ル・コルビュジェの『ギエット邸』に行ってきました(笑)



1927年にベルギーのアントウェルペンに建てられました。

 スクリーンショット (503)

コルビュジェの作品としてはあまり知られてないほうではないでしょうか。

ギエット邸は画家であり芸術評論家であった、ルネ・ギエットの住宅兼アトリエでした。
3階建てで、1階と2階が住宅で、3階がアトリエとなっています。

アトリエには大きな窓があり、非常に採光がよくできるようになっています。

スクリーンショット (500)
↑ファサード 水平連続窓が取り入れられています。

スクリーンショット (501)

直方体を基本にしていることがわかります。


スクリーンショット (502)
↑西側の外観
 丸いところがあるのが目につきますね。これは屋上庭園からの眺めを見るために設置されています。