、バリバリ仕事をしたり、
プライベートに着たり・・・色々イメージが広がります。
もうそれだけで「力」が湧きます。
もうそれだけで「頑張ろう」という気持ちになります。

まさにコートと、目があっちゃった。。。

「自分に投資」「自分にご褒美」
言い方は色々あるけれど、とにかくコート一枚で、
強力なエンジンがかかるのなら、安いものです。

・・・と自分に言い訳?して、
暖かい春を待ちますね。。。

cpiblog01592 at 09:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月10日

前後裁断

以前、ある野球選手の帽子のつばの裏に
「前後裁断」
と、書いてありました。

なんていい言葉・・そう思い、事あるごとに、
心の中で感じてきました。

「幸せ」ってなに?
お金がいくらあっても「幸せ感」を感じられない人もいれば、
どんなに仕事が成功しても虚しかったり・・。
「幸せ感」は、今をひたすら大事に生きなければ、
あっという間に手元からこぼれてしまう。

「幸せ」って、何かをてに入れて味わうものではなく、
今生きているこの時を「幸せ」と感じることが大切。。。

そんな意味で
「前後裁断」とい言葉は、すっきりしていて、
尚且つ力強くて、とても好きな言葉です。
「一日一生」
この言葉も好き。

この言葉たちを実践できたら、悟りを開くことに、
近づくんだろうなぁ・・。

なにはともあれ、今日も一日、
「前後裁断」「一日一生」で、頑張ります!!

cpiblog01592 at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月06日

息子との握手

私には、仕事で知り合ったのですが、
とても気が合い、一か月に一度は飲み会をしている、
二人の男性の友人がいます。
いつも三人で美味しいお酒を飲むときは、
心が解放されて、とってもいい気分。

今月のお店は、たまたま?息子の会社のビルに続いている
お店で飲むことになり、息子が仕事帰り、顔を出しました。
なんだか私の方が照れくさくて、酔いもまわりません。
ただネクタイをしめ、スーツ姿の息子をじっくり見るのは、
はじめてかも・・。
「大きくなったなぁ」
月並みですが、喜びの気持ちがあふれます。

息子が先に帰る時、それぞれの友人と両手で握手。
「お母さんとも!ほら」
握手を促され、恥ずかしがってためらっていた息子は、
意を決して?握手。
その手は、とても大きくたくましい手でした。

思えば息子の手を握った・・というか、つないだのは、
いつ以来だろう?と考えました。
小学一年生以来かな?
そう考えたら、なんだか感無量に・・・。
娘ともそんな日が再び訪れたらいいのに・・。

家族とハグのできる国がうらやましい・・・
心からそう思います。。。

cpiblog01592 at 09:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年02月01日

沖縄

仕事をしながら窓の外に目をやると、
真っ青な青空。。。

家族と沖縄へ行きたくなりました。
それぞれが、みんな忙しくて無理とはわかっているけれど、
「行きたい」気持ちは増すばかり。

青い海も、青い空もいらない・・
沖縄料理と、泡盛と、あの方言と、カーチャ-シー、
そしてあの独特の南国の匂いがあれば、それでいい。

きっと何かが変わりそう。
すべてがプラスにチェンジしそうです。
場所を変え、非日常にどっぷり浸れば、直感は冴えわたり、
生きなおすことすら出来そうな気がします。

家族で行くのは無理だから、
「私、一人で沖縄行っちゃいます」宣言しようかな。
それくらいしても、罰は当たらないでしょう。
(だって、こんなに働いてるんだもん・・)



cpiblog01592 at 09:40|PermalinkComments(8)TrackBack(0)