2021年11月28日

霞のホソ釣り

 今年も残り一月、年の行きかう時節となりました。既に十分寒いので今年のフローターも終了としています。
 
 本来ならこの時期は、霞ヶ浦でワカサギ釣りといきたいところですが、ここ数年霞ヶ浦のワカサギは絶不調。正直なところ霞ヶ浦での釣りモノにちょっと困っていました。そんなところで副代表からと霞のホソで小物釣りに行きたいとの提案があったので、去年の春に行ったホソへ二人で出撃してきました。

260217126_1569286063433784_2731254818246079466_n

 小物釣りといっても、そもそも本業はフローターのバス釣りなので、道具は全部あり合わせの使い回し。副代表は 3.6mの竿 + テナガエビ脈釣り仕掛け(1.8m) + イモグルテン(ユルユル) で川幅2mもないホソに挑みます。おそらく水深も50cm程度でしょう。当然 のことながら、キテレツなタックルバランスに大苦戦が始まります。思わず
 
『アジでも狙っているんですか?』 

 と聞いてみたくなりました。霞のホソを完全になめてますね・・・
 
 サムライは9尺の竿に小鮒用のシモリ仕掛け、エサはタナゴグルテンでスタート。仕掛けが馴染むとすぐに反応はありますが、魚が小さいせいかなかなか乗りません。ようやく乗せるとクチボソやモロコ、たまに小鮒といったところでした。
 
IMG_2953

 もちろん副代表のキテレツタックルは異常なし。長〜い長〜い沈黙が続きます。見るに見かねて 6尺竿 + 小鮒シモリ仕掛け + タナゴグルテン をお貸しして、ようやく侘び寂びの効いたホソ釣りらしくなってきました。
 
IMG_2950
フナ用仕掛けに変更して、まずはモロコ、ヨカッタネ。

IMG_2959
狙い通りの小鮒

IMG_2955
うれしいことにタナゴも顔を見せてくれました。
 
 タナゴが顔を見せてくれたので、サムライも4尺タナゴ竿でタナゴ狙いに切り替えます。ぽつ〜り、ぽつ〜りとですが、タナゴも顔を見せてくれました。霞のホソで小物を釣りながら、馬鹿話をしながら、半日楽しむことができました。
 
 霞ヶ浦の釣りとしては、バスに加えて、最近はキャットフィッシュ釣りも流行しているようです。釣り好きにとっては、昔ながらのワカサギやフナ、手長エビ、タナゴなどなど、四季折々に楽しめる霞ヶ浦の懐の深さには本当に感謝です。茨城県ってほんとに魅力的な県だな〜!


IMG_2961
 
 
ホソの小物釣りには、侘び寂び軽みがあると思う。 
サムライ記




crazy_fbi at 15:27|PermalinkComments(0) Memory | Other Fishing

2021年11月14日

FBI ルアー列伝 31

 ご存知の方も少ないであろうFBIゴースト部員の村田と申します。 初めて投稿させていただきます。 ある意味ルアーにはあまりこだわるタイプではないのですが、 好んだルアーはトコトン使い倒します。 それがこだわるってコトですかね。
 
 ルアーに対してウンチクを多く語れないワタクシがルアー列伝を語るなんて、 恐れ多いと思いますがそれでも愛着あるルアーはあります。 その時々で新型モデルや流行りのルアーを使ってみて

“  オッ釣れるじゃん ♡  ”

 と なれば使い込んでみる。それがボクのフェバリットとなるわけです。
 
 そんなボクが昨年から使い熟していると思ってるルアーをひとつ紹介してみたいと思います。 今年大流行していろんなタイプが発売された 沈む虫系ルアー です。 ボクが知っているだけでも一誠、OSP、ジャッカル、イマカツ、レイドジャパン、 エバーグリーン、ディスタイルついにはダイワまでもが発売。 一世風靡して動画でもかなり紹介されましたね。 昨年、沈み蟲(一誠)を使い始めていろいろ試してみてヘビロテするまでになったのが・・・
 
255879792_450247040005575_5325743270128036869_n

・沈み蟲2.2、2,6/一誠 5.5cm5g、6.7cm11g

 
256177407_181664497499687_5345306236032860868_n

・アビ50/レイドジャパン

 
256138546_303541761589395_6677511443378290257_n

・ゲジー/エバーグリーン


 自重、フォールスピードと潜行角度、揺らめく足の感じ、ハリ持ちの良さがボクのタックルとマッチします。 沈み蟲2,2とアビ50はベイトフィネス、沈み蟲2.6はテキサスロッド、ゲジーはスピニングタックルに オフセットフックセッティングで使っています。
 
 沈み蟲とアビはお尻にネイルシンカー(0,9〜1.4g)を刺して バックスライドチューン して使います。 ゲジーはラインテンション掛けずに ナチュラルフォール 。 カラーはグリパンチャート、スカッパノン、ゲジーはシークレットGという黒茶ツートンを使ってます。
 
 効果的なシチュエーションは立杭や沈船、ヘラ台などの縦ストですね。 潜行角度を意識して的確にキャストすると居れば高確率で喰ってくる。 ボイル撃ちにも効きます。弱点はギルに襲撃されると足がみるみる減っていくコト。

 春から初秋シーズンはかなりいい思いをしましたよ。 来シーズンはどんなルアーがフェバリットになるか楽しみです☆
 
 
256808831_864741844225255_4347147628347746693_n










256418868_286480266553614_4658737637217671851_n
 
256698201_469614921159226_6175809547160079937_n


crazy_fbi at 18:53|PermalinkComments(0) ルアー列伝 | Tackle

2021年11月01日

FBI ルアー列伝 30

 皆様、21シーズンお疲れ様でした!「豚汁翁の倅」こと、チャン亮です。 今回こそは  FBI2021クラシックチャンプ  になれましたので堂々と列伝しますw
 
247173961_460993068643921_6052404304729974998_n

 
 「 フォロースティック 」 元TOP50五十嵐誠監修のI字引きワーム。 五十嵐プロと言えば、15年のエリート5桧原湖戦をぶっちぎりで制覇した猛者。 実際のエリートで使われたワームはピンテールでしたが、そこに五十嵐プロが理想を練り込み完成したワーム、それがフォロースティックです。
 
 小生の場合、色は視認性を重視してイエローを使います。使用するフックはリューギのフォグショット#4。フックは腹抜き派なので、一度頭から抜いて腹に縫刺ししています。
 
 使い方は、岸に向かってキャスト → すぐにティップを下げてラインを水につける → 引いてくるラインが限りなくキレイなI字を描くように引く、これだけです。 ポイントは、引く速度を出来るだけゆっくりにしてやること。正解は未だ謎ですが、ピックアップ直前まで食わなければ沈めてやると食う場合が多いです。
 
 タックルは、前述の通りゆっくり巻く事が大切なので、リールはノーマルギアのバリスティックを使用。本来、繊細なネコ用として導入したのでマグシールドレスで巻きを軽くしています。 ロッドもこれまたネコリグ用ですが、ワイルドサイド59UL+、張り感はI字引きに打って付けです。 ラインはアブソルートAAAの3lb。
 
248368283_221415153422986_8663441882210265414_n

 
 偉そうに語りましたが、結局は前回の列伝で語った 「ライトキャロ」 も今回の 「I字引き」 も
 
大切なのは [ラインメンション] ということ。
 
 意外と細かい事に繊細なスモールの釣り、奥が深いですね。 今回のクラシック「桃源郷戦」を、ライトキャロとI字引きで制覇出来た事は大きな自信となりました!来年も桃源郷に通って、コレらの武器の練度を高めたいと思います。 来シーズンはマスターを狙う件。
 
247002183_1483029432064473_7502601183528932753_n
 

247918489_250179363753097_2283124626762938594_n
 
 





crazy_fbi at 10:10|PermalinkComments(0) ルアー列伝 | Tackle

2021年10月12日

小野川葦撃ちゲーム

 10月の声を聞いても残暑の続くこの頃ですが、今年度のFBIトーナメントのレギュラーシーズンは終了となりました。残すは10月24日桧原湖でのクラシック戦のみとなります。そんな合間にちょっと一息、副代表こと自称 霞のプリンスと小野川でプカプカ浮いて来ましたので、簡単にご報告。
  

 当日はほぼ平水、曇天、微風、たまに日差しがあるとジリジリとした暑さを感じます。風予報もあるので、今日は上流域の葦撃ちで楽しむことにしました。

 

1本目
 

 台風後の増水も治り、綺麗に水が入れ替わった様子で浮遊物もほとんどなくいい感じの水色です。手始めにヤマタヌキノーシンカーで流していると、早速ラインが走って1本目。34cmながら750gと体高のある魚でした。自称 霞のプリンスからはスタートエリア付近の葦で1本とメッセージあり。どうやら今日は良さげな予感がプンプンします。


 リグを変えながら釣り進めていると、下流からエンジン音。霞のプリンスが上がってきました。そこで合流して2人で葦撃ち。となると、

FBI 恒例の葦撃ちゲーム

 
の始まりです。ルールは簡単で同じ葦を2〜3人で順番に撃ってゆくんですが、先行の持ち時間は30分、もしくは誰か釣れると先行が交代します。試合並みにプレッシャーがかかりますが、結構おもしろいんですよ。真剣に撃つもよし、先行者にくっついて葦撃ちテクを盗むもよし、勉強にもなる楽しいゲームです。
 

2本目
 
 お気楽な後発スタートにしたので、より緻密に攻めるか? リアクションか? それともキャスト練習か? 先行がテキサスのようなので巻いてみるか! 釣りはリズムが大切、テンポよくキャストしてゆきます。キャストの乱れは心の乱れ(座右の銘)お気楽に巻いているせいかキャストもいい感じ。
 
 アピール強めを狙ってシングルコロラドのスピナベを巻いていると、早々と1100gがヒット!『 やりい〜っ! 』 巻きで採った魚はウレシイもんですね。うしろから煽って自力で先行へチェンジ。
 
244421825_301887834713028_2523136136647216636_n
 
 先行でもそのままスピナベを巻き続けて 『 やりい〜っ! 』 1150gを追加! 最近の霞水系ではなかなかの釣れっぷりでした。もちろん霞のプリンスも黙ってはいません。まずテキサスで反撃の1000g! 今日は若干喰いが浅いものの、撃ってよし、巻いてよしの日のようです。
 
IMG_2864
 
 霞のプリンスは、更にテキサスで1500gのキッカーキャッチ! これは試合で欲しい満足のサイズですな。小野川のバスは体高があって、サイズの割にはウエイトがある印象です。
  
IMG_2862
 
 勢いにのってしまった霞のプリンス。更にすぐ横でテキサスで800gをキャッチして差をつけられました。まったく遠慮ってものがないですね。やっぱ野人だよチミは! ここで運を使い果たして、桧原湖でど〜するつもりなんでしょう? 
 
244586883_1397096284020923_5248933164147304082_n

 午前中終わって、サムライ3本、霞のプリンス4本。共にリミットメイクで3kgオーバー。活性は高いものの、バイトも小さくので喰いが浅いようなイメージです。2人ともバラしも同数位あったので、かなりいい感じの1日でした。
 
244112267_301257091436670_3688615470649692548_n
  
 例年この時期になると葦が崩壊して、あまり魚ついてないんですよね。今年は台風直撃がなかったので、比較的葦が残っていたことと、程よく水が入れ替わってたのが幸いしたと思っています。霞水系こんな日ばっかりならいいんですがねえ。
 
 
23日、24日桧原湖の耐寒フローターでシーズン〆〼
サムライ記



crazy_fbi at 19:06|PermalinkComments(2) Pontoon Boat Fishing 

2021年10月07日

FBI ルアー列伝 29

 こんにちは、岩松です。FBIには2019年の第5戦の小野川河口古渡戦より参戦させて頂いております。まだまだ若輩者の私ですが、この度恐れ多くもルアー列伝に投稿させて頂く大役を仰せつかる事になりました。
 
243869224_394190105448121_2555036447939385842_n (1)


 今回私が紹介させて頂くルアーは、先日行われた霞ヶ浦の牛堀戦で、2位となった立役者のエンジンの  フォールスティック4インチ  です。 このルアーの出会いのきっかけは、ゲーリーのセンコーがきっかけでした。センコーはとても優秀で良く釣れるワームです! ただ、私的にセンコーに変わるワームが欲しく、辿り着いたのがエンジンのフォールスティックでした。理由はセンコーに少し飽きたから?かな?(^ ^)
 
243870733_388527976113878_3069917042756845723_n (1)
  
 フォールスティックは主に  ウェイテッドフックを使用したリグがお薦め  です。ノーシンカーも良いのですが、多少ウエイトを背負わせたほうがフォール時にワームの裏面にあるキールがより水を掴み、リア部の球状部分が  左右にプルプルと微振動  しながらアピールしてくれるからです。
 
 使い所は、葦際やジャカゴ、テトラや杭などで良く使用します。ワーム自体に自重がある為、良く飛びます!沖の沈み物などにもお勧めです! 今は、4インチを主に使っていますが、これから3インチも使い込んでみたいと思います。 センコーに飽きた方、是非一度使ってみては如何でしょうか?
 
243973467_399512895013526_2004440657626032275_n (1)
 
 PS  2019年の代替戦、洲の野原で2位になったのもフォールスティックのおかげでしたが、今回もフォールスティックのおかげで2位でしたが、決して2位止まりのワームでは御座いません(^ ^)(^ ^) あ!そういえば、今回の牛堀戦の優勝者は確か4インチセンコー使っての優勝だったな…。 来期からはセンコーもより使いこなそっと! フォールスティックと共に!! 
 



crazy_fbi at 18:20|PermalinkComments(0) ルアー列伝 | Tackle