悩むべきところ、悩む必要のないところ、悩んでも意味のないところ、そこを見極めれるようになって一人前、とか言われたことがあるような、ないような、睦月です。


解決できそうなところは悩む、解決できないことは相談する、解決する必要が無ければ放っておく、これができれば楽なんですがね。

とりあえず、今年の新人君は、マニュアル読みながら意識飛んでたので、肝は据わっていると思いたいです。
そんなとこ。


ああ、私もマニュアル読んだら眠くなる人なので怒らずに優しく起こしておきました。
辛いのわかるけど頑張ろうな、の意味が理解してもらえてたら助かるなぁ。


國吉が引退。
まだできそうだけど、たぶん、腰?が悪くて一年通して戦力に成らないことがわかってる選手を雇えるほどうちのチームは、ねえ・・・。
ポジション的には攻撃的な左サイドかトップ下がいいんだろうけど、左利きってだけで左SB
守備の時にはミスマッチを狙われることも多く・・・。
いい選手なんだけどねえ・・・。
これからの人生に幸あれってことで。


第7節VS相模原
フォーメーションは
GK永井
DF代・今瀬・弓
DMF川上・脇本・差波・前嶋
OMF椎名・新井
FW才藤
苔口が負傷?なのか、ベンチ外で才藤が1トップ
序盤は5バックで守る相手に内外をうまく使って攻撃で来ていていい感じ。
これで点が入らなかったのが痛いけどね。
相手の長身FWは、空中戦は負けていてもセカンドボールを拾うことで対応。
守備面では脇本が加わってからは粘り強さが上がった印象。
全体的なバランスが取れていますな。
攻撃面では川上はヒールリフトとかチャレンジし過ぎですが、それを代がカバーに行ったり、左は弓がカバーに上がって、最終ラインを今瀬・脇本とかでカバーとかいい感じになりました。
差波が下がって脇本・差波・今瀬のDFラインとかもなかなかに、この場合に椎名が中央に降りてきてバランスとってたりして、これはこれでいいね。
新井は相変わらずドリブルで相手を引き付けれてからの勝負にしろ、展開にしろ、前嶋との連携がいいので、これもいい感じ。
左でためて右サイドに展開も、川上のスピード生かすことができていい感じ。
ただ、後半、相手右サイドでDFも上がって攻撃に来た際に、新井が守備に戻らず、サイドでフリーでクロスを上げさせてしまい、それが失点につながった・・・。
相手DFが上がっているのについていかないのはあかんでしょ。
ということで、懲罰的交代。
これについては、監督も名言しちゃってるので、しょうがないかね。
新井のプレイは、相手を引き付けるという意味でもチームにとって貴重な存在なんだけども、それでも失点につながる緩慢なプレイを許していいというわけでもなく。
と、かっこよく書いたが、新井に代わる選手もいない中ではつらいわね。
勝つためには必要だという意見もわかるのよ。
西は、期待の選手ではあるものの、才藤とほぼ同じタイプのため、似たようなプレイしかできず違いを生み出すには至らないと。
後、才藤以上に走らないというか、もっとDFのボール回しを寸断しにいきなよとか思いました。
なんか、若さが足らない?そんなとこ。
最後は左に佐藤を入れてクロス砲台にして谷奥いれてパワープレイ。
正直、相手の長身FWに対応するためにも最初から谷奥入れておけよとか思いました。
去年の相模原戦でも山形と國吉をDFラインに入れて失敗してたよね・・・。
監督の学習能力も疑問形だわ。

来週は1週開きます、理由はなんやろう。
ここまでは、昇格を目指すライバルチームが思ったよりも調子悪く、今節は上位も負けて差が詰まってたので、まだいけそうな気もします・・・。
まぁ、後4敗(勝ち点ー12)で終戦なので、もうほぼ決まりっぽいですがね。
とりあえず、サッカーを楽しみたいので、もう少し頑張ってくれるとうれしいですな。
そんなとこ。


代表はまぁ、応援する気が失せてますが、サッカーは見ますよ。
それくらいかね。