岸野さん以来、チームができて3度目の途中解任、しかも最速、睦月です。


まぁ、浮氣さんも悪い人ではなかったが、何を教えたのか中途半端な3バックが・・・。
たぶん、湘南スタイルとミシャ式可変スタイルのいいとこどりしたかったんだろうけどねえ。
どちらも癖のあるスタイルだから、マスターするには程遠かった模様。
どこかで活躍できることをお祈りします。

そして安達監督いらっしゃいませ。
来期につながる結果をお願いしますね。


天皇杯富山県大会決勝VS富山新庄クラブ
フォーメーションは
GK太田
DF代・ルーカス・弓崎
DMF前嶋・佐々木陽・差波・佐藤
OMF川上・新井
FW才藤
最初にメンツを見たときは、ボランチ差波しかいないと思いました。
なので、前嶋ボランチか、弓崎を右SBにして佐藤を左SBにした4バック+差波アンカーかと思いましたが・・・。
まさかの佐々木陽をボランチ。
確かに黒子としては悪くなかったような・・・。
ただ、相手が相手だけになんとも。
攻撃精度の低さはなんともならんね。
これだけは一朝一夕でどうなるもんでもないけど、サイドからの崩しはうまく行ってたので、これを継続できればいいかね。
監督としては中央をもっと使いたいとのことだったけども、新井は外から内へ切り込むのが得意でサイドに張ってることを好むし、川上はスピードを生かすために人のいないところにおいてやるのがいいので、今の2シャドーなら中央攻撃はきつそうだよ(。。;
空中戦は雨も関係してなかったけど、ルーカスも目測誤ってたし、今瀬はそれより酷かったし、谷奥いれるしかないのかね。
谷奥もコントロールできる方ではないけど、目測の誤りは少ないように思うから、放り込みには負けそうやね。
交代1枚目がルーカスから今瀬で、これが早めの時間帯だったのは今瀬のセンターを試した、が正しいかねえ。
その前のセットプレイで、味方と接触してたルーカスを安全のために下げたと好意的にも解釈で競うだけどね。
とりあえず、今瀬センターは×やね。
この相手で、あの出来はやばい・・・。
使うならサイドがいいやね。
2枚目も差波から椎名で、試合のコントローラーの交代かな。
ただ、椎名の方が運動量がある分、バイタルがスカスカしやすいし、持ちすぎる部分があるから、差波と変えるのはお勧めできんね。
利き足も違うんだから、差波と椎名のダブルコントロールで、椎名が前目、差波が後目の縦関係でいいんじゃないかな。
とか、勝手に妄想しました。
後は、雨でミスしやすいんだから最後まで追いかけない才藤には少々イライラ。
キーパーへの圧はもっとかけるべきやね。

新庄クラブは、1トップに起用されたDF登録の選手が、あんまりプレスをかけないので、序盤は楽だった模様。
最終版くらいにプレスからミスを誘うプレイも起きてたけど、その時間帯でそれやるって感じでした。
これでいいのか?
後は、富山第一高校が優勝した時のメンバーが2人加わってますが、どちらもいい選手やなと。
特に、7番は相変わらず左足の精度がいいなとか思いました。
次回は、高岡開催らしいので間違えないようにします。

がんばっていきましょー。