土曜日は天気が良かったので『相模国一之宮 寒川神社』を参拝して寒川町を散策した。
ルートは、宮山駅⇒寒川神社⇒興全寺⇒参道⇒水道記念館⇒一之宮緑道⇒一之宮公園⇒大正麺業⇒寒川駅。


9時前に家を出ると風がひんやり。猛暑の夏は終わったな〜。

JR相模線の宮山駅で下車して約500m歩くと寒川神社に到着。
門前だんご茶屋の人形に思わず微笑む。

門前だんご屋
























入口は太鼓橋と三の鳥居。

寒川神社太鼓橋と三の鳥居


















手水舎で手を洗い、口はすすぐ真似だけ。
神門。おお〜すごい。

寒川神社神門


















御本殿。両脇に東西廻廊があり荘厳な感じ。

寒川神社御本殿


















客殿ではひと足早い七五三のお参り親子が。

寒川神社客殿




















社務所で御朱印をもらう。
これは驚き。御朱印代はお気持ちでと(相場の300円にした)。
「良いご参拝でした」と御朱印帳を返される(なるほど。こういう言い方があるのだ。)。

寒川神社御朱印





























寒川神社をあとにして、隣の興全寺でとんがらし地蔵(イボ地蔵)を拝む。

興全寺とうがらし地蔵





















寒川神社の入口の鳥居が「三の鳥居」というのは境内の外の参道にふたつ大鳥居があるから。
白い二の大鳥居をくぐって参道に入る。

寒川神社二の大鳥居




















だいぶ歩くと松並木の右側に小路がある。水道博物館の参道側入口だ。
記念碑には、わが国初の広域水道が『神奈川県営水道事業』として昭和11年4月に完成したのを記念した碑と書かれていた。

レトロな建物は当時のものを利用した博物館。手前に水色にペイントされた当時にポンプ。

水道記念館

















参道に戻り、銅製の一の大鳥居をくぐると相模線の踏切。
直進して一之緑道に入る。相模線の支線跡という。

寒川神社一の大鳥居




















一之宮公園にはレールが残されている。両端には車輪が。

一之宮公園の線路





















公園の案内板は駅のものをかたどっていて洒落ている。

一之宮公園案内板



















来た道を引き返し、寒川駅の方へ歩き産業道路(県道46号線)で右折して大正麺業へ。
11時10分に入店したが11時30分には順番待ちがでた。相当人気店のよう。
味噌ラーメン並(650円)と餃子(300円)を注文。

大正麺業





















行きつけ店の味噌ラーメンにトッピングで劣るも100円安いので仕方がない。
麺は太めの自家製麺でモチモチ感がいい。
餃子は絶品。この値段でジャンボ餃子が4個。具がぎっしり詰まっていた。

寒川駅から電車に乗って帰宅。万歩計は1万5千歩を越えていた。
今週も足がだるい。