2018年10月21日

釣行記録417

2008年10月18日、ホームリバーで初めてのナマズを釣った
その頃自分はキャリア20年の根っからのバサーだったのだが、近所の川でルアーで狙える魚が居るという情報を偶然得たのがきっかけで、ほんの暇つぶし感覚で出掛けてみたのだ
いつも遠方の湖川で使うバスタックルを近所の川で使うという事になんか凄い違和感があった
こんな東京の真ん中でルアーをキャストするなんて・・・なんか変w
そんな事を思った事を憶えている

ところが、半信半疑で投げたミノープラグにあっさりとナマズがヒットしてしまった・・・
そしてその日からドツボの10年が始まったw
ブログ文化の発展期という事もあり、同時に始めたこの「多摩の猫バス」もドツボの10年w
この10年を振り返って長かったのか?短く感じるのか?・・・自分にもよく判らないw
週末釣りに行って釣行記録を書く、その事があまりにも日常に溶け込んでいる当たり前の作業だったからだw

ただ一つ言える事は、10年変わらず続けてこれるこの釣りは間違いなく面白いって事♪
バス釣りを始めたのを合わせればもう30年以上もルアーフィッシングにハマっているわけで・・・
どんなに釣れなくても、どんなに身体に辛くても、結局釣りに行きたくなるのは
まぁ人にもよるけど、釣りっていうものは人のDNAレベルで欲するものなんじゃないかな?w



さて、そんなこんなで
10th anniversary釣行記録という事でw今回は10/18を挟んで
通算10年目最終の10/16の臨時出撃と
通算11年目最初の10/19の定期爆撃に出撃となる

10/16、万年増水コンディションのホームリバー
ここの所目立った降雨は無く水位は安定してきた模様だが
しかしあくまでも以前から比べれば水位は高いので、過去に在ったシャローや瀬などのグッドポイントは消滅したままである
もうここまでくると過去のポイントは忘れて新たなグッドポイントを探した方が良さそうだ
今夜は久々にエリアを変えて索敵をして行く

岸沿いを歩きポイントを探すが川形が大きく変わっている所ばかりで簡単にポイントを絞り込めない
岸際の流れが良い感じで撃ち続けるも後で水深を調べたら深過ぎだったり浅過ぎたり・・
やっぱ新たなポイントは昼間明るい時に来て確認しないとねぇ、効率悪すぎw

しばらく進んで行くと瀬と緩流域が良い感じに絡んだポイントを発見
あの緩流域の水深が膝下位だったら間違いなくナマズが付いてるはず、期待マンマンで新30号機を投入する
低い弾道で静かに落とすと・・・着水と同時に水面が掻き乱された!
そして手に伝わるバイト振動!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

ほぼ落ちパク!やっぱ居る所に居るねぇ!
緩流域は先にも続いているのでポイントが荒れないようにロッドを寝かして強引に引き寄せてくる!
はよこっちさ来い!暴れるな〜w
ファイト時間がちょっと足りないけど早々にランディング〜
DSCF6411

よっしゃゲッツ!

良いポーズだw




DSCF6414

まぁ計測除外サイズだけど

おkおkw




DSCF6415

サンキューでーす♪





良かった〜釣れてw
おそらく水深も良かったのだろう、落ちパクで喰ったという事は偶然そこに居たという場合もあるが
狭いポイントにナマズが群れて居たって事の可能性も無きにしも非ずw

荒らさずに温存したポイントを超期待で撃って行く・・・すると!
またもや着水直後にジャババ!と水面が弾けた!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

くぅ〜!やっぱ居たわ!
群れてる群れてる!ムンムン群れ群れwここぞっていうポイントはやっぱナマズが必ず居るって事だよな〜
このナマズも場を荒らさないようランディングを急ぐ
DSCF6419

よっしゃゲッツ!

これは良いサイズ!
ポーズも良しw


DSCF6422

ん〜まぁまぁか
しっかり65オーバー
大人サイズ♪



DSCF6427


サンキューでーす♪





さぁまだ出るか?
超期待で撃ち進むが・・・世の中そんなに甘くないw
水面に微量の反応が出たがバイトまでいかず・・やがて完全沈黙
さすがスレスレスレッからしの東京ナマズw少しでもプレッシャーが掛かるとだんまり状態
まぁそれぐらい天才ナマズじゃないと勝負がつまらないしねぇ
・・・って釣れない言い訳を自分にするw

結果、今夜2本目の大人サイズが10年間の締めくくりナマズとなった
ホントお疲れさまでした〜

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

そして、数日後
10/19、11年目初の釣行に出撃となった

せっかくの11年目初という事で今回の釣行では一つ計画を思いついた
2008年10月18日に釣ったホームリバー初ナマズ、使ったルアーはシーバス用のミノープラグの「有頂天」だったのだが
DSCF6464
今夜はその時のルアーの現物を使って
同じルアーで10年越しのナマズを釣ってやろうと計画したw

シーバス釣りにも行かなくなってしまったので
このルアーはもう10年近くタックルボックスに収まったまんまだったが
ここでまた活躍出来るのか?出来ればまさに有頂天になれるんだけど・・・
さて、どうなりますかw

とりあえず今夜はこのルアーで1本獲れればいい
先日連荘したあの瀬絡みポイントに行ってみよう、あそこならどんなルアーでも出ちゃうんじゃないかな〜?
早速ポイントに到着し有頂天をセットする・・・すると、う〜んちょっとウェイト15gなのでが重過ぎるな
このロッドは軽量ルアー専用ロッドみたいなもんだからちょっとオーバーウェイトって感じ
キャストに不安があったのでポイントに入れる前に他の場所でキャストの練習をしたw
ベリーまで良く曲がるロッドなのでロッドが負ける事は無いが、振るスピードとラインリリースポイントは変えないと・・・
さて本番、ポイントにそーっと近付き静かにキャスト〜低い弾道でルアーが飛んで行くが
バシャッ!っと着水してしまった、あ〜ぁこんな着水じゃダメだな、いきなりダメ出しw
ケミ無しなのでサミングのタイミングが取れないのもあるが、自重が15gも有るんじゃこうなっちゃうよねぇ
そしてアクションもダメダメでwミノーのくせにウォブリングが強過ぎる、またダメ出しw
このアクションはナマズの好きな動きじゃないなぁ・・・ってナマズの好き嫌いがなんで判るんだ?俺ww

結局、最高の楽勝ポイントではバイトも無く・・・先へ移動する
緩流シャローや流水シャローのポイントも何か所かあり、ポイント的には悪くない
良い感じなんだけど・・・いかんせんこの有頂天がダメダメw
今考えるとよくこんなルアーでナマズが釣れたよな〜ビギナーズラックとしか考えられんw

ここで作戦変更!
良い瀬絡みポイントが有るので、まず1本だけ釣っちゃおうw
ルアーを新30号機にチェンジ、瀬の流れにドリフトさせてくると・・・
水面が歪みルアーに絡んでくる!バイトまで出ないのでそこで咄嗟にスパンキングさせて水面を引っ掻くと!ゴゴン!っとバイト振動が伝わってきた!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

くぅ〜!簡単に出ちゃうじゃん!
たった6gしか無い軽くて小さなウレタンルアーだがいい仕事してくれるわ♪
DSCF6444

よ〜し11年目最初のナマズだ
バレんなよ〜
地味目なファイトで寄って来る



DSCF6446

よっしゃゲッツ!

レギュラーサイズかな?




DSCF6447

いい形のナマズだなぁ
もぅ
計測なんていいよ♪



DSCF6450

ホント

サンキューでーす♪




ふぅ〜
これで無事11年目がスタート出来たw
有頂天で釣りたかったけど・・・

よーし、もうこれでノルマ達成!
後は有頂天ヒットだけを目指して最後まで通してやる
結局このルアー、シャローや瀬では使えないのは明白
じゃぁどこで使えば釣れる可能性があるのか?って事だよなw
しいて考えれば流水系ミドルレンジか?といってもストレート引きのアクションは最悪なのでwトゥイッチ&ストップのリアクション狙いってところかな?

ミドル域に入り延々とキャストを繰り返す
15gもあるので飛距離は凄げー出る、ワンキャストハンドル50巻き位出ちゃうので巻き取るだけで疲れちゃうけどw

そして2か所目のミドルポイントで・・・着水巻き始めでガンッ!っと痛快なバイトが!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

遂に喰った〜〜!ホームリバーの神様はちゃんと俺の事見ていてくれたんだなぁ♪
感謝の気持ちが溢れてくる・・・ホームリバーありがとう!ありがとう!
ありが・・・・
DSCF6453
ってナマズじゃないじゃんww
クチボソじゃんw
ここでコレですか〜w



DSCF6459

いやぁ・・・
嬉しいけどねw

ここはナマズが釣れて
ヤッホー!
みたいなのが欲しいんですよw

ホームリバーの神様・・・

やっぱ甘くないよね〜修行が全然足りないって事だよね・・・
わかりました
また明日から初心に戻ってナマズマスターになれるように
一から修行させていただきます

・・・(-∧-)合掌・・・

そしてここまでで撤退を決めた
お疲れさまでした〜



いやはや、
10年目のイベント?w釣行も無事ボーズにならず終了し満足している

思い返せば10年前、もっと釣れるように、もっと上達出来るように、自分の為の記録帳として始めた「多摩の猫バス」
すべての釣行毎に釣果記録を必ず残し記事にしてきた
当然のように厳冬期も釣行を休まず年間通して10年で約120か月分のデータを残せたのは価値が有ったと思っている
時期の移り変わりによってポイントや釣り方が変わっていくデータはとても貴重なのだ
結果、自分のナマズ釣りにどれだけ役立ったのかはハッキリ計る事は出来ないが、このブログを書いてきたからこそ、ここまでナマズ釣りを楽しく続けられた事は間違いない
そしてその釣行記録は今回で417となりデータブックの厚みは相当なものになってしまった

そして今考える
当初の自分の為の記録帳、ここらへんで目的は達成されたんじゃないかと・・・
もちろんナマズ釣りのすべてをマスターした訳では無く、解らない事の方が多いのだが
この先は文字などでは表せないもっともっと深い領域で高めなければならないような気がする・・・
妄想かもしれないけどw

という事で
今回をもって「多摩の猫バス」の釣行記録は最終回という事にします
かと言って、もちろんナマズ釣りを辞めるなんて事はしないし、たぶん辞められないしw
ブログを閉鎖するわけでもないし、書きたい事があれば書くし
来月「釣行記録セカンドシーズン」が始まるかもしれないしw
まぁそんな感じです


最後に・・・
釣りブログを書く事によって、特定のフィールドに釣り人が集まって混雑してしまいポイントがつぶれる・・といった事もあると思います
まさにこの「多摩の猫バス」もホームリバーの混雑を呼んでしまった原因の1つだったのかもしれません
その点はいつも負い目を感じていましたが、せめてもポイントの選び方やルアーの使い方などをシークレット無しに公開する事で罪滅ぼしと考えておりました
あくまでも私の勝手な言い分ですが、迷惑を掛けてしまったアングラー様にはここでお詫び申し上げます
そして・・
記事を書くモチベーション上げてくれる、コメント等をくださった読者の皆様にも感謝申し上げます
ありがとうございました。




craftage at 15:56|PermalinkComments(16) 釣行記録 

2018年10月14日

釣行記録416

近頃、都内の道路では自転車レーンなるものが増えているようだ
車道の左端に自転車はここを走りなさい的なペイントがされているわけだが・・・
これっておかしくないですか?というか基地外じみてるw
自転車は車両だから車道を走れという理屈なんだろうけど、歩行者の安全を守る為のルールがトータル的にかえって危険を増やしているとしか思えない
(歩行者)vs(自転車+自動車)という認識は間違っている、むしろ(歩行者+自転車)vs(自動車)じゃないか?自転車は車両といっても歩行者に限りなく近いと思う
車道が広くて自転車レーンを余裕で確保できるならともかく、道幅の狭い国道20号など片側2車線で大型トラックなら並走するのにギリギリの車道幅なのに、その端の隙間に自転車を走らせるなんて正気の沙汰とは思えないw
だれも歩いていない広い歩道を走らずに、律儀に時速60キロ以上で車列が流れている車道で必死にペダルを漕ぐ自転車を見るたび、もうやめてくれ〜っと思ってしまうw
自分が自動車ドライバーの立場だからこう思うのではなく、この道交法を設定したヤツの顔を見てみたいだけw
歩行者を守るのが最優先だとしたらホームリバー岸沿いにあるサイクリングロードをなんとかして欲しい
猛スピードで走るロードバイクと杖をついて歩くお年寄りや子供達が狭い路面を共有している
街灯など一切無いので夜やまだ暗い早朝にライトも持たずに散歩しているお年寄りはハッキリ言って超危険な地雷か機雷みたいなもんだw

なんて、道交法絡みの事はついつい不満がでてしまうけど、決まった事には従うしかわけで・・・
でもいつか車道端の自転車レーンが廃止された時は「ほらやっぱり〜!」っと言ってやろうw


さて、そんな危険いっぱいのホームリバー沿いのサイクリングロードを走りつつw
今週も10/13土曜夜の定期爆撃に出撃である

万年増水のコンディションから抜け出す兆しも全くなく、まともに釣りが出来ない状況にも慣れたw
釣るポイントの数からいえば通常の1割位か?9割のポイントは壊滅状態と言える
現状ではナマズが付くべき場所でルアーが届くポイントはハッキリ言って2〜3ヶ所だけ
そこで出なけりゃその日の釣行は即終了〜ってことになるw

今回は少し前の連休中に暇つぶしに造っていたNEWプロトルアーをテスト投入する
DSCF6406
まぁオーソドックスなカップ系だけど
カップの厚みや腹部の形状などを工夫して
顔のホリも深くしてみたw
でもまぁここまで作ってきた経験で泳ぎアクションなど大体予想出来るんだけどねぇ


必然的に向かうポイントは前回ナナゴーオーバーモンスターを獲ったエリアしかないので直行する
川に降りると水位は前回から比べて僅かに下がっているが撃てるポイントが増えるほどではない
数投で決着してしまうので慎重にプロトルアーを投入する
早い流速のメインチャンネルと岸側の緩い流れのエッジがハッキリしており水深のバランスも良い、他の場所がプアだけにこのポイントにナマズが集まるように見える
メインの流れの中にルアーを落とし流れにドリフトさせながらアクションを入れ岸側に斜めに引いてくる
どこで出てもおかしくないんだけど・・ドキドキしながら構えるが無反応

そして数投してルアーの位置が岸ギリになった時、突然水面がはじけた!
バシャッ!っといきなり空中に飛び出す黒い影!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

なんとホント岸ギリ水深10cm位か?!バイト後水面でグネグネグネッ!っと頭を出して首を振るナマズ!
ぬおぉ!凄げぇ暴れっぷり!水面を掻き乱しながら下流に落ちてくる!そして目の前まで来た時に大きくジャンプ!ナマズの身体が完全に空中に踊る!
そしてその瞬間・・・プンッという感覚と共にルアーが飛んできた!
嘘ーーーーーーーーーーーーー!
ジャンプでルアーを外しやがった、なんちゅうやっちゃw
くぅぅぅぅぅ・・このロッドで初めての完全バラシやってもうたw
無バラシ神話構築中だったのに・・・これで振り出しに戻りだよ

まぁ見事なジャンプを見れただけでも良しとするか・・・と自分への無駄な慰めをしつつw先に進んで行く
といっても撃てる場所は後僅かしか無い、全神経を集中しルアーをキャスト!
そんな時決まってミスキャストをやらかす俺w
あ〜岸際過ぎ、ルアーを回収してくると・・・
DSCF6382
アユを引掛けちゃった
ゴメン
でも結構大きく育ってるなぁ
今年はちゃんとスポーンしてくれよ〜
死なずにリリース出来た♪


サイズのいいアユも付いている、ポイント最終点だし気合入れてキャスト!
すると!着水ワンアクションでパパン!っ景気の良い破裂音!水面が揺れるがノーフッキング・・・
ん〜、今のバイト音は反射威嚇的な感じだった
これはセカンドバイトは出そうもないな〜と思いつつポイント終点地で延々と再キャストを繰り返すもあえなく撃沈

あまりに悔しいのでwもう一か所撃とう
あまり良いポイントではないがこのままじゃ帰れないw
小移動して入ったポイントは小さなワンド状の止水域とメインチャンネルの流れの境目辺り
ここも小さなポイントなので2〜3投で出なきゃ終わりになってしまう
息を止めてキャスト!ストレート引きしてくると・・・わずかに歪む水面!なんか居るぞ
次のキャストは早引き+ポーズで誘ってみる・・・無反応
ならば次、必殺スパンキングで水面を引っ掻いてくると・・・パン!っと小さなバイト!
おおぉ!フッキングはしなかったがナマズだ!居る居る!
そしてその後、長時間に及ぶ攻防戦で・・・惨敗w

ナマズが居るのに喰わせられないし、もう撃つポイントも無く強制終了だなんて
その虚しさよ〜wその悲しさよ〜w
おまけに10年の歴史が作った最良ロッドでの初バラシだなんて・・・
このまま帰ったら精神衛生上良くないよなw

僅かな可能性を信じて始めに入ったポイントに戻る事にした
経験上一度撃った場所で再びナマズが釣れる事はほとんど無いのだが、他に撃つ場所が無いんだからしょうがねぇー
下流に一旦降りて短いポイントを釣り上がって行く・・・
1投1投大事に・・・先ほどバラシた場所を過ぎてあっと言う間に最終点まで来てしまった
やっぱダメか〜っと思った時・・・
ルアー付近に小さな波が立ったと思ったらいつの間にか見えなくなるケミの光!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

喰ったよ!喰った!今度はバラせないぞ!
いつもより強めにギュンッ!っとアワセを入れると、そのままドラグがジィーーっと出てしまった
ズッシリとした重量感!結構デカいかも!
そして強烈なファイトが始まる、連続で突っ込みをかましてドラグを出しながらドンドン離れて行く!
くぅ〜先週のモンスターと全く同じようなファイト!
まさか同じナマズじゃないだろうなw
DSCF6383

ロッド曲線が限界のまま
はるか遠くにナマズが居る
少しでも寄せたいが
ハイスピードのリールはハンドルが1ミリも動かねぇ


DSCF6386

長い長いファイトの末
やっとの思いで岸に乗せられた
やっぱデカい!



DSCF6387
よっしゃゲッツ!
もしかして
先週のナマズじゃないの?



とりあえず、完璧!

DSCF6394キタ――(゚∀゚)――!!


余裕の70cmオーバー!

モンスター様!

ご降臨!

先週のとは違ったw




DSCF6397
くぅ〜いいナマズ!
唇の厚さがモンスターの証
プロトルアーもGJ!



DSCF6399
モンスターヘッドで

サンキューでーす♪



ふぅ〜〜良かった〜釣れてw
最後の最後で出てくれたナマズがモンスターサイズだなんて・・・
ホント、ホームリバーは良いドラマを創ってくれるねぇ♪

DSCF6404
フックが伸びて、ひしゃげて・・・
モンスターパワーは恐ろしいw
とりあえずプロトルアーは正規登録してあげよう♪
#30アニバーサリー・ルアーの完成w


その後、近辺の調査をするがやはりルアーを入れるようなポイントは見つからず
早期撤退とした

お疲れさまでした〜



いやはや、
ポイント激減の中、狭い範囲で4バイト、1ヒット、1バラシ・・・
という事でナマズはちゃんと居るべき所に居る
もう少しテクニックと運があれば短時間4ヒットという事も可能だったと思うと悔しい
ルアーが違っていれば?アクションが違っていれば?・・と色々考えてしまうのだが
正解を導き出すにはタイムマシンで同じ時間に巻き戻して試すしか無いわけでw

なんだかんだ言っても

一生かかっても釣りの正解を求める事は不可能なようだ・・・
ナマズ釣りのすべてを理解したナマズマスターになる事を目指し10年経ってしまった
なのに、釣行の度に悩み、あがき、試行錯誤の連続
いいかげん、釣りってそんなもんだって悟った方がいいのかもね・・・

それともタイムマシンを作る方が早道なのかもw



craftage at 13:35|PermalinkComments(4) 釣行記録 

2018年10月08日

釣行記録415

地震やら台風やら豪雨やらが次々に襲ってくる今日この頃・・・
まったくもって2018年は天災の年と言えるだろう
文明や科学技術が発達して人はより快適な暮らし出来るようになったと思いきや
ひとたび自然が猛威を振るえばその快適な暮らしがあっけなく破壊されてしまう
所詮人間の力なんて大自然から見れば屁にもならない小さく弱い存在なのだろうw

季節的に台風の多い時期ではあるが前回の25号は凄かった
強風で家は揺れるし、いろんなものが飛ばされた、通過直後に甲州街道を走っていたら街路樹が何本も倒れてたし、折れた太い枝がブラブラしてるしw
降雨量も相当だったらしく、ホームリバーのテレメータをチェックしていたら増水量は軽く2mを超えていた
もうこれヤバイっしょw
実際に確認はしてないが、想像するに河川敷いっぱいに濁流が覆い尽くしていた事だろう
これでまた川の形が激変しポイントリセット状態となるのは確定だ
新しいポイント出現には期待する事もあるが、何しろこの増水が収まってくれないと釣りどころではないw
もう忘れる位前からずーーっと増水コンディションのまんまなんですけど・・

そんな中、前回の釣行では増水激流パターンがうまくハマってド本流で何本かのナマズが獲れた
ある限られた増水量でしか成立しないパターンだが、釣り味の興奮度は格別だw
今週もそのパターンにハマれば最高なんだけど・・・
そんな期待を持ちつつ10/6土曜夜の定期爆撃に出撃となった

出発前、テレメータをチェックしてみると大増水から水位は徐々に下がっており、平水+30儖未?
といってもずっと増水状態だったのでもはや平水っていうものも無いんだけど・・・
とりあえず前回のド本流エリアに入ってみる
期待と不安で川岸まで歩いて来ると・・・
思った以上に普通だったw
特に劇的な地形変化は無く、岸の位置や形に多少の変化がある位だった
但しメインチャンネルの位置が変わっており、手前のラインは流れが淀んでしまっている感じ
これは一目でボトムパターンは無いな〜っと思った
試しに28号機を通して水深を探ってみると、やはり中途半端な水深、中途半端な流速でダメっぽい
緩流シャローでもなく、流水ミドルでもなく、激流ボトムでもない・・釣れる要素が無いのだw

ここは早々に見切りをつけて移動する
川沿いを歩きポイントを探す、流心部はまさに激流だが岸際は流れが弛んでいる
その弛んだ場所がシャローならまだいいのだが、水深が深過ぎる
水深が浅い所があっても流れが早過ぎたりする・・水深と流速のバランスがキーなんだけどねぇ

しばらく進んだ所でそのバランスが良さそうなポイントを発見
範囲は狭いがここら辺にナマズが居ればここで定位するしかない的なポイントだ
流れも効いているのでここは23号機のナチュラルドリフトから始めよう
ポイントの上流部に落とし、チョン・・チョン・・と首を降らせながら流れに乗せて落としてくる
出るぞ出るぞ・・・ビックリアワセするなよ〜w
そう思いながら息を飲んでいると・・・
ジョパ!っと吸い込むようなバイト!
出た!!その気で構えていたので落ちついて一呼吸・・ケミの光が水中に消えて行く!そしてスコン!っとアワセをいれた!
ズッシリとした手応えの後、ゴゴンゴン!っと強烈な衝撃が手に伝わる!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

くぅ〜!思った通りに出た!アワセのタイミングも完璧!会心のヒットだわ!
そして水面には出ずに潜ったままゆっくり流れを下ってきた
ドス!ドス!っと頭を振っていたかと思ったら沖に向かってブルブルブルブル〜っと強烈な突っ込み!
ドラグが派手に空回りする!これ結構デカいよ!
スピードとトルクがハンパねぇ、ライトアクションロッドの限界まで使ってグッと突っ込みを耐えるがラインが出っ放し
もう対岸まで行っちゃうんじゃないかと思う位、ヤバイヤバイ
でも全くリールが巻けない状況・・・たのむこっち向いてくれ〜
DSCF6361b

巻いては出され、巻いては出され
ゴリ巻きで寄せるには
このロッドの限界を遥かに超えている
マジデカい!


DSCF6362

長い長いホント近年に無い長いファイト時間
やっと岸に乗せられた
ヘッドライトに映されたナマズ
そのデカさにギョっとした


DSCF6364

素晴らしいフッキング
この重さ!
この長さ!
このデカさ!



これは文句無し!


DSCF6370

キタ――(゚∀゚)――!!

楽勝ナナゴーオーバー!

スーパーモンスター!

ご降臨!!

実寸76.5cm!!



DSCF6374
パーフェクトな魚体!
パーフェクトなバイト!
パーフェクトなフッキング!
パーフェクトなファイト!


DSCF6376
このサイズを釣ると
何年経っても手が震え足がガクガクするw

サンキューでーす♪


DSCF6379

濁りの残る流れに帰って行く

スーパーモンスター・・・



ふぅ〜〜良かった〜釣れてw
今季初・・というか1年以上ぶりのナナゴーオーバーモンスター・・・
これだから釣りって辞められないんだよねぇw
釣れなくて釣れなくて長く辛い日々があっても、たった1本のビックワンで今までの苦労が一気に清算される感じ?
解るかな〜?解んねえだろうな〜ww

いやぁこれが出ちゃえばもう満腹でしょ
その後はポイントの変化を観察しつつ移動し気楽に撃っていく・・・
2〜3回バイトが出るもののフッキングならず、でも悔しくもなくw
充足感のまま早期撤退とした

お疲れさまでした〜


いやはや、
大増水によるポイントリセットは行われたが、まだ水位は下がり切っておらず
今後もポイントは刻々と変わっていってしまうだろう
しかし現時点ナマズの活性は悪くない印象もある、リセットされた為ナマズは基本的なエリア、ポイントに付いている
あとはアプローチが間違ってなければナマズは素直に反応してくれるはずだ

といっても来週はどうなるか?また台風でも来たら釣りにならなくなってしまうだろうし・・・
偉大なる大自然の神様に祈るしかないかもねぇw




craftage at 11:42|PermalinkComments(0) 釣行記録 

2018年09月30日

釣行記録414

ここんとこ、ホームリバーのコンディションが悪くまともに釣りが出来ないので、タックルやその他諸々の整理をしてみた
長年釣りをしていると要らぬ物が増えるもんで、中途半端に残ったラインスプールや何十年も前に買った使わないシンカーやフックなどその他小物がザクザクと出てくる、まったく全壊しているリールなど一体何でとってあるんだよ〜w
もう要らない物は全部捨て!
燃えないゴミの袋を用意して放り込んでいく・・・
そして、古いタックルボックスを開けるとバサーだった頃のルアーがまたザクザクと出てきた、DB3やクランクカウルスなどを見て懐かしいなぁ〜とw
これらの古いルアー、今後使う時があるのだろうか?多分使う事はないだろうなぁw
でもルアーって何故か手放したくない物なんだよね、なんていうかメモリアルみたいな物だからw
なのでルアーは燃えないゴミ送りから除外w
後はバスロッドだよな、何十本もあるのでこれを処分したらホント部屋がスッキリするんだけど・・・これもゴミ送りから除外wメモリアルだしw

そんな事をしているうちに作業は進み釣り具以外にまで広がってしまった
物置を整理しているうちに捨てたい欲求が燃え上がってしまいwついに手を付けたのがビデオテープ&カセットテープ
VHSテープが200本以上カセットテープはその倍数位ある、もはやビデオデッキもテープレコーダーも無いのに保存してあることも可笑しな話だったが、勿体ない感覚が強くてねぇw
いよいよ捨てる事に決定!急遽燃えないゴミ袋を買い足して袋詰め作業開始〜
終わってみれば半端じゃない燃えないゴミ袋の数w
こりゃ一回で出したら回収業者が持って行ってくれないだろうなぁ〜数回に分けて出すか・・・
結局ゴミ出しで部屋が片付くと思ったら、保管のゴミ袋だらけで余計に散らかってしまったんですけどw


そんなこんなでホームリバーのコンディションのせいで余計な仕事となってしまったがw
次から次へと雨が続くのでこの増水コンディションは全く収まりがつかない、先週の連休は出撃するもやはりポイント消滅の為まともに釣りをさせてくれない、乗らない2バイトのみで終了・・・
ナマズの活性も最低のようだった

そして今週の週末・・・
数日前には降雨量も多く1m越えの増水の時もあり、もう絶望的w
9/29の土曜夜の定期爆撃出撃は雨模様だし中止しようかと思っていた・・・が、もしかしてこれだけ増水が進んでいるならド本流のボトムパターンがあるかも?
一縷の望みを持って出撃を決めた

狙うはド本流のボトムのミノーイングのみ、該当エリアに直行する
現着するとやはり結構な激流でもはやシャローも瀬も完全消滅状態である
まずは確実にボトムを取る為にCD7を投入、流心に遠投してグリグリっと沈めてボトムを舐めてくる
流速が早いのでCDの強いバイブレーションが伝わってくる、ボトムはまだ荒れている感じで石がゴロゴロしている
その石に絡めつつ引っ掛からないように慎重にリトリーブしていると・・・
ココッ!っと小さなアタリが!
反射的にロッドを煽るとプルプル・・っと小さな魚信!ん?スーパー小さいのか?
構わず巻いてくるとバスっぽい引き、ん〜スモールが喰ったのか?
そして水面に浮かぶ魚体を見てビックリ!
DSCF6310

バスじゃないじゃん!
セイゴじゃん!
シーバスじゃん!



DSCF6312

サイズは豆だけど
ホームリバー初シーバスw
ここまで上がってくるのか〜



このエリアで10年間釣れなかったシーバスが釣れたのは、長い増水状態だった為なのかもね
まぁサイズはアレだけど初フィッシュは喜んでいいんだよねw
サンキューでーす♪


その後、長いストレッチを丹念に探るも本命のド本流ナマズの反応は無し・・・
冠水している岸を進んで来たが、冠水植物回りに魚が入っている感じでもないし
ホントここのナマズはどこ行っちゃったんだよw

そして、別ポイントでお茶を濁すもサッパリなので早期退散をする前にもう一度ド本流域のボトムを探って帰ろうと決めた
増水ではあるが、先ほどのCD7では底を叩き過ぎる感じもあったのでルアーは28号機にチェンジ
水面直下及びボトム直上辺りを引いてくる
やはり流心に向かってフルキャストして流れなりに引いて来る、CDよりも細かいバイブレーションがロッドに伝わる・・・これならデカいシーバスが喰ってきたりして・・・ワクワクw

数投したところでグッ!っとリトリーブを止めるアタリが!続いてグワングワン!っとナマズ特有の魚信が!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

そして次の瞬間、激流に乗って物凄い勢いで下流に走り出してしまう!
緩めにしておいたドラグがギューーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!
っと出てしまう!物凄いスピード!ヤバイヤバイ!とっさに左手でスプールを押さえると・・・
熱ちっちち!超高速で回転するスプールの摩擦で手が火傷するレベルw
DSCF6314

手前まで寄せたがここからが長い
重量級のファイトでドスドス暴れまくる
疲れ知らずのファイト!



DSCF6317

長い長いファイトの末
ようやくネットin!
クソ重てぇw



DSCF6318

よっしゃゲッツ!

重い!デカい!



DSCF6322

あれぇ65位か・・・

70越えだと思ったのにw



DSCF6327

いやぁでもこの太さ!

これぞド本流ナマズ!
最高!


DSCF6329

ナマズスマイルで〜

サンキューでーす♪




ふぅ〜〜良かった〜釣れてw
激流ド本流ボトムでの釣りはホント最高!
長時間の激しいファイトで心臓がバクバクいってるし、全身に力が無理に入っていたのかリリースした後、身体中に乳酸が溜まったようにだるくなったw

もしかしてCD7では出なかったナマズが28号機なら喰ったのかも?
この先も期待出来るかも?
同じようにストレッチを進んで行く・・・すると!
ゴゴンゴン!っと強烈なバイト!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

同じパターンだよ!28号機いいね!
そしてまたファイトが先ほどの2割増し位のパワーで暴れまくる!
DSCF6333

下流に走られると為す術がない
ロッドがこの状態でラインがどんどん出て行く
上流に頭向けてくれ〜


長い長いファイト!
腕が千切れるような首振り!突っ込み!もう勘弁してくれぇ〜

そしてようやく足元に寄せてネットを構える!2度3度ネットを嫌うがスキをついてザバっと掬う!
よっしゃ入った〜!これはデカい!・・・と思った瞬間
半分水面に浸かったネットの中のナマズがジャンプ!!え?!え?!何ぃ〜〜〜〜!!
咄嗟にネットを持ち上げるがフックも外れたビッグナマズはネットのフレームを超えてジャポン・・・・
ネットに引っ掛かかり残ったルアーを見て、嘘!嘘!嘘〜〜〜〜〜〜!
闇夜に一人声を出して叫んでしまったw
完全ネットinしたのに逃げられるなんて〜普通ネットに入ったナマズはグネグネ暴れるだけなのに、そこでジャンプかよww

このままじゃ帰れないw
もう1本獲らなきゃ今夜眠れないよ〜
続けて28号機を巻いて来る、それこそ1m刻みでルアーを通し漏らしは許さない本気モードになってるw
そして・・・またもゴゴン!っと鳥肌が立つようなバイト!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

くぅ〜!たまんねぇバイト!
DSCF6335

サイズは落ちたけど
ファイトパワーは凄い
やっとの思いでネットin



DSCF6337

よっしゃゲッツ!

獲れて良かった〜♪



DSCF6339

サイズは計測除外サイズw

でも充分満足



DSCF6341

髭を立てて怒ってるみたいだけど
とりあえずw

サンキューでーす♪


ふぅ〜良かった〜釣れてw
これでとりあえず今夜は眠れるかもw
しかし28号機でバイト多発なんだけど・・・乗らない小さなバイトもあったりして
これは完全パターンだなぁCDで一度通したストレッチなのに
28号機様様だよな〜♪

ここでもう1本出れば帰ってからの酒も美味くなるよな・・・
マジ釣りモードで進んで行く・・・すると!

ゴゴンゴン!っと強烈痛快バイト!!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

足の先から頭の天辺まで鳥肌が走り抜けて行く!
くぅ〜!良いバイト!
そして良いファイト!てか良すぎて腕がもう力入んねぇw
ロッドエンドをお腹に当ててグッと耐えるファイトしか出来ない
だましだまし寄せてきて・・・
DSCF6345

ネットin!

濁りのせいで体色が白い



DSCF6346

よっしゃゲッツ!

良いフッキングだぁ♪



DSCF6351

ん〜惜しいw

67〜8ってところか?



DSCF6358

サンキューでーす♪




DSCF6359

濁った激流に戻って行く・・・





28号機のボトムスレスレファーストリトリーブ、これがハマってる
最初CD7で通した時とは明らかに反応が違う
細かいバイブレーションが良いのか?レンジの違いが良かったのか?それとも時合いが変わったのか?
いずれにしろ再現性あるかどうかを検証するのも難しいので、釣れてラッキーと思っていた方がいいかもw

そして、腕の乳酸もいっぱい貯まってしまったのでwここまでで退却を決めた
お疲れさまでした〜


いやはや、
増水コンディションで長い間まともに釣りが出来なかったが
今夜は3本ゲッツ+1本ハーフゲッツ(バラシではないと思いたいw)という事で、なんとなく息つけた気分だ♪
中途半端な増水では成立しないが、さらなる増水で激流になった時ド本流ボトムパターンは存在する
その増水、増流量のハマる条件は狭い、また掛けた後のファイトも激流に乗られる事も多く過酷だが
あの強烈なバイトと獲った時の感動は別格である

今でも思い出しただけで鳥肌が立つ・・・
まぁ力を入れ過ぎた腕のだるさも残ってるけどw




craftage at 14:14|PermalinkComments(4) 釣行記録 

2018年09月17日

釣行記録413

凶暴な夏がやっと終わりに近付いてきたようだ
今までの酷暑という言葉では不充分に感じる、もはや残酷暑と言えるような夏だった
連日の40℃に迫る気温、ゲリラ豪雨、台風による暴風、そして各地で起こる大地震・・・
そのどれもが死人を出すような大惨事となっている
メディア等で目にするそれらの災害には圧倒されるものばかりで、大自然に対し人間がいかに無力なのか痛感出来る

幸い東京ではそういった被害は受けていないので他人事として見ていられるが、順番的に考えてもそろそろ災害の牙は東京辺りに向くのではないかと思われるw
関東に大地震が起こる可能性が高いと言われていて、盛んに注意喚起されてはいるが
実際に地震に備えろと言われても、ぶっちゃけ何も出来ないのが現状だ
都心のひしめく人ごみで、ビル群の中大地震が起きたら・・逃げ場も無く降り注ぐガラスの破片や倒壊する建物の下敷きとなり、生き残るのは至難の業だろう
運良く渋谷のスクランブル交差点の真ん中で助かったとしてもwライフラインが崩壊してしまったら人は2日と生きてはいられないのだ

普段何不自由なく暮らしている中で、電気、水道、ガスなど供給が1つでも止まってしまったらとんでもない事になる事は予想出来る
特に電気はヤバイでしょう・・暑さ寒さをしのげないし、夜は真っ暗、冷蔵庫の食品は腐る、情報源のテレビやネットは使えず、スマホも充電出来ないし
車で充電させるにもガソリンスタンドは長蛇の列、スーパーでも電池は売り切れペットボトルの飲料を買うのにまた行列・・・
も〜これ以上想像したくないよw

まぁナマズ釣りをしているおかげでライティングツールはいっぱい持ってるしw
寝袋も持ってるし、備蓄の飲料も床下収納に入ってるし、まぁ少しはいいかな・・・なんて
家が倒壊したら床下収納から何も取り合出せないだろw


そんな防災意識を持たされる、今年の夏は近年稀に見る最悪の夏だったように思う
ホームリバーにおけるナマズ釣りの方も状況は悪く、もう忘れる位前から増水コンディションのままで
悪天候などもあり、ここんとこまともに釣りをした記憶が無い

とにかく釣るポイントが無い、メインチャンネルが岸に寄ってしまっている場所が多く緩流シャローが消滅、岸の冠水植物撃ちも夏の密生が濃過ぎて手に負えない状況
かと言ってド本流の水深は浅いままなのでボトムに着くナマズも居ない・・・
唯一狙えるポイントとしては瀬絡みなのだが、やはり水量が多過ぎる状態なので規模の大きな瀬でもナマズが着くであろう瀬筋は僅かしかない
1つの大規模瀬エリアでも2〜3投して終わりって感じw

そんな中、定期爆撃中止とかもあり、悪天候の合間の短時間9/11に臨時出撃となった
近場のポイントが良く無ければ大移動して新たなポイントを探す事をすればいいのだけれど
どうしてもそこまでテンションがらないw
結局いつもの近場の瀬絡みエリアに入った

まずは僅かな岸際緩流シャロー域を探して撃ち込んで行くものの、全く生命感が無い
アユすら入っていない状況でこれは望み無しと判断出来た
もぅ瀬ポイントしか望みは無い
瀬ポイントに直行する

瀬ポイントは増水増流状態でどう見てもナマズが定位するとは思えない
絶望的に見えるが岸寄りの激浅域が最後の望みか?
23号機を岸寄りの露出した石の隙間を縫って流し落として来る・・・と!
ジャバ!っと水面が破裂した!

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

凄いスピードで流心に突っ込んで行く!
DSCF6285

ん〜・・・
手応えが軽すぎるw
スーパーちいちゃい、直ぐに寄って来た



DSCF6290

よっしゃゲッツ!

ん〜小学生低学年サイズw



DSCF6292
長い髭と可愛い目♪

かわええなぁw



DSCF6294


サンキューでーす♪





ん〜
思った場所で思った通りに釣れたけど・・・かわぇぇ過ぎるw
ポイント的にもう撃つスポットも無いし、ここで強制終了〜

まぁ今夜は偵察のみってことでいいでしょう
他エリアにも行かず早期撤退とした

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

そしてその数日後、今回は連休の関係で9/15と9/16の連荘出撃とした
9/15は偵察のつもりでいつもは行かないエリアに入ってみた
しかし増水の影響でいいポイントも無くナマズを探し彷徨いあっけなく終了〜w
テンション低w

9/16は出撃中止も考えたが・・とりあえず前々回小ナマズをとったポイントだけ撃って帰ろ〜と思い重い腰を上げたw
しかし、ポイントに入ってみると、思いの外減水していた
これならナマズの付きそうなスポットがぼちぼち有るな・・・少しテンションが上がったぞw

23号機を有望な瀬筋に乗せ首を軽く振ってアピールをさせて流し落として来る・・・すると!
音も無くいきなりケミの光が横に走って行く!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

          キタ――(゚∀゚)――!!

なんだよ1発で喰ったし!
アワセを入れた後ゆっくり下流に泳いでくるナマズ!バレんなよ〜
目の前を通り過ぎたところで鬼のような突っ込み!
ドラグを緩めていたのでシャーーーっとラインが出て行く!これデカいのか!
DSCF6297
激しいファイトだけど
大きさは判らん
とにかくバレんなよ〜



DSCF6300

よっしゃゲッツ!

ありゃりゃ、大したことないかw



DSCF6305

60ちょいか?

まぁ測らなくていいやw



DSCF6306

レンジャー迷彩系ナマズ

サンキューでーす♪



DSCF6308

大きくなれよ〜w




ふぅ〜
良かった〜釣れてw
やっぱ限られた付き場には必ずナマズが着いている・・・ナマズの付き場は判るんだけどその数が少なすぎるんだよ〜

その後
ナマズの着くべきスポットで派手なバイトが出たがフッキングならず・・・
ここで心のテンションも抜けてしまい撤退となってしまった
お疲れさまでした〜


いやはや、
どうにも釣果がショボいw
ホームリバーのコンディションが悪いと言ってしまえば簡単だが、何よりも釣るモチベーションが低く過ぎるw
テンションが低いから釣れない、釣れないからテンションが上がらない、の悪循環に陥っているのは間違いないだろうw
まぁこれがスランプって言うのかもしれないが・・・そのスランプを脱出しなきゃって思わないのもなんだかなぁ〜ww

まぁ焦らずぼちぼちいこか〜♪





craftage at 14:17|PermalinkComments(0) 釣行記録