2015年05月24日

妊娠生活。

うむ。今だ。思ったことを書こう。
ライブないけども。





今日は2015年5月24日。
一応明後日が第一子出産予定日。
性別はサプライズとゆうことで産まれてからのお楽しみ。


初めての妊婦生活は振り返るとわたしの場合、妊婦初期のつわりの頃が1番しんどかったかな。
ずっと具合が悪い状態でどこで吐きそうになるかわかんないから全然予定立てられないし、奇跡の赤ちゃん、大事な最初の成長期、慎重にしなきゃ、リラックスしてなきゃと、穏やかに過ごすことに神経質だったような。

Facebookを見れば情報が溢れかえっていて不安は増すばかりだったし、助言だらけでうんざりすることもあったし、やり場が無くてよく泣いたなぁ。


でもそんな中で何より有難かったのは、1番そばにいる旦那さんが1番の理解者だったこと。

わたしを笑わせることや、肩のちからが抜けるように工夫をこらし続けてくれてたこと。
明るく楽しく優しく過ごせることを何より大事にしてくれてたこと。
異性だからそりゃ出来ないこと、気がつかないことも無いわけじゃないよ(やわらかく言えば(笑))。
けど一緒になってイライラしたり落ち込んだりしないで楽しんでてくれることが何より有難かった。


お腹が膨らんできて、男の子予想と女の子予想が見事に分かれるなか「お腹の出かた」を見て男の子と言う人、「ちかの表情」を見て女の子と言う人が大半だったのは、そういった旦那さんの陰の力が大きかったように思う。


逆の効果も。

あまりに穏やかコミュニケーションの中で過ごしたためか、いままで普通に活用出来たバリアー?スルーする能力?みたいな社会的?社交能力が著しく低下したのも実感した。

それは妊娠による傾向なのか、母親になる準備なのか、お陰で一旦完璧に弱ってしまった所から徐々に考えが確立していき、今となってはなんだか前にも増してよりクリアに、より強くなったような気もする。

前から強いのに前より更に強い。(笑)


でもよく考え、はっきりしたことでものすごく気持ちが楽になった。

自分がどんなことにまだまだ振り回されて無理があったかがよくわかった。
どんなことに目をつぶって誤魔化してきたかが。

もうある程度確立したように思ってたけど、まだまだまだまだ出てくるな。
断捨離は永遠かもな。







話はそれたけど、妊娠中期。

1番嬉しかったのはエコー写真で子供の手脚頭がしっかり見えた時。

ここまで無事来れたかと、どっと安心した。

すごくそれまでが長ーく感じた。



相変わらず人と会うと、家に着いた時や緊張を解いた瞬間に吐いてたけど、それでも出掛けられるようになったことが嬉しかったし、それがかなり気分転換になった。

歩くのはまだまだこわかった。

羊水が揺れてお腹がすぐ張った。
病院ではお腹の張りが1番良くないと言われてたから、そこはなんだかとても気を使った。

妊娠発覚と同時に、子宮筋腫と卵巣チョコレート嚢胞とゆうのが見つかって、筋腫は子どもの成長と共に伸びて消えちゃう?らしいけど、卵巣嚢胞の方は子宮の裏にまわってしまい手の出しようが無く、最悪圧迫で破裂したらかなり痛いですね〜、でもどうしょもないですね〜と先生に言われてたのもあったし。

お腹が人一倍前に出てるのは、ひょっとしたら子どもがそこらへんのコトを気遣ってくれているんじゃないかと自分的には思っている。


横になるとピンポン球くらいの、筋腫なんだか頭なんだかわからないものに触れるようになった。
どっちかわかんなくてもめちゃめちゃ愛おしくてずっとなでなでした。





妊娠後期。

エコーではもう何がなんだかよくわからない。

めちゃめちゃ動くし、しゃっくりも感じるようになり、感情がある感じも面白くなる。

ようやく気をつければ多少歩いても張りが気にならなくなり散歩をするようになった。
子どもがしっかりしてることも実感があった。
ひとりで人に会いに行くことも出来るようになった。

食欲が増したけど、あんまりむくまなくなった。


旦那さんが3週間ほどカナダアメリカツアーで居なかったけど、ここぞとばかりに友達と会いまくって甘えまくってそして美味しいもの食べたいものを食べまくった。特にラーメンを。(笑)
行きの飛行機に乗り込む直前のメールのやり取りが終わった時に独り家でギャン泣きしたものの、結果楽しくて3週間はあっとゆうまでした。なんとゆうことしょう。(笑)


4月に結婚式を無事終えた義理の姉は今では旦那さんの次に心の拠り所で。

実は妊娠検査薬を使ってみた時も一緒に居てもらい、人には言えない洗いざらいも全てリアルタイムで聞いてもらい(笑)、たびたび神奈川にも来てくれて。一緒に歌い笑い興奮し(笑)
結婚式では案の定号泣。

そんな姉の存在も、今回のマタニティライフにはとても大きかった。
家族に親友がいるってなんてゆう心強さ。




5月に入り、1週間ごとになった検診をなんと2回もすっぽかす気の緩み。(笑)



同時に急激にやばい妊娠線。
そしてわかる人にはわかるお尻の痛みまで。あぁ…あと1週間を切ったとこで…。




なぜ書いたのが今かと言うと、過去形じゃなきゃ書けなかったから。
途中経過は余計な感情を煽るからね。

そして、産まれたら忘れてしまうホルモンも分泌されるらしいから。



楽しかった一人目の優雅で自由なマタニティライフ。
これからどんどんすごいことが待ち受けているだろうけども、かなり満喫出来たんで悔いは無いぞよ。

もう34年も自由に生きたし。


今は産んだ後も旦那さんへの気持ちが激変しませんようにとリアルに願うばかりです。(笑)




マメ(子ども)、マメのタイミングでいいよ。一緒に頑張ろうね。



crayons0223 at 20:50│