2017年05月21日

釣行記録362

まだ5月だというのに昼間の太陽は早くもその凶暴な片鱗を見せるようになってきた
日の当たる駐車場に置いた車の車内温度は40℃近くまで上昇しハンドルが熱くて触れない、設置してある車載メディアプレイヤーも熱暴走する始末・・・
これからやって来るであろう夏の猛暑を考えると、もう憂鬱でたまらんわw

そんな時期のホームリバー
昼間は暑くても日が落ちればさすがに涼しく快適な時期でもある
冬の間は防寒で動き辛かった装備が軽装となり実に楽になった、釣りをするには最適なシーズンなのだが逆に障害もある、植物の急成長と虫達の攻撃だ
あっという間に伸びる雑草はポイントまでの道を埋めてしまいハードな藪漕ぎを強いられ蜘蛛の巣だらけになってしまう、そして蚊の攻撃・・・虫よけスプレーはこれから手放せない時期となる
でも実際にはこのホームリバーの岸辺には水辺にもかかわらず意外に蚊はそれほど多く居ない感じもする、不思議だがおそらく人や動物が周辺にあまり居ないので蚊も大量に居着いてないのかもしれない
よっぽど家の玄関周辺で蚊に喰われる事が多いんだよねw

さて、そんな時期
TOPシーズンとも言えるナマジング、5/20土曜夜の定期爆撃を休まずに出撃しましょう
先週は久し振りの増水パターンでの釣りとなりそれなりに楽しめた、いつも同じ釣りばかりだとマンネリな感じになるが、たまに違うコンディションでの釣りは刺激になって釣果関係なく楽しいもんだ
いつも定食ばかりだと飽きる、たまには寿司やラーメンも食べたくなる・・・そんな感じw
なので何か新しい釣りを目指して行きたいな〜とも考えた、新しい事を始めるのって難しい事も多いけど結果が出た時の感動も大きいものなのだ

ナマズを釣るルアーは多数在るが、現在この自分のホームリバーの釣りではぶっちゃけ23号機と20号機(改)の2つが在れば95%は成立してしまうと思うw
それだけ正解に近いルアーとも言えるが、他にも正解があるのではないのか?とも考える
何かもっと強力なパターンみたいなものがどこかにあるのではないか?と妄想するのだが・・・

例えばホームリバーでのメインベイトと思われるアユに絡んだベイトパターンは、未だもって初冬の瀬祭り以外では確立されていないのが現状で
これからの時期アユは各所にスクールを形成するが、そのスクールを追ってナマズが付くような事は少ないようで、アユのスクールを発見してもそこでナマズがボイルする事などは稀である

捕食音を立ててナマズがボイルした場面に遭遇すれば高確率でルアーを入れればヒットしてくるのだが、それはあくまでも交通事故的なものでパターンとまではいかないだろう
バス釣りのようにワカサギの群れに付くバスを狙い撃ちするようなパターンがこのホームリバーでも出来ればいいと思っているが
大規模なアユのスクールの中をルアーを通してもノー感じ・・・こんなにベイトが固まっているのにナマズが居ないなんておかしいなぁ?っといつも思ってしまう
それとも、もしかしたらアユスクールにはしっかりナマズは付いているものの、単にルアーに反応しないだけかもしれない、水中でアユを喰いまくっている・・・とも考えられる


そんなわけで、もう一度アユベイトパターンの構築にチャレンジしたいところなので、とりあえずミノー系のルアーを突き詰めていきたいと思っている
さしあたり今回は開発中のミノー系のウレタンルアーのテストも行う事にした
DSCF4527以前作ったプロト機は見事に失敗しクソルアーとなってしまったのでw
今回改造を加えてテストをしてみた
ウレタンルアーの場合リップ同時成型だとボディーとのバランスが難しく
リップ自体に浮力があるのでスイミング中に横倒れが発生してしまう
なのでリップは素材を変更、プラ板を仮付けしボディ下部にはウェイトを足して縦バランスを取った
この時点ではちゃんと泳ぐかどうか全くわからんけどw

そんなこんなで、近場のエリアからエントリーする
水位、流速は全く平常通りのノーマル状態だった
まずは新しいミノータイプのプロト機を投入してみる、ウェイトのバランスのせいだろうかキャストした時の空中姿勢が暴れて飛距離が伸びない
しかしリトリーブしてくると・・プルプルプルっと安定したバイブレーションがロッドに伝わってきてキレイに泳いでくれているようだ
足元の流れにルアーを入れて観察してみると、適度なウォブリングとローリングをしてまぁまぁ予想通りの泳ぎが出ていた、問題ないようだ♪
まぁプラリップを使えば普通ちゃんと泳いでくれるんだけどね〜
あとは潜る水深との兼ね合いでリップをチューニングする事になるけど・・・そもそもアユベイトパターンをするにしてどんな水深を通せばいいのかも判ってない段階なんだけどw

とりあえずしばらくこのプロト機で撃って行く
シャロー、ミドルレンジと撃って行くが簡単にバイトなど出るわけも無く・・・

ここでAランクのポイントが空いているようだったので小移動する
手堅く1本獲りたいのでルアーは実績の23号機にチェンジしよう
そして流れが絡んだシャローに遠投して入れる
着水して流れのエッジに誘導しポーズ・・・
そして2〜3回首を振らすと・・
小さく水面が割れてフッと消えるケミの光!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

やっぱ喰った〜!無音で吸い込むようなバイトだったな、活性高いかも!
DSCF4516
めっちゃ元気良いファイトだったがトルクが無い感じ
なんの苦労も無く寄って来た
やっぱデカくないなぁ



DSCF4518
よっしゃゲッツ!

フロントフックを吸い込んでる
良いバイトだった


DSCF4521
ん〜でも残念ながら
小学生サイズw
トラ模様はいっちょまえなんだけどw



DSCF4524

サンキューでーす♪




さすがAランクポイント、思った通りのスポットで思った通りにバイトして来た
サイズは思った通りじゃなかったけどw

アユのスクールも結構多く点在しているようだが、このナマズは特別にアユスクールに付いて居たというわけも無く流れの切れ目に定位していた個体だと思う
まぁナマズ釣りのセオリー通りのポイントだけど・・・セオリーを超えた部分を開拓していかないとダメなんだけどねぇ
アユベイトパターンを探さないと・・・

そしてその後、アユのスクールを探し普段は撃たないような所でもあらゆる釣りを試みるも、全くのノー感じだった
スクールはそこそこ見つかるのだが、ホントにナマズが付いてねぇ・・というか居て喰わないのかもしれんが・・
ルアーをアユに似せれば良いってもんじゃないだろうし
流れや地形の兼ね合いもあるし・・考えても考えても答えが解らない・・まぁ答えなんて無いのかもしれんがw

結局、どこに行ってもナマズのバイトも何も無く疲れてしまった・・・
そして早々に撤退を決めた
お疲れさまでした〜


いやはや、
今夜の釣果は始めの1本のみという・・・全くもってショボいものになってしまったw
釣果だけを求めるならば実績のポイントを巡るのが一番の近道なのだろうが、今後の事を長い目で見れば新しい釣りを展開していく事も必要なのかな〜と思ったりもする
でも釣りたい気持ちは抑えられないしw
今後どうなるのか分かりませんが
頭の中で妄想の釣りをいっぱいしてチャレンジしていきましょう

次回に期待〜♪






craftage at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣行記録 

2017年05月14日

釣行記録361

ゴールデンウイークも過ぎて今の季節としてはもう春でもなく、かと言ってまだ夏とも言えず、ちょうど隙間の季節といったところか・・・
朝はまだ寒く車のオートエアコンは暖房となるが、昼間の時間は冷房に切り替わったりするのを考えると人が快適に感じる気温の範囲というものは結構狭いものだ
厳冬期は氷点下、真夏は35℃以上になるこの自然の中では人はもはやエアコン無しでは生きていけないのかもしれない

そんな厳しい大自然の中でもたくましく生きている野生動物はある意味人間より強いとも言える
ここホームリバーの流域に住んでいる虫達やコウモリなど、冬の間は息をひそめていたもののこの季節になればどこからともなく現れて活発に活動を始めている
そして雑草の成長度も物凄く1週間毎に河原の景色が変わっていってしまうほどだ
ホント野生動物の生命力ハンパねぇ、人間は勝てないよ・・・
と言ってもエアコンや暖房無しに年間暮らしている河原のブルーシーター達の生命力もハンパねぇけどw


さて、そんな野生生物が一気に活発になるこの季節、釣りをするにはまさにハイシーズンとも言えるわけで
釣りに行けるなら行っとかないと損をするwということで今回は5/9に短時間臨時出撃を行った
GW中の釣り人の多さで全域叩きまくられたと思われるホームリバー、はたしてナマズの活性はどうなっているのか?
ポイント依存が大きいと思われるナマズ釣りだが、ナマズが着くポイントの優劣ランク分けをするとしたらSランク・Aランク・Bランク・Cランク位に分けられるだろう
Sランクのポイントではナマズが居て当然というようなポイントだが、入れ代わり立ち代わり釣り人が入りプレッシャーもスペシャルなので当たり外れも極端だ
今夜は連休直後という事もありBランク、空いてたらAランクのポイントに入る事にした

まず入ったBポイント、23号機の表水首振り、20号機(改)の水面直下リトリーブ、そしてCD7のボトムサーチまで入れたが結果ノー感じ・・・
やっぱ所詮Bランクかw

ここで移動、次はAランクのシャローが空いていたので入る
ここは期待出来そうなのでまずは新型ワイドカッププロト機を投入してみよう
DSCF4434
前回のプロト機の泳ぎが不安定な点があったので
浮力とのバランスでカップ角度を調整
カップの深さ、アイの位置などを煮詰めた
・・つもりw


早速シャローの緩流域に投入し引いてくると、グィングィン大きなアクションで首を振ってくれた
大きなカップでガッツリ水を掴んで派手な引き波を立ててのスイミング、引き抵抗も大きくバイブレーションが伝わってくる、これはイイ
安定感もあり流れの中でもしっかり泳ぐ、これは成功でしょう〜♪
さぁこれでナマズが出れば完璧なんだけど・・・そして、数投したところで水面に反応が!
ルアーに向かってナマズが振り返ったような引き波が立つがバイトまでいかなかった
ううむ、アクションが大き過ぎるか?
ここは釣果優先を考えてルアーを23号機にチェンジ、弱着水、弱波動で誘ってみる
ナマズが居ると思われるスポットにフワッと着水させると〜また振り返る引き波!
そこで尽かさずチョチョンっとワンアクション・・・ポーズ・・・
すると音も無く水中に消えるケミの光!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

喰ったし!落ち着いてゆっくり大きくアワセを入れるとギュ〜〜ンっとぶち曲がるロッド!
しばらくしてグイン!グイン!っとナマズが頭を振る手応えが!そのふり幅がデカくて重い!
そしてブルブルブル〜っと直線的な突っ込み!これもしかして〜かなりデカいかも!?
DSCF4466
ドラグを出しつつやっと寄って来たところで
ファイト写真を撮る
暗闇に一瞬魚影が映る!
長い!


DSCF4468
ファイト写真はもういいからw
早くランディングー!
めっちゃ凄いファイトを耐えて
ドキドキしながらやっとネットin


DSCF4471
よっしゃゲッツ!
デカい!
重い!
これはいったでしょ〜!


DSCF4475
キタ――(゚∀゚)――!!

楽勝70オーバー!

極太ド級モンスター

ご降臨です!!

くぅ〜久々だぁ



DSCF4479
お腹も黒いホームリバーの主
トラ模様もシブい
迫力のモンスター!



DSCF4484

サンキューでーす♪




DSCF4488
長靴サイズのモンスターヘッド

足の間を通ってご帰還・・



前回いつ釣ったか忘れる位久々のモンスターナマズ・・・忘れてかけてたこの感動
やっぱモンスターを獲った時の感動は別物だわ、何本釣っても手と足が震えるw
釣れる時には当たり前のように釣れるモンスター、やっぱ居る所には居る、当たり前だけどw

ぶっちゃけモンスターは狙っても釣れるわけでもなく、やっぱ運によるものがほとんどだろう
デカいルアーを使えばデカいナマズが釣れるわけでもないと思う、デカいルアーなら小さいナマズは喰ってこないとは思うけど、それはただ単に釣れる確率を下げているだけのものだろう
実際、今夜のモンスターはサイズを落とした23号機に替えたことでヒットしたとも言えるし・・・

その後、数か所廻るもあの1本が出ればもう満腹wノーバイトでも満足の撤退となった
お疲れさまでした〜

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

そして、その数日後5/13は本番の土曜夜の定期爆撃に出撃となった

この日は朝から雨降りで時折土砂降りのように強い雨が降り続いた
日が落ちた頃には小降りとなり出撃となったが降り続いた雨のせいで久々の増水状態となった
テレメータを確認すると40cmほど水位が上がっている、おそらく増流と濁りも入っているだろう
こんな時は既存の緩流シャローは壊滅してしまうので、今現在釣れそうなエリアが思いつかない
ならばここはド本流のボトムをミノーイングで浚ってみる事にした
増水増流の本流ボトムのナマズを狙うメソッドだがどうなるか?
ミノーイングに適したタックルを準備して現場に向かう

現着すると、増水は予想通りだったが流れはそれほどキツクなっていなかった
このメソッドはむしろ激流と言える状態で成立するのでこれではイマイチな感じ・・・
でもまぁ試しに撃って行こう、何が起こるかわからんしw
ドーーっと流れる流心にCD7をフルキャスト、ボトム付近を転がし泳がして来る
しばらく撃って行くと・・・ボトムにコンタクトした瞬間にモゾモゾ・・ココン!っと小気味いいバイトが!
おお!っと思ったが引きが軽い・・・
DSCF4491
クチボソかと思ったら
クチビル君かw
いつも元気いいな
そのままリリス〜


でも、やっぱこの流れの中のボトムに付いて居たな・・・んじゃナマズも居るでしょ!
一層「気」を込めてミノーを撃ち続ける・・・しかし結果、小1時間全くのノーバイト
クチビル君に騙された〜w

ここで作戦変更
あまりやりたくなかったが増水時の定番である冠水植物撃ちをやってみよう
全くタックルが冠水撃ちに適してないが仕方が無いw
流れの中に点在する水没した陸生植物の際に23号機をアンダーピッチで落として行く・・すると!
いきなりバシャ!っと水面が割れてルアーが消えた!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4492
やっぱ居たじゃんw
草の影に隠れてたな
なんの躊躇も無く喰ってきた



DSCF4494
よっしゃゲッツ!

23号機ガッポリ頬張ってるw



DSCF4501
小場所に居るナマズはやっぱ小さいな〜w

でも釣れて良かった〜♪



DSCF4503

サンキューでーす♪




水深にして20cm、岸際の冠水した浅い部分に昇って来ていた
増水したら水没した陸地に昇る・・・これはどんな魚も同じ大セオリーですw

ようやく1本出たがこのエリア最終まで来てしまったので冠水撃ちは打ち止め
えーとこんな冠水ポイント他に有ったっけなぁ?
もう1か所思い付いたけど遠いいなー、近頃歳のせいか移動が辛くてw

なんとか次のポイントに入りやはり冠水植物撃ちをしていると・・・パパン!
っと絵に描いたようなバイトが!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4506
冠水ジャングルの中でのファイト

結構めんどくさい釣りなんだけどw



DSCF4508
よっしゃゲッツ!

ちゃいちぃ・・色も悪いし



DSCF4511
ん〜こんなサイズばっかしか

小学生サイズw



DSCF4512

サンキューでーす♪




短めのベイトロッドでウィードレスルアーを撃って行けばそれなりに楽しめそうだけど
ナマズの場合ウィードレス=フッキングレスとなるので難しいところ
ただ単にフッキングしないバイトだけ楽しむっていうならいいけど絶対ストレス溜まるよw
実釣主義の私としては釣りはランディングしてナンボでしょ〜!
って変なこだわりかもしれんけどw

そして、ここで疲労も溜まり撤退となった
お疲れさまでした〜


いやはや、
今週は久々の増水コンディションとなり、いつもと違う釣りとなり釣果は別としてそれなりに楽しめました
作戦通りにド本流のミノーイングパターンでビッグナマズがドッカーン!っとバイトしてくれれば最高だったんだけどねぇ
ド本流のミノーイングパターンはある意味究極の面白さがあるので、また次増水してタイミングが合えばチャレンジしてみましょう
さて、次回はどんなコンディションでホームリバーは迎えてくれるのでしょうか?
攻略するのが楽しみです♪










craftage at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣行記録 

2017年05月07日

釣行記録360

世間ではゴールデンウイークもいよいよ終わりとなり、高速道路ではUターンラッシュとなっているらしい
とは言え近頃では高速道路の整備や拡張なども進んでおり、昔のような殺人的な大渋滞とはならないようだ
すっかり遠出をしなくなってしまった私であるが、遠い昔に5月の連休や盆休みなどに車でよく遠出をしていた頃を思い出す
当時は今に比べて国民の多くが連休には車で出掛ける風潮があったように思う、車の数も今より多いし道路も狭い状況ではそりゃもう凄い渋滞で、中央高速で長野あたりから東京に帰るのに8時間以上掛かったように思う
サービスエリアに入るのに1時間待ち、トイレも大渋滞で男子トイレなのにオバサン達の待ち列が出来ているという状況w女性の列の前でオシッコするのって結構辛いんだよねw

今では本職だったバス釣りも全く行かなくなってしまい、高速で遠出もしなくなってしまったのでそんな苦労も無いが、サービスエリアのかけうどんの安っぽい味が恋しくなったりもするなぁw

さて、そんな私のGWだが今年はそこそこ休みもあり地元ホームリバーでのナマジングを楽しむ事が出来た
釣り人が多い事は承知の上なのであまりガツガツせずに空いているポイントを気楽に撃って釣れたらラッキーというスタンスで臨んだ

まずは5/2の出撃では・・・
人が入って居た1級ポイントを横目で見ながらwまず入ったのはシャローエリア
本流の流れが絡み今年実績のあるポイントではあったが・・結果ノーバイトで終了
ナマズが着くポイントではあるが日によってムラがあるのもホームリバー、実績があるとついついその場で粘ってしまうもんだが一通り撃ったらすぐ移動した方が得策なんだよねぇ

そして移動して瀬絡みのポイントを撃って行くがこちらもノーバイト・・
丸太のスクールも消えたし、この後アユが入ってくれば瀬撃ちでナマズがバンバン出るようになれば最高なんだけど

そしてまた移動、次もシャローポイントを撃って行く
流れの早い流心側と流れの緩い岸側、そして水深との兼ね合いでナマズの着き位置が決まってくるので
ルアーを落とす位置を変えつつ進んで行くと・・・
着水後、短ポーズを入れて23号機の首を振らすといきなり水面がグニャっと歪んでケミの光が水中に消えた
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4393
典型的な無音バイト!
結構活性としては高いかも
ファイトしながら自ら岸に上がってきてくれたw



DSCF4398
よっしゃゲッツ!

やっぱフックを吸い込んでいる
喰う気でバイトしてる証拠だ


DSCF4401
まぁまぁデカい
65位かな?
まぁ70は無いのでメジャー当てなくてもいいかw



DSCF4402

サンキューでーす♪




シャローでも結構流れの緩い所に居た、でも喰い方は良かったのでボケーっとしていたわけでもなく緩い流れの中でベイトを喰っているのかもしれない
ちらほら居るアユのスクールは今は緩い流れの場所に留まっているので、それを狙っているのかも

そしてその後、ミドルレンジのリトリーブで強烈なバイトが出るもフッキングならず・・・
シャロー以外にもナマズは居る、ポイントを絞るのも良くないかも?

そして最後に最初に入ったシャローを撃ってみると・・・

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4405
なんだ居るんじゃんw
さっき散々ルアー入れたのに
やっぱタイミングってあるんだなぁ



DSCF4407
よっしゃゲッツ!

まぁ小さいけどw



DSCF4411
小学生サイズw





DSCF4413


サンキューでーす♪



やっぱシャローか・・・
流速も1本目が出たような緩い場所だった
やっぱ緩流シャローは鉄板ですなw

ここで今夜は撤退とした
お疲れ様でした〜

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

そして続いて5/3の出撃となった
多数の釣り人をかわしつつ各ポイントを探し撃っていくが・・・
結局釣れたのはやっぱり緩流シャロー

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4415
やはり23号機でのヒット!

出方は良いけど軽いなw



DSCF4418
よっしゃゲッツ!

ありゃ口が変形系か・・



DSCF4422
不細工顔でw

サンキューでーす♪



口が変形してたり、尻尾が無かったり身体的欠陥があるナマズが少なく無いが、そんな個体でも一様に元気は良かったりするのでナマズの生命力は凄いと思う
さすがホームリバーの主だよなw

そしてやはり緩流シャローで

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4427
よっしゃゲッツ!

やっぱ小さいなぁ・・



DSCF4428

めっちゃスリムだし
ベイト喰えてないのか?



DSCF4431
がんばって大きくなれよ〜

サンキューでーす♪



この後、前回バイトがあったミドルレンジのエリアに入りリトリーブの釣りをしてみる
始め20号機(改)の水面直下の早巻きで通すも無反応だった
次に半信半疑だったがルアーをCD7に替えてボトム付近を探ってみることに
ゆっくりストレート引きをしていたが、何の気なしに強めのトゥイッチを入れてみた途端に!ゴゴン!っと強烈なバイトが!
おお!っと思って反射的にロッドを強く煽ってしまい一瞬乘りかかるも直ぐにフックオフ・・・
ぬぉ〜!ルアーを回収するとフックが大きく伸ばされていた!
これは大失敗、アワセが早く強すぎた・・ていうか魚のパワーあり過ぎ、よっぽどデカくないとこんなにフック伸びないよなぁ
でも昨夜のバイトといい、ここ間違いなく居着いてるじゃん
ナマズは緩流シャローだけじゃない、きっとモンスターはこういう一見居なさそうな所に居るんだよきっと
一気にモチベーションが上がるが、さっきみたいな掛け損ないをしてしまったらもう喰わねぇよw
追加のキャストを重ねるもノーバイトで終了〜

お疲れ様でした〜

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
そしてGW出撃最終日、5/6は土曜日の定期爆撃で締めましょう♪

先日のミドルレンジのバイトが頭から離れずw一直線に例のポイントに入る
ここで頼りになるのはCD7しかない、今回は豊富な在庫の中から過去のお気に入りだった「コンスタンギーコ」カラーを持ってきた
この子なら絶対モンスターを呼んでくれるに違いない、GWの締めにモンスターをお願い!祈るようにキャスト〜
流心に向かってフルキャスト、着水後直ぐにチョン!チョン!っと強めのトゥイッチを入れつつ巻いてくる
10投位したところで・・・トゥイッチの直後ルアーが止まった瞬間に微かな違和感が・・?そのまま巻かずに待ってみるとググン!っと引っ張られるライン!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

落ち着いてロッドを深く煽るとギュ〜っとティップが入って行く!そしてジリリリリリーっと出て行くドラグ!
やっとフッキングした!外れるなよ〜慎重にラインテンションを保つ!
めっちゃめちゃ強い引き!突っ込む突っ込む!これはモンスターサイズ確実だな!
・・・と思った瞬間!遠くの水面が爆発して魚影が空中に飛んだ!!
なぬぅ!すげえジャンプ!・・・ってもしかして・・・ヤツかw
DSCF4435
足元まで寄せた所でドキドキしながら
ヘッドライトを点ける

・・・やっぱしw


DSCF4440
キッカー入りました〜w

デカいし・・・



DSCF4443
44〜45位あった

良いクチボソだぁw



これで謎が解けました、ここ数回の強烈なバイトはコイツの仕業だったのかw
モンスターナマズではなかったのは残念としか言えないよ
ここで一気にテンションが緩んでしまったが、ナマズを釣りに行こう
〜緩流シャローに・・・w

そしてなんの苦労も無くシャローでは

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4444
やっぱ小さいし・・・





DSCF4447
よっしゃゲッツ!





DSCF4452
やっぱ痩せてるなぁ





DSCF4456
サンキューでーす♪





始め新型の強波動の出るプロト機で流すも無反応だったが
同じ場所を23号機に替えてフォローいれた途端にバイトしてきた
明らかにルアーの違いで反応が変わったという事だ
小さいサイズ、弱い波動が有効だという事は間違い無いか?でもこれも今日限定ってこともあるし
解明は難しい

そしてGW出撃ラストを絞める1本は〜?!

          キタ――(゚∀゚)――!!

DSCF4459
よっしゃゲッツ!

ちゃいちぃw



DSCF4462
ガリガリだし・・

しかも凄い下クチビルw



DSCF4464

サンキューでーす♪




DSCF4465

クチビルを大切になぁ〜





ふぅ〜これで終了w
お疲れさまでした〜


いやはや、
結果をまとめれば緩流シャローでそれなりに、それなりなナマズを獲る事が出来ましたが
印象に残るナマズは1本もありませんでした
モンスターナマズは一体どこに居るのでしょうか?
昨年末の瀬祭りでバンバン釣れた75クラスのナマズを考えればどこかに居るはずなんだけど、まるで判を押したように小型のナマズしか釣れないという事は、緩流シャローを撃っていてもダメだという事かもしれない

モンスター狩りをするならパターンを変えないとねぇ
ボトムの釣りを究めるとか・・・と言ってもまたランカークチボソが釣れちゃうかもw
とか言いながらランカー釣るのも嬉しいんだけどね♪

まぁとにかく
モンスターナマズを求めて次回釣行も頑張ります
(-∧-)合掌・・・




craftage at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣行記録 

2017年04月30日

釣行記録359

今年もゴールデンウイークの時期がやってきた
季節的にも暑くも無く寒くも無く、行楽に出掛けるには最高のタイミングなのでまさにゴールデンなわけだが、行楽地での人の多さもまさにゴールデンだw
釣りを趣味にしている人達も良いシーズンでもあり、この休みを利用して釣りに行かない釣り人は居ないといってもいいだろう
そう言えば昔、GW中に富士山の麓の湖にバス釣りに行った時、湖岸一周管釣り場のように釣り人で並び埋まっていた事を思い出したw今でもあんな感じなんだろうか?
自分としては釣りというものはあくまでも孤独に楽しみたいと思っているので混んでいる釣り場は超苦手なんだけど・・・
でも魚が釣れた時は誰か見てないかな?っと思ってしまう辺りは超軟弱者なんだがw

そんな私のナマジング、孤独な釣りという点ではまさに最高の釣りなのだがここホームリバーでもGWということで釣り人密度も増してくるのは必至である
ハッキリ言って良いポイントに入れるかどうかで釣果が決まってしまうのは間違いなく、この期間にいい釣りは期待はしない方がいいのかもしれない

そんなわけでこの時期はタックル強化という所に力を入れていこうと新型ルアーの開発に取り掛かった
DSCF4341
今回の新型はワイドサイズのカップで
強い波動が出せればと思い作ってみた
カップの形状が正しいかどうかは判らないが・・・



DSCF4346
プロト機2機完成させテストを行う
1つはコーティングしてウェイトを増してみた
ウレタンルアーは制作途中でテストが出来ないので
いつも完成してからぶっつけ本番となるw


DSCF4347
同時にミノー系の新型も手を付けてみる
なんとかアユベイトパターンが出来ないかチャレンジする
これも実際泳ぐかどうか全く不明w




さて、そんなわけで実釣に向かう
前回の釣行記録から雨で出撃中止やノーフィッシュの日もあり間が空いてしまったが
今回は連休という事で4/28・4/29の2連戦の出撃となった

まずは4/28の出撃は結果から言うとノーフィッシュ終了w
もーなんと言うかホント釣れねぇw
例により釣り人が多く良いポイントに入れなかった事もあると思うんだけど
何でもないシャローエリアでショボいバイトは2回もらったがフックに触りもせず、活性が低いのか?ルアーアクションが間違っているのか?
ナマズが居るのに喰わせられない現実に苦悩した、ここまで釣れないと自作ウレタンルアーの限界みたいなモノなのか?と疑心暗鬼になってしまうw

そして連戦2日目、4/29土曜夜定期爆撃の出撃となった
出撃時間の直前に夕立があり結構強い雨が短時間降った、これは何かナマズの活性に良い影響があるのでは?っと期待をしつつポイントへ向かう
するといつも必ず人が入って居るポイントに誰も居なかった
先程の夕立が人払いになってくれたのかもしれない・・・これはチャンスと思い超1級ポイントを撃ってみる
23号機の首振りか?20号機(改)のリトリーブか?迷ったが昨夜の状況を見て単純な水面アクションでは反応が悪いと考え20号機(改)の早引きでリアクションさせる事にする
バイトさせられなくてもナマズがここに居るかどうかが判ればいい、居ると判れば喰わせアクションで引き出してやるから・・・
とか思っていたが〜これまた全くの無反応w
ここにナマズが居ないとは思えないんだけど・・・もぅホント、スランプだわw

テンションも下がり気味だが、この釣り人の居ないチャンスを活かさないと・・・
移動してやはり今夜は空いているグッドポイントを撃ってみる
流れのエッジが効いているシャローだがナマズが付くスポットは判る、ここは23号機を遠投して入れて行く
風を読んでフルキャストー!着水するが遠すぎてもはやケミの光も見えない、水面の影の動きを頼りにルアーをスイートスポットに誘導してくる・・・すると!
水面が波立ちルアーの影が消えた・・・手にはアタリが伝わらないけど・・ルアーどこいった?
ロッドを立ててみるとルアーの抵抗も何も感じない・・・ん!これは喰って手前に走って来ているパターンだな!
リールを高速で巻いていくと徐々にロッドに重さが加わっていく!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

喰ったし!なんか久っさびさのヒットって感じヤホー!
遠いので中々寄って来ない、バレンなよぉ〜!
DSCF4351
おぉ〜よしよし
大人しくしてくれ
慎重にネットですくう



DSCF4353
よっしゃゲッツ!
チョット口が変形系だけど
めっちゃ嬉しい!



DSCF4357
60位か?
中々いいファイトだった
活性は悪くない



DSCF4359
不細工顔でw

サンキューでーす♪



やっぱ居る所には居る、当たり前だけどw
いやでも本当にナマズ釣りってポイント依存って所は大きいよな〜良い場所に居るナマズはルアーが何であろうが簡単に喰ってくるんだから・・・
今夜のこの空きポイントは貴重だ、もう1本出ないかな〜?
同じポイントの違う筋を狙ってみる・・・すると!
はるか遠くから「パパン!」っと良い音が響く!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

なんだよ居るんじゃん!やっぱ簡単に喰ったし!
DSCF4362
めっちゃ元気良い!
重量感は無いけど走る走る!
よ〜しよし、大人しくしろ〜



DSCF4365
よっしゃゲッツ!

小さいけどやんちゃなナマズ君w



DSCF4369
中学生サイズかw
23号機GJ!
やっぱオマエは使えるヤツだw



DSCF4374

サンキューでーす♪




正直、使用するルアーに迷う事に意味が無い位良いポイントには高活性のナマズが付いて居る
やっぱポイント依存は決定的だよな〜
と言っても昨夜に同じポイントに入れたら同じようにヒットしたかどうかは分からないけど・・・
要するに、その時時、その場所場所で釣れるナマズは決まっていて、そこにどんなルアーだろうがそんなアングラーだろうが釣れるのも決まって来るという事なのだろう
全ての釣果はタイミング次第って事になるのかも?・・・ってなんかネガティブな感じだなぁ
釣れないのが続くと思考がこうなっちゃうもんだw

まぁとにかく連続ヒットは素直に喜びましょう♪
釣果も出たし後の時間は新型のプロトルアーのテストを交えて釣り進んで行きましょう

まずは新型カップルアーを泳がしてみる
予想通り大きなカップのおかげで強い水面波動が出るには出るが、イマイチ安定感が無い
リトリーブスピードや水流などに影響を受けやすく、上手く使いこなすにはちょっと時間が掛かるかも?
そしてミノー系の新型ルアーは・・・見事に全然泳がねぇw
やっぱリップ同時形成のルアーは難しいリップ自体に浮力があるので横に倒れてしまう
下部にウェイトを足して試してみるも理想には程遠く・・・全くのクソルアーになってしまったw
まぁこんな失敗を繰り返すのが大切なんだけどね
しかし今考えると4号機は奇跡的に上手く出来たリップ系ルアーだったんだな〜4番目にして完璧な泳ぎをしてくれたわけで・・・

とりあえずミノー系新型はまた練り直すとして新型カップルアーを使い込んでみよう
慣れればいいアクションが出せるのかどうか?改良点を探しつつ釣り進んで行く・・・
しばらく進んだ所に流水系シャロー域があり、そこで流水の中でいかにしたら良いアクションが出るかどうか色々と試していると・・・「ジョパン!」っといきなり水面が爆発した!・・・え?
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

なんだよ!バイトしよった!ビックリした〜w
DSCF4378
結構デカいんじゃないの〜
めっちゃ元気だし
バレンなよぉ〜



DSCF4379
よっしゃゲッツ!

プロトルアーで出ちゃったよw



DSCF4385
今日一サイズじゃん
65はあるだろうけど70まで無さそうなので
メジャーは当てなくてもいいかw



DSCF4388
いや良いナマズだよ

プロトルアーもGJ!



DSCF4389
ナマズスマイルで

サンキューでーす♪



DSCF4391
身体をくねらせながら帰って行く・・
しかし、このナマズ曲線は美しいなぁ〜♪
まぁ・・
この曲線に美しさを感じ始めたらもう終わりかもしれんけどw


良かった〜釣れてw
新型ルアーの不完全とも言えるアクションに喰ってくるなんて・・・
結局、完全なイイ泳ぎなんて人間の目から見た物であってナマズからしてみれば魅力が無いモノだったりするんだろうけど
まぁルアーに関しては釣り人の自己満足っていうのが大部分なのは間違いないよなw


さて、オマケの1本も出たし納得出来た、ここで撤退を決めた
お疲れ様でした〜


いやはや、
ルアーフィッシングは「釣れた」ではなく「釣った」という実感が大切な釣りと良く言われるが
つまるところ魚の活性やコンディション、タイミングなど不確定な要素が大きく作用していて
アングラーの技量やルアーの性能などが影響するのは僅かなモノだと感じられる・・・

・・・なんて、ルアーフィッシングをやっていて元も子もない事を言ってしまったがw
このホームリバーでのナマジングにおいては頑張れば頑張っただけ川の神様に
「釣らしてもらえる」
って言う事は間違いなさそうだww

なのでこれからも頑張ります!
(-∧-)合掌・・・




craftage at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣行記録 

2017年04月09日

釣行記録358

4月に入り暖かい日があると桜は一気に花を咲かして、見た目からも春真っ盛りという感じになった
ホームリバーの沿道には桜の名所も多く、たくさんの人達が花見に集まっているようだ
ブルーシートを敷いて花見で一杯という人達もいるようだが、この時期ってまだ意外に寒いので冷たいビールを震えながら飲むっていうのが花見の定番かもw

そして春の訪れは地上だけでなく水の中でも進んできている
ホームリバーの水温も触ってみると熱の粒子を感じるような温かさがある、岸際に泳ぐ小さな魚の数も増えてきているようだ
先日は早くも稚アユの魚影も確認出来たし、ここで釣りをするアングラーにとっては待ちに待った春がやっと来てくれたといったところだ

そんな中、前回の釣行では4月一発目でいきなりモンスターナマズが出てしまった、超ラッキーだったとも言えるがwパターン的なモノもあった
降雨後の微増水コンディションでナマズの付き場が限定されている感じで、ルアーアクションも水面直下のリトリーブアクションに限られていた感じもあった

春浅くナマズの活性もまだ低い状況では表水をスローに誘って喰わせるのも手ではあるが、早いリトリーブでリアクションさせる方が効率が良い場合も多い
今シーズンに獲ったナマズの多くはこのリアクションでのヒットだった、今後も高まるプレッシャーなどを考えると20号機(改)や25号機の巻きの釣りは重要になってくるのかもしれない

さて、そんな春の釣りを充実させるべく短時間臨時出撃を4/4に行った
現着すると微増水は継続しており水位は落ちていなかった、しかし流速は落ち着いた感じで前回とは同じコンディションとは言えないようだ
前回釣れた岸際の反転流はルーズな感じになり魅力が無い、試しにルアーを入れるがやはり無反応・・・
とりあえずシャロー域を23号機と25号機のローテーションで撃ち進んで行く
23号機で表水をスローに誘った後25号機で水面直下リトリーブを通してチェックしていくと・・・
ゴゴン!っとロッド全体に振動が伝わり、巻いているリールのハンドルが抵抗で止められた!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

くぅ〜!たまらんこの感触!脊髄反射で瞬間的にロッドを煽ってしまったがwうまくフッキングしてくれたようだ!
バレんなよぉ〜!ロッドのしなりを活かして寄せて来る・・
DSCF4298
ありゃこんな小さかったのねw
バイトは強烈だったのに〜

早めにすくっちぇえ


DSCF4300

よっしゃゲッツ!

軽いw


DSCF4304
もちろん計測除外サイズ

でも健康そうで、なによりw



DSCF4307

サンキューでーす♪




巻きの釣りでのバイトは実にシビレる瞬間だが
リトリーブ中のバイトで上手くフッキングさせるには瞬間的にアワセるのがいいのか?アワセずに巻き続けるのがいいのか?はたまたバイトの瞬間ラインを緩めるのがいいのか?未だ良く判らないところだ
今までは身体反射のまま対応していたがw今後はもっと意識して修行をしないとダメだよな・・・

その後、数か所チェックをいれるもこの日はこの1本で終了〜

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

そしてまた数日後の4/8、本番の土曜夜の定期爆撃に出撃となった
今夜は曇っているので空がぼんやり明るい夜だ、なんか雰囲気イイ感じだし
気温は暖かくジャンパーも薄手の物になり動き易くなった、これでたくさん釣れれば文句無しなんだけどw

早速今シーズン実績の有望ポイントへ向かう・・・
現着すると、やはり微増水はそのままだった、堰の開け閉めで水位が決まるのだろうけど
このままこの水位が平水になってしまうのかもね
とりあえず良い水深、良い流速のスポットを探し23号機でスローに誘っていく
居れば1発で喰ってくるような雰囲気プンプンなんだけど・・・ドキワクしながらキャストをしていると!
いきなりピチャ!っと水面のルアーが小さな波と共に沈んだ!
んん?喰った?
ロッドを煽りリールを巻いてくるとプルプルした手応えがしながら簡単に寄って来てしまった・・・
DSCF4312
あれまw
ミニクチボソじゃんか
トップで出ちゃうのかよw


チビッコくて可愛いなw元気いっぱいだし
しかし改めて思うとバスってナマズに比べるとはるかにフッキングし易い魚だな、皮膚は硬いけどフックがどこでも引っ掛かるって感じ・・・このナマズ用フックシステムならどんなアタックでもフッキングしちゃうだろw

幸先が良いのか悪いのか、とりあえずクチボソゲットで0.5ポイント獲得w
続けて同シャロー域を撃って行く・・・23号機、20号機(改)とローテして行くが結果ノーバイトで終了
ん〜イメージ通りにゃ釣れんよなw

小移動して、次なるポイントはやはりシャロー域を撃って行く
なんとなくもう23号機のカップでの首振りアクションでは出ないような気がするので、ルアーは20号機(改)に固定してリトリーブスピードを変えつつ撃って行く事にする
20号機(改)はロッドティップを下げて早く引くと水面直下のアクションだが、ティップを上げてゆっくり引けば細かいバイブレーションの水面波動が出る
トゥイッチでは泳ぎが破たんして良くないが、継続したリトリーブリアクションは色々と使えるルアーだ

しばらく撃って行くと早いルアーの動きに反応した水面の動きがあった、あれはナマズでしょ〜
次の1投、今度は水面をゆっくり引いてくる、一定のスピードで引いて一瞬ポーズ、そしてまたすぐ一定スピード引き・・・ツー・トン・ツー・トンリトリーブで引いて来ると・・・グルン!っとルアー周囲の水面が渦巻いた!
そして水中に消える20号機(改)!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

喰った喰った!誘いのリトリーブが効いた!
ギューーっとアワセを入れるとフッキングの手応え!ロッドが大きく曲がる!
結構重い引きだが特別激しくファイトするでもなく、徐々に寄って来たナマズ・・・
足元まで来たらやけに大人しい、もうすくっちゃえw
ネットに入ったら急に激暴れ出した!ネットの中でローリングファイトするなってww
DSCF4316
落ち着かせてグリップを掛ける

よっしゃゲッツ!
まぁまぁか?


DSCF4319
65までないか?
高校生サイズw

でも良いナマズだぁ


DSCF4320
イイ顔しとるw

20号機(改)大活躍♪



DSCF4323
いいお腹してる

ベイトも豊富なんだろうな



DSCF4325

サンキューでーす♪




良かった〜釣れてw
20号機(改)で正解かも?早くもゆっくりも誘えるし

ここでまた中移動する
次なるポイントは瀬エリアを撃って行く・・・
丸太の数も徐々に増えているようで、今のところ瀬での乗車率は30%位かw
この丸太スクールの瀬でのナマズパターンをなんとか出来ないか?今年も色々やってみよう

まずは20号機(改)で瀬下のポイントを広く探ってみる
ロッドティップを下げて流れを横に刻んでくる・・・すると!
ゴゴン!っと強烈な衝撃が加わったと思ったら、水面を割ってケミの光が空中高くに飛び出した!
すっげージャンプ!!そんなにデカそうじゃなかったけど凄いパワーだ!
ドラグがシャーーーーっと出て行く!めっちゃ元気いいナマ・・・ズなのか?
ぁぁぁあ、またクチボソか?!頭の回路が繋がったw
DSCF4329
やっぱしw

こんどのは結構デカいな!



DSCF4334
よっしゃゲッツ!

これはデカい
確実40オーバー
重たいし
スモールのくせして厚みが凄い

キッカー入りました〜w
クオリティーフィッシュって言うのかなww

クチボソのこのサイズだとファイトは凄い、PEラインのヘビータックルだから余裕だけど、これ普通のバスタックルの4lb.ラインとかだったらどうなるのかね?想像しただけでも楽しそうw

嬉しい外道でちょっと興奮してしまったがw
あくまでもナマズを狙っていきましょう〜続けて瀬を撃って行く・・・
瀬の中まで進むとやはり泳ぐ丸太にルアーが当たるようになってしまった、ルアーがぶつかった時にアワセを入れてしまえばおそらくスレ掛かりになってしまうだろう
ここは丸太君を釣らないようにルアーがぶつかったらラインを緩めてルアーを逃がすようにする
丸太君も口でバイトしてくれればアワセて釣ってもいいんだけど、まず喰ってくる個体は居ないと思う
たまーに口に掛かる丸太も居るがそれはあくまでも口部分にスレ掛かってしまったと考えた方がいいのかも?
まぁとりあえずナマズを探したい
流れを良く見て丸太の居る位置と違う筋を予想してルアーを入れて行く・・・
ここで昨年の瀬祭りの事を思い出した、ミノーのボトムローリングはどうかな?
まぁ何事もやってみないと分からんし・・・早速SPミノーに変えてボトムを転がして来る

すると!ゴゴン!っと明らかにスレアタリではない魚がバイトした手応えが手に伝わった!!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

これは喰ったろ!
そしてグイングインっと頭を振る引き!これはナマズでしょ!
DSCF4337
ん?ん〜っと・・良く見えないな

引き方がナマズだよ!信じろ!



DSCF4339
ってオマエ・・・
またクチビル君かよw
ついついオマエの事は忘れてしまうんだけど
良いタイミングで思い出させてくれるわw


でもまぁ、丸太君をスレ掛かりさせるよりはオマエがちゃんとバイトしてくれた方が10倍嬉しいよw
ありがとねぇ〜

そしてここで戦意喪失w退却を決めた
お疲れ様でした〜


いやはや、
今夜はなんだかんだ言ってホームリバーを代表するルアーフィッシング対象魚フィッシュイーターを3種目釣っちゃいましたw
特にランカークチボソのファイトは忘れていたバサーの血が騒ぐような魚だったw
考えてみればこのフィールドもバサーにとっても立派な釣り場となっているわけで、ちゃんと狙えばちゃんと釣れるのかもしれない・・・
ホコリを被ったバスタックルを引っ張り出してみようかな?
ワームは全部溶けてるかもしれんがww

まぁとにかく次もランカー・・・じゃなくてw
モンスターを狙っていきましょう!
(-∧-)合掌・・・





craftage at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣行記録