2007年01月

2007年01月28日

“進化”する二胡?

d4145207.jpg今日近くの書店に行ったら、ビックリ!「あれ、楽器コーナーが増設されている!」
先日、書店内を改装していたので何ができるのかと思ったのですが、こんなところで中国古典楽器(二胡、笛、琵琶、揚琴、古筝など)に巡り会えるとは思いませんでした。
そこには、なにやら高級そうな二胡(2万円以上)がガラスケースに入っています。それが今日の写真。
良く見てください。ちょっと違うでしょ?
棹と胴体の繋ぎ目の部分にリブ(三角の補強)みたいなのが付いている。リブはボルト固定のようです。これは棹の補強かな〜?
胴体の後ろ(音が出てくる方)の外周に、白い枠の付いた細長い切れ込みが付いている。これは何だろう?音が胴体の後方だけじゃなく、放射状に広範囲に出るようにするためか?
ちなみに、この二胡には良く目にする「虎丘」のラベルがついていました。
楽器は常に進化しているようですが、この新型二胡を楽坊さんが使うようになったら、あっと言う間に普及しちゃうのかな〜^^


cqdxdetm at 17:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年01月27日

ニコニコ“二胡”さんです♪

8af9ac86.jpg先日北京の楽器屋さんに行って、二胡がズラーーーッと並んでいたのに、残念ながら買えませんでした。旅行先で日本に持って帰るための手続きをするのは、時間的にちょっと無理があるためです。
そこで、先日今住んでいる広州の中心街に出かけて、やっと二胡を買うことができました^^
最初は、ネットで調べた楽器店に行ったのですが、日本に持ち帰るための手続きに必要な書類が出せないとの事で断念。仕方なく、その周辺の楽器店を何軒も回るのですが同じ答えばかり・・・。
もう、この店でだめだったら、他の地区に行こうと思って入った店が、大当たり♪
最初はそこの奥さんと思われる方と交渉していたのですが、その後(とっても真面目そうな)店主が登場。棚からいろいろな二胡を出して、弾いてくれます。
しかも、演奏がとても上手なんです。聞き惚れちゃいます。ハイ!どの二胡を弾いても、とても良い音色に聞こえてきます。
店主に日本に持って帰る手続きの話をしたら、「それなら私が手続きを代行しましょう」って事になり、トントン拍子で話が進みました。
で、買った二胡が今日の写真のもの。いわゆる北京型というものです。材質は黒檀だと思います。
手続きについて、ちょっと不明なことがあるので、明日もその店に行ってきます。
店主の名刺をいただいてきましたが、二胡学会会員・高級胡琴(二胡の類)製作師など、なりやら凄い肩書きが・・・。中国語のネット検索では、その店名を検索すると、お役所との繋がりが強固な事が分かります。
さて、この二胡、無事に日本の税関を通過できるでしょうか?
通過できたら店名を公表しますね^^


cqdxdetm at 00:44|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年01月24日

新年音楽会“観光編”その3

f28fa964.jpg北京で昼食と言えば・・・・
おおーっ♪やっと来ました“ヨータンヤ”
小さなお店だとは聞いていましたが、車移動していると見落としてしまいそうな店です。
着いて早々お店に入ると、スンティンさんのお父さんがお出迎え。
ガイドさんが日本から来たファンであることを告げると、とってもうれしそうでした^^
ここに来たなら看板メニューのあれを食べねば♪
今回いただいたメニューを写真に掲載しときます。
どれも中国の素朴な家庭料理との事ですが、とっても「ハオチィー」です。
豪華な中華料理も良いですが、ここの料理は毎日食べたくなる味です。ほんとに!
次も北京に来たら必ず寄りますからね〜!
さあ、お腹もいっぱいになり、次はお花屋さんに・・・。
普通の花束を用意してもらったのですが、日本とほぼ同額。中国ではかなり高級品ですね。
メンバー全員分の花束を車に乗せると、花屋さんの車状態です。
さあ、その車で公演2日目の会場に向かいます・・・・


cqdxdetm at 08:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年01月21日

新年音楽会“観光編”その2

2f423ba2.jpg初日の興奮も冷めぬまま2日目に突入。
少々眠い眼をこすりながら、“楽坊迷”のマニアックな観光が始まります。
先ずは、ビンちゃんのヘアーサロン。(写真上)
「ビンちゃんファンは何が何でもここ来なければ・・・」との某氏の希望により、開店30分前に到着。予め予約を入れていたので“没問題”で、某氏は早速カットをお願いしています。さて、私は80分58元の足マッサージをお願いしました。実は中国に来てマッサージをするのは初めて!(広州のホテルにマッサージ館が有るのに)
しっかり,丁寧にマッサージされていると、ついウトウト・・・・・。
マッサージが終わると、足が艶々で軽くなった感じがします。ハイ♪
ヘアーサロン前で記念撮影後、スタッフの方々に「謝謝!バイバイ♪」と告げ、次は“西単”にある楽器さんに移動。(写真下)
流石北京!古典楽器の店がいっぱいです!
その中から適当なお店に入ると・・・。おおー!二胡がいっぱいある〜!古筝も揚琴も・・・。
二胡は日本に持って帰るには手続きが面倒。(観光の合間の時間では書類手続きの時間も無いし)かといって、大きな古筝は持って帰れないし・・・。某氏は笛を買いましたが、私は後学のために、店内をじっくり観察しました。
さて楽器店を後にした一行、昼食はやはり“あの食堂”のです^^
次回に続く・・・・
※北京で二胡が買えなかった残念さもあり、実は先日広州の楽器屋さんで二胡を買いました。日本の税関を合法的に通過するための“CITES(瀕危野生動植物種国際貿易公約)”申請も楽器店がやってくれました。1ヵ月後にCITESが取得できる見込みです。
この話も後日カキコします。


cqdxdetm at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月19日

新年音楽会“観光編”その1

84358f44.jpgさて、せっかく北京に行くのだから楽坊さん縁の地に・・・。
と言う事で、13日の公演前に、某氏の希望で“あの池”に行きました。
池と言っても今の北京にでは分厚い氷が張っています。
そう「アリゾナの魔法」で楽坊さんが“高性能ソリ”で競争した“后海”の池です。
確かにあの映像と同じ高性能ソリに皆乗って楽しそうに滑っています^^
「おおーー!ここであの撮影が行われたのか〜♪」と言う事で、氷の張った池に下りて感触を確め、記念写真を撮りました。
でも、しばらくすると流石に寒く、早々に引き上げました。
某氏はひとり名残惜しそうにたくさん撮影してました・・・。
夕食は羊肉のしゃぶしゃぶを食べました。
Miemieさんの「日本では羊肉をあまり食べないようなので・・」の言葉をちょっと思い出しながら・・・。
今回旅行会社のガイドさんが付いてくれましたが、今回も一般観光客が行かないような、マニアックな場所が多くて面白かったようです^^


cqdxdetm at 08:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月18日

新年音楽会

38e8a80f.JPG13,14日の新年音楽会を観るために、北京に行ってきました〜♪
広州から飛行機で片道3時間!(それだけ飛べば日本に行ける!)
今日の写真は、公演パンフレット(と右下は演奏ステージ)です。
内容は既に“ノンビー”さん“yu”さんのブログ等で紹介されています。詳細参照下さい。
http://blog.livedoor.jp/enenjinonby/
http://blogs.yahoo.co.jp/yu_12_lei
実は2日目の公演後,帰宅間際の楽坊さんにプレゼントを渡して、二言交わしただけで頭の中が真っ白になったのです・・・A^^;
今,記憶を呼び戻しながら・・・・
_饐
立派な会場です。その分規制も多い?みたいです。日本以上におとなしくしてないと係員から注意されます(ビックリ!ここほんとに中国?)
楽坊さん
ジンジンさんも居て13人でした。公演後に直接会う機会がありましたが、いつものジンジンさんで元気そうでした^^
印象としては、全体的に笑顔が多かったように思えます。ハイ♪
特に印象に残ったのは
初めて歌う楽坊さんを生で観られた。しかも・・・ジャンジンさんがセンターマイクで歌いました(^O^)
18曲目の「第九」ではオペラ歌手との共演。思わず「ブラボー♪」が出ました。
6別
パンフレットを見て「あれっ???」でした。
80%新曲・・・・じゃ・・・無いよ???(汗)
ネットの公演説明文を読み違えたのかと思いましたが、昨年末の公演と80%の曲を入れ替えた問いう意味か・・・?
ぅ汽ぅ鷁
おおー!楽坊さんのサイン会は初めてです♪
(でも、思ったよりサインを求める人は少ない。これが日本だったらえらいことに・・・・)
それに、別にCD・DVD買わなくてもOKだったみたい。(パンフにもサインしてました)
でも、目の前でサインしてくれる楽坊さんに感激。(家宝がまた増えました)
ゥ汽鵐織侫
会場にサンタフェが数台展示されていました。
楽坊さん仕様の車で、楽坊さんが一緒に乗ってくれるなら、即購入して広州まで陸路帰宅・・・。なんて、考えながら見ていました^^


cqdxdetm at 13:37|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年01月10日

原宿駅前には・・・

bf074609.jpgさて1/5の明治神宮参拝の続きです。
JR原宿駅の改札を抜け、明治神宮に向かおうとしたら、路上に人だかりが・・・。
まずは路上ライブ。これは普通です。
次に、「インスピレーションであなたに合ったメッセージを書きます」って言う路上詩人?
それから、自分の撮った写真を売っている路上写真屋さん。
へーー!最近はこんな事もやっているんだ!って見渡して、北海道から来ているという女の子から写真を1枚購入。
今日の写真は「ブログをやっているので、掲載する写真をとっても良い?」ってお願いして撮影しました。(でも一応、少し小さめにしておきますA^^;)
この写真屋さん、ホームページも持っています。一味違う世界がそこにある・・・かな?


cqdxdetm at 13:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年01月09日

“本物”の迫力

8cf9c83a.jpg7日に広州に戻ってきました。
実は日本の正月気分を味わうために、5日に明治神宮に行きました。
午後3時頃到着して、早速お参り・・・って思ったら賽銭箱前の広場の両脇に人垣が?
実はこの日、日本相撲協会の正式参拝と横綱の奉納土俵入りがあったのです。
写真は横綱“朝青龍”です!
実は初めて朝青龍を間近で見ました。
でかい体はもちろん、ピンと張り詰めた肉体。
よーーーく見ると、体のあちこちに擦り傷がいっぱい。
やはり業界の頂点に立つ人は、違いますね〜!
見ているだけで迫力が伝わってきます。ハイ!
TV画面じゃなく“本物”を目の前で見る迫力は、相撲も楽坊さんも一緒ですね。
最近日本の相撲は外国勢が多くなりました。日本の関取も“加油!”です^^
それからね・・・・
実は、今週末楽坊さんのコンサート(北京)に行く予定です。広州近くの公演になかなか行けなくて、やけになった訳ではありません。ちょっと遠いですが、これも何かの縁でしょう。北京は寒いみたいですね〜。でも、楽坊さんに会えるなら平気ですv^^v


cqdxdetm at 13:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年01月04日

門松

390ac543.jpg今日は正月らしい写真を・・・
私がいつもお世話になっている某所のりっぱな門松です
最近では、経費節減を理由に門松を廃止する会社も多くなりました。(実は私の職場もそうです)
さて、新年を祝って、家の門口などに飾られる「門松」とは・・・
その年の神さまをお招きするための目印であり、また、神さまがお降りになったときに宿られる場所を表すものです
と辞書にあります。
 えっ・・・。門松が無いと神様が来てくれないの???って一瞬焦りますが、全部の家庭が門松を立てられるわけじゃないので、気持ちさえあれば平等に来て下るでしょう^^
 あと、正月と言えば、皆さん“初夢”はいかがでしたか?
私は・・・初夢の日は・・・残念ながら夢見てませんA^^;
でも、中国出張するようになって、楽坊さんが時々夢に出てくるんです^^
昨日も・・・
飛行機に乗ったら、キャビンアテンダントさんがくつろぐ別室に通され、そこに座っていると、なんとインイェンさんが登場(普段着でした)。会話は日本語だったかな?
最近、中国の空気を吸い、中国の水を飲み、(ほとんど)中国で取れた作物で食事をする事で、中国の方の体に少し近づいたかな?中国に居ても楽坊さんにはなかなか会えませんが、その地住む事で精神的に近づいているのかな〜?(上手い表現になって無いけど)


cqdxdetm at 19:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年01月02日

新年好♪

a294ce70.jpg
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします
m(_ _)m
さて、今年の抱負(と言うか願望)は・・・
|羚饅伉ッ罎妨獣呂妊妨婢愼
 これは出張先で既に販売店を見つけてあるので、お金さえ出せば購入できるのですが・・・
問題は、日本に持って帰るのにニシキヘビの皮がワシントン条約に引っ掛るので、正式な手続きが必要なのです。既に、必要な書類等は調査済み。あとは言葉の壁を何とか乗越えて実行するのみ。
 ここで、ニ胡の品質について。中国の楽器店で売っていても上質とは限らないそうな。上質なニ胡を手に入れるには工房にオーダーメードするんだとか。まあ私の場合はいつまでも初級レベルなので、中国でニ胡を手に入れるだけで満足してしまいます^^
中国で演奏する楽坊さんを観る
 長期出張している間に、“広州公演”をぜひお願いします。楽坊さんが来ないなら、上海でも北京でも飛ぶ覚悟は出来てますが・・・
F本公演の追っかけをする
 今年も暑い夏になりそうです^^
ぅ瓮鵐弌爾涼太呼企画になるべく参加する
 これが結構大変。平均すると月1回以上になります。資料館等を見ていれば誕生日の情報は自然に入ってくるのですが、うっかりすると〆切を過ぎちゃうんです・・A^^;
さて、今日の写真(張家界での一コマ)。民族衣装を着た可愛いお嬢さんと、観光客と思われるおじさんが水車(ベルト式)を回しています。お嬢さんは楽しそうに回していましたが、おじさんはヘトヘト状態でした。
右の笛は・・・、楽坊迷ならご存知“フルース(ひょうたん笛)”です。張家界の土産物屋近くでこのフルースが時々聴こえてきます。そうこのフルースは土産物屋で買いました。値段はね・・・88元(1300円)を値切って20元(300円)で買いました。
張家界でフルースが買えるなんて、ちょっとうれしかったですね^^


cqdxdetm at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)