春の嵐というか、みぞれが降りましたな、睦月です。

桜に雪とか、ねえ?
とりあえず、寒いです。


J3はカオス・・・。
鳥取と沼津が引き分けで少し足が止まった?
群馬や北九州、秋田も負けて、いろいろと混沌としてきましたなぁ・・・。
まだ、なんとかなる、のかねえ。
とりあえず、勝敗を五分に戻してからが勝負でしょう・・・。


第6節VSG大阪U23
フォーメーションは
GK永井
DF代・今瀬・弓
DMF川上・差波・脇本・前嶋
OMF椎名・新井
FW苔口
前節は若手主体でしたが、今節は1トップに苔口復活。
やはり頼れるのは彼なのでしょうか。
いろいろと補強しておいて、少し寂しい気もしますが。
稲葉に代わって脇本が今シーズン初先発
川上が右サイド、新井が2列目で、攻撃的な布陣にも見えます。
実際には、川上は判断が甘いというか。
簡単に最終ラインに吸収されてたので、思った以上にラインがあげられないように・・・。
守備が苦手な選手をここで使うべきではないようにも思いますが、時折見せる仕掛けだけをみると、使わないのももったいないよね・・・。
前嶋も下がって5バック状態になることも多かったですが、脇本が動き回らずにバランスを取っていたおかげで、中央がスカスカになることもなく。
稲葉は奪う能力に長けてますが、動きすぎてバランスを崩すことが多かったので、脇本の方がいい感じですな。
稲葉がベンチにもいなかった理由はわかりませんが、次は椎名と同ポジションで使うのがいいんじゃないかなと。
新井は最初こそ、中から中へのドリブルとかしてましたが、サイドへ流れるようになってプレイがよくなりましたな。
前嶋と連携もいいので、左サイドは期待できそうです。
左からの崩し、跳ね返されたところを差波の低空ミドルで先制。
跳ね返りへの詰め、シュートの質、ともによかったですな。
脇本がバランスを取る分、差波が前にでやすくなった印象。
同じく左サイド、新井がドリブルからおそらく狙ったと思われるスーパーゴール。
これが見たかったんだと言わせてもらいたいレベル。
実に素晴らしい。
後半も立ち上がりから奪って前への意識高め。
コーナーからの苔口のゴールは、ハイライトを見直して初めて入ってるなと実感するようなレベルなので、相手キーパーが入ってないとアピールしたくなる気持ちはわかる。
そのあとの苔口がチャンス2個決めれなかったり、椎名がキーパーが空振りしたのを押し込めなかったり、差波とか前嶋とか西とかゴール前で手数かけすぎたりしたのは、得点差があったとはいえ、少し勿体ない。
昔のU22選抜とかだと点差が開くと心折れてやる気のなくなる選手がいましたが、各チームのU23は最低限個人アピールしようと頑張ってくるので最後まで気が抜けないので、点を入れれるときは入れとかないとだめです(。。;
とか、厳しめに言ってみる。
脇本がバランスを取っていたおかげで、今瀬もはじき返すことに集中できていたような印象。
もう少し見てみないと何とも言えないけどね。
CBの3枚目は弓でいい気がしますね。
今瀬と代ではじき返せるから、攻撃参加も含めると谷奥よりはよさそう。
ルーカスがどんなもんかは見てみたい気がしますが・・・。
後は、WBをどうするんやろうね。
川上は面白いけど、守備はまだまだやし。
進藤は万能やけど、できたら前で使ってほしいし。
となると右に前嶋、左佐藤かね。
ただ、前嶋と新井はコンビネーションがいいから、壊したくないなぁ・・・。
右に才藤だとなんか勿体ない気がします。
悩むネタが増えたな、面白いからいいか。
そんなとこ。


とりあえず、観客が底を打ったっぽいので、後は勝つことで人を集めるしかないですな。
たぶん、富山県民の興味は0だし、カターレ自身も広報が減ったのかアピール力が下がってるので、期待できるところはあんまりないですが(。。;
こうやって経営に興味が出てきて何になるのか、とか自問することもあるのですが、それでも私はカターレ富山が好きなのです(笑)