2018年04月11日

桜過ぎ去りて。

今年の京都は桜の開花がかなり早く、例年であれば今頃はかなり見頃な感じですが、今年は早くもあちこちで見頃過ぎとなっています。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

桜が散っても京都は京都なんですが、何ヵ月も前から予約していた観光客の皆様は桜が散ったからと言ってキャンセルすることもなく、職場は連日大忙しです。
意外と知られていない事実ですが、京都市で外国人観光客がいちばん多いのは、実は四月。ヨーロッパ方面のお休みの時期と被るからでしょうかね(詳しくは知らんけど)。
ただでさえ国内エージェントで高単価のお客様が多いなか、さらに外国人観光客の皆様で職場はごった返します。
具体的にどれぐらいかと言ったらおよそ半数から六割が外国人。
なので内線電話を取ったらほぼ英語。外国語マニアの私でも流石に気が滅入るほどで、日本語が恋しくなります。いや、ホント。


そんな慌ただしいなか、さる四月七日(土)は所属する空手道場の審査会でした。
が、私、その日は夜勤。
師範代(師範のご長男)に夜勤ゆえ成年部の審査会は欠席する旨をお伝え。
そして昼間に行われる少年部審査会をお手伝いすることに。
折しも、六連勤の真っ只中です。うひゃあ。

当日。
私用でやや遅れて会場到着。
既に審査は始まっていたので、多目的トイレで道着に着替えて会場に入り、一礼。
少年部の子供たちはほぼ初対面です。「誰だろ、このおっさん」みたいな感じだったろうな。
途中途中で、師範代からのご指示により移動等の号令をかける側に入ります。
こういった時は鋭く、インパクトのある号令をかけるように心掛けます。
号令者によって、演武者の動作も変わってきますからね。いいパフォーマンスはいい号令から。


Screenshot_20180411-154225
まるっきり余談。
「号令」って英語で何て言うのかな、とGoogle翻訳で調べてみたら真っ先に出てきたのはorderという語。
次に出てきたのがcommand。手もとにある『プロシード和英辞典』(1988年初版、福武書店=現在のベネッセコーポレーション。我ながら古い辞書を保持している)では、
軍曹は「整列」と号令をかけた。 
The sergent gave[shouted] the command, "Fall in." 
とあり、解説として枠外に「commandは一般的に指揮官などが発する号令」とある。
空手の場合もこちらかな?
閑話休題。


それにしても少年部の子供たちからは学ぶ点が多い。
号令をかけるのも全体的に見れば少年部のほうが成年部より上手い。大人になると機械的に号令を暗記、ではなく技の中核的部分=コアを覚えようとするからだろうか、正直言って成年部では号令を上手くかけられる人の方が少ない(と言うか、単純に「号令を覚える気がない」だけかも知れない。だとすれば残念なことであります)。

ラスト15分くらいで茶帯以上の道場生は組手の審査。人数の関係で私も混ざりつつ、外れたときは指導もしつつ。
現在中1のT山君があと三年続けてくれれば高1か。楽しみを見つけていって、続けてくれればいいな。

最後の最後で、光栄なことに少年部の皆さんの前で型演武(夜の部に出れない私の審査も兼ねています)。
気持ち、大きめに演武。伝わりやすいようにね。
あとで気付いたことですが、その晩から翌日にかけて、太腿がバッキバキに筋肉痛になりました。どうやら緊張していたのは私の方のようで。
いい経験になりました。感謝です。


いつの日にか、「嵯峨さんの型に憧れて稽古を積んで来ました」なんて道場生のどなたかに言われたら幸いですね。


そのまま夜勤に入り、めちゃくちゃ忙しい勤務を経て、翌日は京都府知事選の投票をしてから帰宅して爆睡。死んだように眠りました。


そして、今日のお話。
先週半ばに、岡崎の武道具屋さんで一目惚れ的に衝動買いして、別の武道具屋さんにネーム刺繍入れをお願いしてたおニューの道着が仕上がったと連絡あり。
ウッキウキで受け取りに行ってきました。

IMG_-brdzg4
おニューの道着のメーカーはヒロタ。
現在愛用している東海堂とかと並ぶ、国内空手道着メーカーのトップブランドのひとつ。
憧れのブランドだっただけに喜びもひとしお。
これから、稽古のほど、宜しくお願いします。
  
Posted by crazy_cmon at 16:28Comments(0)

2018年03月30日

三月が終わろうとしている。

気が付けば三月も月末。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

三月のいちばんの出来事といえば、やっぱりイタリア語検定を無意味に受験したことだろうか。

DSC_1139
勿論五級ですよ。
去る十二月に空手の道場にイタリア人の新入門の方が来られて、「ふーん、イタリア語ってどんなんかな」とアプリを見てみて、ちょっとだけやる気になって、ネットからイタリア語検定を申し込んだはいいものの、そこからやる気を見事になくし、一日一分程度の学習で3月4日に受験。

発音こそ日本人にとっては分かりやすいものの、流石ラテン語の系譜なだけあって、イタリア語は格変化や名詞の性などがかなり複雑。
「ちゃんと勉強してたらきっと簡単なレベルなんだろうなぁ」
という五級を全て勘で解いて三十分くらい時間が余るという。
全然勉強してないにも拘わらずそれでも受験したのは、今年は語学検定を出来るだけ実際に受験しよう、と決めた為。
まずは場馴れ。

取り敢えず、イタリア語はこれで一旦了。
しばらくは勉強しないだろう。

「嵯峨シモンはイタリア語のアプリをアンインストールした」

代わって、首をもたげてきたのはフランス語。
こちらは大学時代に二年くらい第二外国語として勉強してたから基礎中の基礎はかすかに覚えてる。
アプリで学習を始めてみて、「わぁ、紙で黙々と勉強するのと比べて何て勉強しやすいんだろう」と感動。
音声教材も聴き放題だし、同じ問題を何度も解けるし、分からん単語はGoogle翻訳で調べられるし。

語学を学習したい者にとって、本当にいい時代になりました。
(かつ、初級的な語学教材では金をとれなくなっている時代でもあろう)


DSC_1237
仏検ことフランス語検定は六月なんで、ぼちぼちテキストも解き始めよう。
てことで、最新刊の『ベーシッククラウン仏和・和仏辞典』を買ってしまったよ。
役に立てばいいが。


そんなわけで、桜の時期、忙しくしとります。
  
Posted by crazy_cmon at 14:19Comments(0)

2018年02月25日

甘酒狂時代。

DSC_1089
きっかけが何だったかさっぱり覚えてないんですが、現在甘酒がマイブームです。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

たしかドラッグストアで甘酒のコーナーを見てたら無性に飲みたくなって…、だったと思います。最近は毎日飲んでますねぇ。
物凄く今更ながら調べてみたら、甘酒にも大分したら二種類あって、米麹で作られるものと酒粕で作られるものという違いがありまして(その両方を使用しているものもある)、米麹で作られるものは加糖しなくても麹に由来する自然な甘さがあり、かたや酒粕で作られるものは酒粕そのものには甘さがないので砂糖を加えて作られるんだそうで。

DSC_1084
飲み比べてみたら、私個人的には酒粕の甘酒の方が好きかな。だだ甘党だし、砂糖の甘さがしゃんとしてて飲み易く感じます(ま、好みはひとそれぞれで)。

それにしてもスーパーで甘酒を探すのに最初は苦労しました。どこのコーナーにあるのって話で。
いろいろ回って調べた結果、

ー鯒瑤里△襦豆腐などのコーナー。
▲魁璽辧爾箙斑磴覆匹離魁璽福次
ホットケーキミックスとかのある製菓材料のコーナー。
せ罐僖奪のドリンクコーナー。
イ修梁勝▲薀鵐瀬燹

てことが判明。
大概は,如豆腐コーナーに袋詰めのドロッとしたのが置いてあります。DSC_1096
こんだけ品揃えあると嬉しいんですけどね、スーパーによってはあんまりなかったりする。

江戸時代には実は夏の飲み物だったそうで。
まぁまだしばらくブームは続きそうです。身体に悪いもんでもないので、飽きるまで。




  
Posted by crazy_cmon at 07:25Comments(0)

2018年02月16日

ピエリ守山へ。

先週のお話。
シフトの都合により、意図せぬ三連休に。
特に予定もなく、何をして過ごそうか、と悩み、
「そうだ!ピエリ守山に行こう!」
と思い立ち、午前の空手の稽古後にひとり、地下鉄とJR琵琶湖線を乗り継ぎ、一路守山へ。
DSC_1009
へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

守山に何があるのかってぇと、ピエリ守山というショッピングモールがあり、そのなかに「めっちゃさわれる動物園」があるんですね。
今回はそこを目当てにひとり旅です。
ピエリ守山へは、湖西線の堅田駅からの方が近いんですがバスの時刻表を見たら、守山駅からの方を選ばざるを得ず。
守山駅からしばしバスに揺られて、…三十分くらいかな。
ピエリ守山に到着。

DSC_1014
DSC_1015
かつては廃墟なショッピングモールとして有名だったピエリ守山ですが、今はすっかり変わったようで。
金曜の昼下がりでしたがちゃんと混んでましたよ(レストランフロアに行ったら流石にランチタイムからずれてたんで人の気配が全くありませんでしたが)。


フロアの端にあるめっちゃさわれる動物園へ。
DSC_1017
着いた。
そこそこデカい。
入場料の1000円を受付で支払って、あとはご自由に、って感じで特に説明もなく。
私のような中年男性ひとり客は皆無。
お子さま連れか女性客ばかり。

DSC_1020
DSC_1022
中に入って振り返るといきなりこんな感じで、カンガルーやクジャクがフリーダムに歩いてたり寝そべってたりする。
距離感のなさにホントにビビる。
DSC_1026
サイチョウ。
やっぱ滋賀県だからかな(最澄)。

さて、お目当てのジャングルゾーンへ。
DSC_1027
これは本当にビビった。
「うわっ!虎がいる!」
と思ったら等身大のレプリカ。
そこかしこにこんなんがあります。

DSC_1030
何だこの小さな豚さんは?
と思ったらスキニーギニアピッグ。
モルモットの仲間だそうで。動物好きの私ですが初めて。世界は広い。
DSC_1034
ハシビロコウ。
「肺魚を噛みきるほどの強力なクチバシ…」と説明があるんですが柵はなし。あぶなっ!

DSC_1035
DSC_1036
DSC_1037
何とピラルクやピラニア、アリゲーターガーまでいます。
ピラルクやアリゲーターガーは水槽がやや小さめ。飼育環境としてはちょっと狭いかなー。

DSC_1044
カンディルまでいるのか!
このナマズ、こんな小さなナリをしてますが、実はアマゾンを代表する危険生物です。何がって、…長くなるのでカンディルで検索して下さい。ホントビビるから。

DSC_1045
さて、お目当てのミーアキャットへ。
…おーい、出てこーい(写真奥の木の奥に隠れてます)。

警戒心の強い子かなぁ、と諦めて、後でもう一回トライしたら、
DSC_1048
来てくれました。
かわいい。

徳島のイオンモールでミーアキャットの扱いは心得たので心配なし。
と言うか、今まで遊んだ動物のなかでも、ミーアキャットはトップクラスで人懐っこく、扱いやすい動物です。甘噛みしてきますが痛くないし。

DSC_1047
振り返るとクジャクがいる。
狙われてる?私?

DSCPDC_0003_BURST20180209153625735_COVER
DSC_1052
↑ひとり遊び。
ミーアキャットをもしゃもしゃにして堪能。
いやー、楽しかった。
飼いたいなぁ、ミーアキャット。


堪能しまくって、動物園をあとに。
また来ましょう。
帰路は守山駅行きのバスを逃して堅田駅行きのバスに乗る。結果的には堅田行きの方が時間も値段も半分くらいでした。


調べてみたら、全国のそこかしこにふれあい動物園があるようで。
ミーアキャット目当ての旅行とかもいいかもなぁ。
  
Posted by crazy_cmon at 20:51Comments(0)

2018年01月31日

さて一月を振り返る。

お久し振りです。
さて、今日で一月もおしまい。2018年も早くも1/12が過ぎたんですねぇ。
そんなわけでざっくり1月を振り返ります。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

年明けからの連勤、そして徳島旅行後、たしか1月10日くらいに風邪をこじらせ、その後、たしか14日、熱が38度2分くらいまで上がる。
お医者さんには熱が上がる前に行って、念の為インフルエンザの検査もして頂きましたが結果は陰性。

DSC_0900
実家から届いた国産のアカシアハチミツで安静にしとく…。
が、その後、私が夜勤に行ってる間に嫁に異変が。38度9分まで熱が上がり、翌日にお医者さんへ。
すると、何と、A型の陽性!
お医者様曰く、「恐らく旦那さんが持ってはったんやろなぁ」と。
検査時では陰性判定でしたがその後の私は陽性になったんだろうと。

幸い、その後、完治してます。

それにしてもアタシゃ一体何処から貰って来たのやら。やっぱり職場でお客様から空気感染かな。



病み上がりの1月22日。
京都タワーテラスで開催中の北欧ビュッフェへ。
夫婦の快気祝いってことで。
DSC_0917
DSC_0923
DSC_0927
北欧と言えばノルウェーサーモンってことで、これでもかってくらいにノルウェーサーモンを堪能。
いやー満足満足。


25日。
職場で、冬恒例の衛生講習、つまりノロウイルスに注意するようにとの講習を受ける。
内容は既に知ってるものが多かったものの、いざ罹患したときの為、毎日食べたものの写真を記録しておくことも大事かもなぁ、と思ったり。
発症して保健所のお世話になったら一週間くらい遡って何を食べたかを書かなきゃならんのだそうで。
インスタグラムに載せる為だけではなく、食の写真を保存しておくのはそういった意味でも大事なのかもね、と。
(ちなみに私、インスタグラムもしてますが、一般の方々と違ってグルメ写真とかは挙げてません。カランビットの写真ばっかです)



29日。
職場にて、夜勤明けで消防訓練。
まさかの予定時刻に消防署員の方々が来ず。
普段はかなり早めに、訓練開始の20〜30分前には来るのに、今回は訓練開始予定時刻の5分遅れで到着。本火災でもあったんかいな。

遅れて到着された後、何事もなかったかのように長々と説明を始められ、刻一刻と、話を聞けば聞くほどに自分の中のやる気が鎮火していきます。
結局、予定より二十分遅れで訓練開始。

訓練自体はわりと順調にいけたと思います。
訓練修了後に個人的に指摘された注意点としては、
  • 出火室に到着して、ドアが熱を帯びているか素手で触って確認したのはマル。その後、勢いよくドアを開けていましたが、あれは危険なので(バックドラフトが起こる危険性がある)、ドアは中の様子を伺うようにゆっくり開けること。
  • ドアを開ける際、熱がいちばん伝わってくるのはドアノブなので、そこを意識すること。
  • 避難誘導後は、部屋のドアアームはかけなくていい。
というところ。
声掛けと走るスピードは問題なし。
これからは部下のみんなに注意点を指導出来ないとね。


DSC_0974
この記事を書いてる最中にヤクルトが届きました。宅配専用の商品です。
健康は胃腸から。 

さて、月末夜勤に行って参ります。
  
Posted by crazy_cmon at 13:49Comments(0)

2018年01月10日

新年、徳島◆

二日目の晩御飯、駅前のひら井さんへ。

DSC_0859
DSC_0861
徳島に来たら鳴門鯛はマスト。
そしてここのお店に来たら玉ねぎユッケ。
嫁さんは玉ねぎが苦手なんで私ひとりで平らげます。
ドリンクは生搾りすだちサワー。
やっぱ生搾りだと風味が違います。めちゃ美味い。

満足して、徒歩一分のホテルへ帰る。爆睡。よく寝る子。

目を覚まして翌朝。
朝食を頂き、チェックアウトしてさぁどこへ行こう、と考えて、特に目的もなく、イオンモール徳島へ行ってみることに。
駅前からバスで一本。

嫁さんはお気に入りのスカートが格安で買えたりして大満足…さて、私は何も買ったりしてないな、とそろそろ出発しようかな、と思っていたら、

DSC_0867
DSC_0866
ペットショップの奥にもふもふふれあい動物園を発見!
園内を覗くと…嘘っ!ミーアキャットとかいるじゃん!?
迷わず入店。

DSC_0868
DSC_0869
DSC_0870
大概の動物はやさしく背中を撫でてあげる感じ。
フクロウは京都の新京極でも見てるので慣れた感じ。


DSC_0873
お目当てのミーアキャットのロイズさん。
警戒心のかけらもないなー。ちんちん大きいこと。
ケージのなかに入ってるし、あんま触れないかなーと思っていたら、おぉっ、自分から出てきた!

スタッフのおねえさんに触り方をレクチャーされ、ロイズさんとのお遊びスタート。
DSC_0874
DSCPDC_0002_BURST20180109133230348
DSCPDC_0002_BURST20180109133406601
かわぃぃ。
一日中一所にいたくなっちゃう。
基本的に扱い方は子犬と一緒。甘噛みしてくるのであんまり興奮させないように注意は必要ですが、そこは一応知性ある哺乳類(捕食動物)なんでわりとコミュニケーションがとれます。

他にも鶏とかグリーンイグアナとかリクガメとかヒヨコとかヒョウモントカゲモドキとかいろいろいたんですが、90%以上はロイズさんと遊んでました。
嗚呼、楽しかった。 
別れが惜しい。

DSC_0887
そ、そんな切なそうなかおで見ないでっ!

有り難うロイズさん、また徳島に旅行に来たら必ず会いに来るからね。


アニマルセラピーを堪能してバスで駅に戻る。
ブラブラして、一応ひょうたん島クルーズにも行っとくか、ということで船に乗ることに。

DSC_0890
いやぁ、寒かったー。
しかし毎度のことながら楽しかった。
徳島市内に来たらひょうたん島クルーズ、オススメです。


そして、駅方面に戻り、適度にお土産を買い、バスに乗って京都へ。
ノープランだったけどのんびりと旅行を楽しみました。
さぁ、京都の現実に戻ります。
今日からまたお仕事です。
  
Posted by crazy_cmon at 09:57Comments(0)

新年、徳島 

明けましておめでとうございます。
2018年になってから早くも十日あまりが経過しました。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

年末年始を嫁実家の香川で過ごし、一日の晩に帰京、二日からは怒濤の一週間の連勤を過ごし、一昨日と昨日は徳島に二泊旅行に行って参りました。まさかの二週連続四国。

夜勤明けで帰宅して、仮眠をとって起床後、荷物をいそいそとまとめて、バスで京都駅に向かい、仕事上がりの嫁さんと合流、新快速で三宮に出て、そこから高速バスで一路徳島。

DSC_0805
徳島と言ったらこの写真。
夜九時半くらいに徳島に到着してすぐさまホテルにチェックイン。

荷物を置いて一息ついたら晩御飯へ外出。
悩みに悩んでホテルの一階にある炭火焼きバルのドン・がバチョへ。

DSC_0808
DSC_0813
阿波尾鶏のグリルとか塩唐揚げとか、祖谷蕎麦のサラダとかを堪能。
お酒はすだち酒。すいすいいけちゃうフルーツワイン。

DSC_0814
「うどんはかけ、蕎麦はざる、ラーメンは醤油、ピザはマルゲリータ」
シンプルなのが美味いってことで。
あまり酔っ払わずにお勘定。と言うか、最近、ぐでんぐでんに酔うまでにお酒を飲むことがなくなりました。ちょびっと飲む程度。我ながら変わるもんですね、生活習慣って。

ホテルに戻って大浴場に浸かって、爆睡。

目を覚まして、朝。
DSC_0818
ホテルの朝食。サラダにオニオンスライスがあるのが嬉しい。

DSC_0819
ドカ盛りの大根おろしに釜揚げしらすでじゃこおろしに。
大学時代に学食でよく食べたっけなぁ。あんときはちりめんじゃこだったけど。
朝食で大根おろしがドカッと食べられるのは本当に素敵。

DSC_0817
徳島の朝食では外せないメニュー、鳴門生わかめ。
嗚呼、美味。
ご馳走様でした。


部屋に戻って、さぁ、どうしようか。
外はあいにくの大雨です。
てぇか、私ら徳島に来たらかなりの確率で雨に降られます。

ちょいと悩んで、とくしま動物園に行ってみることに。
普段は月曜は定休日ですが祝日ってことで営業あり。
徳島駅から、一時間に一本程度のバスに乗っていざ。

DSC_0823
DSC_0825
バスの車内が既に動物園的風景。
こういった遊び心って大事ですなぁ。大人でもウキウキします。

DSC_0827
DSC_0829
到着。
めっちゃ雨。人少なーい。

四国最大級の動物園だそうで、たしかに物凄く広い。山ひとつ動物園って感じ。

DSC_0830
鳥が自由に飛び回るケージ内にて。
これ、繋がれてないんですよ。
私との距離、僅か2mです。


DSC_0834
ピューマ。間近で見るとメスライオンによく似ています。

DSC_0833
あろひろし、ではなく、メガネカイマン。
珍しい、後ろ足で頭を掻く図。
じっとしてると目がクリッとしてて実に可愛いです。

DSC_0838
シンリンオオカミ。

DSC_0840
DSCPDC_0000_BURST20180108120848481
ホッキョクグマ。
これ、光の関係で黒く見えるんじゃなくてほんとうに黒ずんでました。
多分体毛に苔が生えてこういう色になったんじゃなかろうかと。
かなり元気に遊んでました。他の動物と違ってホッキョクグマは寒い方が丁度いいですからねぇ。

こちらの動物園、かなり動物の距離が近くって存分に楽しめました。

さて、バスに乗って町へ帰る。

DSC_0849
お昼は両国橋の近くで見つけた徳島ラーメン「阿波屋」さんへ。
DSC_0851
今まで食べたなかでもお肉の生姜焼きっぽさが強く出ていて美味でした。すだちをひと絞り出来るのがまた嬉しい。ご馳走様でした。

雨に濡れたので、宿に戻って大浴場へ。
冷えた身体を温めよう。シャイニン・オン。

仮眠をとって、ぶらぶらと外出。
DSC_0856
なんだこりゃ。

(長くなったので△愨海)
  
Posted by crazy_cmon at 09:31Comments(0)

2017年12月31日

イヤー、エンド。

さて、2017年も終わろうとしています。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

大晦日、嫁様の実家の香川は丸亀で過ごしております。こんなのんびりした年末はいつ以来でしょうか(多分ニ〜三年振り)。

今年を振り返ったら…、何だかいろいろと縁が切れた年だったな。我が名はダダ。
いろいろ縁が切れて、煙草も吸わなくなったし。
縁が切れたってことは切れてしかるべき縁だったんでしょう。まぁどういう縁が切れたかは書きませんけど。
ま、結果的に健康になったしなぁ。


縁が切れたものもあれば、始めたものもあり。
こちらはざっくり言ったら、語学とダンベルトレーニングの二つ。また他にもあったかな。あ、始めた、ではなく、始まった、のは空手の指導側に立ったことで。さておき。

語学は、以前も書きましたけど、サンボ動画を見たくってロシア語を始め、ほんならついでに、とポーランド語、ノルウェー語、フィンランド語、イタリア語…という感じでダラダラちびちびとではありますが三月くらいから今に至るまで続けております。
いちばんやっとるんはノルウェー語ですね。
ノルウェー人の同僚が職場にいるので、たまぁ〜に覚えたてのノルウェー語で話し掛けて、
「どんどん覚えていきますね」
と言われたり。
嬉しいんだけど、まだまだです(そりゃそうだ)。早くNRK(ノルウェーの国営放送)のニュースとか読めるようになりたい←相当レベル高い。


ダンベルトレーニングは、夏服だった八月末日に、
「せめて半袖の間に腕をパンパンにしたい!!」
と思って、おうちにあった10kgのダンベルをン年振りに挙げ始めたわけです。
九月末までに半袖を腕でパッツンパッツンにするのはギリギリ無理だったものの、あれですね、やっぱり筋トレ始めたらいろいろなものが向上していきますね。
『10kgのダンベルを挙げるだけであなたのあらゆるものが前に向く!』
みたいな健康法を提唱したくなったくらいです。
今でも二日にいっぺんはダンベルを挙げてますよ。ショルダープレスとシュラッグはほぼ欠かさず。サイドベンドもたまに。


さて。
年が改まりそうです。
また、来年。
来年をさらによい年にしたく思います。

  
Posted by crazy_cmon at 23:45Comments(0)

2017年12月18日

演武大会終了。

去る12月17日は、所属する空手道場の演武大会でございました。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

DSC_0737
当日のプログラム。

思えば、今年はそこそこストイックだったなぁ。特にプレッシャーも大役も演武共演者とのコミュニケーションもなかった去年と比べると、今年は指導する側に回ることが多かったので、そこそこ色んな道場生の方とお話をしたし、技の手本を求められることもそれなりにあったから関わる演目に関してはちゃんと考える日々だったし。

今回の私の出番は数えてみたら五つ。
〆合型の部。サイファミラー(サイファという型を鏡合わせに行う)でベリー優秀な高校生のたっちゃんと、O部さん親子、N島さん親子の三組と型演武。
⊇子護身法の演武でのやられ役。白帯の女性道場生の方の手を掴んだりして、そこから反撃される役。
成年部護身法「座法と立ち技」での号令。マイクにスイッチが入ってなかったんで本番は地声。
じ鄂繁ー蠖,ぜ茲蝓師範お二人のペアと、私と指導員のペアでの演武。身に余る光栄なメンバーです。
シ娠乕陲魯察璽僖ぁE初はベリー優秀な高校生たっちゃんと成年部Mさんとの三人での演武の予定でしたが、当日は急遽別のチームとも合同で一気に六人に。皆様出来た方だったので何ら慌てることなくスムーズに立ち位置を話し合い、スムーズに演武も終了。


1513492623557
で号令をかける私。
道着写真のアップは珍しいですね我ながら。
明らかにマイクを無視してまんなぁ。



当日。
昼休憩時に,離汽ぅ侫.潺蕁爾領ち位置を幕裏で確認。お子さんも交えて行うのは稽古では一回も出来なかったのでぶっつけ本番です。
それにしても子供たちはノリがよく、飲み込みも早いです。

私「退場するときはサザエさんみたいな感じでやで(笑)」

と言うと喜んでノッてくれました。勿論本番ではしなかったですが。ええ、厳粛に、厳粛に。
彼らに、あの指導者のおっちゃんは面白い、と認識して貰えたなら幸い。武道ですから厳しさや怖さも必要ですが、僕はそれ以上に空手の楽しさを共有/伝達していきたいと思っています。厳しさや礼儀はそのなかで伝えれられればよいと思いますし。


い亮蠖,ぜ茲蝓
これは演武大会の準備に入るとき、道場で「嵯峨さんは今回何かやりたいことあります?」とアンケートを取られて「手拭い取りをやってみたいです」と言ってみたら実現したもの。
後日、メンバーは師範お二人と指導員と私と、と決定。まぢっすか!いいんすか、私、ここに混じって!?
と、身に余る光栄を感じながら…、実際に稽古出来たのは三回くらい。師範方は指導に回ることが多いので何とか全体的に仕上がってきたな、という頃に辛うじて時間を作って師範方と演目を作り上げ、完成。
流石に三〜四回の合わせ稽古で本番を迎えたのは初。信頼できる指導員のリードも頂いたので問題なく終えられました。感謝です。



演武大会が終わって表彰式。
うちの道場の年間MVPは今回一緒に演武したベリー優秀な高校生たっちゃんが受賞。
おめでとう。
我が事のように嬉しいです。


そんなわけで演武大会の打ち上げも終わり、現実へ。

何が楽しみって、通常稽古に戻るのが楽しみなのです。
演武大会を終えて、稽古でどんなメニューが行われるかな、と。


今回の反省?
特にないです。あるのは感謝ばかりです。
道場生の皆様、師範、指導員方、本当に有り難うございました。
  
Posted by crazy_cmon at 04:26Comments(0)

2017年11月29日

興味本意でイタリア語。

さて、時折顔を出す語学の話題です。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

六月中旬から、諸事情あって飲酒習慣がなくなり(飲みに行かなくなった。全くお酒を絶ったわけではなく、機会があればお酒を頂くこともあります)、九月中旬からはタバコも吸わなくなり、その分の余暇を語学学習で埋めるようになりました。
元々はね、二月くらいだったかな、大好きなサンボ動画をいろいろ見るにあたり、ちょっとくらいはロシア語を読めたらなぁ、と思ってロシア語からスタート。
現代は語学の勉強には非常にいい時代で、スマホやパソコンがあればすぐに外国語の勉強が安価で、場合によってはほぼ無料で始められます。
そんなわけで、Googleアプリでロシア語を学べるアプリを発見、最初は無料でやってたんですが課金した方がン十カ国語がフリーで出来るってことで12カ月分を購入。課金という名の投資みたいなもんです。
ロシア語を課金して始めたら、以前ちょっと興味があったポーランド語への興味も再燃、ポーランド語もスタート。
だったら、てことで職場にノルウェー人の同僚がいるんだし、ノルウェー語もちょっとかじってみよう、とノルウェー語もスタート。
その後、飲みに行った先でたまたまフィンランド人と話す機会があり(向こうは英語)、じゃあ、とフィンランド語もスタート。
そんな感じでしばらく四カ国語を並行して学習してきたわけでございます。
スタートしてからおよそ二百日が経過しましたが、この四つの言語のなかでわりと真面目にやってきたのがノルウェー語。
やっぱり、身近なところにネイティブスピーカーがいるというのはモチベーションとして大きく、覚えたら覚えただけ、彼に話すネタが増えるわけで、必然的に熱心度合いと学習量は増えていきました。
まぁ、とてもじゃないけど「話せる」なんてレベルには達してませんが(同僚ステファン君に仕事を頼むときに、Kan du hjelpe meg?と言ったりする程度です)。
あとの三つに関しては、現時点でちょっと比重を増やしてるのはポーランド語。
スラヴ系言語なんで文法も発音もめっちゃ難しいけど一度仲良くなったことのあるひとの母語なんで(以前空手道場にポーランド出身の方が来てたのです)未だに愛着があり、ポーランドという国自体も親日国だったりと、難しいながらも調べれば調べるほどに好きだなーと思えてきて今に至ります。

多言語学習の口火を切ったロシア語についてはやっぱり文字のハードルが大きく、細々と続けているのみ。
それでも一応、1日1分程度で毎日やってますけどね。


先日、空手の道場に稽古に行くと、道着を着た外国人女性がいらっしゃいました。
あれ?新入門の方かな。
師範に訊くと、「イタリアの方やって」とのこと。
あら。

イタリア語、大学一回生の時にNHKラジオ講座で第一課で挫折したんだよなぁ。
理由は単純でモチベーションが持続しなかったから。

新入門のCさんに、
「日本語は分かりますか?」
と訊くと、
「少シ(笑)」
とはにかみながら答えてくれました。
Cさんは英語が問題なく通じたので、その稽古のなかで、型を指導する際は英語混じりの日本語で指導させて頂く。
結構筋がいいなぁ、と思ったら、
「元々イタリアで松濤館流を学んだことがあります」
とのこと。
あ、道理でサンチン立ちより前屈立ちが上手いわけだ。

稽古を終えてみて、こりゃあ、私がイタリア語を道場で使う必要はなさそうだな、と実感。
英語も日本語もそれなりに通じるし、稽古に来られている以上、道場で日本語をより覚えていって欲しいし。

と、は、言、え。
外国語マニアとして、やっぱり気になる。
帰宅後、アプリでいろいろとイタリア語もながめてみたら。
…予想してた以上に難しい言語ね、イタリア語って。
日本人にとって、取っつきやすい点は発音が簡単なところと聞き慣れた語彙がわりと多いところか(チーズのことをフォルマッジと言ったり、食べ物や音楽用語は日本でも耳にする機会が多い)。
難しい点は、文法的なところ。
ヨーロッパ言語のご多分に漏れず、名詞の性、単数複数によって語形がクルクルと変化します。
分かりやすい例で言ったら、「素晴らしい!!」を意味するブラヴォーBravo!は、あれ、実は男性単数に向けてしか言っちゃいけない。
称賛する相手が女性ひとりであればブラーヴァBrava、
男性複数もしくは男女が入り混じった複数名であればブラーヴィBravi、
女性のみの複数であればブラーヴェBrave、
となります。
覚えちまったら簡単だけど、やっぱり最初は「ひぇぇっ」とオノノキます。

[画像:40f4f552.jpg]
語学マニアにはお馴染みの白水社。
取り敢えず、エクスプレスシリーズは説明もレイアウトも分かりやすいんで買ってみました。気になったときに眺める用です。
それにしても、流石メジャー系言語のひとつ。
書籍の数が多いこと。
ここ数ヵ月、(ロシア語を除けば)比較的マイナー言語しかやってこなかったんで、イタリア語学習書籍の多さには驚きました。
ポーランド語とかノルウェー語なんて、大型書店に行っても三〜四冊あればいい方です。
ふつうの町中の書店には置いてないことが殆んどです。

まぁ、いろいろやってるチャンネルのひとつが増えた、という程度の話なんで、楽しみながら、たまに眺めていく感じでお勉強してみよっかな、と思います。



  
Posted by crazy_cmon at 17:24Comments(0)