方向性はほとんど変わってないよなとか思った睦月です。


監督交代して劇的に変わるのかとも思ったのですが、実際にはほとんど変わってないと。
ただまぁ、どうやって発破をかけたのか、すごくやる気が高いのが伝わってきます。
終盤ガス欠してたのはもはやご愛嬌と(。。;
これは、少しは期待していいかね。
もちろん、優勝とかはあれでも、来年につながる成績が取れれば幸い。
ただ、川上と前嶋は完全移籍、な(。。b


日本代表は、基本能力と介護能力という二つの能力=ポリバレント性を備えていない2列目は必要ないとのこと。
まぁ、次回はだれかやるだろうし、後は野となれ山となれ、ならこれでいいのやろうね。
日本代表監督が、ただの人事異動の一部に成り下がったのであれば、これでええやろうね。
勝てるかどうか?
まぁ、相手が舐めてこれば、なんとかなるやろうね。
そんなとこ。
ワールドカップは楽しみますので仕事は二の次でありますw
とか言って慰めておこう。

別段、中島を責める気はないのだ。
期待値が高すぎ+ビックマウスにつられ過ぎ、で踊りつかれただけのこと(。。;
今更だよねえ。
恨んでるなんて何年前の話だよとか、ごまかしておきますw


J3は全体的にカオスに・・・。
北九州は大丈夫かねえ・・・。
群馬に長野に、うちに居たとき以上に活躍してない?
まぁ、うちのサッカーが悪かったんだろうね。


第11節VS鳥取
フォーメーションは
GK永井
DF代・ルーカス・今瀬
DMF前嶋・差波・椎名・佐藤
OMF川上・新井
FW才藤
攻撃のバリエーションと、前からのプレスに後ろが連動してるのが、以前との違いかね。
前は、ロングボールやロングスロー、そこからのセットプレイぐらいしかなかったのが、狭い局面でパスが増えた感じ。
これで、もっと相手の嫌がるところに出せるようになれればいいんだけど。
守備は、3バックの内、必ず1人が前に出て跳ね返すようになって、バイタルが安定。
相変わらずセカンドボールは怪しいけど、諦めが悪くなってくれた印象。
なんとか掻き出すってが続くようならいいね。
今瀬は、センターから解放されて、というかいろんなタスクから解放されていい感じに。
これならなんとかなりそうね。
天皇杯はボランチだったけど、佐々木陽はやっぱり前目の方がいいね。
狭い局面でのパスという選択なら、これもありだね。
単純な横パスがミスになったりするのは練習不足だから、もう少し精度を上げると脅威になりそう。
永井はハイボールの判断というか、落下地点予測が悪すぎ。
これでは来年もうちにいることになりそうやで。
そんなとこ。

浮氣さんがやりたかったサッカーってこうじゃないの、って気もするけど、それを教えれられないのであれば監督としては失格よね。

安達さんがなんとかしてくれて、椎名のメールみたいなことができたら、うれしいやねえ。
(椎名のメールはファンクラブ会員限定のため公表しません。)


バスケは、合間にちょろっと見てたけど、見たときは4点差で勝ってたのに・・・。
というところ。
まぁ、こういうこともあるわね。
入れ替え戦、頑張ってくれることを期待します。

ただ、決定戦が東京というどっちのホームでもない中立地でやってて、DAZNの開設は相手よりってのはなんか、腹立つよね。
どっちがレギュラシーズン上やったんやと。
全くアドバンテージ無いんやったら、来年からやらんほうがええわ。
とか言ってみる。
そんなとこやでー、ゴーグラウジーズ。