2017年06月08日

陵辱の輪廻 おやじの日記-受胎-

みゆきとのSEXは3日に一回
月曜日と木曜日に決めて行った
私は亜鉛サプリなどの薬を飲みながらそのまぐあいに備えた
毎回大量の精子を注ぎ込んだ

一ヶ月が過ぎるころ、みゆきが生理が遅れていると言ってきた。
私は簡易妊娠判定をするように言った。


結果は陽性だった。
早速みゆきに産婦人科にいかせた。


妊娠していることがわかった。


crazy2juy at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)妄想 | 小説

2017年06月07日

陵辱の輪廻 みゆきの日記-受精-

その日は、お父様の閨に朝から呼ばれた。
私に子供を生ませたいと言われて、私も覚悟ができていたはずだったが、やはり少なからず迷いはあった。
夫に内緒でその実父とSEXにふける罪悪感。
それ以上に夫をだましてまで、実父の子供を宿す。
鬼畜にも劣る行為
私はその背徳感に自らを嫌悪した。
しかし、義父の間ではその背徳の感情さえも私は被虐の喜びに変えられてしまっていた。

やさしく服を一枚づつ脱がされて布団に横にされた。
胸の動悸がいつも以上に高鳴った。
「私の子供を孕むんだ」
義父の言葉にの心は再び揺れた
否定の言葉を口にしようとした時、義父の唇がそれをさえぎった。
激しいキス、舌を口に入れて私の口内を犯すようなキス。
夫では味わうことのできない陶酔感が襲ってきた
私は知らず知らずに自分の舌を絡めていた。
も頭には霞がかかった状態に陥っていた。

義父の愛撫が私の体を淫乱な女へと変えていく。
指先が私の一番感じるクリトリスを刺激し、唇で乳首を愛撫されると私の体の中から淫乱な汁があふれ出してきた。
卑猥な音を立てて指が挿入されるころには私の気が一気に高まってきた。
義父の指は私の感じるつぼを心得ていて、的確にそこを刺激してくる。
私は体をのけぞらせて一回目のオルガスムスに達した。

義父のペニスが私の口を犯している。
いや、私が義父のペニスを犯しているのかも知れない。
それほどに激しいフェラチオができる自らに驚きながらも、口を離すことはできなかった。
指で乳首をつままれると電気が走るような刺激が脳にきた。
私はM女。義父の奴隷。そして義父の子供を孕む・・・

年齢に見合わぬ怒張が私の中に挿入された。
私の体はそれだけで気をやった。
やさしい挿入と激しい挿入。
緩急をつけた刺激が私を何度も逝かせた。
夫では望むべむも無い快感が私を襲ってきた。
やがて大量の精子が私の子宮に流し込まれた。
私はきっと精子と卵子が結びついたと感じた。
それほどの充実感だった。
しかも驚くべきことに義父の怒張はなえることなく挿入されたままだった。
キスを交わしながらひとつになった状態で、二人の体は解けてつながるかと思われた。
2度目の律動が始まり、体位もバックスタイルとなった。
腰を抱えられて激しい付が私をまたオルガスムスへといざなった。
2度目の射精を終えて、義父が布団によこたわった。
私はいとおしい義父のペニスを心を込めて舐め清めた。
この人の子供が本当にほしいと心から思った。


合計4回精子を子宮に頂いた。
さすがに疲れたのだろう義父は眠りについた。
私は掛け布団をかけると、浴室に向かった。

風呂場で体を洗っていると、太ももに精液がたれてきた。
私はそれを手でとると、口元に運び嚥下していた。
義父のものはすべて私の体内にとどめたいというそんなおもいだった。


crazy2juy at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)妄想 | 小説

陵辱の輪廻 おやじの日記-射精-

その日は朝からみゆきを閨に呼び込んだ。
「今日はお前を妊娠させる。いいね。私の子供を孕むんだ。」
みゆきはだまってうなづいた。
私はこの日のために興奮剤を入手していた。
勃起を促し持続させるためだ。
精子の増強のために亜鉛入りのサプリメントも飲んでおいた。

みゆきの服を脱がせた。
ゆで卵の皮をむいたときのようにすべすべの肌があらわになった。
何度見ても魅力的な女だ。

「おとうさま・・やはりこのようなことは・・・」
私は言葉をさえぎるように口付けをした。
やがてみゆきも舌をからめてきた。

みゆきの性感帯はすでに熟知している。
指でクリトリスを愛撫しながら乳首を責める。
やがてぬれてくるオマンコへ指を入れた。
中指でGスポットを刺激すると、グチュグチュと卑猥な音がしてくる。
激しくこすりあげるとみゆきは声を上げてオルガスムスに達する。

私のペニスをなめさせながら、乳首をつまんだ。
みゆきは被虐の喜びで打ち震える。
ころあいを見て、横にして足を大きく開く。
みゆきは顔目を瞑って私のペニスを受け入れた。
中は熱く濡れそぼっていた。
私は最初はゆっくり、そして時に激しく腰をふった。
みゆきの性感は再び高ぶり私にしがみついてくる。
オマンコが私のペニスから精子を絞るかのように収縮する。
私は我慢しないで最初の精子をみゆきの子宮に叩き込んだ。

みゆきから体を離さず、結合したままでいた。
媚薬の効果は覿面で一回の射精ではなえることは無かった。
精子が卵子と結合する間を私は楽しんでいた。
「私の子供を孕むのだよ」
「ああ・・お父様・・・」
私は結合したままみゆきとキスを交わした。

それから私は抜かぬまま2度目の律動に入った。
今度はみゆきをバックスタイルにしての射精を迎えた。
さすがに疲れた私は体を離し、横になった。
みゆきは私のペニスを掃除するかのようにフェラチオをした。
完全に私の好みの女になった姿に私はほくそえんだ

その日は4回みゆきの中に精子を流し込んだ。
さすがに疲れて私は眠りについた。


crazy2juy at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)妄想 | 小説

2017年06月05日

陵辱の輪廻 みゆきの日記-誘惑-

お父様から思いもよらぬ言葉を頂いた。
私にお子供を生んで欲しいと言うのだ。
琢磨さんは体も弱く、私を妊娠させる力はない。
今までの生活でもSEXをしてもほとんど射精は挿入前にしてしまう。
子供を作ることはかなり前から諦めていた。
するとお父様は自分の子を生んで欲しいと言ったのだ。
そんなこれ以上夫を裏切ることはできないと言ったが、琢磨ともこれからSEXをして妊娠すればよいと言われた。
どちらの子供かわからない子供を身ごもるのは心が痛んだ。

それでも私は夜、夫を誘った。
「どうしたんだ?」
と夫はいぶかったが、生活が安定してきて余裕ができてきたのか、私の求めに応じて抱いてくれた。
SEXは相変わらず幼稚で私はお父様から受けるような快感は感じられなかったが、夫への贖罪の気持ちもこめて心をこめて抱かれた。
夫は久々に大量の精子を私の子宮に放出した。
「みゆき、すごくよかったよ。これからも抱いていいかい?」
と遠慮気味に聞いてきた。
私は少し涙ぐみながらキスをした。
あまりに夫が純粋ですまないという気持ちがあふれてきた。
しかし、体は決して満足してはいなかった。
もっと激しく、執拗な愛撫を欲していた。
明日のお父様とのSEXがいまから恋しく思われていた。



crazy2juy at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 妄想

2017年06月04日

陵辱の輪廻 おやじの日記-画策-

みゆきの調教を始めて1ヶ月が過ぎようとしていた。
私はみゆきの虜になっている。
彼女をわが手から離したくない。
しかし、彼女は所詮息子の嫁。
彼女を我が家にいや、私に繋ぎとめるために私はみゆきに私の子供を孕ませたいと思うようになった。

息子琢磨は生来の病弱。
妊娠させる力があいつにはない。
みゆきは健康な肉体、今からでも妊娠できるはずだ。
私の子供を生めば私との繋がりも強固になるはずだ。
しかし、息子と離婚することは本意ではない。
息子の子供として認知させたい。
そのために、みゆきに息子とSEXをするように命じることにした。
もちろん、子供を作るSEXをだ。
それに平行して私がみゆきを孕ませる。
誰の子供かを知るのは私とみゆきだけだ。

早速みゆきにそのことを命じた。
息子との夜の生活はほとんど行っていないみゆきは戸惑ったが、最後には首を縦に振らせた。
その夜から息子にSEXをねだるようにと命じた。
もちろん、私の精子をたっぷりオマンコに注いだ後のことだが・・・。
IMAGE121301x20


crazy2juy at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 妄想

2017年06月03日

陵辱の輪廻 みゆきの日記-調教-

私がお父様の奴隷となることを認めて2週間になります。月曜日から金曜までの日中を調教の日と決められました。週末は開放される時間としていただけました。その日だけが体が休まる日となりました。 朝、主人が出かけると調教が始まります。おまんこに遠隔操作のローターを埋め込まれて、掃除や洗濯をしなければなりません。少しずつ間をおいて振動を送られて、体は何度でも鋭く反応をします。いつスイッチが入るのかと気が気ではありません。いつくるかも知れない刺激を気遣っての家事は能率性を奪い、掃除や洗濯にいつもの倍の時間がかかってしまいます。 11時になると、ようやく家事も片付くのですが、お父様に呼びつけられてペニスをしゃぶらされます。このときもローターのスイッチを入れたり、切ったりしてしゃぶらせられるのです。なかなかいか射精していただけないので、おしゃぶりも1時間あまり続けることがざらです。 IMAGE12130169
射精をすると、今度は浣腸をしてくるのです。グリセリンの20%希釈液を500ml注入して、アナルプラグをされます。それを皮の貞操帯てしっかり固定して昼食の準備をするのです。おなかがギュルギュルを鳴って排泄をしたくても、我慢しなければなりません。そして昼食が済むとようやくトイレで排泄をさせていただけるのです。 排泄がすむと、アナルにプラグを挿入されます。拡張するのが目的なのです。そのまま買い物に行かされることもあります。貞操帯をつけて歩くのはつらく、行き交う人に怪しまれないかと気が気ではありません。帰宅するとお父様の愛撫を受けるのです。マッサージ器やバイブレーターを使ってオマンコを刺激されます。逝きそうになると愛撫をやめ、最後まで逝かせてもらえません。私が感極まってお願いをすると、ようやく逝かせていただけるのです。私の体は日に日にお父様の奴隷として調教されて言っているのです。

crazy2juy at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 妄想

2017年06月02日

陵辱の輪廻 おやじの日記-調教-

みゆきに私の奴隷となることを認めさせて2週間になる。
月曜日から金曜までの日中を調教の日と決めた。
週末はみゆきが開放される時間とした。
追い詰めると獲物が逃げていく事を長年の経験から悟ったからだ。

朝、息子が出かけると早速みゆきの調教が始まる。
おまんこに遠隔操作のローターを埋め込んで、掃除や洗濯をさせるのだ。
間断なく刺激を与えると体も順応して、感じ方が弱くなるが、少しずつ間をおいて振動を送ると、体は何度でも鋭く反応をする。
いつくるかも知れない刺激を気遣っての家事はみゆきを能率を奪い、掃除や洗濯にいつもの倍の時間をかけてしまっていた。

11時になると、私のペニスをしゃぶらせる。
このときもローターのスイッチを入れたり、切ったりしてしゃぶらせる。
私はこの年になるとなかなかいかないので、みゆきのおしゃぶりも1時間あまり続けることがざらである。

射精をすると、今度はみゆきに浣腸をしてやる。
グリセリンの20%希釈液を500ml注入して、アナルプラグをする。
それを皮の貞操帯てしっかり固定して昼食の準備をさせる。
おなかがギュルギュルを鳴って排泄をしたくても、我慢させるのだ。
そして昼食が済むとようやくトイレで排泄をさせてやる。

アナルはこうして拡張されてゆき、今ではアナルSEXもスムースに行えるようにしてやるのだ。
みゆきの体は私の思う理想にどんどん近づいているのだ。



crazy2juy at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 妄想

2017年06月01日

陵辱の輪廻 みゆきの日記-隷従-

義父に犯され、私の淫靡な本性を知られた翌日。
私は何事もなかったように朝の準備をしました。
昨日のことは夢であって欲しいと思っていました。
主人を送り出し、食器を洗っていると、義父が近づいてきました。
後ろから抱きしめられ胸を触ってきました。
抵抗すると、昨日の狂態指摘してきました。

今日の家事を裸で、エプロンだけの姿でするように命じられました。
従うしかありませんでした。

裸でエプロンだけの姿で掃除していると、義父の視線を痛いほど感じました。
恥ずかしい姿での日常の家事、体が火照っててきました。

義父がフェラチオを要求してきました。
いやでした。
これ以上の変態行為はもういやだと、思いながらも強制的にさせられました。
しゃぶっている内に体が疼いてくるのがわかりました。
オマンコが濡れてきました。
恥ずかしい姿で、昼間からフェラチオをする・・・・そんな行為に私の体は疼いてしまう。
おぞましい自分に嫌悪しながらも、おしゃぶりを止められませんでした。
それどころか、熱心に奉仕することに喜びさえ感じていました。
『私のお口にお父様の精子をください』
と心の中で叫びながら吸い付くようになめていたのです。
やがてほとばしりが私の喉を打ちました。
味わって飲むように言われ、それに従いました。

フェラチオを終えて少し時間が経つと、恥ずかしさがこみ上げてきました。
着衣のお願いをしましたが、聞き入れられませんでした。

洗濯、掃除、昼食準備を裸エプロンのまま行いました。
奥まった大きな家なので他人から見られることはないはずでしたが、恥ずかしくて身が縮む思いでした。
しかし、そんな恥ずかしさにも私の体は反応して感じてしまいました。

家事が一段落すると、一緒に居間のソファーでテレビを見るように言われました。
ただでは済まないと思ってはいましたが、開脚姿勢で横に座らせられ、秘所を触られました。
露出行為で感じていたので、すぐに気をやりそうにやると、それを見透かしたように動きを止められました。
私が落ち着くのをテレビを見ながら待ってまた愛撫が再開されるのです。
クリトリスを刺激したかと思うと指をオマンコに入れたり・・・
私の体は台風に揺れる小船のように翻弄されました。
そして、何度も寸前で愛撫を止めてしまうのです。
そんな連続でドラマの再放送が2本終わるころ、私はついに懇願しました。
「お願いします、逝かせてくさい」

義父の軍門に下った瞬間でした。
うれしそうに笑うと、今度は最後まで激しく的確に感じる壷を刺激してくださいました。
じらされた分より激しく、より早く逝ってしまいました。
愛液がオマンコから激しくあふれだしながら・・・。

「みゆきは私の奴隷だよ」
義父の言葉が胸にしみこんできました。



crazy2juy at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 妄想

2017年05月31日

陵辱の輪廻 おやじの日記-裸エプロン・寸止め愛撫-

みゆきを犯した翌日、朝いつもと変わりなく朝食の準備をしていた。
息子の琢磨は何事もなかったように大学へ出勤して行った。
背後に回り、後ろから抱きしめてやった。
首を振って、少し抵抗したが、昨日の狂態をねたに脅しをかけると、あきらめて私の愛撫をうけた。

私は服を脱いで裸エプロンで今日の家事をするように言った。
少しためらってはいたが、みゆきはそれにしたがった。
むっちりしたお尻を見せながら、掃除をする姿は淫靡だった。
胸元から胸の膨らみがちらちら見えた。

ソファーに座り、下半身を露にすると、フェラチオをさせた。
最初は嫌がったが、射精するころには自らも感じ始めたようで、激しく吸引してきた。
出した精子を十分味合わせてから飲むように命じた。

少し冷静になったのか、恥ずかしげに着衣を懇願してきた。
それを拒否し、今日は一日その姿でいるように命じた。
洗濯、料理、庭掃除もエプロンだけで行わせた。

家事が終わると、ソファーに開脚姿勢で座らせ、一緒にテレビを見た。
テレビを見ながら、オマンコをさわってやった。
愛撫に逝きそうになると、その絶頂の寸前で愛撫を中断してじらしてやった。
せつなそうだったが、私は昼下がりの2時間寸止めを繰り返し、逝かせなかった。
最後はみゆきが私に懇願してきた。
「おねがいします、逝かせてください」
と。
私はその願いをききいれてやった。
みゆきは激しく感じたようで、愛液を噴出して達した。
また一歩私の奴隷となったようだった。


crazy2juy at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 妄想

2017年05月30日

陵辱の輪廻 みゆきの日記-陵辱-

今日私は義父に犯されました。


家の奥にある納戸の整理を手伝ってほしいと頼まれました。
そこは以前義父が闇金融の際に利用していた場所だったのです。
その部屋に、私を呼び出し、義父は陵辱したのです。
最初抵抗しましたが、最後は義父に身を任せ感じていたのです。

両手をしばられ、服を剥ぎ取られ、いきりきった怒張が私の秘所埋め込こまれました。
私は激しく抵抗しましたが、義父の力はつよく襲われてしまったのです。
SEXが始まり、しばらくすると私の体は自分の意思とは関係なく感じ始めてしまったのです。
言葉では、いやいや・・・といいながら、体の芯が濡れてくるのを感じていました。
最初やさしかった愛撫が、乳房も歯を立てるぐらいの激しいものになると、私の体の反応は一段と高まってしまいました。
バックで挿入されたとき、お尻を叩きながら挿入されるとより一層悶えてしまいました。
IMAGE12100383


部屋にこだます声は普段の私では考えられないぐらい大きく、卑猥なものでした。
私の体が思い出してしまったのです。
あの陵辱にうちふるえた日々を・・。

本性を見抜かれた私はもう完全に性の奴隷となっていました。
言葉で責められ、体を責められ、恥ずかしい思いをさせられました。
言葉責めでは主人の名前を出されて、罪悪感を掻き立てられました。
体はスパンキングを中心に、洗濯バサミも使われました。
羞恥を煽るために鏡を目の前に置かれ、自らの痴態を見ながら性交をさせられました。
禁断のSEXに私は萌え、義父は燃えていました。
これで私は義父の言いなりにの奴隷にになったと思い知らされました。

主人には口が裂けても言えない秘密ができてしまいました。
これからの毎日が不安でしかたないです。


crazy2juy at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 妄想