2012年04月

2012年04月29日

ネックレス

久しぶりに、アメリカ映画を観ました。
(ブルーレイ大活躍!!)
思いっきりラブストーリーです!(^^)!

「幸せになるための27のドレス」

この映画の中で、
主人公の女性が、部屋着に着替えるシーンがあります。
ストーリーは勿論のこと、おしゃれなファッションにも釘づけ。
ふと首元を見ると目立たないけれど、
控え目&さり気ないネックレスが、素敵に揺れています。

仕事を終えて部屋着に着替えたわけだから、
(仕事着の時はネックレスはしていませんでした)
誰かに見せるためのネックレスではないわけ。
これこそ本当のおしゃれ!!
なんだか観ていて、感動してしまいました。
(感動する場面が的外れ?)

そこで私がしたことは?

巻き戻しをして、ネックレスが揺れる場面で一時停止。
似たようなネックレスをジュエリーボックスから探し出し、
さっそく身に着けました。

いつもは外から帰ると、決まってすぐに外していたネックレス。
自分の為だけに揺れています。
鏡を見るたびに、なんだかとってもいい気分!!

一夜明けた今も、ネックレスが首もとで揺れています。
まだ朝の9時だけど、何度鏡を見たことか!(^^)!
とっても幸せな気分。
やっぱり「幸せの種」は、すぐそばにあるのです。。。



cpiblog01592 at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月28日

カーチャーシー

私は、どちらかというとお祭り女です。
「見ている」よりも、参加したくなるタイプ。
ヨサコイも、盆踊りも、コンサートも♪
とにかく、黙って見ているのは損々!!と思うわけ。

宅飲みしていても、
踊りだしたくなる時がしばしば(ー_ー)!!
こんな時、思い出すかのが
沖縄の「カーチャーシー」なわけさぁ〜(笑)

泡盛を飲んで、大好きな沖縄料理食べて、
心からいい気分になって、
三線を聴きながら、カーチャーシーをみんなで踊るなんて、
もう最高!!!

あ〜!!三線の音色が聴こえてくる〜!
あ〜!!みんなが楽しそうに踊ってる〜!

考えただけで、この世の天国です。

悲しい歴史に彩られた土地だからこそ、
沖縄の人たちは、一心不乱に踊るのでしょうか。
それとも、神様からのプレゼントでしょうか。

季節も夏に向かってまっしぐら!!
泡盛の美味しい季節に突入です。
泣きながらカーチャーシーは踊れません。
たとえ哀しい酒だとしても、
カーチャーシーを踊り始めたら、いっきに涙は乾きそう。

「カーチャーシの踊れる札幌のお店、ないかな〜」
「たぶん食べれるところはあっても踊れるところはないと思う・・」

「しっかり調べたの?ないってと決めつけていない?」
「そうとも言える・・」

「だから沖縄に行きなさいってば!!」

また一人コーチングが、始まりました(笑)





cpiblog01592 at 10:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月26日

この歌も♪

先日のブログで
「ほっぺにチュッ」♪の歌について書きました。

子ども達とのあったか〜い思い出の曲が、
また一つよみがえりました。

♪ お日さまに干したふっくらお布団
   雲の上に寝てるみたいよ〜
    ねえ、おかあさん
   ・・・・のにおい・・・・・のにおい
     (・・・のところ思い出せません〜)
   ふ〜わ ふ〜わ ふ〜わっわ〜
   ふ〜わ ふ〜わ ふ〜わっわ〜  ♪

お日さまがサンサンの日、
干した布団を取り込むと、子供たちが柔らかな布団に
寝転がってこの歌を歌ってました。

息子が歌うと、まだ上手に話せない娘が
ふ〜わふ〜わ♪のところだけ可愛い声でっ!(^^)!

子ども達の可愛い歌声が、耳元に聴こえてきます。
もしタイムスリップして過去に戻れるとしたら、
間違いなく小さかった頃の子供たちに会いに行くでしょう。





cpiblog01592 at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月24日

早寝早起き

年を重ねたせいでしょうか。
この頃は、めっきり早く寝ることが多くなりました。
お肌の「ゴールデンタイム」には爆睡しているので、
肌の調子は良いみたい!(^^)!

早く寝るから、早く目が覚める。
最近は目覚ましいらずで、5時半にはおめめがパチっ!!
若いころは「ラッキー」とばかりに、
もう一眠りがこの上ない幸せでしたが、
この頃は、さっさと起きてしまいます。
(寝るにもエネルギーがいるって言うし・・)

本当は、この朝を仕事に使えばいいんだろうなぁ〜と思いつつ
洗濯、お弁当作り、朝ご飯の支度、に費やされ、
朝のひと働きで、朝から疲れてることもしばしば・・。
こんな日の1日の長いこと(ー_ー)!!

ちなみに今は9時半。
家事は完全に終わってぃるので、コーチングまでの時間、
パソコンに向かい、これが終わったらラジオの準備。
なんだか1日の半分が
とっくに過ぎた錯覚に陥ってます。

時間を有効に使っているから、気分はいいはずなのですが、
う〜ん・・なんかすっきりしません。

自分に問います。

「やりたいことやれてる?」
「う〜ん・・半分くらいはやれてる」

「どんな時間を持てば、心が晴れやか、すっきりするの?」
「そうだなぁ〜。沖縄・・は、ちょっと今は無理だから、
  空美ちゃんになって、空港で飛行機の離発着、
   飽きるまで見ていたい」

「じゃぁ、空港まで行けばいいじゃん」
「はっ・・はい」

もう1人の私?のコーチは、実にわかりやすいわ(笑)
そう、そういうことなんですよね。

余計なことは考えず、思うままにすべて行動に移してみたら、
そこから生まれるものは、計り知れないでしょう。

事はいたってシンプルです。

cpiblog01592 at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月21日

ほっぺにチュッ

♪ ほっぺにチュッ けんかの後は
  ほっぺにチュッ お日さまが見てるから
  ほっぺにチュッ でもちょっと恥ずかしい〜 ♪

この歌は、子どもたちが小さい頃よく歌ってました。
調度「チュッ」の時に片方のほっぺは息子、
片方のほっぺは娘が、可愛い声で歌いながら
「チュッ」としてくれます。
私のほっぺは、幸せ色に染まります。

子ども達の柔らかなくちびるが、
私のほっぺに触れた時の幸せ感!!
なんともいえないほどの嬉しさ!!
あんな幸せなひと時、他になかったな〜と思うくらい。

日本には残念ながら、ハグもキスの習慣もありません。

「キス アウェイ」という言葉があります。
意味は
「キスして悲しみや涙を拭い去る」

たった一つのキスが最高のコミュニケーションにつながり、
ストレスさえも遠くへ飛ばしてしまう。
段々と親から遠くなる子供たちとの距離が、
いっきに近くなる。
こんな素敵な習慣が日本にないなんて・・・。

代わりになるとしたら
「ありがとう」という言葉でしょうか。

ハグして、ほっぺにキスして、
「ありがとう」って言ったもらったら、
どれほど素敵な気分になることでしょう!!






cpiblog01592 at 09:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年04月19日

男も女も・・

最近「アレッ?」と思うことがありました。

「私男の友人の方が多いかも・・」

仕事で出会っても、つき合いが長いのは男性。
次に仕事を通してくれるのも男性。
コーチングの割合も7対3で男性。
学生時代の同級生でまだお付き合いがあるのも
やっぱり男性。

確かに学生の頃もそうでした。
なんといっても担任の先生に、
「お前は共学じやないとな」なんて言われていたったけ。

性格かなぁ。
確かにどちらかというと、
男に近いものの考え方を、自然としているようです。

亡くなった父にも
「お前が男だったらなぁ」
そう何度も聴きました。

女性の友達も、どっらかというと男っぽくて、
物事をはっきり言ってくれる人が多いのです。

理由を考えるのは邪道でしょう。
ただ居心地の良いところで、居心地の良い人たちと
素敵な「時」を持つ。

人類みな兄弟!!ってありましたね〜。
そう、男も女もお互い良いところを吸収して、
成長していけたら、こんないいことないですよね。。。



cpiblog01592 at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月14日

赤いマニュキア

あるデザイナーの女性が、
赤いマニキュアをしてテレビに出演していました。

懐かしいネイビーのバギーパンツに、
黒の五分袖のサテンのトップス、
大きなパールのイヤリングに、ポーニーテール。
そして指には、赤いマニキュア。

マニキュアは、爪が「息できないよ〜」そう言ってる気がして、
あまり普段から塗ることはない私。
塗ったとしても、できるだけ目立たないナチュラルカラー。

そんな私が、マニキュアの赤にに釘づけ!!
娘にその話をすると、
「赤ならあるよ」
そういって、私の指に赤(ボルドー)のマニキュアを、
丁寧に塗ってくれました。

赤のネイルなんて、本当に長い人生初めてのこと。
ドキドキしながら待ちます。
年を重ねた私に、赤のネイルは似合うのかしら?

今、私の爪には赤いネイルが輝いて?います。
一日のうちに何度も赤いマニュキアが目に入り、
そのたびに心まで元気になります。

「赤」といっても色々な「赤」があります。
娘が持っていた「赤」は、まさに私が心に描いていた「赤」。

「赤」なんて私に縁のない色だと思っていたけれど、
こんなに素敵な色だった…この年になって気づきました。
いえ、この年だからこそ「赤」に惹かれたのかも?




cpiblog01592 at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月12日

番組スタートしました!!

「元気が出るラジオ」
昨日、スタートしました!!

う〜ん・・緊張しました。
こんなに緊張感を感じたのは、近年そうないことです。
100名以上の講演より、はるかに緊張です。

なんの緊張なのでしょう。

年なのでしょうか?(笑)
ミキサーとトークの同時進行がこんなに大変だったなんて(-_-;)
あたふたしちゃいました。
10年の経験は、なんだったのでしょう。

それでも「楽しかった〜」と思えたのは、
年を重ねて図々しくなったからかも!?

何より嬉しかったのは、リスナーさんのメッセージ。
「ハートのリズム」の頃のリスナーさんや、初めての方。
遠くは静岡からいただきました。
全てご紹介できなかったのが、残念でなりません。
あらためて、来週の放送でご紹介いたしますね。
本当に感謝・・・感謝・・です。

「ラジオのロマン」を実感するほどの余裕はなかったのですが、

「あぁ・・やっぱりラジオが好き!!」

そう心から思えた、スタートの日でした。。。


cpiblog01592 at 09:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年04月07日

目の前の一人に

新聞を読んでいたら、
STVの木村洋二さんが、新人の頃の話をしていらっしゃいました。
新人の頃は随分とご苦労されたとのこと。
現在の芸人以上?の面白さを兼ね備えたキャラで
素晴らしいご活躍をされていらっしゃる木村さんからは、
想像もつきません。

そんな木村さんが、
若いころラジオのパーソナリティーに、抜擢されたそうです。
一時間も話し続けることに難儀していると、
局の人が「このぬいぐるみに話しかけて」と言って、
木村さんの前に、ぬいぐるみを置きました。
するとスラスラと話せたのだそうです。

そう!!そうなんです。
私もラジオで話し始めたころ、
マイクの向こうの、不特定多数の顔も知らない人たちに
話しかけても、言葉が全然出てこない。
思いが飛ぶ・・というか、心も声も浅いところで
ふわふわして、心もとない感じ。
リスナーさんとの「つながった感」みたいなものが、
全く感じられないのです。
完全にスランプでした。

そんな時、ある本に書いてあった言葉が
「目の前の、たった一人の誰か」に話すように、というものでした。
そう思い始めると、
聴いてくださっているすべてのリスナーさんと、
見えない糸で確かにつながっているという実感が湧くのです。

「たった一人の誰かのために」

再び、ロマンに出会える日が近づいてきました。。。



cpiblog01592 at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月04日

ラジオ再開のお知らせ♪

4月11日から、
古巣の「ラジオカロス札幌」で新番組が始まります。

・FM 78.1 MHz
・毎週 水曜日 11時〜12時
・番組名 「元気が出るラジオ」

ラジオ版ツイッターと言ってもいいかな?
例えば「契約決まったよ〜」「おなかすいてペコペコです」
「仕事がうまくいかなくて・・・」

どんどんつぶやいて、メッセージを送ってください。
番組が終わるころには、モチベーションアップ!!

そして、そんな皆様のメッセージがどんどん広がっていけば・・・
そう願っているところです。

告知をしたら、数人のリスナーさんから
反響があったことを聴きました。
もう、ただただありがたくて・・胸がいっぱいになりました。

「ハートのリズム」を卒業して、三年くらい経ったのかな。
空白の三年は、確かに存在したはずなのに、
何に心を惹かれ、そして頑張ろうとしたのか・・
あまり覚えてないのです。

先日ミキサーの操作の確認のため、カロスへ行って来ました。
場所は変わっていたけれど、放送機材を見たり、
マイクの前で話してみると、、
懐かしさでいっぱいに!!

オープニング曲は「ハートのリズム」と同じ、
古内東子の「ダイジョウブ」を選びました。♪
久々のことでドキドキしますが、
愛すべきリスナーさん達の心を感じながら、
素敵な番組にしていきたいと思っています。。。





cpiblog01592 at 10:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)