2012年08月

2012年08月20日

Rose caron

02ac453f.jpg


cpiblog01592 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

絵画からの歌声

夏休みで帰省していた息子が、
i phoneで何やら家に飾ってある、絵やカレンダーを写しています。

息子が言うには
絵画等を写せば、その絵画の情報を得ることが出来るらしいのです。

それを聴いて思わず写してもらった絵画があります。
それは、数年前に出かけた道立近代美術館でふと目に留まり、
絵の前から動けなくなった女性の肖像画・・・。

グランドピアノの横に、背筋を伸ばして立ち、
瞳はまっすぐその先を見ています。
凛と立つその姿は、私の憧れる女性そのままの姿でした。

当時、仕事の合間の鑑賞でしたので、
ろくにその絵の説明も見ぬまま、次の仕事に急いだのです。
取りあえず、小さなレプリカを買って帰りました。
ずっと気になっていたその女性。

i phoneの画面から映し出された情報によると、
その女性の名はRose Caron。
100年ほど前のオペラ歌手だったそうです。
それだけでも、感動・・。

するとどうでしょう、i phoneその女性の歌声が流れてきました。
古い古いレコード盤なのでしょう。
高音がとても綺麗な声の持ち主。
そして針のすれる音まではっきりと・・・。

絵画の中で女性が歌っているような、そんな不思議な感覚。
100年前の彼女が、何かを語りかけているようでした。。。。


cpiblog01592 at 09:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年08月04日

フイリッパ・ジョルダ−ノ♪

c978ece7.jpg


cpiblog01592 at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

目には見えないものに・・・

お金を使う場面は、
ほぼ毎日と言っていいでしょう。

食費、交通費、光熱費、服飾費、交際費etc・・

その中でも一般的に贅沢?と言われる
お金の使い方があります。
お金の使い方というのは、それぞれの価値観によって違うので、
色々な考え方がありますよね。

最近(・・と言っても風邪で体調を壊す前)
久しぶりに、あるススキのバーに行きました。
そのバーは、同級生がデザインしたインテリア。
落ち着いて、静かで、バーテンダーの方も品がよくって、
とっても素敵な場所です。

チャージ料はかかると思っていましたが、
カクテルが高かったのか、料金を聞いて
「えっ?」と一瞬変な汗が・・。
でも「これだけの贅沢な思いを味あわせてもらったのだから」と、
素直に納得できたのです。

カクテルが高いとかではなくて、
「時間と場所を買ったのだわ」と妙に納得。
そう、見えないものにお金を使ったわけです。
心の中に大切にしまっておくことで、
それは、永遠のものにもなります。

いい音楽、カウンターの重厚さ、所狭しと飾られたボトルの数々、
店に流れる独特の空気。
全ては手元に残らないものだけれど、
そこから吸収できたものは、無限大に広がっていく素敵な「時間」。

子どもが小さいころは、
「こんな贅沢して・・」と思って自分を責めていたかも知れない。
でも子どもたちも独立して、自分の力で生きています。
そろそろ自分のために、自分のためだけの、
「お金」を、たまには使っていいのでは?

今、バーで流れていたBGMが流れています。
とっても素敵な曲だったので、お店の人に聴いて購入しました。
「フィリッパ・ジョルダーノ」のCDです。
お気に入りで家にいるときは、ずっと流しています。

そう・・こんな贈り物も、ついてきたのです。。。

cpiblog01592 at 10:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)