2019年01月18日

そして敦賀へ。

一月七日。
翌日八日が夫婦で休みが被ったので
私「どっか行く?」
妻さん「シモンさん次第」
ということで敦賀へ行くことに。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

セコガニが食べたかったんですよ。
そろそろ時期的に終わっちゃうし。

7日、私は夜勤明けで帰宅して仮眠を取って夕方に家を出て、京都駅前でお仕事を上がる妻さんと合流。サンダーバードで一路敦賀へ。

敦賀に行ったら目的地はひとつ。
駅前の居酒屋さん・まるさん屋。
DSC_2819
DSC_2820
初めて敦賀に来た時に何となく入ってその内容に感動。以来、敦賀に来たら必ず訪店してます。

私「セコガニいけますか?」
お店の方「完売しちゃったんですよ」

まぢかー。
さらばセコガニ。また今年の年末に。

そんなわけで、ぶりしゃぶにトライ。

DSC_2825
DSC_2826
美味っ!
何故今までトライしなかったのやら。

嵯峨シモン、日本酒でいちばん好きなのが福井の日本酒なのです。特に早瀬浦と梵のときしらず。あと、福井と言ったら一本義。
飲み過ぎないように気を付けながらも福井の名物を堪能。
ふー。


宿に帰着後は墜落するように爆睡。
朝に問題なく目を覚まし(幸い二日酔いもそんなになし)、朝食を摂り、大浴場に行ってからチェックアウト。

さてどこに行こうかな。
取り敢えず、気比神宮へ。

DSC_2828
気比神宮でも手を合わせて厄除けのお守りを買っておく。


気比神宮の奥にあるひっそりとした神社を発見。ひとが全然いないけど、読んでみたらめっちゃ由緒正しい神社でした。敦賀の語源にもなったのね。
DSC_2829
DSC_2830

パチパチ(二拍手)。


敦賀市内、雪はなし。
やっぱ今年は暖冬なんですねー。
お昼はどうしよっかな、と少し悩んで、やっぱりまるさん屋へ。

DSC_2832
DSC_2834
DSC_2837
DSC_2838
悩みに悩んでふぐコースにしてみた。
旅先で贅沢しないでいつ贅沢するんじゃ、と。
実家がふぐ食文化ではなかったので、少年時代にふぐを食べた記憶は殆んどない。一回か二回はあったかもしれないけど、記憶に残るほどではなく。
ふぐを目一杯堪能するのは実は初めてかもしれない。

うーん。
美味い。
美味いな、ふぐ。

〆の雑炊までしっかり堪能。お昼なんでお酒は無し。


今回も大満足。
有り難う、敦賀。
有り難う、まるさん屋。
有り難う、妻さん。


寒い時期にもう一回来たいもんだけど今期はちょっと難しいかなぁ。
また、都合が付いたらふらっと来ます。
  
Posted by crazy_cmon at 12:58Comments(0)

一月前半。

遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。
まぁ何とか元気にやっております。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

大晦日は年末夜勤。
元日に夜勤明けで帰宅、仮眠をとり、丸亀の実家に帰省していた妻さんが夕方に帰京。
いそいそと着替えて、木屋町のアーバンギルドへ。
演劇時代に大変お世話になった劇団・京都ロマンポップの解散公演を観に。

DSC_2773
DSC_2777
この劇団に関わる事が出来たのは、私の演劇時代のちょっとした誇りにしていいと思う。
主宰・向坂君や肥後橋君が京都演劇界からいなくなるとすれば、それは大いなる喪失であり損失である。

有り難う、お疲れ様。
思い出したくなったら肥後橋君の経営する焼肉屋ロマンポップに行こう。

観劇後は高田夫妻とごはん。
軽く近況を報告し合う。舞鶴や宮津にも遊びに行きたいな。
予定をちゃんと立てないと。


二日。
夫婦揃ってお休み。
昼ぐらいにモゾモゾとグレゴール・ザムザの如く目を覚まし、徒歩で初詣へ。
DSC_2789
DSC_2791
DSC_2793
北野天満宮→首途八幡宮(写真なし)→白峯神宮。
流石に北野天満宮は混んでました。
首途(かどで)八幡宮はあまり有名じゃないけど、実は源義経ゆかりの地。
白峯神宮は武道の神様が祀られてます。
今年も語学と武道に邁進出来ますように、と手を合わせる。

帰り途、晴明神社にも寄ろうかと思ったけどあまりの行列に断念。

一旦帰宅してひと息ついてから、祇園花月に吉本新喜劇を観に。
DSC_2794
立ち見が出るほどで、大入りだったそうです。内容的にはテレビで放映された内容をややコンパクトにした感じ。
五十嵐サキちゃんでかくなったなー。


三日はお仕事。
四日は新日本プロレス東京ドーム大会を行きつけの居酒屋・よってこやさんで観戦。店主の昇さん、設備投資有り難うございました。



  
Posted by crazy_cmon at 12:30Comments(0)

2018年12月31日

振り返る、2018。

さて、大晦日です。
今日は夜勤。去年は香川の妻実家での年越しでしたので、大晦日夜勤は久し振りです。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

年末。
妻さんは現在実家に帰っとります。
私は29日が稽古納めだったのと、大晦日が夜勤なんで今回は京都に居残り。愛妻家としては寂しいながらも久し振りの独身生活を無言で過ごしています。

DSC_2748
(写真はたしか12.28。
夜九時くらい。堀川通にて)

28日は稽古もないし、妻さんは実家だし、暇なんで久しく疎遠にしてたバーに久し振りに独り飲みに。いろいろお話をして、邂逅。感謝です。

翌日。29日は稽古納め。
土曜午前の部は少年部と成年部の合同稽古…なんですが、道場の扉を開けてみると成年部は誰もおらず。大人はR師範のみ。ありゃま。
仕方ないよねー、年の瀬ですもんねー。
てわけで、大人しく少年部の稽古に混ざり、所々は指導、鍛練的な掛けっこにも混ざる。
護身法の相手のA君は5年生黒帯。黄帯の時から見知ってるけど、いやぁ、成長したなぁ。こっちにちゃんと敬語だもの。

そして、少年部の型納め。
道場で最後にする型が型納め。神棚に一礼してから奉納的に行います。
ひとりひとりの型納めを見守りながら、いやぁ、日々上手くなっていってるよなぁ、としみじみ。
土曜午前が少年部と成年部合同になったのは十月に道場が移転してから。
最初は「誰やろこのおっさん?」的に戸惑われていたものの、徐々に指導者として認識してくれてるようで。
この二ヶ月、毎週来れてたわけじゃないけど、十月に指導したときと比べると見違えるように上達していた子も多くって、おぢさんは素直に感動。

三十分ほどで、全員納めの型を終了。
すると、R師範からのご指示で、私も何か型を見せることに。
さて、どうしよっか。

子供達「スーパーリンペー!スーパーリンペー!(が見たい!)」
と声が飛ぶ。
私「スーパーリンペー以外な!スーパーリンペー以外!(笑)」

やって出来なかないんだけど、細部がちょっと不安だったのと、あと何よりスーパーリンペーは長いんです。普通の型の四倍以上あるのです。
そうこうしてる間に、R師範からのご指示で、演武型は撃砕第一に決定。
スーパーリンペーが剛柔流の最高峰の型ならば、撃砕第一は剛柔流最初期に習う型です。

ビシッ(←演武した音)。

幸い、皆から、感動の声が上がりました。
よかった。多少は伝わったか。
少年部に限らず成年部でも、何となく突き蹴り打ちを出している人は多い。
私は確認の時以外は常に組手のつもりで型を打っている。
そういう空手を見て、育ってきたから。

皆がわーきゃーすげーと言う中、正座をして神前、師範、お互いに礼をして、少年部の今年の稽古はおしまい。

帰り際、今日が初対面の茶帯の男の子が(多分小学校中学年くらい)私んとこに寄って来て、

「さっきの撃砕第一かっこよかったです!」

と言ってくれた。
ありがとよ。
子供に褒められるって嬉しいもんです。
何となくやってるひとの場合、アンテナがあまり立ってないから、他者の型を見ても感動しないことが殆んど。
「すげぇっ!」って言えるってことは、それなりに真面目に考えてやってるって証拠。

それにしても。
子供達の稽古は本当にこちらが気付かされることばかり。
感謝するのはこちらの方です。


夜。
改めて、成年部の稽古へ。
人数は少なめだったけど、気付きを多く得る稽古になりました。

納めの型は、悩みに悩んで午前と同じ撃砕第一に。
悩みに悩んだけど深い理由は特になし。

今年は比較的順調に稽古に来れたし、
二月に少年部組手講習会で指導、四月は春の審査会、九月は少年部型試合、十月は秋の審査会、十二月は演武大会、と八月の合宿以外は道場の行事に参加出来たし。
来年も今年にやや上乗せするペースで稽古に邁進したいものです。


そんなわけで。
年の瀬。
来年もどうか健やかに。

  
Posted by crazy_cmon at 03:56Comments(0)

2018年12月18日

2018演武大会。

大分放置してましたが生きてます。
11月があっという間に過ぎていきました。
紅葉とか意識する間もなかったくらいにホントにあっという間でした。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

12月は所属する空手道場の演武大会。
今年は例年より一週間くらい早くって去る12月16日でした。

DSC_2694

今回の私の出番は以下。

‐年部の演武が審査される時の旗揚げ係。
短刀椅子捕りの号令。
7拭Ψ盧嬖解組手の号令。
ぅ汽い鮖箸辰討量鸞組手。ライノス。
シ拭Ε轡宗璽船鵝

例年と比べると出番はやや少なめ。
三つも四つも演目を抱えてた時が何だか懐かしいです。
たしか三年目だったと思いますが(記憶が正しければ2013年)、型・シソーチンを覚えつつ、新たに型・セーサンも覚えるというややチャレンジングな年もあったし。

ただ、年々、指導する側に回っているのと、ある程度、演武するのを他の道場生優先にして、私はリザーバー的に、、となって来てるので今年くらいの演目が結局はいいんだろうと思います(進行もスムーズになりますし)。


1544952347802
師範代が相手役を務めて下さった小太刀対サイの約束組手。
サイは今回たまたま買ったのですが、有り難いことに師範代から、
「嵯峨さん、サイを使って何か演武を考えましょう」
的に御提案下さり、念願の(?)演武大会でのサイの演武に。
これで、うちの道場で使う得物は一通り経験しました(サイだけ未経験だったのです)。
師範代には今回の演武に当たっては感謝してもし切れません。本当に有難うございました。


1544952321414
1545081648082
型・シソーチン。
どっちかと言ったら苦手な型ですが(グーで突く動作がないから)演武大会に向けて毎日稽古することで多少は忌避感はなくなったかな?
やっぱり型に自信を持つには何度も何度も稽古すること以外ありません。



DSC_2701
演武大会後、荒神口の新福菜館でやっとのことで食事。
毎年の事ですが、当日は朝昼、ほとんど食べないのです(水分補給程度。理由は道着を着てるとトイレに行くのがめんどいから)。

新福菜館の焼きめしとラーメン並。
ズズズッ。
ワササッ。
あー。
美味い。
このチャーシュー、やっぱり好き。
本当に本当に、好き。
ご馳走様でした。


一旦帰宅して、語学アプリを最低限だけして、お酒を買って、打ち上げ会場の北大路道場へ。
コテンパンに酔っ払って記憶を失いました。本当に反省。


  
Posted by crazy_cmon at 06:47Comments(0)

2018年09月21日

二条道場ラスト。

気が付けば九月も下旬!
便りのないのはよい便りと思って頂ければ幸い。
嵯峨シモン周辺は比較的平和です。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

書いてない間に、健康診断・人間ドックを受けて要再検査になったりとか、9.12には新日本プロレス京都大会を見に行ったりとか、ネタはそれなりにあったんですよ。
今回はそれとは別の話。

所属している空手道場の二条道場が今日でもってラストでした。
詳しい理由は訊いていないがテナント主さんのご都合により、とのこと。
七年前に入門して最初に稽古したのが二条道場だったので思い出もいっぱい。
叱られもしたし、ミスもしたし、フンガーとなることもあったけど、基本的には二条道場には楽しい思い出しかない。
有り難うございました。

二条道場のことで、やっぱり思い出すのは入門初年のことばかり。
今とはだいぶ稽古内容も違っていた。
空手と言ったら競技空手の、一本を取る空手しか知らなかった当時の自分にとって、捕り手や護身法をふんだんに行う稽古内容は非常に新鮮で、体験してみて「これは続けたい!」と思って即入門を決意。
懐かしい話であります。

有り難う、二条道場。
本当に有り難う、二条道場。


DSC_2392
そんな今日。
Amazonで衝動買いしたサイが届いた。
そろそろ稽古を指導する側になってきて、棒やトンファーは一通り出来るもののサイはちゃんと取り組んだことがなかったので、そろそろやっといた方がいいよなぁ、と思ってじわじわ進めていくことに。

取り敢えず、ビギナーだし金属製で二本組なら安いのでもいっか、と思って、Amazonで見つけた中でいちばん廉価なのをポチッとしたのですが、届いてみると存外にしっかりしていた。
これを毎日フリップしてたら前腕部も太くなるかねぇ。


さて。
明日は胃カメラです。晩メシが食えませぬ。
  
Posted by crazy_cmon at 22:38Comments(0)

2018年08月16日

2018、徳島、続。

(前回の投稿記事の続きでゴンス)
駅近くで買った『阿波楽』。
DSC_2142

この中に、有名連娯茶平連の連長さんと飯泉徳島県知事の対談が載ってました。IMG_5quqi5
知事曰く、「阿波踊りは武道」。
いやー、いいこと仰る!!
私が阿波おどりに惚れ込んだのもそこなんです!
男踊りの腰をグッと落とした姿勢が剛柔流空手の猫足立を彷彿とさせ、同足で進むナンバの動きが見てとれたから、なのです。
私個人の考えですが、剛柔流を学ぶ者なら是非阿波おどりを体験すべし。きっと見つかるものがあるはずだ(ま、そんな堅苦しく考えずにね)。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

翌日。
朝ご飯を頂き、洗濯物を干すのを手伝い、あとはめいめい休息。

語学アプリのDuolingoノルウェー語、全ジャンルを解き終える。
長かった。。
レベルがそこそこ高いし、途中でバージョンアップされたこともあり、390日もかかってしまいました。
Screenshot_20180814-150820
テーテッテレー♪(←ねるねるねるねの効果音)。

最後の方に解いた問題で、
Screenshot_20180814-143311
語句整序問題なんで正解はしたものも、smithが動詞として使われている。
えっ!?smithって人の名前だけじゃなかったのか!?

調べてみると、
Screenshot_20180814-143526

Screenshot_20180814-160516

Screenshot_20180814-160523
smith a knife で「ナイフを打つ」だそうで。
smithは古英語で「職人」を意味する、とのこと。
知らなかったよスミスさん!!!
あれかな、日本の苗字で、「〜べ」で終わる苗字が職業由来なのを意味する、みたいなものかな。
(ex.池部/池辺、卜部、占部、宮部/宮辺、服部…etc.ちなみに渡部/渡辺は地名由来で職業由来ではないようです。ついでに、私の苗字の嵯峨は嵯峨天皇もしくは嵯峨源氏由来ってことで宜しいか?)

閑話休題。


おじいちゃんは昭和11年生まれ。ご本人曰く、小学校五年生で終戦を迎えたとのこと。
そんな話をいろいろ訊かせて頂く。

私「徳島でも爆撃とかあったんですか?」
祖父「あったよ。戦闘機がこっち(恐らく国府町の方)まで来て、焼夷弾を落としていってな、それから眉山まで回っていってまた焼夷弾を落としていった」
私「え!?眉山の辺りって爆撃受けたんですか!?」
祖父「そうじゃ」

戦争は、繰り返しては、ならない。
攻め込まれる国であっても、ならない。

祖父「戦況が悪化して来ると、学校では危ないちゅうんで、山の上のお宮さん(阿波史跡公園の頂上付近にある八倉比売神社のことであろうか)に集まってそこで勉強させられたもんじゃが、空襲警報は鳴るんじゃがお宮さんの辺りには防空壕がない。だけん、逃げるっちゅうても山ん中に逃げるだけじゃ」
私「遊ぶことってあったんですか?」
祖父「それはそれなりに遊んだよ。山の中の食べれるものを採ったり、山スキーちゅうてな、こうやって木を組んで…(恐らく橇とスキーの中間のような玩具であろうか)」

祖父「ましゃひと君のおじいさん方は戦争に行かれたんじゃろう?」

母方の祖父が戦中に海軍に行った話は聞いたことがあるが、詳しくは聞いていない。嵯峨シモン実兄は祖父にそういった話をそれなりに聞いたようだが、まさひと少年は祖父の存命の時代にそういった話はついぞ聞くことがなかった(少年時代の私が人の話に耳を貸さない天の邪鬼だったことも大きな理由)。
父方、嵯峨家の男衆が戦争でどうこう、というのは聞いたことがない。あれ、何故だろう。


DSC_2147
京都に戻る前におじいちゃんおばあちゃん家から徒歩三分ちょっとの阿波史跡公園へ。
暑かった。。
ホントは奥の方まで行きたかったんだけど、暑さと時間の関係でギブアップ。
マムシとかも出るらしいし無理はしない。


DSC_2158
帰りのバスの出発までに、阿波おどり会館でお土産を買って軽く市内を散策。

今回、総踊り中止命令(→振興協会側が決行)というスキャンダラスなニュースが世間を賑わせました。
結果、見る側は興醒めして購買意欲が削がれたと思う。
四つある演舞場のうち、総踊りを行う演舞場のみが混み、他がガラガラだから、という当て付けな理由でしたが、
であれば、総踊りを各演舞場で持ち回りにするとかいろいろプロモーションのやりようはあったと思うんだがなぁ。
見る側、踊る側の問題ではありません。させる側、プロモーター側の問題であって、ネガティブな話題を振り撒いたら客の財布の紐はきつくなります。
さぁ、来年はどうなるかだよ。


DSC_2155
徳島ラーメンのお店で(徳島ラーメンではない)ラーメンを食べて、出発。

有り難うございました。

あぁーっ、サンルート徳島に泊まりたいーっ!あそこの大浴場でのんびりしたいーっ!

てわけで、年内にあと一回は来たいです。
I love 徳島♪
  
Posted by crazy_cmon at 13:55Comments(0)

2018年08月15日

2018年、徳島。

8月12日の夕方に京都駅前でお仕事を上がった嫁さんと合流して、新幹線と特急でいざ四国へ帰省。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

DSCPDC_0002_BURST20180812204947837
丸亀の嫁実家に帰省するとテレビで阿波おどりの中継してました。四国ならでは。
そのまま談笑しつつ、晩ご飯を頂き、お風呂頂き、就寝。終身名誉会長。

朝。
目を覚まし、朝からボリューミーな嵯峨実家の朝ご飯とは対照的にこじんまりした嫁実家の朝ご飯を頂きながら、前晩のG1クライマックス決勝戦を新日本プロレスワールドで観戦。すげぇ試合でした。

その後、義父の運転する車に揺られて徳島の嫁母方実家へ。
お世話になります。
おじいちゃんおばあちゃん家は徳島市郊外、駅で言ったら府中と書いて「こう」と読む府中駅最寄り(最寄りと言っても車で十分くらいかかる)にあります。徳島市中心部からは離れたのどかな農村地帯。

Screenshot_20180815-191617
Googleマップのスクショ。中央から左寄りのところにある阿波史跡公園がほぼおじいちゃんおばあちゃん家の位置(史跡公園まで歩いて三分くらい)。

到着するなりおじいちゃんから、
「ましゃひと君(←私の本名「まさひと」を阿波弁で発音するとこうなる。ご年配の方の阿波弁ではかなりの確率で「さしすせそ」が「しゃしぃしゅしぇしょ」と変化する)は阿波おどりが好きだっちゅうて、昨日の徳島新聞じゃ。上げるから」
と昨日の徳島新聞の阿波おどり特集記事を頂く。わぁお。貴重な資料。
DSC_2100

DSC_2101
おじいちゃん、本当に有り難うございます。それなりに可愛がられている孫娘の夫。

お昼ご飯を頂いてひと休みしたら、さぁ市内中心部へ。
阿波おどりに溢れる徳島市中心部へ参ります。

DSC_2105
府中(こう)駅にて。
何となくだが、私の母方の祖父母の墓所のある秋田県潟上市の上二田駅に雰囲気が似ている。そりゃどっちも田舎ですからね。


府中駅から徳島駅に出て、阿波おどりを見る前にまずはタクシーをとっつかまえてイオンモール徳島のもふもふふれあい動物園へ。
ミーアキャットのロイズさんに会いに行くのです。

DSC_2108
DSC_2118
ロイズさーん♪
お盆で人が多かったこともあってか、前回より大人しめ。それとも夏バテだったかな。

DSC_2124
数ヵ月前にこちらに来たもう一匹のミーアキャット、セシルさん。
抱っこしたらスタッフさんに「そのミーアキャットは抱っこしないで下さい!!」って結構な剣幕で注意されました。なら事前に言ってよ。。。

ミーアキャットの肉球の温かさを堪能して、イオンで多少服も買って、徳島駅に戻る。

さぁて、阿波おどりスタートのお時間です。

DSC_2126
すごい熱気。

DSCPDC_0003_BURST20180813181006306_COVER
お、いちばんお気に入りの若獅子連さん発見!!

どうやらにわか連(素人だけど踊りたい!そんな人たちのグループ)をご指導、ご誘導下さるようで。

DSC_2132
素人だけど踊りたい!
そんな皆さんを誘導しながら若獅子連さんの踊りをしっかり見せて下さいます。ウヒョー。
いやー、満足満足。

DSC_2133
全然見えないけど阿呆連さんが踊ってるところ。

DSC_2135
桟敷席。
全国区のニュースでも話題になった市側による総踊り中止問題の影響もあってか、例年と比べると桟敷席は結構空いてました。

DSC_2137
葵連さん発見!

DSCPDC_0000_BURST20180813193737998
またしても若獅子連さん発見!


楽しみながらもこの辺でタイムアップ。
さぁ、汽車で徳島から府中へ戻ろう。

DSC_2142
駅近くで阿波おどり専門誌『阿波楽』最新号を発見!
内容的にはほぼ写真集です。表紙が若獅子連さんだったし買っちゃったよ、即買い。
(続きます)
  
Posted by crazy_cmon at 19:53Comments(0)

2018年08月13日

ノルウェー語雑感。

八月。
現在何と六連休の真っ只中です。
決して会社を謹慎処分になったからとかではなく、一年に一回、社員各人が五〜六連休をとってリフレッシュをしなさい、という通称「リフレッシュ休暇」が今月、しかもお盆ど真ん中に頂けたのです。

と は 言 え。

私が休みでも妻は普通にお仕事。
六連休がっつりと夫婦で旅行、とかはなく。
妻が会社から頂けた二連休で妻実家の四国へ帰省に同行。
あとの休みはこれと言って何もなく。
あ、ちらっと岸和田には遊びに行きましたけどね。

DSC_2088
岸和田城。


へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

帰省の移動時は、日課の語学アプリでの学習が捗ります。
これまで愛用して来たmondlyのノルウェー語の比重をちょっと少なくして、その代わりにduolingoのノルウェー語をやや多めにシフトチェンジ。
理由は、mondlyのノルウェー語は一通り解ききってしまったし、日本におけるノルウェー語学習者としては一位も取ったし、で。
勿論やった内容をスラスラ全部言えるわけではないですけどね、まぁ一段落といった感じで。

代わりにduolingo、こちらは解けば解くほどに問題がアップデートされていくし、例文も面白いし。

Screenshot_20180811-183213
「えっ?BLってことっすか?」みたいな例文。

ノルウェー語を学び始めて476日ほど(何でこんなに正確に日数が分かるんかって言ったら、mondlyでノルウェー語をスタートしてから毎日欠かさず続けて、8月12日時点でこの日数だからです)。

この一年ちょっとで手を出した言語は、
ロシア語、ポーランド語、ノルウェー語、フィンランド語、スウェーデン語、イタリア語、フランス語、そしてドイツ語。
このうち、今でも一応続けているのは、ノルウェー語、ポーランド語、フランス語、ドイツ語。

ロシア語はやっぱり文字のハードルが大きく、アプリで問題を解く際にロシア語アルファベットで入力するのが困難だった為、断念。それと、職場に来る外国人観光客の中でもロシア人はかなり比率が低く、使う機会があまりにも少なかった事からモチベーションが低下した為ギブアップ。
フィンランド語は文法の複雑さから一旦了。嫌いになったわけではないんです。
スウェーデン語は試しにやってみた程度で、解けば解くほどノルウェー語の知識で解けてしまう、と思った為一週間くらいで了。
イタリア語は空手の道場にイタリア人の方が入門して来たし、挨拶くらいは覚えようか、と始めてみたが程なくしてその方が来なくなり、あっさりモチベーション低下。イタリア語検定の受験を以て一旦了。発音は簡単だが文法は難しかった。。

結局、比較的真面目に続けているのはノルウェー語くらい(あとは一日数分程度)。
まぁノルウェー語は覚えた分だけ同僚のステファン相手に使えるからねぇ。
あと、ノルウェー語の文法が簡単ってことも大きい。
語順はほぼ英語だし、他のヨーロッパ言語にありがちな複雑な格変化も無いに等しい。
解き始めた時には「え?こんなに解きやすい言語があったんだ?」と思ったほどだ。
惜しむらくは、学習ソースが少ないことか。
何せノルウェー本国の人口は523万人ほど。

Screenshot_20180813-035726
実はフィンランドの方が人口は多いのね。


書店の語学コーナーの棚を上から下まで占めるメジャー系言語(中、仏、伊、独、西等)と違って、ノルウェー語は大型の書店でも五冊あれば多い方だ。
必然的にこういった言語を独習する場合はインターネットでの学習が主軸になる。
インターネットでの学習となると、ほとんどが英語ソース。
日本語で語られたソースは本当に限られて来る。


DSC_2073
そんな状況にあるノルウェー語で待望の最新刊が発売。『ニューエクスプレスプラス ノルウェー語』。
著者は今や日本でノルウェー語と言ったらこのひと、ノルウェー夢ネット主催の青木順子先生。軽妙な、分かりやすい文体が実に親しみやすい好著です。


学習のメインはスマホアプリにして、紙の書籍は息抜きにパラパラと眺めるようにしている。
ある程度、練習問題で数をこなしてからの方が日本語での文法解説が染みて来る。
(これ、空手とかの武道でもそうだと思う。ある程度の数稽古をやった人の方が要点解説が理解されやすい。逆に言ったら基本稽古の数が足りてない人には身体の使い方の要点を解説しても「へー」と言われるだけで実感されないことが多い)


と。
嫁実家に帰省して枕が違ってなかなか寝就けず書いてしまった。
明日もまたスマホアプリでノルウェー語。

  
Posted by crazy_cmon at 04:16Comments(0)

2018年07月25日

七月近況報告。

七月も下旬。
何にも書いてないのはそれなりに平和で真面目に労働していた証拠ですよ。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

七月と言えば職場の界隈は祇園祭。
前祭りの際には会社の前の烏丸通は歩行者天国になり、交通規制で案内もてんやわんや…なのですが、今年は例年と比べて客層がよく、忙しいのは忙しかったものの、混乱は特になく。

DSC_1869
仕事の休憩時に。

唐揚げが絶品のお店を探すのは、絶品ラーメンのお店を探すより大変だと思う。
唐揚げが美味いお店はラーメンも美味いものですが、ラーメンが美味いからと言って唐揚げも美味いとは限らないもので。
そんなわけで、自宅界隈は唐揚げ空白地帯なのです。
が。
屋台で売ってるこの紙コップに入れる唐揚げは大概クオリティが高い。
たぶん日清製粉唐揚げ粉なんでしょうが、これはどこの屋台で売ってても大体外れなし。
上京区にこういう唐揚げをひたすら売ってくれるお店が出来たらいいのに。


祇園祭前祭りから一週間の連勤、ちょいと休みを挟んで気が付けば後祭り。

DSC_1921
烏丸姉小路の鈴鹿山。

祇園祭の時は、そのど真ん中で労働してるので、あまり堪能することはありません。紺屋の白袴みたいなものです。


それにしても、京都市内は連日暑い。
最高気温は概ね38℃。
職場のある中京区は恐らく40℃を超えていることでしょう。
家では健康冷房モードでエアコンはつけっぱなしです。
普通のシーズンでは、仕事から帰宅したらシャワーも浴びずに爆睡、が常でしたが、最近は帰路の二十分で汗だくになるので、帰宅するなり着ていた服を洗濯機に放り込み、自身はバスルームに突撃ー。
そんな感じの日々を過ごしております。曇りの国の秋田が恋しい。

来週は早くも八月。
暑さはいつまで続くものやら。
今、雨を求めるのは不謹慎かいなぁ。
  
Posted by crazy_cmon at 12:40Comments(0)

2018年06月29日

仏検の話。

ちょっと前の話。
6月17日。
フランス語検定五級を受験してきた。

へい、らっしゃい、Cモンです。イカリングお待ち。

DSC_1720
正しくは「実用フランス語技能検定試験」て言うのね。いかつい。

受験を決意してから120日での受験。
(何で分かるかってぇとフランス語を勉強してるアプリで連続学習日数が出るのです)
三月に受験したイタリア語検定はほぼ勉強しなかったので結果は大敗でしたが(一日一分の勉強で三ヶ月では無理でした)、フランス語は大学時代に第二外国語で履修してて初級と中級はどちらもAだったのでまだアドバンテージがだいぶある状態からのスタート。

改めて始めたら結構覚えてるもので。
昔は紙のテキストをひたすら音読して覚えて、だったのでdans(ドン=英語のinにあたる)と言ったらdans la rue(ドン・ラ・リュ=道で)とかdans le musee(ドン・ル・ミュゼ=美術館で)とか意外と覚えてたりして。


やっぱり一度体験したことがあるというのは大きいんだろう。
語学アプリでいくつか言語を勉強、体験してみたなかで、フランス語には拒絶感とか拒否感があまりない。
「いやー、助けてー!さっぱりわからーん!」
と逃避する感じにならない。
分からなかったら覚える、間違えたら調べて覚える、をポジティブに繰り返し。


とは言え。
生来の天の邪鬼な性格な私は、勉強開始から一ヶ月ほどは順調にかつ貪欲に学習を継続したものの、それ以降は「ある程度」の学習に落ち着いてしまい、いつも通り、ノルウェー語第一、ポーランド語第二、フランス語は第三、というルーティーンに戻り、ほぼそのまま試験当日を迎える(秋田に帰省したときは仏検の問題集を持っていってちょっと解いた。私の勉強机はすっかり母のミシンデスクになっていた)。


試験は朝十時から。
相変わらず、こういう時には遠足前気分で前夜はあまり眠れず、うつらうつら。
バスと電車を乗り継ぎ、試験会場の光華女子大学へ。

DSC_1721
それにしても、京都市内に学校や会議施設っていっぱいあるだろうに、何故光華女子大学になったのやら(京都では受験会場はここだけ)。ちょっと北上した京都外大にはフランス語学科もあるのに。


DSC_1722
女子大のロビーの椅子の座り心地のよさにびびる。
会場が開場し、流石にちょっと試験勉強。
(会場に向かう車内でもいつもの癖でノルウェー語をアプリで解いていた)


流石に受験者は大学生くらいと思しき年齢層が多いなー。
私みたいな中年層もちらほらいるのはいるけど。イタリア語検定はもうちょっと年齢層が高かったな。

教室の時計が十時になったのに開始の号令はかからず。
何でやねん、と思っていたら三分後に開始。
そういうのって普通アナウンスするよなぁ。

問題は筆記問題三十分、その後、休みをおかずに聞き取り問題十五分。

フランス語の初級は、名詞の性、単数か複数か、それに対応する動詞の正しい活用形はどれかに尽きる。
ということは、意味が分からなくても形で判断できる問題も多い。

意味が分からない単語が出てきてもスラスラと形から判別して問題を解いていき、筆記は十二分で解き終える。
あと十五分ちょっと、ひたすらボーッとする。

そして聞き取り問題開始。
こちらは難しかった。
難問かは考えてる間に聞き逃して当てずっぽうでマークせざるを得ず。
だってねぇ、フランス語ってil「彼」も、ils「彼ら」も同じ「イル」って発音するんだよ。じゃあどうやって聞き分けるかって言ったら続く動詞の活用形で判断するわけで。

例えば、「彼は聞く」「彼らは聞く」はそれぞれ、

il entend
ils entendent

だが、
発音は(カタカナにしたら)、

「イラントン」
「イルゾントン」

となる。
分かります?文字なしで耳だけで聞いたらすごく微妙なこの違い。
分かってはいたが、まさかこんなに聴解しづらいものだとは思ってもみなかった。

そんなわけで、リスニングはあっという間に終了。かなり苦戦した。

回答用紙を回収され、

「それでは解答をここに置いておきますので興味のある方は自己採点なさってみて下さい」 

ええっ!もう解答を配っちゃうのかい!?


帰宅後、自己採点してみたら、筆記は一問、聞き取りは四問不正解でした。
こりゃ受かったな。
四級はどうしようかな。


DSC_1723
光華女子大学から歩いてすぐの天神川。

  
Posted by crazy_cmon at 22:42Comments(0)