懸案のBフレッツに加入した。

ネット環境

(左からBフレッツモデム、無線LANルーター、ケーブルTVモデム)

きっかけは電話セールス。
ケーブルTVのインターネット接続サービスを利用してきのだが、そこからのキャンペーン案内電話だった。
聞いても良く解らん。ホームページに広告があるという。

見るとサービスをプラスすると現在より料金が安くなるという内容のようだ。
でもいつまでサービス価格が適用されるのかがわからなかった。

割高料金だったが変更するのが面倒なのでそのままにしてきた。
広告を読んでいるうちに、分かりづらさ&現料金の割高さに頭に来て光に変えることを決断した。
結局、電話セールスは加入者を一軒減らすという逆効果になったわけだ。


マンショに入居して最初は ADSL に加入した。
局から3.5kmも離れているので、隣にマンションが建った途端にウェブが閲覧できないくらいに遅くなった。
しかたなく、ケーブルTVのインターネット接続サービスに加入した。
光回線を引くという議論が盛り上がらなかったので待っていられなかったのだ。

ローンを組んでマンションを買った人が多かったと思う。
マンションを買ったら、そのマンショに合った家具とか車とか、とにかく出費がかさむ。
インターネットは見えない(→見栄にならない)ということで後回しになったのだろうと想像する。

現在は余裕ができたか光回線は3社から選択ができるようになっている。
オーソドックスにNTT(Bフレッツ)を選択した。
プロバイダーは ADSL 時代に加入していた Nifty にした。

土曜日の9時過ぎには工事完了。
NTTから送られた簡単セッティングCDでフレッツと Nifty には接続できた。
無線LANルーターの接続が簡単セッティング通りにいかなかったが手作業でなんとか昼前には完了できた。

メールアドレスの変更。アマゾンからネット証券、ネット銀行と大変だった。
これで総ての変更が完了したと思うが、いくら節約になったのだろうか?

●毎月の料金コストダウン:5,775円→3,990円=1,785円/月
●工事費用:フレッツ工事費(2,940円)+ネット撤去工事費(2,100円)=5,040円
●キャンペーン割引:NTT(2992.5円×4ヶ月)+Nifty(997.5円×11ヶ月)=22,942.5円

工事費はキャンペーン割引で完全にもとが取れる。
もっと早くBフレッツにするべきだった。