2011年05月

2011年05月28日

花火の音

今朝、運動会の花火の音が鳴る前に、
目が覚めました。
しばらくベットでぼんやりしていると、
あちこちから聴こえます、花火の音が。

子どもたちが小学生の頃、親子して晴れを願って、
てるてる坊主を窓辺に下げ、晴れを願ったものでした。
(今の子も作るのでしょうか・・てるてる坊主)

花火の音は
「今日は曇っているけど、中止じゃないよ〜」
「最高の天気だね。グランドで待ってるよ〜」

花火が話せたら?きっと、こんな言葉になるのかな。

なんだか、考えるだけでワクワクしてきます。
そこには元気のオーラがいっぱいで、
思わず自分も走りたい気持ちになります。
そして、思い出をさかのぼって行けば、
色々なドラマが次々とよみがえってきます。

勤務していた幼稚園でも、もちろん運動会はありました。

忘れもしません。
先生として運動会で走り回っていたある夏の暑い日。
確か、勤務して1年目と2年目。
新米教師のころです。

ふと見ると、見慣れた姿が・・・。
なんと父が、大きなカメラを持ってうろうろ。
まだ若い私は、なんとなく気まずいような、
そして恥ずかしいような。

「気にするなオーラ」をいっぱい出して、
写真をぱちぱち。
炎天下の中、しばらくカメラを持って、
あっちでパチリ、こっちでパチリ。

さしてさり気なく片手を上げて、帰っていく父。
なんだか、幼稚園教諭の夢を叶えた自分が嬉しくて、
なにより、父が見に来てくれたことが、もっと嬉しくて・・。

現像した写真には、私のクラスの子供たちは数枚。
残りは全部私のアップばかり。

そう・・父にとっては、まだまだ私は子ども。
でもわが子の晴れ姿?だったのです。

そんな父には、もう二度と会えないけれど・・
思い出は、ついさっきの出来事のようです。

「ありがとう」 って言えばよかった。。。






cpiblog01592 at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月26日

最近のこと

ご無沙汰しています。
すっかりブログから遠ざかっていました。

毎日、更新していらっしゃる方たち。
本当に頭が下がります。

「心のままに・・」

大好きな言葉です。
そう・・心のまま書けばいいんだ。
ところが日によっては、

「心のまま書いたら、まずいんじゃないの?」

そんな日も、生きていたらあるものです。
かと言って、真綿にくるんでしまうのもどうかと・・。

そんな風に考えていたら、なかなか書けなかったのでした。
心の中には、言葉がたくさん溢れているのに。

書くことを、なりわいとして生きている方は、
本当にすごいと思います。

本を書いていた時は、そんなこと考えもせず、
ひたすら湧きあがる言葉を、活字にしていました。
たくさんの言葉が、天から降ってくる、
そんな言葉が、ピッタリでした。
書きあがった充実感と言ったら!!
一人で万歳をしたものです。

きっと「心のまま」書いていたのだと思います。
その時の気持ち・・
忘れてるわけではないのです。

走りすぎて、ちょっぴり息切れがしているだけ・・。

ほんのちょっと休んだら、また歩き始めたらいい。
ただそれだけのこと。
そろそろ自分と内観して、生きなおしてみるのもいいかな。。




cpiblog01592 at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月19日

声・・・

俳優の児玉清さんが、癌でお亡くなりになりました。

「ご冥福をお祈りいたします。」

私の大好きな俳優さんでした。
物静かで、優しくて、それでいて強さも兼ね備えた、
本当に素敵な方でした。

亡くなった父に、ほんの少し似ているからかも知れません。

今朝のテレビで、ラジオで話しをしている児玉さんが、
映し出されていました。
とても優しい声・・・。
聴いている全ての人の心に、沁み渡るようです。

声って不思議です。
その方の体調や、心の様子まで、しっかり乗せて
流れていきます。

10年前、初回のラジオ番組を終え、
録音したMDを聴いて愕然とした日のことを、
今でも恥ずかしさと共に、はっきり覚えています。
声のトーンが、異常に高いのです。
キンキンした感じ。
聴けたもんじゃありません。

それからです。
声のトーンを、下げていき、
少しずつ低くすることを心がけました。
それからは、私の声は、ラジオ以外でも低くなり、
いまの声が出来上がりました。

もう、これ以上変化していくことはないでしょう。
人の心に優しく流れていく声、目指してみたいです。

でも、声だけでは、駄目ですよね。
喜びを大切にし、
苦しみや悲しみから逃げない心を
一つずつ積み重ねていく、そんな人生を生きてきた結果、
「心の琴線」に響く「声」が生まれるのでしょう。



cpiblog01592 at 09:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月13日

言葉

コミュニケーションの仕事をしていると、
「言葉」についての話しは不可欠です。
(もちろん聴くことに対しては、もっと大事。)

ただ、人の言葉には
自然とすんなり出てくる言葉と、
なかなか出てこない言葉があります。

では自然とすんなり出てくる言葉が真実に包まれていて、
そうではない言葉(つまり沈黙)が真実ではない・・とは、
決して言えないと思います。

つまり「あえて語らない・・」言葉。
「語らない言葉の中に、真実があることが、
     多いような気がします」

「やせ我慢」と言ったらいいのかな。
結構好きな言葉です・・やせ我慢。
「凛」という言葉の次に好き。

「言わず語らずわが思い」

「泣かぬ蛍が身を焦がす」

柔らかく、それでいて強い、凛とした・・
本当の意味で「強く」そして
「優しい」女性のイメージが、
私の心をいっぱいに満たしてくれます。

こんなことを朝から書いている私。
どんな一日になるのでしょう。。。





cpiblog01592 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月12日

朝の日課

今年度から、ある習慣を自分に課しています。
(大したことないのだけれど・・)

まずは、早朝六時前のウランとの散歩。
朝日が顔を出した頃を見計らって、
散歩をしながら深い呼吸。
体中に「気」が行きわたるのがわかります。
お日さまの力って、ホントにすごい!!
確実に体が目覚め、元気になっていくのがわかります。

帰ってから、体にいいお茶や、
ハーブティーを飲みながら、メールチェック。

仕事が全て家で終わる日は、
  
  「ラジオ体操」!! それも全力で!

全力で第二体操まですると、息があがってきます。

そしてストレッチを数分して、おしまい。

それが終わったら「朝のバスタイム♪」

うそ!!うそ!!(笑)
そんな優雅な日課は、まだまだ無理です(*^_^*)

でも、何も悪いことしてるわけじゃないのに、
どうして、心にストップかけちゃうのでしょう。

そうすることで、
体もリラックスでき、家族にも優しくでき、
仕事のやる気も出てくる・・サイコーなのになぁ!!
ストップかけているのは、あくまで自分。
誰も責めてないのに、自分勝手にアクセルとブレーキを踏んで
なかなか前に進めないだけなのです。

進めない・・のではなく、進まない。
たった一字違いのは・な・し。

思ったら進みましょう。
思ったらすぐ。。。








cpiblog01592 at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月09日

大切な本

半年前に買って、まだ読んでない本があります。
読んでない・・というよりは、読めないのです。
中途半端な時間では決して読めない・・。

その本は

「最後の授業」〜ぼくの命があるうちに〜

カーネギーメロン大学教授のランディ・パウシュさんが、
余命宣告を受けながら、一か月を生き抜きます。
三人の幼い子どもとの時間も残りわずか・・。

そしてランディ教授は、最後の講義を行うのです。

本は、もう読み終わりました。
ところどころ涙がこぼれ落ちました。

そして・・・

最後の表紙についているDVD。
このDVDには、
ランディ教授の最後の授業が残されています。

これは片手間では、とても観ることはできません。
他のものに時間を切られることなく、
一つ一つの言葉を大切に心に残したい・・。

そろそろ、大切に観る時が来たのかな。

ここ何日かのうちに、観ようと思っています。



cpiblog01592 at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月03日

携帯の色

以前、水にぬらし、修理に出した携帯が
ちょっと怪しくなってきました。
文字が、わずかなのですが、斜め上にずれていったり、
画面の右側に、隙間があいたりと、
「壊れてからなら遅い」
「即行動」
新しい携帯を購入しました。

白を基調としたシルバーの今までの携帯のデザインも、
大好きだったのですが、壊れてからでは遅い!!

今度買うなら、ブラウンと思っていました。
以前、テレビドラマで天海祐希さんが、
かっこ良く使いこなしていたから(*^_^*)

調度良い落ち着いたブラウンの携帯が、
お店で私にウインクしてました(*^_^*)
期待以上のオシャレさです。
ところが色々見ているうちに、ちょっと「く・ら・い」
天海祐希さんなら、使いこなせても、私には・・(汗)

そこで、購入したのが「ピンク」
自分でもびっくり!!
何せ、小さいころから一度も身につけたこともなく、
グッズも買ったこともない。
ピンクを選び「なんで今さら?」

でも、このピンクがなかなか渋いピンク(?)
一目見て、決断しました・・・というよりは、
かなり店員さんを、かなり待たせたのですが(苦笑)。
この年になって、
色の冒険をするのもかなり勇気がいるけれど、
なんだかこの色は
「いいこと」を沢山引き寄せてくれそうです。

人って、ある程度の年になると、
なかなか変わらないと思っていたけれど、
最近の私は、どんどん好みが変わりつつあります。

やっぱり年・・?
いえ!新しく進化しているのです。。。

cpiblog01592 at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)