2020年10月25日

FBI ルアー列伝 9

 ポセイドン・イトウです。交流戦での優勝のおかげで、早くも2度目の列伝投稿になります。今回はフレッドアーボカストのマスキージターバグの紹介させていただきます。
 
121163960_2432664570376728_6602799928108363662_n
 
 まずこのルアー、名前にはマスキーってついていますが、実はバスにもかなり使えるルアーなんです。ただし、両脇のいかついフックが実は曲者で、これを何とかしない とどうにもなりません。キャストのたびにフックの片方が手を挙げるように背中に引っかかったり、 重量バランスが悪くて仰向けになったり、イライラの連続になるでしょう。 おそらくデフォルトのままだと5投くらいで「ダメだ、コリャ」と呟いてボックスに戻し、 永久に使わないルアーになってしまうでしょうね。
 
121260343_832466170858003_4486267704380872436_n
  
 ですが・・・ こいつはちょっとしたチューニングにより、かなりの優等生になる ポテンシャルを秘めているルアーなんです。 私なりに試行錯誤を繰り返して、たどり着いたチューニング方法をご紹介します。
 
 ,泙困蓮∩瓦討離侫奪を金具ごとはずしてしまいます。  △修靴銅命燭里茲Δ砲腹に金具をつけて、ダブルフックを2本取り付けます。 デフォルトの金具を取った穴はヒートンや接着剤などで水が入らないよう塞いでおきます。 ※写真は穴をふさいだ上に、塗装しています。テールフックの金具はデフォルト状態より前方にずらした場所に取り付けます。 こうすることで、ウイードレス性能が格段にアップします。 そのままの状態だと前方が下がりすぎてうまく泳がないので、重量バランスを取るためのステンレスのネジをお尻に取り付けて完成です。
  
121239262_376544407040179_7942914744674104309_n

121262426_337670767539613_8268572803208105625_n
 
 魔改造後のマスキー君は、泳ぎがとっても軽やかになります。 そして特筆すべき点はアシやガマ、ハス等に対するウイードレス性能です。 前方のカップが実にスムーズにベジテーションをかきわけ、かわしまくってくれるんです。 しかも規則正しい強烈な波動と、カポカポした音を出しながら進むので、 アピール力も凄いんです。
 
 牛久沼や霞水系のようなベジテーションが豊富なフィールドでは、かなり活躍 してくれると思いますので、マスキージタバグ・ポセイドン・イトウチューン 皆さんも是非お試しください。
 



crazy_fbi at 21:04|PermalinkComments(0) ルアー列伝 | Tackle

2020年10月18日

ナサカ前夜祭〜CCF〜

どうも、すがしょーです。

F.B.I.は今年度は交流戦という形で開催されました。

第1戦、第2戦は福島・裏磐梯、第3戦は霞ヶ浦水系です。

霞ヶ浦戦恒例の対決の前夜の対決も初戦が最終戦という形になりました。

これまでは小池氏と長門氏の戦いでしたが、今回は多くのメンバーが参加しました。

今宵のエサは副代表:シンジャイアン高久氏仕込みのリアルポーク。

PA034669



























各メンバーがテキサス、フリーリグ、ノーシンカーと様々なリグで攻めていきます。

PA034670



























これまでの経験の差か小池氏有利な状況です。

PA034672



























PA034674



























PA034675



























ナイスサイズをゲット!!

PA034678



























高久氏も嬉しそうです!

PA034679



























PA034681



























天沼氏もニコニコです!

PA034684



























菅谷氏の残像フッキング!

PA034686



























伊藤氏も参戦!
その後は『意外と難しいなぁ』と言いながらもキャットへ丁寧な誘いで追加していました。

PA034693



























その後は落ち着いてしまうも最後に

PA034694



























PA034699



























小池氏、高久氏が釣りあげて終了となりました!

来年はどうなるかわかりませんが、また皆様とトーナメントでお会いできることを楽しみにしております!


crazy_fbi at 22:40|PermalinkComments(0)

2020年10月04日

FBI ルアー列伝 8

幽霊FBIメンバーのAnimalです。
 私がご紹介するのは、ゲーリーヤマモトの ジャンボバズ。 これは、自分のパイロットルアー(フィールドコンデションを知るためのルアー)であり サーチベイトにもなり、ワークベイトにもしています。
 
ジャンボバズ
 
 このルアーを投げるようになったきっかけは、Basserのバズベイト特集記事(1996年8月号)にゲーリーヤマモトのバズベイトの使い方を読んだことが始まりです。記事には、トレーラーにティーズワームの6インチを付けてトロトロ引くだけよ、と簡単に書いてありました。それを実際に試してみたのが始まりでした。
 
120664999_735321727328401_8100439026475919194_n
 
120749014_2693513550903093_8837884420443057499_n
 
 それから2年ほどジャンボバズを投げ続け、それなりには釣れていましたが、 ついに1998年8月末に小野川でバズベイトに 開眼 したんです。
 
 その日は朝からタックルボックスをひっくり返し、いろんなルアーを投げまくっていましたが残念ながら釣果はいまいち。 台風接近のせいか気圧が下降気味になっていて16時頃には、バスを探すことを辞め、投げて楽しいバズベイトの バズサウンドを楽しむことにしました。
 
 キャスト練習も兼ねて、決めた目標位置にジャンボバズを投げ続けていたら、なんと3投目にヒット!  『アラ!!』   ちょうどキャストもいい感じになってきていたので、この感触を忘れないようにと、このバスは偶然釣れたバスと考えて、再びキャストに集中。 そしたらまた同じ場所を通したらヒット!! 『ラッキー、そしてもしや?』  と、もう一回キャストして同じところを通すと、またまたヒット!!!  1投目38cm・3投目40cm さらに日没まで投げ続け、なんと約2時間で14本、8分に1本の高速キャッチを体験したんです。
 
 また、房総野池にも足繁く通っていました。それは野池をフローターでラン&ガンしていたときのことです。先行者がノーフィッシュで今日は渋いと言っていましたが、同じポイントを自分が入ると、バズベイトがストロングパターンにはまり、50cmを筆頭に40cm・38・40UPと 連荘でいい思いをしたこともあります。 
 
 ジャンボバズの使い方のキモは、ティーズワームをトレーラーとして付ける事。 ロッドを出来るだけ高く立てて、引く速さに変化をつけその日のスピードを見つけることです。 水面下の沈むぐらいのトロトロから、完全に横倒れになる位のハイスピードまで混ぜて変化させてます。 そして同じところを最低でも5回は通す事です。
 
 実はまだまだ、シークレットテクはあるんですが、その話は長くなるので現場で私に聞いてください。 ひとつだけ紹介、信じられないかもい知れませんが、バズベイトでのフィリッピング、8の字も 有効技です、本当です!
 
 
 
スクリーンショット 2020-10-14 21.13.39 
 
ヒロ内藤さんもバズの使い時、使い所を解説! 
とっても参考になりますよ。
 
 


crazy_fbi at 21:05|PermalinkComments(2) ルアー列伝 | Tackle

2020年09月22日

勝手に魔境通信 2020秋の2Days

しまった うp主の待ち伏せだ   
 
IMG_1028
 

   
 
 どもサムライです。 秋のスモールといえば、う〜ん・・・ストラテジックに考えて魔境でしょ。檜原秋元あたりじゃ、かなり冷え込んできてるからね、今はサカナ散っちゃってるよ。あの広さじゃサカナめっけんの骨だわ。
 
 魔境だけど去年は増減水ひどかったね〜 。減水で草ボーボーからの、増水で水没ブッシュ、でシャローはアジャパー。結局なし崩し進行でディープのワカサギリンク狙いだったなあ〜。

 だけど今年は  雨多かったんで、ノープロブレム!
  
IMG_0176
 
 さ〜て、過去の魔境9月のデータはと・・・ 
 
 ふむふむ、サイズもう一つだけどイケるでしょ。実はここエビ  あんまいないからねえ、バスはワカサギ  ばっか eat してるよ。ずいぶん偏食だわな、逆にワカサギ食いにアピってみるか。

 あと、ここんとこラージ復活してきてるのがウレシ〜ね。もともとここラージレイクだかんね。だから一発2kgフィッシュ狙いもアリってこと。んでタクティクス、まずはディープのワカサギ喰いのサカナ狙い。基本でしょ! 
 
 ちなみにリブートしたはずのうp主は、仕事のムリが祟って 50肩    で唸ってるらしい。まったく年はとりたくないね〜、お大事に!。 なので今回は荒らし放題確定 今年こそ勝手に魔境通信でGo 


 
   
のはずが・・・ うp主様のお出迎え  
 
 満身創痍をおしてのご登場、アリガトウゴザイマス。てなことで、勝手に魔境通信 2020秋の2Days はじめるよっ!
 
 
 
IMG_1036
 
 Day 1 水温24.6℃でスタート。今回はシャロー見切ってんから、はなからディープのワカサギチェック。 あら!まだ夏引きずってワカサギまとまってないよ。橋脚周りでようやく群れ見つけたけど、うウンともスンとも言わない。バスのリンクなし。  
 
 リンクしてなけりゃ、回遊狙いしかないでしょ! めぼしつけてたバスの回遊のありそうな沖のブレイクにレッツゴー。マニューバーはスモラバリングで、スローにいくよ。
 
IMG_1042
 
IMG_1040
 
 きたきた〜 やっぱワカサギ喰いだよ。goodサイズのワカサギばかりを、回遊しながらたらふく喰ってるね、ここでは狙い的中で サンパチ君   筆頭に5本ゲト。だけどあと続かない!
 
 
119719345_353318509186451_5329873591700940237_n 119667942_1332358856967454_5898603560491511003_n
  
 シャロー側から始めた うp主も、カバーはダメだと騒いでるよ〜。で、うp主も沖目のストラクチャーから絞り出しを始めた。ラージ・スモール混ぜながらポツポツキャッチ。ラージもスモールも口の中ワカサギでいっぱい。こりゃ釣りが難しくなるわけだわ。納得 
 
IMG_1045
 
 昼から想定外の強風。3m予報が大外れ + 雨予報も大外れ。いよいよ沖のステイがキツくなったので、風裏の岩盤に退散! だけどサカナは回ってないね〜 でオツカレ。
 
IMG_1050
 
 まだ明るいけど、釣れなきゃ飲むしかないでしょ    Today のツマミは太刀魚炙りと焼肉のジャスゴーメニュー。あ〜ストマックにしみる〜。今回は仕事やっつけて徹夜来たので、あっという間にグロッキー。よいこは早寝だ、じゃまた明日   
 
 

 
 Day 2 モ〜ニン!  昨夜は涼しかったんで、ありえないくらい寝れたよ。昨夜の酒は格別だったなあ。 ありゃりゃ、もうレンタル全部出ちゃってるよ、ヤベ〜な、ほんじゃさっそくDay 2 行ってみようか 
 
IMG_1054
 
 Today は午後からレイン予報。ローライトだからシャローも気になるけどまずは昨日のパターンでいくよっ。
 
IMG_1095
 
 ブレイクdeスモラバリング の35cm。やっぱワカサギ喰いなんだよな〜。続けて取ったあとは、うp主と合流。うp主も沖目のストラクチャでポツポツやってるよ。なんでも今日はシューティングがキモらしい。回遊バス直撃でしばし入れ食い。今年は何故かラージなんだな〜 Why?
 
IMG_1084
 
 しばし魚探とニラメッコ。インビジブルな釣りも楽しいねえ。霞ではちょっとできないかんね。おっと、また回ってきたよ!
 
119745463_658184178135270_2593371117954422296_n119943313_1635508706815200_2897182711294924990_n

 今日は風ないからステイが楽だ、おまけにシューティングもやりやすいからトゥゲダーしようぜええっ  おっと珍しい、シャイなゲストの登場だ! 魔境通信でも、勝手に魔境通信でも初登場 NEWS な存在だぜ 
 
IMG_1076

 紹介しとくか ちょっとシャイなミズクラゲ 去年はいなかったから今年の暑さのおかげ、秋の2Days まで元気だったってこと。実際の大きさはは100円玉くらいだかんね〜 ボ〜ッと釣りしてると見逃すよお!
 
 シークレットだけど、ミスクラゲパターンてあるとかないとか。こいつらの下には・・・ おっとこれはスィ〜クレットだった。あぶね〜あぶね〜。
 
IMG_1105
 
 沖のストラクチャが鍵だった魔境。さすがに昼にはバイトが止まったので、〆にしときますか! 今年も楽しかったよ魔境。やめられないね〜。
 
また来るよ!
 
 
 
 
若干ルー化の兆しあり
サムライ記





crazy_fbi at 18:38|PermalinkComments(2) 魔境通信 

2020年09月15日

初秋の涸沼 お気楽ハゼ五目 

 いよいよ秋めいてきましたね。人間にとってもバスにとっても快適な時期ではあります。がしかし、ことバサーにとっては、ちょっと釣りが難しくなる時期、迷走する時期でもあります。今回は難しいことや面倒なことは一切ぬきにして、茨城県にある涸沼にハゼ釣りに行ってきました。長潮、下げ止まりからのスタートです。
 
119122188_364312734730824_2175176956729653677_n
 
 参加メンバーはFBI副代表のボンT氏と野人S氏、そしてサムライの3名。バス釣りには自信はあっても、ハゼ釣りは数十年ぶりのズブの素人ばかり。とりあえずライトキャロにジャリメつけてちょい投げスタイルでスタート。なんでもボンT氏と野人S氏は、釣ったハゼをツマミにして、北浦で車中泊する計画とのこと。期待値高いな〜  大丈夫かな〜?
 
IMG_1001
 
 開始早々モゾモゾとしたアタリ。全く引かないので、ゴミでも掛けたか?とリールを巻き上げると、なんと20cm位の ウナギ! 涸沼にいるんですね〜 ネイティブのウナギが! しかも3匹も釣れちゃいました。絶滅危惧種でもある貴重な魚ですからリリース。大きくなって帰ってきてほしいものです。
 
IMG_1004
 
 続いて野人S氏の竿がしなる。ハゼか? いやハゼにしては引きすぎる! 上がってきたのはおなじみの ニゴイ でした。ニゴイはルアーも喰ってくるので、試合中に何度もヌカ喜びをさせられています。もちろん野人S氏でさえニゴイは食べないのでリリース。エサ釣りでもヌカ喜びさせられました。
 
IMG_1009
 
 今日の野人S氏は好調に釣果を伸ばします。お次もハゼらしからぬファイトで、あげてみたら セイゴ 。つい先日も北浦巴川エリア(最上流部)でも40upのシーバスを掛けているので、もうシーバスはお得意な感じ。これは試食の価値あり。キープです。
 
IMG_1012
 
 雨がポツポツ降り始めると、またまた野人S氏の竿が曲がる。今度こそハゼか? と思いきや残念ながら チンチン(クロダイの幼魚)でした。魚っ気はあるけれどハゼはなかなか釣れませんな。
 
IMG_1016
 
 先日のFBI小野川湖交流戦では、ボコボコに釣って2位になったボンT氏。今日は釣運を使いはたしてここまで不調ながら、ようやく本命ハゼゲット! ニッコリ嬉しそうですね〜。
 ウナギ、ニゴイ、セイゴ、チンチン、ハゼと5目達成! 涸沼の豊かな自然を満喫することができました。
 
119105132_412601019708673_5399642299356984656_n
 
 結局、3人ポイントを移動しながら16尾ほどのハゼをゲット。本当はもう少し釣れるといいんですがね。まあ今回は素人お試し釣行みたいなものなので、欲張らずにヨシとしときましょう。
 この後は一期一会の男の手料理。ハゼを肴に北浦の夜は更けてゆくのでした。お気楽お手軽ハゼ五目、楽しませてもらいました。ありがとう涸沼!
 
 

汽水域なのでポンツーンはどうかと・・・
サムライ記
 










crazy_fbi at 21:31|PermalinkComments(0) Other Fishing | Memory