GW連戦、楽しかったですか、まぁ、楽しかったですね、睦月です。


ダメなのがわかってるので、ついつい評論家気取りで上から観戦してました。
あれがあかんよね、とかこれはこうしていいよねとか。
付き合ってくれる相方に感謝です。

第9節VS福島
フォーメーションは
GK永井
DF谷奥・ルーカス・今瀬
DMF才藤・椎名・差波・川上
OMF佐々木陽・新井
FW苔口

第10節VS鹿児島
フォーメーションは
GK永井
DF谷奥・ルーカス・今瀬
DMF才藤・椎名・差波・進藤
OMF佐々木陽・川上
FW遠藤

第9節はハイライトのみ。
悪くはないけど、最後のフリーキックで飛ばなかった選手の上からボールが言ってるので・・
それくらいにしとこうか。

第10節
川上は密集地帯よりも広い位置で走らせた方がいいと思うのですが、2列目起用。
後半から右サイドに移ってもあまりスピードを生かすようなところが無かったので、技術で勝負したくなってるのかねえ。
進藤は逆に2列目で使ってほしいのだけども・・・。
才藤はサイドがいいよね。
この試合のキーポイントは、佐々木陽の守備が曖昧なことが判明したこと。
昨年も両サイドハーフをやってるのに内側に絞ってることが多かった選手ですが、今のフォーメーションで内に絞られると相手のサイドバックが自由になり過ぎて危ないです。
特に鹿児島の左SBは去年琉球で活躍してた選手ですからね・・・。
失点はセットプレイでいつものボールウォッチャーとカウンター。
ボールを見るのはいいが追いかけろと。
そしてカウンターになったのはパワープレイで放り込んだボールを跳ね返された際のセカンドボールを誰も追いかけなかったこと。
何も改善してないのですが、どうするんかね。

監督だけではなく選手も改善されてないのだから、どうにもならない、としか表現できないんだけどねえ。
来週は、天皇杯。
まぁ、どうなってもいいけどさ。
天皇杯の様子を見て決めるってのは何か嫌だよねえ。