烈縁会金山堂

風の町ヴィルディアの片隅で、ネットゲーム信長の野望に飛び込んだクレイのまったり日記

グラウジーズ、残留おめでとー、睦月です。


残留争いの辛さはわかる、残留できなかった時の悔しさは忘れてない。
そんな落ちたクラブのサポーターより、生き残ったチームのブースターへ。
ほんと、よかったねえ。

ということで、人生的にもそうそうないバスケを観戦(。。;
A東京VS琉球の開幕戦以来かね。
まあ、富山VS横浜はいろいろあって見れなかったので、実際に見たのはA東京VS川崎でしたがw
富山VS横浜を東京で平日にやった人、嫌がらせか(’’;
富山から簡単に・・・。
まぁ、北陸新幹線で2時間ちょっとかもしれんけどさ。
せめて土曜日にしようぜ。
そんなとこ。
横浜からだと、そんなにかからないでしょ。
30分あれば、これそうじゃない?
と思ってました。
横浜は入れ替え戦?
まだ戦うのか、つらいねえ。

「これに勝てれば生き残れるはず。」
そのわずかな望みがすげえ辛いんだよねえ。
ばっさり切られた方が、まぁ、なんやろ。
辛いけど、後に残らない、そんな感じ?
とりあえず、頑張れ


第9節VS横浜S
フォーメーションは
GK永井
DF山形・代・柳下・國吉
DMF脇本・窪田
OMF佐々木陽・衛藤
FW萱沼・苔口
前半のフォーメーションは4−4−1−1かな。
萱沼1トップで。
前線の動き出しが少なく、縦パスによる速い攻撃がうまくいかないこと多々。
暑くなるから最初は無理しないで行こうって意識が働いたんだろうけど、それはうちのサッカーじゃないよねってところかな。
もちろん、それは判断として間違ってるとは言い切らないけど、チームとして前線の動き出しを求めてる中で、暑いから動きませんってやられたら機能不全を起こすのはしょうがないよねえ。
相手がゾーンで守っているので、その間で受けれた際はしっかり攻撃できてたけど、それはうちのサッカーじゃないし、つながっていかないよね。
しょうがないから、両サイド上げて攻撃して、その裏は脇本・窪田でカバー。
最後の方で脇本が足つってたのは、そのせいだね。
後半から苔口を1トップ、衛藤をトップ下にしてから、試合展開が変化。
得点シーンは、衛藤が競ったこぼれ球を内に絞っていた佐々木陽が拾って右へ展開。
左SHになった萱沼が真ん中に入ってDFと駆け引きしつつ、苔口はニアへ移動。
結果、ファーに居た衛藤がヘディングでゴール。
前二人の動きで相手DFの意識にズレがでた結果でもあるし、大外には展開した佐々木陽が全力で入ってきて、バイタルには窪田・脇本がいてセカンドボールを狙ってるという理想的な形になっていた。
ただまぁ、そのあとは、暑さで消耗したのか、ぐいぐい前に前進してくる相手に押され気味になった印象。
相手も疲れてはいただろうけどね。
それでも、勝つために前に出ようとする姿勢はいいよね。
前節で2点目を狙いすぎてカウンター食らったこともあって、今節はがちがちに守備からカウンター狙いにしたこともあって攻撃をなんとかシャットアウト。
2点目のチャンスはあったけど、あこで決めれるかどうかが、今後の分岐点かな。

今節は秋田が引き分けで若干近づいた(。。;
来週は、長野決戦。
負けるわけにはいかんのです><;
行けたらいいなぁ・・・・。

Jリーグが生まれてくれて、ありがとうを言う日、睦月です。


ということで、まぁ、一番多感な時代にサッカーとともに生きちゃって、途中いろいろあったけど、気が付いたらサポーターになってたという(。。;
カターレが無かったらただのサッカー好きで終わってたのかもとか思いますけどね。
さすがに、アローズ北陸とYKKサッカー部は、うーん。
時々、富山でも試合やってたはずですが、子供の私には行ける場所じゃなかったんですよねえ。
学生時代は、アニメとゲームとネットの時代でしたし。
それはそれでいいんですけどねえ。
同時にサッカーやってたらどうなったのかなとかたまに思います。
そんなとこ。
感傷に浸るJリーグ記念日。
私の子供もサッカーを楽しんでくれるのでしょうか、どうなんやろう。
いっしょにスタジアム行きたいんやけどねえ。


第8節VSC大阪U-23
フォーメーションは
GK永井
DF山形・代・柳下・國吉
DMF窪田・脇本
OMF佐々木・萱沼・衛藤
FW苔口
平出は、負傷から復活できず(==;
ここ数年、大きな怪我もなく、チームの軸になってたからねえ。
居なくなるのはつらいねえ。
なんで吉井きったんやろう・・・。
ということで、柳下先発。
悪くないけど、利き足と逆足の使い方がとかいわれてるみたい。
いろいろあって全部見れてないんだけども、そういうバランスのとり方とかは、まだまだなのは仕方ないよね。
問題は、その状態で実践投入せずにいられないチーム状況(==;
衛藤復帰で、椎名外れた(。。;
まぁ、それはいいとして。
ゲーゲンプレスというべきか、前から奪って速攻を軸にしてるのに、交代が遅いのは難やねえ。
誰か足を攣る危険性が高いから1枚は残したいってのはわかるけども(==;
勝ちたい、もしくは勝ちに行きたいというときに切るカードがない、のかね。
パブロもいないしねえ。
カベッサ期待の人も多そうだけど、結構フリーマンなんだよねえ・・・。
後は、木本はどうなんやろうねえ。
好きな選手だけど、状態はいいのか?
不思議やね。

とりあえず、秋田が頭一つ飛び出て、栃木が続くような状態で3位。
ここから全部勝つつもりで頑張ってほしいです(。。;
そんなとこ。


Bリーグは後1勝らしい(。。;
首の皮一枚、残るかねえ。

NHKはどこの放送局なのかわからんと思う、睦月です。
放送料金は払ってますがね。


隣国の大統領選挙と言っても、日本にとって違う政策の人がいるかと言えば、誰もいないのだから、さほど気にするようなことではないと思うのですよ。
これが、一人ぐらい、「日本と友好関係を続けるためにも、日韓合意を履行。」とか言ってるなら別ですがね。


それよりも、フランス大統領選挙の方がよっぽど気になるというか。
ラ・マルセイエーズを歌いながら難民を受け入れるのか、地中海に沈めるのか、みたいな戦いになってましたからね(==;
ただ、難民が本当に自国のためになる人であればいいのですが、という意見には賛同する部分大なので、これからのかじ取りが難しいように思います。


サッカーの話題
森脇選手の問題については、うーん。
「臭い」と言ったのが間違いないなら侮辱ですから、妥当かな。
あんまり差別とかと結び付けてごちゃごちゃするのは嫌なので、行ったのは事実で2試合停止、それで十分やと思います。


第7節VS福島
フォーメーションは、画像はあきらめたというか、飽きた。
GK永井
DF山形・代・平出・國吉
DMF脇本・窪田
OMF佐々木陽・苔口・椎名
FW萱沼
萱沼がメインでボールを追ったり競ったりして、苔口は2列目から裏抜け。
佐々木陽は結構自由動いており、山形も高い位置を維持してたので、右サイドの守備は脇本に全て委ねられている感じであった(==;
ただ、西室よりも守備面はいいので破たんしなかったのはお見事。
地上戦でもしっかりボールを刈ってたしね。
ボランチに右利きをいれたほうが良いとは前回も書いてましたが、守備面でも使える脇本は便利ですな。
後半途中で平出が後退した後にCBに入ってましたが、そちらも無難な感じで(。。;
平出の怪我は気になりますが(。。;
怪我情報はほとんど出ないので、衛藤とパブロがベンチ外なのもわからんし、ベンチメンバーが1名少ないのもよくわからん(==;
単純な収まりという面ではパブロいいけど、裏抜けも考えたら今回のパターンもいいかもねえ。
萱沼がもっと裏を狙うとなお良いんだけど。
1点目の起点となった、受けてドリブルで引き付けてからのパス。
國吉の右クロスがよかったからいいものの、本来は左利きだから左で出しやすいパスを出せればにもっといいのかねえ。
その辺は、頑張れとしか。
交代枠の余らせ方もよくわからん(==;
もうちょっとうまくいけば、なお勝てるのではないか、そう思うわけです。
我ながら業が深い
そんなとこ。
次は、C大阪U-23.
勝って連勝だ。

GWですね、睦月です、こんばんわ。


予定は・・・。
ホテルの宿泊料が普段の6倍とか見てげんなりしてたりします。
ちょいと前まではおひとり様であっちこっち行ってたので、それなりに旅行サイトとかに登録してあったりするのですが、調べても調べても普段価格が出てきませんな。
稼ぎ時だとは思います。
ただまぁ、家族が増えたら旅行に行かなくなった。
それもわかる気がするのでした。

まさか、こういう状態になるとは、一昨年にはわからなかったことだわ(==;


なお、相方の都合がつかないので、おひとり様してもいいか確認して、キレられた模様。
長距離ドライブ行きたかったな。
(特に機能の藤枝)


ボールボーイに対する扱いと・・・。
まぁ、ホームアドバンテージの範囲内ではありの範疇よねえ、あの程度は。
ムカツクのはわかる、同じことされたらキレたくもなる、わかる。
でも、選手はキレちゃダメ。
サポはブーイング以上は、しちゃだめ。
ブーイングはセーフでしょ。
そのあたりの看板や石ころと同じく中立であるならともかく、試合にある意味参加するのだから、ブーイングされるのは仕方ない。
でも、それ以上やっちゃだめ。
と、つらつらと書いてみました。

うちのスタジアムだと、ユース選手じゃなくて、どこかその辺の高校生連れてきたときに、よくトラブル起きる印象。
ぼーっとしててボール出さない子とか、お見合いしてお前が出せよになってる子。
今しがたボールを出して持ってないから出せないってなってる子に、ボールを回さない子。
よくあります。
まぁ、しょうがねえなの範疇。

ちょっと気に食わないのは、関係ない他チームの選手とかが、そのボールボーイを擁護するコメントを発してる子。
君らは、人のふり見て我がふり直せとは思うけども、変に擁護コメントするのもどうかと思う。
君らも、恩恵を受けること、嫌がらせを受けること、多々あるだろうし、あんまり軽々にものをいうのはどうかね。
そんなとこ。


第6節VS藤枝
第6節

またもや借り物。
試合については、実は詳細見れておらず。
ダイジェストだけ。
スタッツから見ても、前からプレスして奪って前から攻撃なんだろうねえ。
ただまぁ、精度が悪いというか。
CHの二人を左利きにしてるのは面白いけど、攻撃の幅という意味では右利きを入れてはどうかなと。
後は、パブロをおとりにし過ぎじゃない?
結構強引にやれそうなイメージあるんやけど。
困ったらガンガンつかってみる、それがいいと思います。
後は、苔口が初ゴールおめでとさん。
もっと、裏からスペースに出すボールや、早めのクロスを出してあげれば点取れるのになとか思ってます。
そんなとこ。

藤枝さんのかかってこい〇〇っていうYOUTUBU番組はいいよねえ。
相手チームをしっかり分析してるし。
こういう番組はマネしたいねえ。
そんなとこ。

今節は上位が総崩れしてるので、思ったほど被害はないけど、4月に勝利がなかったのはつらいね。
なんとかしないと・・・。

天皇杯1回戦は無事突破、睦月です。


えーとまあ、少し雑感。
私自身も脳内軍師なので、「あー、ここでこう動けばいいのにー。」とか思うことは多々あって、それをこのブログにつらつらと書いてたりします。
時には、辛辣に書いたりしてます(。。;
しかしまぁ、それをゴール裏で大きな声で言うことはないやないかいと思うわけです。
思い通りにいかないからって罵声浴びせるのはあれだ、ゲームやりすぎ。
ゲームじゃないからそのうち怒られますよ、そんなとこ。


後は、うちのゴール裏が(==;
相変わらず、相手からコールされても返さない。
私も小心者だから、勝手にやるのは無理っぽいしねえ。
拍手はしてましたが(。。;


1回戦
天皇杯第1回戦VSアミティエ京都(関西リーグ1部)
フォーメーションは御覧の通り。
前線とサイドハーフをチェンジして、積極的に裏を狙うスタイル。
縦の速さとサイドチェンジによる横の揺さぶりで勝負という感じ。
ただ、サイドチェンジするパスが中で引っかかることが多く、たまたま今日は影響なかったけど、みたいな感じが多かったかね。
ダイナミックな展開は、やりきるか、失敗してもスローイン等によるリスタートならいいんだけどねえ。
後は、相手が引きながらもそこまでライン下げなかったことと、前線のハイプレスには苦労した模様。
中盤は相手の方が多いので、動きすぎるボランチではきついかなあ。
負けなかったこと、得点に結びついた一連の動きは、収穫でした。
コケさんは、久々過ぎてあんまり駆け引きがうまく行かなかった模様。
後は、山形の守備は怪しいねえ。
そんな感じ。

錬平はよかったと思うよ。
そんなとこ。
それくらいかね。
来週は、リーグ戦。
勝ってGWに突入したいねえ。

第15回R−1ぐらんぷり優勝者は、ある意味、コロンブスの卵だったんでしょうな、睦月です。


昔から腹踊りとか、裸を生かす芸はあるのですが、まさかそれを大舞台でやりきる人が出てくるとは、だれも思っていなかったのではないかと。
あんなの誰でも出来ると思えるんですが、やるのはやっぱり難しいと思うのですよ、いろんな意味で(。。;
それをやり切った、優勝者にはおめでとうございますと言いたいです。


と、今更何をとか思われますが、最近たまたまそういう話題を知ったから書いただけです。
ごめんなさい、R−1なんて見たことありません。
昔からピン芸で面白いのは落語だけとか思ってて、それなら笑点見るわって感じなんです。
そんなとこ。
最後にディスるならするなと(。。;


フィギュアの浅田さんが引退?
競技生活を引退なのか、この後はプロスケーターとなるのか、その辺は把握してませんが、お疲れさまでしたとだけ。
一部に国民栄誉賞をとか書いた媒体を見かけましたが、柔道で3連覇してもらえてない野村さんとかの方が先じゃないの?
って思いました。
フィギュアでいえば、高橋さんが先じゃないの?
そんなとこ。
当時の人気だけでいうなら、伊藤さんがー。
以下、省略します。

この間の大臣を怒らせた人といい、最近の質問者の意図がよくわからんことが多いですな。
それこそ、模範解答を先によこせって言いたくなるような。
怒ったら負けだとは思いますがね、なんぼなんでもおかしいでしょ。
そんなとこ


第5節VS琉球
第5節
フォーメーションは、ネットで取ってきた画像で(。。;
えーと、こんな便利なサイトあったんだというのが1点と、今回これを作られたトレパン先生なる人に多大な感謝を。
もしダメって言われたら消します(。。;
前節より、脇本に代わって窪田、萱沼に代わって佐々木一、柳下に代わってパブロが出場。
天皇杯と比較するなら、山形が復帰、北井が外れて佐々木一なのかね。
北井も進藤もよかったと思うのだけど。
前節の反省を生かして、全体的に粘り強くはなってたと思います。
プレスも強かったし。
ただまぁ、プレスをかけることに集中し過ぎて、真ん中すかすかとか普通にあったしねえ。
サイドに集中した結果、中への斜めの動きに一歩どころじゃないくらい遅れたりしてました。
それでも最後の一歩を頑張ってたからなんとかなった感じ。
ただ、中央の守備面で考えると脇本の方がいいような(==;
窪田と西室の左利きを二枚並べるよりも、右利きとセットにした方がよくない?
二列目は、3節で右SHとしてよかった佐々木一を中央で起用して、ほか二人と流動的にポジションを変えつつ、前から奪いに行く姿勢。
ただまぁ、結果論だけど、衛藤も佐々木陽もあまりサイドに張らないので、サイドが機能不全になりかけてたし、守備もサイドチェンジされると後手を踏んでた感じ。
その分、裏抜けを積極的にしかける衛藤と、前からがんがん奪いに行く佐々木陽で、前からの守備はうまくいってた感じ。
キーマンになりそうな、琉球の田辺の動きを抑えれていたからそこはよかったのよね。
反対に高い位置を取る琉球の両SBの裏がほとんど使えていなかったというか、そこで速攻できたらチャンスだったのにね。
衛藤に代わって萱沼が入ると、案の定、足元で受けたがってあまり動かない萱沼のところで停滞が。
ボール持つとわくわくするけど、そこまで至るには周りの介護がいると(。。;
もう少し飛び出したり、仕掛けてくれないかねえ。
カベッサは、前みたいにあっちこっち動いたりはしなくなったけども(。。;
まだ、連携は、ってところが(。。;
この二人がうまく動けるようになれば、チャンス増えるんじゃないかな。
全体的には、頑張ってた次に期待、といったところ(。。;

正直、萱沼は一回外した方がいいと思うのだけど、だれか、それを監督に伝えてくれめんす・・・。

3度目にして快勝、睦月です。


その前に、ちょっとだけ。
ジュビロの中村選手が、元所属チームからのブーイングについて「いいことだ」というインタビュー記事が出ていましたが、それはあくまでもプロの世界の話だと思うのですよね。
プロは、お金で移籍することも多々ありますし、元チームでは全く活躍できなくてクビになったのに、次のチームで大活躍されて「おいこら」って思うことも多々あります(。。;
ブーイングを推奨する気はありませんが、やることは仕方ないし、選手も「いいことだ」「されても仕方ない。」と割り切ってもらえると助かるとも思います。
が、所属チームというかプロ生活を引退し、アマチュアチームで楽しくプレイしてる選手にブーイングするのはどうかと思うのです。
引退して、そこらへんにいるサッカーのうまいおっさんになった人に、ブーイングって必要なのでしょうか?
今日の試合で、そういうのがあって、んーって感じになりました。
少し考えてもらえれば幸いかなと思います。

最近ゴール裏に行くことも増えつつあるので、今度お話してみますかねえ。
そんなとこ。


天皇杯富山県大会決勝VS富山新庄クラブ
フォーメーションは
GK永井
DF進藤・代・平出・國吉
DMF窪田・西室
OMF佐々木陽・北井・衛藤
FWパブロ
佐々木陽を右SHにして北井をトップ下、というか、どっちかというトップ?にしたフォーメーション。
パブロが下りてきてポストプレイしたボールを前で受けるのが北井の仕事だったと思うけど、そのまま前に残ってディフェンスラインにプレスかけたり、ポストプレイしたりと結構な活躍。
北井は、やっぱ攻撃的な選手やね(。。;
沼津戦では消えてた衛藤は、プレスバックもしっかりし、攻撃ではふらふらし過ぎず安定プレイ。
これが続くなる助かるのやけど。
佐々木陽は結構忠実なプレイというか、サイドを主戦場にするとSHとしての仕事するから、いいね。
両サイドを広く使うという意味では、攻撃時に窪田または西室が下りて、SBが高くなる形で戦えたのはよかったやね。
守備面でも、CBの1枚かDMFの1枚がまずあたりに行くのでSBの戻る時間が作れるし、SBが上がっていたらSHがプレスバックして時間を作ってたのよしよしと。
沼津戦でできなかったことができていたのがよかったやね。
後はシンプルな攻撃意識のおかげでカウンター食らう場面も少なかった+前からプレスなので、カウンターになろうとしたところを奪って二次攻撃ができてたのがよかったよかった。
後は点を取るところが前半は足らなかったけど、やりたいことをやれてるからと無理に変えなかったのはよかったやね。
内外をしっかり使うので前半から相手の足に疲労が蓄積されたみたいやし。
後半、代のセットプレイの得点を皮切りにパブロがハットトリック(ホームの公式戦では初かな。)を含めて5得点(これも公式初かね。)
いやー、よかったよかった。
この戦いがリーグ戦でもできれば安心やね。
右SB、進藤が先発したけど、これはこれでいいかもねえ。
クロスの質という意味では山形の方がよさそうな気もするけど、組み立てだけなら進藤の方がいい気もしますねえ。
左SB、後半途中から椎名がこのポジションに。
椎名は左利きだし、悪くないと思うけど、ここで使うって感じ(。。;
國吉と同じく頑張る守備させるくらいなら、もう一列前でみたいやねえ。
その國吉は右SH、これはこれで(。。;
ただ、左SBでよくないか、とも思うわけです(。。;
木本は北井と同じ動きなので(。。;
スピードは木本が上かね、それ以外は北井の気もするけど。
カベッサは相変わらず、入った時のポジショニングが謎。
きちっとポストプレイはできるんだから、走り回れるかもしれないけど、走らせないほうがよさそう。
足は若干遅い気がするので、そこは気になってくるかもねえ。
そんなとこ(。。;
ほぼベストメンツだったから負けるわけにはいかなかったと思うけど、よく勝てたわ。
富山新庄クラブさんの分も頑張れよ><;

初の開幕4連勝をかけても、観客動員数が伸びないのはどういうことや、睦月です。
まぁ、まだ微妙に寒いし、ね・・・。


結構PRしてたと思うんですが、思った以上に興味を引いてないのが残念。
そして、そういう試合で勝てないのはもっと残念、それだけかな。


第4節VS沼津
フォーメーションは
GK永井
DF山形・代・平出・國吉
DMF脇本・西室
OMF萱沼・佐々木陽・衛藤
FW柳下
パブロと佐々木一が外れて、萱沼と柳下が先発。
外れた二人はベンチ外だったけど、大丈夫かいなぁ・・・。
試合は、弱点がばれたというか研究されたというか。
YOUTUBUに試合のハイライトが上がってますが、1失点目がすべてを物語るというか。
右サイドでボールを持った瞬間に沼津のFW2名と左SHが斜め(ダイアゴナル)に走り、FWの一人がボールをうけます。
これに対して平出が対応に行って、國吉がプレスバック。
簡単に前に出されて、これに代がつり出される。
この時点で、中央にCB無し。
そこで、平出プレスバックするようにみせてマークを確認せずにポジションをペナルティ方向に移動。
仕方ないので、國吉が代と挟み込むようにプレスバックに行くものの、左SHの衛藤は行方不明、佐々木陽も戻って来ずということで、簡単に戻されてサイド縦パス。
平出は確認せずに戻っているので後ろを走る相手の左SHを捕まえておらず、脇本が一歩遅れて対応。
一旦はスライディングで止めかけるも奪われる。
この時点で、脇本を助ける人間0。
マークを見ないで中央に戻った平出、同じくマーク確認せずに中央を絞った山形、ボールしか見てない永井。
脇本が突破されて慌てて左サイドによる平出と永井、何故か真ん中に絞らず中央から遠いサイドに構える山形。
真ん中に一人フリーの選手がいるのにこの状況。
一番見えてたと思われる西室はマークに行かず。
パスが出ても、飛び込まない山形までいうと辛いかもしれませんが、えーと、まぁ、連携バラバラやね。
SHの萱沼、衛藤はプレスバックが少なく、前からのプレスも強くなく、そして中央に絞ったり自由な位置取りをしがちなため、守備面で強さのない山形・國吉と組ませるのは怖い(==;
衛藤が中に絞った際は佐々木陽が動き回ってくれるんだけど、それも合わないとこの状態。
3失点目は、前掛りになってたのはあるけど、最後まで追いかけてのがカベッサ・・・。
カベッサのポジションは著しく怪しいというか、お前わかってないだろうくさいけどねえ。
柳下は空中戦強いけど、コントロールできるわけでも受けれるわけでもないし、守備では胴タックルしちゃったし、あんまりよくないやね。
後半、苔口が右サイドに開き気味、縦で裏に抜ける動きをしたので、攻撃面で活性化したのはよかったものの。
中央で受けた選手が簡単にサイドにはたくので(==;
シュート打たんかい(。。;
萱沼は自分の意志で連携無視してる部分があるように見え、かつ強引な面もあったので簡単にチェンジされました。
期待はしたいけど、フィジカルを生かして頑張るんじゃなくて、必要な時以外頑張らないことを覚えたのなら、SHでは使えないわ・・・。
衛藤もSHだと、もうだめやねえ。
足元のテクニック、状況判断はいいけど、守備に回った時にすぐ行方不明になるのが(==;
かといってサイドに張って全体を広げるようなことはしないしねえ・・・。
次は天皇杯の富山県大会決勝。
ここで立て直して、そのあとにつなげてほしいね。


中西がヴェルスパ大分にレンタル。
フィジカル面は強いし、シュートもうまいけど、それ以外はまだまだ修行が必要かねえ。
そんなとこ。
成長して帰っておいで><;

開幕3連勝キタワー、睦月です。


思ったよりも快勝でした(。。;
攻められていたけど、点を取られる気配がないってのは素晴らしいこと。
続けれるだけ、続けてほしいね。


それは後にして、代表。
酒井高のボランチはダメやね。
全体的にポジショニングが悪く、視野が狭い(==;
守備も軽めで奪いきれないことが多々(==;
これは、まずいやね。
森重もちょっと軽いよねえ・・・。
このあたりは植田とか昌子とか使ってみてほしかった(。。;
吉田はクラブでの活躍通り素晴らしい(’’b
川島は思った以上によかったねえ。
久保は攻撃センスは素晴らしいが、守備面はうーん。
今回は2試合とも点が取れたので高く評価されてますが、その分右サイドは弱点になってたと思うのでなんとかしてほしいねえ。
左は、バランスの取れる原口と守備ではいいところの多かった長友(最後のPKはあれだけど)だったので、守備はよし。
攻撃面はこれからかね。
後は、怪我人が多すぎよねえ。
なんとかならんかねえ。
残り3試合、頑張ってほしいところ。


第3節VS盛岡
フォーメーションは
GK永井
DF山形・代・平出・佐々木一
DMF脇本・西室
OMF衛藤・佐々木陽・國吉
FWパブロ
國吉が復帰、最初はSH。
10分ほどで佐々木一が右SH、衛藤が左SH、國吉が左SBになってましたが(。。;
國吉はSBの方がいいよねえ。
1列あげた佐々木一が、國吉からのクロスを飛び出したキーパーを超えるようにシュート。
外れたけど、クロスバーに当たった球を押し込んで先制。
その後、佐々木陽が仕掛けて打ったシュート?がキーパーの足にあたってゴール。
後半は、脇本のうまい飛び出しから衛藤が3点目で快勝。
山形の守備面が怪しくて狙われたので、萱沼を入れて佐々木一を一列さげたり、負傷した西室と佐々木一を窪田、柳下に代える安定した采配で逃げ切り。
萱沼がチーム戦術にあっていなかったり、柳下の頭でのはじき返しが真ん中に飛びすぎたりと修正点が多い気もするけど、全体的にはうまくいってる感じ。
西室の負傷の程度はどうかわからんけど、今なら西室を使い続けるのがいいよねえ。
窪田は復活したとは言うものの、まだまだという印象だったし。
山形は、守備が思った以上に怪しい気が(==;
攻撃センスはいいんだけどねえ・・・。
来週はどうなるんやろう。
4連勝をかけて沼津戦。
藤枝に大勝して乗り込んでくるから怖いけど、しっかりした守備からじっくり攻撃してほしいと思います。
そんなとこ。


まだまだ他チームを語る段階じゃないので、もうちょっとしたらまとめてみますね(。。;

初の開幕連勝だー、睦月です。


開幕戦はここ数年負けなしという報道がありましたが、Jリーグ参入以降、2試合目は勝ちなしだったのですよ(==;
それが何と、大勝利(’’b
いやー、うれしいなあ。
これで、あれだ。
苦手東北勢の盛岡(昨年は1分1敗)を撃破し、初の4連勝をかけて新規参入の沼津に勝てば、うん、妄想がはかどるね。
止まらないね。
そんなとこです。

他方、長野も調子良さそうだし、福島もよさそうだし(。。;
うーん、油断できる要素なし。
これは全部勝ちを狙って頑張るしかない。
目標勝ち点は、約7割の67で。
昨年は団子状態でも7割近く(7割=63、優勝した大分は61)になっていたので、そこは狙わなくては(==;
そこまでいければ、なんとかなるはず(。。;
頑張れ、カターレ


さて、代表。
本田は実績を考えたら外しにくいでしょ(==;
あれ以上の実績を持った選手が出てこない限り、無理やと思います。
できたら試合出れるチーム行ってほしいけどね。
宇佐美と浅野は論外。
これは単に好みでしょ。
それともJリーグにはいないと言いたいのかねえ。
意図はわからんが、これで奮起する若手FWが増えてくれることを祈るばかり。
ああ、久保クンは無理強いすんな、彼は10年後の選手だ。
私の注目は、浦和の関根と柏の伊藤、鹿島の鈴木。
このあたりが呼ばれたら面白いのだけれど。


第2節VS鹿児島
フォーメーションは
GK永井
DF山形・代・平出・佐々木一
DMF脇本・西室
OMF萱沼・衛藤・佐々木陽
FWパブロ
チーム初のブラジル人、パブロ先発。
空中戦は強いし、頑丈そうだけど、足元のトラップはあんまりうまくないねえ。
ただ、ミストラップでもそれをドリブルにつなげる強引さというか力強さ、スピードはあるねえ。
すごく期待したい(。。;
西室が、生で見るとやはりいい感じで、ちょっと守備は危ないところあるけど、積極性や縦パスはいいところありますねえ(==b
脇本のカバーリングもグッド。
山形は守備は経験でやってる感じなので、狙われるとちょっと怖め。
ただ、はじき返すだけなら負けてなかったので、今のところセーフ。
佐々木一は頑張る守備なので、こっちも狙われたら怖いかも。
攻撃面では、どっちもいい動きしてたので、今後が楽しみな感じ。
佐々木陽は後退するまで動きまくってたので、こちらも期待できそう。
ゴールを決めた時のドリブルは素晴らしかった。
ただまぁ、北井もそうだけども、右利きなのに左で思い切って打った方が入りやすいのはなんとかならんかいのぉ。
後半、フリーで打った右足シュートが枠を大きく外れたので(。。;
でも、あの積極性は期待大ですぬ(’’
衛藤はがりがり削られてたけど大丈夫かね。
F東京戦でもゴールは素晴らしいけれど、それ以外は、ちょっと物足らない感じだったし、まだ、調子上がってないんかね。
少し気になる。
後はレフェリングがあんまりよろしくなかった(。。;
特にホールディングは甘すぎです><;
後は何度かファールしてもカードでないのも(==;
互いに削りあってたらけが人でますよ><;
パブロは無駄な遅延行為やめて><;
(笛が鳴ってボールが止まっているのを蹴ったことによるイエローカード。パブロは当事者ではなく、自陣に守備に戻る際に蹴った。)
そんなとこ。
三浦監督にいいところ見せれたんじゃないかねえ。


次の日のトレーニングマッチでは、苔口・中西がゴール決めました。
この二人は1トップの控えなのかねえ。
柳下が空中戦に強いのを買われてこの2試合は控えに入ってるけど、チーム的には苔口・中西が入ってほしいやねえ。
そんな感じ。
そして情報の出ない、椎名・窪田コンビは、トレーニングマッチの写真にもおらんし><;
大丈夫かいね。
心配やわ。
カターレ富山
堂主紹介
クレイ

カターレ富山を愛する元・信オンプレイヤー。
週1更新は継続中。
totoがあたらない><;

りんくふりぃでございます。
どんどんリンクして・・・、お願いだからしてください。
最新の一言
最新の記事
月別種類
写真館

雑賀花火大会

  • ライブドアブログ