烈縁会金山堂

風の町ヴィルディアの片隅で、ネットゲーム信長の野望に飛び込んだクレイのまったり日記

生きてました?睦月です。


暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、えーと、平均気温10度下がると死ねる。
そんなとこ。
半袖で寒いとか、数日前は裸でも暑かったのに・・・。
とかで、体壊れました(==;
体調不良であります。


今はJ3中断期間なので、ちょっとカターレ不足になってます。
まぁ、不足になるのはファンである証拠かなと(。。;
そんなとこ(’’?


補強は、長崎からレンタルアタッカー2名、特別指定で俊足FW1名、イングランド3部から1名と多彩。
ただまぁ、守備崩壊してるのに守備面の補強は無いに等しいとか大丈夫なのかねえ。
ミニキャンプしてますが、そのあとのJFLの福井相手に1−2、法政大学に0−4、守備がうまくいかないのが、攻撃にも影響しているのではと勘ぐってしまいます。
キャンプでフォメでもいじったのかねえ。
正直、両WBの守備面、特に守勢に回った時に下がり過ぎる癖が弱点になりつつあると思ってるので、4バックにして、後ろは守る、前は攻めるとはっきりさせた方がいい気がしてます。
もちろん、素人考えだとは思うのですが、どうなんでしょうね。

遠藤が藤枝へ帰還。
求めてるものとできることが違ったというところ・・・。
正直、なぜそれをスカウティングしてないのか、謎ですけどね(==;
いい選手なんだから、藤枝で復活してほしいです。

西が新庄クラブへレンタル。
新庄クラブはセカンドクラブっぽくなってきましたな。
まぁ、社会人クラブチームを維持するのは労力がいりますし、反対にうちは若手を鍛えたいし、ってことも含めてウインウインな関係であるといいと思います。


ということで、再開まで後1週。
とあるレビューで、富山にもまだ2位の目はあるとか書かれてました。
1位じゃないんだwとか思いつつ、そらそうだなと思いつつ。
今年は過去になく人を変えて、思ったより特色ある人が集まって、これはいけそうな雰囲気だけは醸し出してましたが、ふたを開けると思い描いたこととできることがまるで違うという(−−;
それは最後まで続きそうですし、できれば安達監督でもう少しよくなって、来年にかけたいかなぁ。
正直、安達監督は育成タイプな気がするので、本気で昇格させるなら監督代えてもいいかなと思います。
ただその時は、さらなる大ナタが降られるだろうし、それだと黒部強化部長もクビでしょうから、あんまり強くは言えないですね。

てか、私言いましたよね?
黒部さんに富山に来てもらってわくわくさせてもらった、サッカーまた応援しようって思わせてもらった恩義があるから、ブーイングしたくないからそんな地位に居ないで下さいって。
と今更な愚痴です。
頑張れカターレ。

少なくとも花火上げる来週と再来週ぐらいは勝利しろ。
そんなとこ。
次はいつぐらいだ・・・。


SNSはやってませんし、やりません。

生まれて初めて、会社に遅刻した睦月です(’’;

会社からの電話で起きました(。。;
後付けで有休消化にしてもらえました。
ホワイト企業でよかったです。
とか言っておきます。

原因はワールドカップの見過ぎなのですが、ここ最近は夜中まで見て寝るを繰り返してたので(。。;
ブログが滞ってるのは、寝落ちして気が付いたら朝だったせいです(。。;

しかし、昔は徹夜なんて平気だったはずなんやけど・・・。
トシやねえ・・・。


第17節VS長野
フォーメーションは
GK永井
DF代・楠本・今瀬
DMF川上・差波・椎名・前嶋
OMF佐々木陽・新井
FW才藤
DFのセンターには苦労している印象。
谷奥だとラインがあまりラインを上げようとしないので、全体的に間延びする印象。
ルーカスは奪って前はいいけど、試合中のコミュニケーションに難があるのか、盛岡戦ではうまくスライドできてなかった・・・。
楠本は、高さあるけど群馬戦見ててもそこまで空中戦強くないよね。
後、小さい選手への手癖が(==;
手を振ると小柄な選手の後頭部に当たっちゃうので、不用意なファールを貰いそう。
今日も貰ってたし。
代を外すとカバーリング能力に難があるものの、センターで使うには高さが足りない。
今瀬は、展開力、空中戦、それなりにこなせるけど、タスクが多いとパニックになるし、今日みたいな負けてる状況での判断力に難があり過ぎる。
割り切って使うか、最悪3バック諦めた方がいい気がしてきた。
右に代、左に今瀬を置いて、谷奥・楠本でどんどん跳ね返させると。
攻撃面に難はあるけど、これで守備よくならんかね。
両ワイドも、攻守の切り替えに難があるというか・・・。
前嶋はうまいけど、守備時にラインとか考えずに下がり過ぎるからカウンターにはあんまり向かない気がします。
川上は、縦への仕掛けはいいんだけど、守備はまぁ、今日もそうだけど、あかんよねえ。
スピードはすごい魅力的なんだけど、サイドハーフで使う方がよくないけ?
終了間際のカウンターは、どっちも川上行方不明で(==;
5点目は川上が来ないことがわかってたから行けたよねえ。

とかまぁ、折り返し地点で愚痴を言いました(。。;

補強で2枚、長崎から借りてきましたが、うーん。
いい選手だと思うのですが、ポイントはそこじゃないだろうと。
守備の悪さが攻撃の悪さになってると思うのですが、どうなんやろう。
財政的にはこれ以上は無理やと思うのですが。
今いる選手の覚醒に期待するしかないのですかね。
そんなとこです。


ああ、ワールドカップは面白いです。
それ以上はいいません。
日本は勝てないと予測してたので、今回の結果は素晴らしいの一言です。
そんなとこかね。


とりあえず、クロアチア応援しときます。

なんというか、怖い世の中や、睦月です。


死にたいから人を殺すというあり得ない理由が、まかり通るというか、たまにいるというのが。
こういう理解できない人種をどうすべきか、ってのを考えるのはヘイトなのでしょうかね。
とか思います。


代表戦は見ました、スイスは流しながらもいい試合してた。
それ以外は、うちとYSCCとの試合の方がいい試合だった。
レベルが違うという人もいるかもしれないが、面白いのは間違いないのだ。
そんだけ。


第13節VSys横浜
フォーメーションは
GK永井
DF代・ルーカス・今瀬
DMF川上・差波・椎名・前嶋
OMF遠藤・新井
FW才藤
前節よかった弓崎がベンチ外。
どっか怪我でもしたかね(==;
ということで、川上を右WBにして遠藤が復帰。
その遠藤が先制のゴール。
相手の体制が整う前に新井で仕掛けて、才藤を囮にして遠藤は、良い形。
北九州戦でニアを打ち抜いたこともあって、新井への警戒が強まってはいるからこそ、ほかが開くのでいい感じですね。
ただ、守備面では前から食らいつきに行ったルーカスが奪いきれなかった場合や、川上が押し込まれたときにラインを乱したりと、危険なシーンもちらほら。
前半はぎりぎり防げていましたが、互いに奪ったら前へいくのであわただしかったですね。
後半は、おもてなし京都戦でも見ましたが、左WBが裏をとってゴール。
決めた選手は違えども、パターンとしてこれが確立するなら相手も警戒することが増えていいかもしれませんね。
問題は、チームのスタミナ切れが相手より早かったこと。
60分過ぎには切れていたように見えました。
相手も水曜日に試合があったので、同じように切れるかと思いましたが、そうならず(。。;
結果的に押し込まれることが増えましたが、そこからのカウンターも狙えてたので、これはこれで収穫かな。
奪って素早く前に行けるなら、これはこれでいいかもしれません。
問題はそこで3点目が奪えなかったことですが。
結果的に、スキを突かれて失点し引き分け。
1失点目は右サイドからアウトサイドの変な回転がかかったパスを見事なゴール。
調子のいい時の永井ならはじいてるような気がするのですが、今年はいまいちですねえ・・・。
2失点目は、スローインをスルーという、稀有な手。
これは学びたいですな。
北九州戦の苔口の胸パスもいいですけどね。
安達サッカーとしては、3手目が中途半端というか。
稲葉を前に置くのは私も賛成でしたが、奪ってからの選択肢が少ないことに気が付き、うーんと。
ドリブルはできない、パスはバックパス多めっていう・・・。
前への推進力が足らないのか・・・。
これはこれでつらい感じ。
苔口の方がよかったよねえとか思います。
そんなとこ。

ただまぁ、次があるさ、次頑張ろう。
出来たら、差波とか前嶋を完全でほしいけどなぁ・・・。
せめて西が独り立ちして、馬渡も成長して戻ってきてくれればとか思うのですが、贅沢ですな。


柳沢の富山帰還はあるかなと思います。
彼のこれからを考えたら、地元でボランティアとか子供の育成に携わる方がいいと思うのですよね。
もちろんやったことは道義的にはいいとはいいませんけど。
人生はまだ半分以上ありますからね・・・。
とか妄想でした。
ただ、コーチとか監督とかでカターレに関わるのは止めてほしいですね。

何かと面白い話題も多く、睦月です。
それ以上に面白いのがうちにいるので、あんまり気にすることもなく(。。;


日本代表については、割愛。
とりあえずワールドカップを楽しむ、それでええじゃないか。
ハメス・ロドリゲスが何点取るのか、レバンドフスキが何点取るのか、そういうのを楽しむのも十分にありやと思う。
批判するのは疲れるのでやめたやめた。
そこはまるっと無視して、フットボールを楽しみましょう。
そんなとこ。


アメフトに限らず、ぶつけてこいとか削って来いとかは有る話だとは思います。
心理的に相手を追い込むことで、本来の意味以上の効果を発揮させた指導者側には大いに問題がありますが・・・。
最近、言った言わないの水掛け論や言ったはずだから認めろ、お前の言い分は聞かない的な暴論がまかり通り過ぎじゃないかと思います。
裁くのは司法に任せるべきで、人民裁判はすべきじゃないと思うんだけどね。
つくづく、ねっとわーくつーるを使ってなくてよかったと思いますよ。
おかげでまったく疲弊しません。
知らない自由を謳歌することを知らない人はかわいそうな気がします。


第12節VS北九州
フォーメーションは
GK永井
DF代・ルーカス・今瀬
DMF前嶋・椎名・差波・弓崎
OMF川上・新井
FW才藤
暑さもあってか、鳥取戦のような神風プレスではなく。
おかげで最後まで集中して戦えてましたな。
よかったよかった。
弓崎の左WBは、先週の天皇杯もそうですけど、運動量と守備という意味ではベストかもしれません。
クロスとかプレースキックだと佐藤でもいいとは思うのですが、左サイドに流れやすい新井を支える意味では弓崎の方がいい気がしてます。
今瀬はまたライン上のクリアしてました、ここぞって時の集中はいいですが、時々抜けた部分もあり(。。;
失点しなかったものの、裏抜けでマークがずれて危ないところがありました。
もう少し頑張りましょう。
後は攻撃でも弓崎や新井と被って動いてることがあったり、弓崎が上がった裏のカバーが遅かったりしてたので、そこは要注意かな。
1点目の差波の直接CKや2点目の新井の突破から角度0に近いシュートは素晴らしいが、それ以上、3点目の崩しはよかったですな。
あれができるようになれば、もっと得点率あがりそうです。
前嶋を早めに代えたのは水曜の天皇杯を見越してでしょうかね・・・。
3連戦になると結構きついような気もしますが・・・。

北九州は、判定にも泣かされたようにも思いますが、前半にオフサイドで無得点となったシーンでは、キーパーと1対1で勝負にいかなかった平井があかんのかなと思います。
あこは勝負でよいじゃろう。
それだけ自信を失っているということかもしれませんが。
ダヴィはボールより前に出てるようには見えないので、たぶんオフサイドではない気がします。
2回目は、FKが蹴られるより前に飛び出しているのでオフサイドは妥当ですが。
こういうのに助けられた部分もありますが、それも含めて勢いだと言ってみたいです。
そんなとこ。


中二日で天皇杯、そこからさらに中二日でリーグ。
どうなるんでしょうかね。
気になるところとしては、天皇杯のキーパーは太田を使用できないので服部がスタメンでいけるのかというとことかな。
どうなるんでしょうね、私楽しみです。
それではまた次回。

漢字ではなくなったのは、いつ以来?初めて?ブログ書き始めて10年超えてるし、題名1文字制限してから何年か経ってるし、でよくわからなくなった、睦月です。


おこしやす京都ACを略して「お京都」、まぁ、なんというか。
とりあえず、試合以外について、少し書くと。

専用スタジアムっていいよね。
面白い試合が1000円で見られるのに見に来ない自称サッカー好きの知人は、サッカー好きって言いたいだけの人間、とか言いそうになって、んー。
いやまぁ、ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝の方がレベルは高いけどさ・・・。

1000人ちょっとしか入らないスタジアムに足腰は悪そうだけど、見に来てくれたおばあちゃんにはすごく感謝を。
(注:親戚ではありません。)
車いす等で入場できるスロープが封鎖してあったので、どうしたものかと思いましたが、聞いてみたらそういう人にはあけてくれるのだそうで・・・。
というても、スロープはスタンドまではつながってなくて、ゴールラインのさらに後ろの方からしか見えないので、結局少し階段上る羽目になるのですが・・・。
こういう中途半端なことしてるから財政難になるんですかねとか思いつつ。
愚痴はおいといて、勝ってよかったわねーって言ってくれるそのおばあちゃんと、勝って当たり前やろ、相手はアマチュアやでっていう友人とのレベル差に閉口してみたり。
まずは、見に来いよお前。


天皇杯1回戦VSおこしやす京都AC
フォーメーションは
GK太田
DF谷奥・代・柳下
DMF進藤・差波・椎名・弓崎
OMF遠藤・佐々木陽
FW苔口
試合をPRした動画とバナーに出てた川上がベンチ外ってどういうことやねんと。
遠藤と苔口を先発ってリハビリか何かですか。
柳下もリハビリっぽいねえ。
今年はトレーニングマッチが少なめなので、こういうことが必然的に増えるのかしら。
2年前ぐらいは、試合の翌日にトレーニングマッチやってその次休みみたいにしてたと思うのですが。
案の定、柳下は感覚不足からミスを連発。
一対一も慌てる場面があって、うーん。
遠藤も前から行かない、ボールを受けに行って戻って来ないってことが多々。
ちょっとリーグ戦では使いにくいですかね。
弓崎の左WBはいいですね。
柳下の動きが悪く、カバーするのか追い越すのかがうまくいかずにきつそうでしたが。
あれは相手のラインが高すぎるので、オフサイドラインを気にし過ぎてたということでしょうかね。
谷奥は、はじき返すにしてもただ当ててるだけだし、それ以外はさっぱりで・・・。
改めて、開幕戦が弓崎CBだった理由が分かった気がします。
監督としては、相手が最初からパワープレイの一発狙いだと思って谷奥と柳下を先発させたみたいですけど、序盤は弓崎CBでよかったですし、その場合は、柳下左WBでいいと思うのですが。
苔口も含めて相手のCBへのプレッシャーがゆるゆるで、後ろのラインが上がらなくて、というのは文字通り前任者がいた時代に逆戻りしたような感じ。
後半は多少よかったような気もしますが、ベンチであれしたおかげかねえ・・・。
遠藤に代えて稲葉を入れて椎名を前に上げましたが、稲葉は動きすぎてバイタルスカスカしてたので、遠藤のポジションにそのまま入れて、前から追いかけまわした方がいいと思います。
最後に差波に代えて前嶋入れたのは、空中戦対策なんでしょうか・・・。
普段WBで使ってる選手を2列目いれるのはお勧めできませんな。

後は、審判が下手なのはしょうがないとして、そこに慣れてるかどうかは勝敗を左右しかねない問題だったような気がします。
うちはセルフジャッジ多すぎで翻弄されてる感じ。
あっちは、とりあえず前から言って、審判に止められたら考えるって感じで、そのあたりの切り替えは早かったですな。
差波のイエローは、その前に流されたファールに対する報復に見えて怖いですな。
他にも審判の背中側でポジション争いを行っている選手への注意が無いなど、怪しい点がいっぱいでしたが・・・。
あれで裁かれてる人、大変やなぁ。


他、最後に元カターレの内田とレンタル中の馬渡があいさつしにきてましたが。
内田がボール持つたびにへんなブーイングしてたのは、あんまり好きじゃないな。
あれがアピールっていうなら、不必要だわ。

とりあえず、次はヴェルディか。
負けたくない、そんな感じです。
次週も頑張ろう。

方向性はほとんど変わってないよなとか思った睦月です。


監督交代して劇的に変わるのかとも思ったのですが、実際にはほとんど変わってないと。
ただまぁ、どうやって発破をかけたのか、すごくやる気が高いのが伝わってきます。
終盤ガス欠してたのはもはやご愛嬌と(。。;
これは、少しは期待していいかね。
もちろん、優勝とかはあれでも、来年につながる成績が取れれば幸い。
ただ、川上と前嶋は完全移籍、な(。。b


日本代表は、基本能力と介護能力という二つの能力=ポリバレント性を備えていない2列目は必要ないとのこと。
まぁ、次回はだれかやるだろうし、後は野となれ山となれ、ならこれでいいのやろうね。
日本代表監督が、ただの人事異動の一部に成り下がったのであれば、これでええやろうね。
勝てるかどうか?
まぁ、相手が舐めてこれば、なんとかなるやろうね。
そんなとこ。
ワールドカップは楽しみますので仕事は二の次でありますw
とか言って慰めておこう。

別段、中島を責める気はないのだ。
期待値が高すぎ+ビックマウスにつられ過ぎ、で踊りつかれただけのこと(。。;
今更だよねえ。
恨んでるなんて何年前の話だよとか、ごまかしておきますw


J3は全体的にカオスに・・・。
北九州は大丈夫かねえ・・・。
群馬に長野に、うちに居たとき以上に活躍してない?
まぁ、うちのサッカーが悪かったんだろうね。


第11節VS鳥取
フォーメーションは
GK永井
DF代・ルーカス・今瀬
DMF前嶋・差波・椎名・佐藤
OMF川上・新井
FW才藤
攻撃のバリエーションと、前からのプレスに後ろが連動してるのが、以前との違いかね。
前は、ロングボールやロングスロー、そこからのセットプレイぐらいしかなかったのが、狭い局面でパスが増えた感じ。
これで、もっと相手の嫌がるところに出せるようになれればいいんだけど。
守備は、3バックの内、必ず1人が前に出て跳ね返すようになって、バイタルが安定。
相変わらずセカンドボールは怪しいけど、諦めが悪くなってくれた印象。
なんとか掻き出すってが続くようならいいね。
今瀬は、センターから解放されて、というかいろんなタスクから解放されていい感じに。
これならなんとかなりそうね。
天皇杯はボランチだったけど、佐々木陽はやっぱり前目の方がいいね。
狭い局面でのパスという選択なら、これもありだね。
単純な横パスがミスになったりするのは練習不足だから、もう少し精度を上げると脅威になりそう。
永井はハイボールの判断というか、落下地点予測が悪すぎ。
これでは来年もうちにいることになりそうやで。
そんなとこ。

浮氣さんがやりたかったサッカーってこうじゃないの、って気もするけど、それを教えれられないのであれば監督としては失格よね。

安達さんがなんとかしてくれて、椎名のメールみたいなことができたら、うれしいやねえ。
(椎名のメールはファンクラブ会員限定のため公表しません。)


バスケは、合間にちょろっと見てたけど、見たときは4点差で勝ってたのに・・・。
というところ。
まぁ、こういうこともあるわね。
入れ替え戦、頑張ってくれることを期待します。

ただ、決定戦が東京というどっちのホームでもない中立地でやってて、DAZNの開設は相手よりってのはなんか、腹立つよね。
どっちがレギュラシーズン上やったんやと。
全くアドバンテージ無いんやったら、来年からやらんほうがええわ。
とか言ってみる。
そんなとこやでー、ゴーグラウジーズ。

岸野さん以来、チームができて3度目の途中解任、しかも最速、睦月です。


まぁ、浮氣さんも悪い人ではなかったが、何を教えたのか中途半端な3バックが・・・。
たぶん、湘南スタイルとミシャ式可変スタイルのいいとこどりしたかったんだろうけどねえ。
どちらも癖のあるスタイルだから、マスターするには程遠かった模様。
どこかで活躍できることをお祈りします。

そして安達監督いらっしゃいませ。
来期につながる結果をお願いしますね。


天皇杯富山県大会決勝VS富山新庄クラブ
フォーメーションは
GK太田
DF代・ルーカス・弓崎
DMF前嶋・佐々木陽・差波・佐藤
OMF川上・新井
FW才藤
最初にメンツを見たときは、ボランチ差波しかいないと思いました。
なので、前嶋ボランチか、弓崎を右SBにして佐藤を左SBにした4バック+差波アンカーかと思いましたが・・・。
まさかの佐々木陽をボランチ。
確かに黒子としては悪くなかったような・・・。
ただ、相手が相手だけになんとも。
攻撃精度の低さはなんともならんね。
これだけは一朝一夕でどうなるもんでもないけど、サイドからの崩しはうまく行ってたので、これを継続できればいいかね。
監督としては中央をもっと使いたいとのことだったけども、新井は外から内へ切り込むのが得意でサイドに張ってることを好むし、川上はスピードを生かすために人のいないところにおいてやるのがいいので、今の2シャドーなら中央攻撃はきつそうだよ(。。;
空中戦は雨も関係してなかったけど、ルーカスも目測誤ってたし、今瀬はそれより酷かったし、谷奥いれるしかないのかね。
谷奥もコントロールできる方ではないけど、目測の誤りは少ないように思うから、放り込みには負けそうやね。
交代1枚目がルーカスから今瀬で、これが早めの時間帯だったのは今瀬のセンターを試した、が正しいかねえ。
その前のセットプレイで、味方と接触してたルーカスを安全のために下げたと好意的にも解釈で競うだけどね。
とりあえず、今瀬センターは×やね。
この相手で、あの出来はやばい・・・。
使うならサイドがいいやね。
2枚目も差波から椎名で、試合のコントローラーの交代かな。
ただ、椎名の方が運動量がある分、バイタルがスカスカしやすいし、持ちすぎる部分があるから、差波と変えるのはお勧めできんね。
利き足も違うんだから、差波と椎名のダブルコントロールで、椎名が前目、差波が後目の縦関係でいいんじゃないかな。
とか、勝手に妄想しました。
後は、雨でミスしやすいんだから最後まで追いかけない才藤には少々イライラ。
キーパーへの圧はもっとかけるべきやね。

新庄クラブは、1トップに起用されたDF登録の選手が、あんまりプレスをかけないので、序盤は楽だった模様。
最終版くらいにプレスからミスを誘うプレイも起きてたけど、その時間帯でそれやるって感じでした。
これでいいのか?
後は、富山第一高校が優勝した時のメンバーが2人加わってますが、どちらもいい選手やなと。
特に、7番は相変わらず左足の精度がいいなとか思いました。
次回は、高岡開催らしいので間違えないようにします。

がんばっていきましょー。

GW連戦、楽しかったですか、まぁ、楽しかったですね、睦月です。


ダメなのがわかってるので、ついつい評論家気取りで上から観戦してました。
あれがあかんよね、とかこれはこうしていいよねとか。
付き合ってくれる相方に感謝です。

第9節VS福島
フォーメーションは
GK永井
DF谷奥・ルーカス・今瀬
DMF才藤・椎名・差波・川上
OMF佐々木陽・新井
FW苔口

第10節VS鹿児島
フォーメーションは
GK永井
DF谷奥・ルーカス・今瀬
DMF才藤・椎名・差波・進藤
OMF佐々木陽・川上
FW遠藤

第9節はハイライトのみ。
悪くはないけど、最後のフリーキックで飛ばなかった選手の上からボールが言ってるので・・
それくらいにしとこうか。

第10節
川上は密集地帯よりも広い位置で走らせた方がいいと思うのですが、2列目起用。
後半から右サイドに移ってもあまりスピードを生かすようなところが無かったので、技術で勝負したくなってるのかねえ。
進藤は逆に2列目で使ってほしいのだけども・・・。
才藤はサイドがいいよね。
この試合のキーポイントは、佐々木陽の守備が曖昧なことが判明したこと。
昨年も両サイドハーフをやってるのに内側に絞ってることが多かった選手ですが、今のフォーメーションで内に絞られると相手のサイドバックが自由になり過ぎて危ないです。
特に鹿児島の左SBは去年琉球で活躍してた選手ですからね・・・。
失点はセットプレイでいつものボールウォッチャーとカウンター。
ボールを見るのはいいが追いかけろと。
そしてカウンターになったのはパワープレイで放り込んだボールを跳ね返された際のセカンドボールを誰も追いかけなかったこと。
何も改善してないのですが、どうするんかね。

監督だけではなく選手も改善されてないのだから、どうにもならない、としか表現できないんだけどねえ。
来週は、天皇杯。
まぁ、どうなってもいいけどさ。
天皇杯の様子を見て決めるってのは何か嫌だよねえ。

まぁ、予測通りというか、ねえ?睦月です。


沼津戦で相手に指摘されてたけども、ボールを見過ぎてしまう選手が多いというか。
そこも含めてチームを作るのが監督で、選手を集めるのが強化部長なら、そりゃまあ、アウトだわね。
立て直せてないもの、しょうがないわね。


コアサポーターが応援をやめたのは、まぁ、しょうがない。
他から見たら、サポーターが諦めたら終了だぞって思われてるかもしれないけど、これまで我慢したんだ、私から見たらしょうがない。
ゴール裏へ行く回数ははっきり言って減ったというか、今年は行ってないけども、気持ちはわかる。
よく考えたら、2012、2014、2016と居残りしたのに、今年はまだ先は長いけど、参加することあるかなぁ。
正直、サッカーを見ることに楽しみを見出して、サポートする方にはすこし飽きてるんだよなぁ。
なんせ、よくなる気配が無いもんで。

正直、惨敗してもかまわんから1トップに西を出せよ。
そんな心境。


後はそうやね。
コアサポが諦めても諦めなかった小学生?の子供たちには感謝を。


第8節VS秋田
フォーメーションは
GK永井
DF代・今瀬・弓崎
DMF川上・差波・脇本・前嶋
OMF椎名・佐々木陽
FW苔口
懲罰交代させたので、新井は先発から外れたということ?
佐々木陽が調子よかったからというのであれば、今日の出来ではあかんよね。
秋田は戦い方を元に戻した?といえばいいのか、去年と同じ攻撃。
去年は0−4だったから、今年は1−4で少しはマシ、そんなとこ。
セカンドボールを狙ってくるのは毎回のパターンなのに、それにやられる情けないオチ。
よかったのは、川上の突破ぐらい?
谷奥の真ん中も悪くないような気もしましたが・・・。
それぐらいでやめとこ。

んで、どうするんやろう。
前にも書いたが、勝ち点ー27までOKで、−18まで来ました。
試合数が多い分、最下位にはなってないと。

で、この連戦どうすんだ?
がらっと入れ替えるのか。
監督代えるのか。
どうするんやろうね。
まぁ、さすがにぎりぎり過ぎて無理やとは思うけど。
そんなとこ。


5月6日も行きますけどね。
もうサポートする時間は終了で、私はサッカーを純粋に楽しみます。
平出頑張ってたらいいよね、何か問題ありますかね?

悩むべきところ、悩む必要のないところ、悩んでも意味のないところ、そこを見極めれるようになって一人前、とか言われたことがあるような、ないような、睦月です。


解決できそうなところは悩む、解決できないことは相談する、解決する必要が無ければ放っておく、これができれば楽なんですがね。

とりあえず、今年の新人君は、マニュアル読みながら意識飛んでたので、肝は据わっていると思いたいです。
そんなとこ。


ああ、私もマニュアル読んだら眠くなる人なので怒らずに優しく起こしておきました。
辛いのわかるけど頑張ろうな、の意味が理解してもらえてたら助かるなぁ。


國吉が引退。
まだできそうだけど、たぶん、腰?が悪くて一年通して戦力に成らないことがわかってる選手を雇えるほどうちのチームは、ねえ・・・。
ポジション的には攻撃的な左サイドかトップ下がいいんだろうけど、左利きってだけで左SB
守備の時にはミスマッチを狙われることも多く・・・。
いい選手なんだけどねえ・・・。
これからの人生に幸あれってことで。


第7節VS相模原
フォーメーションは
GK永井
DF代・今瀬・弓
DMF川上・脇本・差波・前嶋
OMF椎名・新井
FW才藤
苔口が負傷?なのか、ベンチ外で才藤が1トップ
序盤は5バックで守る相手に内外をうまく使って攻撃で来ていていい感じ。
これで点が入らなかったのが痛いけどね。
相手の長身FWは、空中戦は負けていてもセカンドボールを拾うことで対応。
守備面では脇本が加わってからは粘り強さが上がった印象。
全体的なバランスが取れていますな。
攻撃面では川上はヒールリフトとかチャレンジし過ぎですが、それを代がカバーに行ったり、左は弓がカバーに上がって、最終ラインを今瀬・脇本とかでカバーとかいい感じになりました。
差波が下がって脇本・差波・今瀬のDFラインとかもなかなかに、この場合に椎名が中央に降りてきてバランスとってたりして、これはこれでいいね。
新井は相変わらずドリブルで相手を引き付けれてからの勝負にしろ、展開にしろ、前嶋との連携がいいので、これもいい感じ。
左でためて右サイドに展開も、川上のスピード生かすことができていい感じ。
ただ、後半、相手右サイドでDFも上がって攻撃に来た際に、新井が守備に戻らず、サイドでフリーでクロスを上げさせてしまい、それが失点につながった・・・。
相手DFが上がっているのについていかないのはあかんでしょ。
ということで、懲罰的交代。
これについては、監督も名言しちゃってるので、しょうがないかね。
新井のプレイは、相手を引き付けるという意味でもチームにとって貴重な存在なんだけども、それでも失点につながる緩慢なプレイを許していいというわけでもなく。
と、かっこよく書いたが、新井に代わる選手もいない中ではつらいわね。
勝つためには必要だという意見もわかるのよ。
西は、期待の選手ではあるものの、才藤とほぼ同じタイプのため、似たようなプレイしかできず違いを生み出すには至らないと。
後、才藤以上に走らないというか、もっとDFのボール回しを寸断しにいきなよとか思いました。
なんか、若さが足らない?そんなとこ。
最後は左に佐藤を入れてクロス砲台にして谷奥いれてパワープレイ。
正直、相手の長身FWに対応するためにも最初から谷奥入れておけよとか思いました。
去年の相模原戦でも山形と國吉をDFラインに入れて失敗してたよね・・・。
監督の学習能力も疑問形だわ。

来週は1週開きます、理由はなんやろう。
ここまでは、昇格を目指すライバルチームが思ったよりも調子悪く、今節は上位も負けて差が詰まってたので、まだいけそうな気もします・・・。
まぁ、後4敗(勝ち点ー12)で終戦なので、もうほぼ決まりっぽいですがね。
とりあえず、サッカーを楽しみたいので、もう少し頑張ってくれるとうれしいですな。
そんなとこ。


代表はまぁ、応援する気が失せてますが、サッカーは見ますよ。
それくらいかね。
カターレ富山
堂主紹介
クレイ

カターレ富山を愛する元・信オンプレイヤー。
週1更新は継続中。
totoがあたらない><;

りんくふりぃでございます。
どんどんリンクして・・・、お願いだからしてください。
最新の一言
最新の記事
月別種類
写真館

雑賀花火大会

  • ライブドアブログ