2011年08月

2011年08月31日

場所を変える

最近、色々なことでいっぱい、いっぱいだった私。
気晴らしもできず、久しぶりのスランプでした。
こんなときは、家から飛び出し気晴らしです。

大好きな海辺の町に、JRに乗って出かけました。
イヤホンで大好きな曲を聴きながら、車窓を見ていると、
現実から少しずつ、ベストなスピードで、
日常から遠ざかっていくのがわかります。

ホテルの部屋に入って、まずは仕事の準備・・を、することもなく
思いっきりダラダラ。
これがまた、日頃の疲れを癒してくれます。

夜は、その町に住む友人と心ゆくまでお酒を飲みました。
札幌でない・・ただそれだけで、心が開放されていきます。

二日目は、洞爺湖まで行ってみました。
湖面がキラキラ光り、子どもたちが小さいころ、
白鳥のボートにのり、大きく揺れる湖面に
キャーキャー騒いだことを思い出しました。
あれから20年近くが経ったことを考えると、
色々なことが変化してきた今までの人生を、
しみじみと想わずには居られません。

帰りのJRでは、
ずっと音楽を聴きながら車窓から見える景色を、
ぼんやり眺めていました。
曲によっては、自然と涙が流れ、
涙腺がゆるくなったな・・と感じながらも、
「いい涙」を流している自分に、
「良かった・・良かった」と語りかけている私。

体も、心も喜んでいるのがわかります。

二日間、頭を使わずにひたすら心で大切な何かを、
見つけようとしていた自分。
見つかりましたよ・・・これでいいのだ・・。
そうです。
これでいいのです。。。










cpiblog01592 at 09:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年08月23日

ジャズ

だいたい家に居る時は、BGMを流しています。
暑い日が続いたときは、
屋久島の川のせせらぎの音を、ひたすら聴いていました。

さすがに今日は、長袖の日。
水の流れる音ではちょっと涼しすぎるので、
今は、ジャズを流しています。
女性のシンガーばかりのCDで、とってもいい感じ♪

このまま日が暮れて、スポットライトをつけたら、
ちょっとしたバーのようです・・なんて(笑)

でも、ワインを飲みながら、
色々なことに思いを馳せることができたら、
とってもいい時間が過ごせそう。

ジャズって、こんなに素敵だったった?

若いころは、ジャズ喫茶が札幌には沢山ありました。
私がよく出かけたのが「Bフラット」
大人のような顔しながら、でも心の中はドキドキしていたのを
はっきりと覚えています。

正直、ジャズの曲なんて耳に入って来なかった。
ただ自分がここに居ていいの?
場違いじゃない?
ドキドキしながら大人ぶってた。。。

今は別の意味で(苦笑)ドキドキするのかも(*^_^*)

cpiblog01592 at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月16日

100点満点

最近、自分に100点満点をあげています。
なんて自分勝手?!

仕事が思うようにはかどらなくても、
そうじが明日に延びても、
おかずが一品少なくてもetc・・

「はい!100点!!」

あるがままの自分を認め、大切にすることは、
とても大切なことだと最近気づきました。
人は生きていると、
自分に100点なんて、とてもあげられないと思うものです。

「もっと強くなろう」
「自分に厳しくならなくちゃ」
「甘えちゃだめ」

これらの気持ちは、自分をどんどん追い詰めてしまいます。
ワクワク感がないから、物事がかえってうまく進まない。

頭で考えようとすると、
いつの間にか、自分自身をジャッジしている自分・・。
そんな時の自分に対する点数は、とても低くなります。

最近ちまたでよく聞く、バカボンのパパの言葉。

「これでいいのだ!!」

心がぶれそうになった時、折れそうになった時、

「これでいいのだ!!と自分に100点満点をあげる」

いつもワクワク感をもって、
「あるがままの自分」を大切にしながら
一日一日を過ごす。
とっても大切なことのように思います。







cpiblog01592 at 09:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年08月12日

たった一度の人生だから

昨夜、娘が夕飯を食べながら
「アメリカへ行きたい」と言いだしました。
一度アメリカ旅行には言っているのですが、
今度は長い間滞在したいのだそうです。


場所は、ニューヨーク。
人々の歩く速さと、活気あふれる街全体が、
なんとも言えなく、魅力的な街なのだそうです。

「たった一度の人生だよ。好きに生きたいし、
  世界をもっともっと歩きたいよ」

すでに何カ国も旅をしている兄と、
同じことを言っています。

ふと自分が若かったころを思い出しました。
私の中の外国は遠い遠い場所。
行きたいという気持ちはあっても、
実行する勇気がまったくなかったような気がします。
無難なところで夢を叶えるのではなく、
夢をただみている感じ。
夢は夢・・・。

でも、私と同じ血が流れている二人の子どもには、
母よりも強い思いがあり、でっかい夢があるようです。

これからの長い人生を、謳歌しようとしている子どもたちと、
夢を持ちながらも、なかなか前に進めない自分。
でも、思いは強いはず。
一度は心に描いた夢を叶えるために必要なイメージは、
鮮明に見えています。

あとは、日々「心」と対話しながら、
一等賞で心に入ってきた夢とがっちりタグを組んで、

「もう一度生きなおしてみよう」

子どもたちに「どんなもんだい!!」と「どや顔」を
見せてやりたいと、密かに決意している母でした。


cpiblog01592 at 09:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年08月09日

暑い〜っ

暑い日が続いていますね〜。
昨日は、冷房の効いている場所に居たので、
夕方家に帰って、カラダがまったく慣れてくれません。
「これは出かけてて良かった」としみじみ思っていました。

本当は今日も冷房が恋しいですが、
出来る限りの薄着をして、
首にひんやりとした
マジクール(水にぬらせば調度いい太さになって
ひんやり冷たくなり、それを首に巻く)を首に巻いて、
これが、想像以上の効果なんです。

今は、扇風機も回さずマジークールだけで、
パソコンに向かっています。
マジクールを巻いて、外には出られませんが
家の中に居る分には、
充分暑さを和らげてくれるすぐれものです。

水の流れる音のCDをかけて完璧!!
いっきに作業能率はあがります。
できるだけジッとしていたのですが、そうもいかず、
ひたすら涼を求めながら、
無難に家事を済ませたのは、朝方の六時半。
朝はやはり涼しいですね。

さぁ、もうすぐお昼です。
自分のために何か力が湧くものを・・そんな気にもならず、
昨夜の残り物ですませようと思います。

なんだか頭が回転しないまま、書いたブログです。
みなさん・・ごめんなさいね(*^_^*)




cpiblog01592 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月06日

いつのまに

昨日、仕事が遅い時間までずれ込んだので
久しぶりにお寿司の出前を、取りました。
(それに暑くて作る気がしない・・)

当たり前のように、娘はをわさび抜きで注文。
(お子ちゃまね〜)
娘は食べながらこう言いました。
「どうしてわさび入ってないの?」
「だってわさび嫌いじゃなった?」と、私。

「いつのこと言ってるの?とっくの前にわさび抜きだよ」

「えっ?いつのまに・・」

そう、子育てはいつのまに。
大きくなってもいつのまに。
もう娘は、わさび抜きのお子ちゃまではなく、
わさびの辛さを味わう、22才の・・
いえ、もうすぐ誕生日なので23才の大人の女性なのです。

いつのまに。。。。

いつのまに大きくなって。
いつのまに私の背を越して。
いつのまに彼氏がができて。
いつのまに親を納得させる話術を身に着け・・

「いつのまに」

そう・・一生懸命生きていると、
たくさんの「いつのまに」に出会うことに・・。

私の「いつのまに」って・・?



cpiblog01592 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月03日

白い蝶

この季節になると、
庭に出た私のまわりを、ゆっくりと舞う白い蝶がいます。
まるで「捕まえて」と言うかのように、
ゆっくりゆっくり私の周りを、舞っています。

「あれ?今日はいない・・」
すると、どこからともなく飛んできます。

「お父さん?」

そう・・この蝶が飛んでくるたびに、
いつも思うのは、亡くなった父のこと。
心配ごとがあって、
白い蝶に姿を変え「何か」を伝えに来たのでしょうか。

「そんなことあるわけないよ」

頭で考えると、それで終わってしまいます。
心で考えると・・そして感じることに集中すると、
その蝶は他でもない。
今でも心から愛している父の姿なのです。

不思議だけれど、決して不思議ではない。
初めて蝶に出会った時、
なんの疑いもなく

「お父さん・・」と思ったこと。

これが全て。。




cpiblog01592 at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)