2017年05月30日

魔境通信5月号 バス牧場(笑)


お久しぶりです、軍曹です。小野川湖のサカナはノリ悪かったですね〜、大丈夫ウチの子達はこの時期もうアゲアゲなんで
5/28AM4:00起床、まだ眠いけどご用意。今年は減水が酷くて装備を水辺まで持ってくのが大変
朝一人が少ないのをいいことにちんたら用意してたら5:00過ぎか、じゃあ行こうか。

出てすぐのシャローフラットはまだ沈黙中、まずはストーンヘンジへGOってスケール忘れたまいっか。
170528_062612
ちょっと画じゃ解りずらいけどデカい石で構成されたステージみたいな景色、ボトムは砂+ゴロタ。1Mシャローから自分のポジで一気に5M落ちてる。ボイルもあって賑やかなんで3インチセンコーなんか際に投げると3キャスト目でバイト上がって来たのは920g、背ビレ見えてたよ
170528_063337
また鬼ボイル今度は4インチカットテールネコで1060g
170528_065450
こっからラッシュ800gから900gを7本抜いて
170528_062851
170528_070110
あ、失礼次行ってみよう。
プラ王がご執心だったバンクでもぽつぽつ釣れるが600〜700g止まり
170528_075136
さて、噂のファームへ行こうか
170528_080607
で御到着からのウェルカムフィッシュ
170528_083109
170528_083902
こっから連チャン劇場開幕
170528_084438
170528_084605
イイ感じのキーパー10本か。北西の風が強く吹く前に撤収しながら気になったトコやると
170528_104642
170528_122100
やっぱ釣れちゃうんだね、20超えたからここでSTOP。お昼過ぎかな、予定通りなんで満足〜
170528_125519
また来るよ、次もヨロシク〜


crazy_fbi at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 魔境通信 

2017年05月24日

復刻! BOMBER FAT A

  自分のスタイルに合うクランクは何だろう? いろんなジャンルのルアーでこんな悩みがあると思いますが、私は、BOMBER FAT A がお気に入りで、かなり使い倒してきました。 アメルアにしては日本人ウケするルックス、頑丈で安価、浮力が強く、そこそこ潜り、キビキビ動く。適度な巻き抵抗で 、オラオラ巻いてる感じがとても気に入っていました。霞のゴロタエリア、ハードボトムでは迷わず FAT A が突撃! もちろんそれなりに魚もつれてきてくれたので、自分にとってよく釣れるクランクでもありました。

 しかし残念ながら数年前に廃盤となり、FAT A な場面も他のクランクで代用して、ストックは大事に使ってきました。残りわずとなった現在、FAT A の復刻は「昔の恋人に再会した感じ」で嬉しい限りです。もちろん大人ですから、クリック!クリック!クリック! ふう〜〜っ。 大人買いしてしまいましたよ・・・ (もちろん写真はごく一部です)
 

 こんな気持ちわかりますかね?
サムライ記

ファットA
 


crazy_fbi at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Tackle 

2017年05月17日

魔境通信 黄金週間SP!

 お久しぶりです、軍曹です。去年の6月ぶりか〜、すんませんねイロイロあってね・・・
さて2017一発目はGWSPから始めます。今回は5月3日〜6日の魔境での出来事紹介しましょう。2日の仕事終わりに先発のクレイジー(野人&プラ王)と合流、ミーティングとゆー名前の呑み。18424048_1340480386047509_4333191332667702868_n


で明けて3日、飛燕が合流の4人体制。この日はまだ水温が12℃前後でシャローは沈黙中、これは想定済。そんな激シブでも飛燕は獲るんだなこれが。王道のライトキャロ一撃18342148_844443142378567_1561283362662644252_n

しかし後が続かない。でも焦ってないよ、これから一気に熱くなる予報なんでこれからっしょ。ダメな時はこんな
カンジで
18403621_1340482866047261_8063948950872983544_n

夜は当然ミーティング、明日は野人がジャークベイトでイイ感じだった垂直護岸をやる事に。18402569_1337207669708114_7673107246707946807_n


4日はHighRollerとスガショー(どちらもお初)が小野川湖から合流、大賑わいだね18342038_1693826690920056_4393114679538220462_n
で、HRやるじゃないすかのハイカットDRで800g、この後倍増しのヤツは惜しいバラシ18342345_1693826607586731_8126170533522452228_n

夕マヅメにプラ王と飛燕がボイル撃ちでナイスサイズ獲ったようだ。ここまで俺NFなんよね、なんせバイトが乗らない。ものすごいショートバイトが悪夢のように続く。この日の救いはスガショーの差し入れのタラの芽の天ぷら18336804_752404334938301_424266287_n


5日、HRと入れ替わりに卜伝が来た。朝一お気にのワンドでい〜ヤツ獲ったけどなかなか続かない。減水の影響もあるがまだサカナが上がり切ってないかも。
午後の部でやっと自分も魚が獲れた。ディープ絡みのシャローヤマセン4。どうゆうわけかi字がチョーシ良い18336946_752404308271637_1773734971_n

ここでやっとシャローにサカナが指してきた、見えるサカナはどれもデカいがフィーディングは関係ない奴ら。この後の夕マズメにスガショーがサカナゲト、本人曰くなんちゃってフィッシュとか言ってるけどイイでしょこれ18403366_844442689045279_5693791573768815235_n

暗くなった頃野人が戻ってきた、ステルスペッパーがヤバいらしい。明日はどっちだ?

6日ファイナル、この日は卜伝を連れエレキで各ポイントを廻る。昨日見たシャローはネスト畑と化していた。18337328_752404941604907_1307340205_n

ドンツキにいたプラ王とちっとお話。どうやらラージはヤル事済ませてるようだそしてコングラチュレーションアゲとこ〜
18336818_752404501604951_1531068495_n


まだタフコンは続くはずなんでとか思ってたら卜伝、野人続いちゃうし18360603_752404378271630_1018417167_n

もう俺でもシャローの魚が見える位置まで上がってる状況、でもツレない感は否めない。なんせペアリングにアタマいっちゃってるからルアーなんかガン無視状態、しかもアベ40・・・完全な達摩状態でお二人様13:00撤収
しか〜し!この後夕マズメまで粘りこんだ野人とプラ王に魔境の女神が微笑んだ、6泊7日の成果がこれだ18342010_842698662553015_4325048993061857264_n

ここの女神様はたまにこんなイタズラをする



crazy_fbi at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 魔境通信 

2017年04月22日

ポンツーン国内販売 Bee VERTEX9

 先日のFBI牛久戦にて、Bee VERTEX9 のプロト2号艇が公開されました。FBI藤井代表が監修に加わることで、かなり完成度の高いポンツーンに仕上がっているようです。大規模なフィールドでも安心の9フィート4気室モデル。動力なしのデフォルト状態では、クセのない素直な艇とのこと。個人的には浮力体の底部の頑丈さに感心しています。

 今後、最終的な手直しを経て、6月末に118000円で発売を予定しているようです。なかなか入手しづらかったポンツーンが、国内で安価に入手できるのは喜ばしいかぎり。これならイケル!と検討しているメンバーもいるようです。
 
詳細はBeeのサイトを確認してください。 http://beeboat2003.com

サムライ記
 

 Bee艇1

Bee艇2

Bee艇3





crazy_fbi at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Fishing Gear | Tackle

2017年04月08日

ポンツーンのエア漏れ その2

 さて、エア漏れチューブの修理に入ります。現場で突貫補修も経験がありますが、やり方が悪かったか?エア漏れ再発という悲しい結末でした。なので最近は帰宅後にジックリ取り組んでます。
 
 前回も記述しましたが、バルブはボルトとナットの構造になっていて、インナーとアウターを挟み込んで気密性を保っています。なのでアウターなしでバルブを締め込むと隙間ができてしまうので、アウターの替わりに、2mm厚のシリコンからのワッシャーのようなモノを自作して挟み込んでいます。
 
バルブシート
バルブ処理

 シリコンワッシャーを噛ませることで、バルブまわりからのエア漏れがなくなるので、まずエアを入れて水洗い。ここでエア漏れの音に耳を澄ませてください。" チュ〜 " や " ピュ〜 " とか音が聞こえたら重点的にそのあたりを探します。大きな穴ならこれで見つかります。
  
 ただ、多くの場合は、ジワ〜ッとエアが抜けてゆくピンホールのなので、シッカリ加圧しないと見つかりません。むしろ加圧しないとエア漏れしません。加圧の加減はうまく表現できませんので、その辺は自己責任で。私はだいぶ強めに入れてピンホール探しをします。
 
 それでもダメな時は、薄めた洗剤をかけて、手でなで回しながら、チューブを押して加圧を調整しながら探します。洗剤を使うことでピンホールからのエア漏れが泡としても見つかります。ついでにチューブもキレイになります。
 
加圧と洗剤
 

 エア漏れの音と泡に注目していると、途切れ途切れにエア漏れ音。今回のピンホールは音で発見できました。インナーは水でふやけて真っ白。更にほっぺたでを近づけると、より明確に位置がわかります。ピンホールが確認できたらマジックでマーク!これでひと安心。念のためほかにもピンホールがないか探します。ピンホールの場所によっては修理が難しい場合もありますし、継ぎ目が裂けてたという事例もあります。
 
穴はけーん
 
 あとは洗剤を流して、乾燥させて、エアを抜いてから補修に入ります。私の場合、バルブの穴からチューブをたぐって指が届く範囲なら、保険の意味で内側から1センチ角位のテープを貼りますが、今回は遠くてムリ。なので、外側から補習用のチューブ材のパッチを切り出して、セメダインスーパーX2クリアでシッカリ貼付けます。最近はホームセンターにいろんなタイプの接着剤がありますが、PVC(ビニール)は接着剤を選びますので確認してから使用してください。
 
補修

 しっかり乾燥させたら、エアを入れて2〜3日放置。特に小さいピンホールは加圧しないとエア漏れしませんので、少し加圧して様子をみながら修理の確認をします。問題なければ修理完了です。
 
 今回取り上げたOUTCAST社製パンサーは、4気室PVCインナーで、購入しやすいせいか、FBIでも比較的ユーザーが多いポンツーンです。歴代ユーザーの中には、インナーの継ぎ目が裂けるるまで乗った(乗り潰した?)強者もいます。私の場合は購入7年目で現役インナーは1本のみ。あとはすべて新品に交換済みで、更に補修も重ねて居ます。

 フローターのエア漏れは大敵ですが、避けて通れない弱みでもあります。まずは大切に扱って楽しく釣りをしましょう!今回はインナー修理について私なりの方法を書いてみました。(メーカーの推奨する方法と異なる場合がありますので、あくまで自己責任で修理してください)

サムライ記 
  


crazy_fbi at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Tackle | Fishing Gear

2017年04月02日

ポンツーンのエア漏れ その1

 あちらこちらで、サクラ開花の声も聞かれる季節となりました。とはいえまだ早朝はかなり冷え込んでいますね。ポンツーンの浮力体も、温度が低いとコワバってトラブルが多い気がします。今回はOUTCAST社製パンサーでの、エア漏れの修理事例を報告します。(本法は必ずしもメーカーの推奨する方法でない場合があります)

 ある日、ポンツーンのセッティング中に、なんと1気室がスカスカに! ” ああっ幸先悪いな〜 ” と思いながらも、釣りに出た後に発覚して慌てるよりいいか!とエア漏れの修理を開始します。
 
 こんな時、まず最初に疑うのはバルブ。以外と緩んでいるだけのことが多いんですよね。バルブレンチ(ゼファー製がシッカリでピッタリ)で締め込んで様子を見ます。
   
バルブ

  それでもダメな時は、手っとり早く予備のインナーに交換しちゃいます。釣り場でのピンホール探しと修理はかなり大変で、結局のところ現場での不十分な修理を、また自宅でやり直すことになると思います。
 
 機種にもよりますが。パンサーの場合は、PVCインナーで少しデリケートなので、2〜3年使うとピンホールの可能性が出てきます。ウレタン製のインナーの方が耐久性がよいようです。PVCの場合、出来ることなら予備インナーを一緒に購入しておくとよいですよ。
 
チューブ


 インナーチューブは、アウターの内側で、両端をマジックテープで固定する様になっています。両端を固定したら、バルブを取り付けます。バルブはボルト(外側)とナット(内側)の組み合わせになっていて、インナーとアウターを同時に挟み込んで気密性を保っています。シッカリと固定してください。

チューブ交換

 ここで、インナーを入れこんでゆくんですが、インナーチューブってかなり大きめに出来ています。アウターの中は結構シワクチャな感じなんですよ。なので、少しだけエアを入れておさまりのよい位置に調整をします。雑に入れるとシワシワがアウターに響くんですよね。

チューブの位置決め

 で、ファスナーを閉じてインナー交換完了。ポンツーンのセッティングをしていよいよスタートです。チューブ交換のロスタイムは概ね30分程度でした。次回は交換したインナーのピンホール探しと修理について記載します。

交換完了
                                       
 サムライ記 

 


crazy_fbi at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Tackle | Fishing Gear

2017年03月28日

フレンドシップミーティング in 霞ヶ浦牛堀 結果!

3月26日(日) あいにくの冷たい雨の中、霞ヶ浦は牛堀にて、
フレンドシップミーティング2017
『ワンコイントーナメント in 牛堀』
が開催されました。この大会は今年で3年目。
早春の肩慣らし大会として定着しつつあります。

参加者は10名。
当初は15名を越すエントリーがありましたが、年度末ということで、仕事が立て込み欠場者が相次いでしまいました。。。
それでも参加メンバーはそれぞれ久しぶりの再会を楽しみ、また、初めましての参加者も来てくれ、楽しいフレンドシップミーティングとなりました!

写真とともに、大会の様子を綴って行きます。

KIMG0202

received_814766075346274

前日の様子。よく晴れて気持ちいい浮き日和でしたが、風は冷たく、冬の様相。
冷えきった身体を暖めるべく、キムチ鍋の炊き出しで早めの宴会。

そして迎えた当日
1490664353466

朝から冷たい雨が降ったり止んだりの天気。
冷たい雨が身体にしみる。。。

大会中の様子
received_729991760512892

received_729991870512881

received_729992033846198

received_729992243846177

received_729992317179503


そして気になる結果は、、、
received_814599002029648

1490664360120

1490514478064

1490514471893


参加10名中、ウェイインは4名。
持ち込まれたバスは計5本。少ないながらも、持ち込まれた全てが1200gを超える春らしい個体ばかり。
冷たい雨ながらも、ローライトといういい側面に目を向け、シャローで必ず訪れる地合を信じ、それをモノにした選手たちがウェイインできたようです。

以下ウエイトとパターン。

1位 2本2540g
前日プラで、スピナベ(Dスパイカー 3/8oz)の早巻きでバスをキャッチ。その結果から、当日は同じくスピナベ(Dスパイカー 1/2oz)をチョイス。
ローライトから、昨日より早く巻く為にさらに重いウエイトをチョイス。開始数分で狙い通りキャッチしたとのこと。
2本目は風向きが変わったタイミング。風表になったスタート地点付近の護岸にクランク(チャブル)を投げ、数投でキャッチしたとのことでした。
2位 1本1840g(Big fish)
前日はジャカゴ周辺を攻め、クランク等で2バラシ。
ローライトという状況から間違いなくシャローが機能すると判断。朝一もっとも自信のあるジャカゴ周辺に陣取り、ひたすら地合を待ちながら巻き続けること1時間。前日と同じクランク(バレッドヘッド)に今大会中最大となる49cm 1840gがヒット。
以降はノーバイトで終了したとのこと。
3位 1本1480g
2年連続で優勝しており、自信のあるジャカゴをチョイス。前日はパっとしなかったものの、当日は信じて巻こうと決めていたとのこと。ヒットルアーはプロップマジック。
根掛かり必至のシンキングベイトだが、根掛かりに耐えながらスローに攻め続けると、必ずバスが応えてくれる。。。2投に1回は根掛かりします(笑)とのことですが、まさにシャローの地合を信じてモノにした結果でした。
4位 1本1400g
初参加ながら惜しくも僅差で4位。
前日はプラに入れなかったものの、前週にプラを敢行。前向きにシャローの石積を攻め、スピナベ(アメリカの商品 1/8ozと軽めのダブルコロラド)のスローロールで見事バスをキャッチしてくれました!

冷たい雨の中必死にがんばってくれた選手たち。
今年もありがとうございました!
また来年もお願いいたします!

1490664341258



crazy_fbi at 11:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) フレンドシップミーティング 

2017年03月11日

春爆を探しに

お疲れ様です。菅原です。
今年からポン魂筆者に加わりました。
よろしくお願いします。

さてさて、今回のテーマは『霞ヶ浦へ、春爆を探しに』です。

メンバーは、2016の王様、Mr.T氏、遅れて参戦A氏と菅原の4名。

6時に集合し、各々準備し終わりこれから釣行というところで、
王様から『今日は釣れる気がする』の言葉が、、、


すると、開始10分くらいで、

OI000005

45cm、1600g!!!

晩秋から狙っていた会心の一匹でした!


モチベーションが上がる他のメンバーも攻めるがバスの姿は拝めず、

怪魚の猛攻を受けるのみ。

途中、コーヒーブレイクを入れつつ粘るも異常なし!

まだまだ、難しいですが春が近くなってきましたね!


※牛久戦の詳細が出ましたね。興味ある方はこちらへ。
http://blog.livedoor.jp/fbi_tournament/archives/51947606.html

crazy_fbi at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月03日

2017 トーナメントスケジュール決定!

2017年のスケジュールが掲載されました!
今年はどんな釣りが待っているか楽しみですね〜!

詳細はこちら↓↓

http://blog.livedoor.jp/fbi_tournament

フローター初心者でも大丈夫です!
気になる方は是非一度ご参加ください!

crazy_fbi at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月02日

フレンドシップミーティング in 霞ヶ浦牛堀 のご案内

FBI では、フレンドシップミーティングと題し、メンバー、メンバー以外を一切問わず、ワイワイガヤガヤ集まって競いあうミニ大会を、各自が自由に計画しております!
今年の第1弾を、以下の通り開催致しますので、ご都合のつく方は是非ご参加下さい!今年からFBI に出てみようかな。。。という方には、いい肩慣らしになりますよ!毎年初参加の方に来て頂き、その方は必ずルーキーオブザイヤーを獲得している、縁起のいい大会でもあります!

FB_IMG_1488408011059-02

『ワンコイントーナメントin 牛堀』

詳細は以下の通りです。

日程 3月26日(日)
集合6時 7時一斉スタート
帰着14時 (オール、ノンオール関係ナシ)
参加費 500円(但し、FBIトーナメントに参加したことのない方は無料)
リミット3尾 キーパーナシ
その他細かいルールはFBIルールにのっとります。
集めた参加費およびフレンドシップミーティング補助金は、すべて景品として還元させていただきます。
景品準備の都合上、参加表明は3月22日(水)までに、こちらのコメント欄にお願い致します。

皆様のご参加をお待ちしております!

FB_IMG_1488408042482


crazy_fbi at 18:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) フレンドシップミーティング 

2017年02月21日

春、はる、HARU

 2月も中旬を過ぎて、近所の梅もほころびはじめました。

うめ
 
 自分の中では、梅が咲き始めるとバスも釣れ始まるという思い込みがあって、すこしソワソワしてきています。もちろん気の早いFBIメンバーは、既に初バスをキャッチしたとのこと。う〜ん羨ましいですね〜。

 春先はムラはあっても、釣れるバスがデカイのが魅力ですよね。去年の自己ベストも春先でした。そろそろフローターのメンテをしっかりやって、ビックママに逢いにゆきますか! 

サムライ記
 

crazy_fbi at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Others 

2016年07月01日

魔境通信6月号 Dr.DAYTRIPPERとMr.ALZOK

お久しぶりです、軍曹です。月替わりの奇跡の神話となるのか?
今回の調査はニューカマーが2名。
Dr.DAYTRIPPER(DT)
DSCF0143
Mr.ALZOK(AL)
DSCF0141
あと笑い男(LM)とTKに自分の5人編成。DTとLMが遅れるようなのでALとTKに先に出てもらう。時間は6:00。この間自分は近場のチェック、これはDTがゼファー艇の為だ。ノンオール艇は当然移動速度が遅い、ヤル場が決まってればハナシは早いがお初である。水先案内人が廻りを把握してなきゃつまらない釣行になるのは確実。でも甘やかしは無し!ある程度のエリアを自分なりの攻めで結果出さなきゃつまんないでしょ。
DSCF0142
7:00ようやくDTとLMが準備完了、最初は対岸から攻めるがサカナっ気はあるが喰い気無し、居るんだけど喰わない。当然である、この2時間前からアルミ艇と陸っぱりが張り付いてたかんね。あえてのハイプレッシャーではどちらもNF。ガチで見切った魚は餌でも喰わないんでね
13530470_1036842256401374_1119786599_n[1]
さて次行くか、今日は対岸からウェハース護岸からの大橋先のワンド周りのメニューなんで次はウェハース護岸。結構渋滞してんね、アルミ6艇か、隙間縫ってとりあえずキーパー1本
DSCF0144
この後DTも続く
DSCF0146
DSCF0145
初レイク、初スモールおめこのエリアはこれ以上期待できないんで次。
まーいつものワンドです、アルミ艇が2艇先行してるんで反対側のシャローフラットから廻る。30分ほどレンジを変え探ると2〜3mでバイト、でもすっぽ抜け。居る。プロセンコーネコが団子で帰って来たんでフッキングはしてない。まだヤル気有るはずと踏んでちょっとコースを変えてキャスト、蝸牛が歩くぐらいのスピードで誘うとちっさなバイト、一回キいてからのフルフッキング。暴れん坊だったね、ヨンニーの900gDSCF0147
13553380_1036842276401372_680403219_n
そしてこの直後DTにドラマ魚がキタクチ使わせる要因はかなり有った。サイドバイサイドで見てた自分は無事ランディングしてくれと願うしかない。長いファイトだった。
DSCF0149
43cm、960gNice Fishこれはお見事、強烈な弾きにご満悦〜。
さて、ここにいない御3人様は何処?あ〜ドンツキに居たよ。なにやらTKがレクチャーしてるようだ。
DSCF0150
ここでの竿頭は笑い男、でもかなり渋いらしい。しかしTK覇気が無い、いやこれは桧原戦へのフェイクかもしれん。ALはここで痛恨のバラシでちょっとDowner
西風がちっと強い、天候はコロコロ変わる。取り敢えずウェハース護岸まで戻りながらスタート地点へ。
ここでようやくALが気を吐いたNFだけは絶対するまいの意地が呼んだかのようなサカナ
DSCF0153
おめでとー御座います。ハイプレッシャーの中価値ある1本!
笑い男は更なるサカナを求め上流へ
DSCF0154
ホームにしてる自分が言うのもなんだけどいいトコです、ロケーションも魚も。不思議と自分が誘わなくてもリピーターがいるのは良いレイクなんだって改めて思った。今年になって今までシカトしてたアイテムがアツくなりそうな予感もするし。参考資料として画だけアゲとこか。
13530470_1036842256401374_1119786599_n[1]
160626_153950
狙えばこれが獲れる!かも。
DSCF0155
次に逢うのが楽しみですな〜



crazy_fbi at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 魔境通信 

2016年05月24日

魔境通信5月号 ボルケーノ!

ども、軍曹です。短いスパンでアゲてこうか、5月は忙しいんだよね,で5月21日。
さてさてメイストームに見舞われたGW、いるであろうサカナが獲れないジレンマを打破する情報が入ってきた。
前週かなり良い釣りしたとのハナシ持ってきたのはMr.ボルケーノ。実は会社の同僚であり&FBIの福島健氏からハイアドベンを引き継いだ勇者。元々渓流や海のルアーが好きなのだがあの日以降バスがメインになってる。丸型フローターからアルミ、エンジン和船等スキルはかなり高い。当然ポンツーンは2日目にもかかわらず戸惑うコト無く乗りしかも釣る(これ大事)
艤装はこれからなんでセットアップは速い、さて行こうか。
DSCF0124

6:00前回から目を付けてた下流のワンドへ。予定はここから上流へ気になるトコチェックしながら釣り上がる。しかしちょっとした凹が気になった。3.5のカットテールDSの1投目早くね?
DSCF0125
ヨンマルの860g、回復中かな?いつもの走りが無い。間髪入れずボルケーノ。
DSCF0126
サンパチの700gのアベ、今更ながら改めて見ると下半身のヒレスゲー!ここで自由行動。
DSCF0127
こんなんが7本か〜ってボルはこの時点で15本、リグってるのは・・・3イモと4イモ。今日は数なんかね〜。
自分はワンド対岸、ボルは奥へ。ギリキーパー掛けてランディング直前に倍増しのラージマウスがチェイス!しかしすぐご退場
ライトリグやってればサイズは選べないが数は釣れる、数釣ってサイズ上げる釣りってあんま好きじゃない、でもやらないと釣れない。横は反応無しだし。
DSCF0128
DSCF0130
DSCF0131

11:00ワンドを出て南岸のドンツキへ、最初はブレイク様子見の予定だったがあまりにも無反応なんで際撃ちDSCF0133
DSCF0134
DSCF0135
DSCF0136
あー、楽しすぎMax43の900gだけどドラマ魚が欲しい霧雨と冷たい風、このタイミングで大橋のワンドに入る。アルミ先行してるけど対角で41の860gからの豆3つ追加して移動。
DSCF0137
DSCF0138
14:00何本獲ったんだっけ?30からはよく数えてないな〜、〆はインレット脇のストレッチで豆嵐。
そろそろ撤収しよか、もう良いっしょ〜。
DSCF0140
今回はミドルレンジもやったんだけどスカスカで反応無し、今日は際でイモな日でした。因みに今日の水揚げはボル概算50、俺40ってトコでした。
イモ強し 
さて艤装やろっか。  

crazy_fbi at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 魔境通信 

2016年05月15日

魔境通信黄金週間SP後半戦 侍の憂鬱

さて、後半戦行きますか。5月7,8日は卜伝が担当。ホームが霞なんでこーゆートコ苦手みたいだけど修行しなさい。
DSCF0114

DAY1バックウォーターかインレットか迷ったけど1発目はインレット、前情報でDSかミドストが良いって聞いてたけどなんせプレッシャーが・・・アルミと陸っぱりの混戦を避けながら釣るがここはダメ、ボイルは有るけどかなりセレクティブ、ベイトに合わせないと喰わないカンジなんで今日は見切りいつものワンドへ。
着いて早々卜伝の一撃、サンパチ700gのアベだけどちっとほっとした。
DSCF0115
13161213_574917096020360_1653233124_o

この間岬だけやったけど無反応なんで次は下流のワンドへ。
サカナは居る、でも喰わないヤツ。ラージマウスのスクールがすぐ近くをうろうろしてるけどヤル気無し!すぐ傍の橋脚に移動して4インチカットテールネコ通すと来たよ42の920g
13161163_574917026020367_1318286695_o
DSCF0116
なんかプリじゃないカンジ、なんで戻りながら探るけどバイト有っても乗らないかちっさいのがすっぽ抜け〜
明日の為の様子見に最上流部へ移動。いきなりボイルですか。卜伝のセイラミノー炸裂

DSCF0118
サイズはともかくここで獲れたのは嬉しいね。この後同じタイミングで見つけたラージを追うがロスト風が強くなってきたんでこの日は終了〜、夜の部のミーティングで明日の予定確認、13:00リミットで行くトコは決まったが風が心配だ

DAY2昨日の予定ではインレット〜大橋ワンド〜下流ワンドのスケジュールだったけどなんせ風が強い。しかも一定した吹き方じゃないんで取り敢えず朝一インレットへ。しょぼいけどボイルが有るんで卜伝はDS,自分は3.5のカットテールネコ。で正解は・・・卜伝。

DSCF0120
アベレージサイズだがこのコンディションでの貴重な1本
この後対岸のスタンプ場で天候の様子をみて風が緩んだタイミングで一気に下流のワンドへ。一応風裏のはずだけど風が巻いててスゲー釣りずらい。ここでようやく自分もDSをリグる。しかもやりたくないドラッギング。でもね釣れちゃうんだなこれが。
13148118_574916939353709_1516503101_o
DSCF0121
DSCF0122

解ってたけどこの釣りはサイズ選べない。昨日と同じくラージのスクールは居るが相変わらずヤル気無し
キーパー2本獲ったトコでタイムアウト
本来のツラ見せてくれたってカンジだね〜、てか去年と一昨年が良すぎた(早かった)だけか。次の満月に期待するかね。お疲れ様でした、サムライ。
DSCF0123


crazy_fbi at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 魔境通信 

2016年05月04日

魔境通信 黄金週間SP前半戦

お久しぶりです、軍曹です。今回は魔境初デビューの2人を迎えて4月29日〜5月1日の3日間の釣行をお送りします。
まず1人目はプラ王。ホームは霞水系、そしてトーナメントで勝つためには家庭を顧みない鬼プラを敢行する魔人である。
DSCF0111


2人目は野人。見てくれはワイルドだがその釣りスタイルはかなり繊細、但しライトリグメインとゆ〜事ではない。様々なフィールドに出没し瞬時にアジャストできるグラップラー。
DSCF0110


DAY1
は自分が所用で夕方から合流した。戻ってきたお2人さんからハナシ聞くと案の定激シブ、当然である。
寒気が入ったため気温水温共にMAX12℃夕方には9℃まで下がった。しかもフル満水と8m/sの猛風の3縛り、ぜってーこの2人のどっちかが原因に違い無い。
結果から言うと野人が朝一おもてなしフィッシュ1本のみ。魚探に教科書通りの画が出たトコをシャッドで獲ったらしい。

DAY2 2人共さすがに昨日の疲れが出たらしい、プラ王は4:30起床、しかしなかなか出れない。理由は寒くて熟睡できなかったのといまだに吹き続ける風。今日も6m/sの予報なんで苦戦確実。
DSCF0093DSCF0094

取り敢えず自分がエレキで湖引き回し、過去の実績ポイントを巡るが少なくても上流部に生体反応は無し。
その後中流エリアを魚探掛け、まあまあ反応が高かったのはやはり大橋先のワンドだった。
自分は岬周りで待ち伏せ、プラ王は全体を舐めるように巻きで探る。シャッド、ジャークベイト反応無し
DSCF0095

撃ちモノに変えてようやく待望の1本!サンパチ、700gのアベだけど魔境の初バスオメDSCF0096DSCF0097

連れてきたルアーはJのメタル、5mをリフト&フォールで仕留めた。
DSCF0098

ここで自分は南西の風が強く吹く中でワンド外の5mフラットに移動。4インチセンコーネコで広く探ると小さく1バイト。念のため3.5カットテールネコに変えて1発目でイーの掛けたんだけど痛恨のバラシ太かったなーヤツ。

午後は赤土の岬へ移動。ベイトが廻ってればココも良いはずの読みで入ったけどショボショボでまだ早かったみてーだ。
DSCF0102

DSCF0100DSCF0101

アベ1本のみ・・・
風が強くなってきたんで強制終了〜。
で、後は野人待ちなのだがなかなか帰ってこない、さては?思った通り良い釣りしてたよーだ。大橋手前の護岸でフットボールで800g、インレットでライトリグでアベ2本バイト多数。
全員戻ってきたトコで飯と明日のミーチング。この日の飯はカルビとクラウンステーキ1コインでもこんくらいは調達できるし。さて、明日は仕上げか。
DSCF0103

DAY3 今日は皆さんお早い起床、各自やるこた決まってるんで5:00ばらけて出撃、インレットで野人発見。既に800gを手前のエッジで抜いたとのコト。仕事速いじゃねーの。

DSCF0105DSCF0104

ワカサギの遡上に合わせて本命も差して来てるが皆さん天才君でクチ使ってくれない、1時間程甚振った後でいつものワンドに曳航。ここで野人が本領を発揮する。横で反応が無いなら縦の展開に切り替え2本ゲト。
DSCF0107DSCF0108
DSCF0109
冠水ブッシュをフットボールで攻略!この後も夕方まで粘りMax900gで終了。自分とプラ王はアベ1本ずつとゆ〜結果だった。
完全試合も予想されたコンディションを覆した2人の漢、お疲れ様でした。
DSCF0112

それにしても最後まで天気悪〜。
DSCF0113



crazy_fbi at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 魔境通信