2018年03月11日

タイムスリップ!

 名古屋方面では Keep Cast の話題で盛り上がっている様子ですが、東京浅草ではちょっとシブめに JFLCCショーin Tokyo(ジャパン フィッシング ルアー コレクターズ クラブ)が開催されていました。オヤジ世代としては、懐かしいタックルが目にしみるんですよねえ。憧れだったあのロッド、あのリール。今年もひととき、タイムスリップしてきました!
  
JFLCC1

  JFLCCショーは、イメージとしてはフリマスタイル、ジャンルとしてはトッパー中心の品揃えで、新製品、新品、もちろん中古品とさまざま。もちろんトッパーでなくとも、コアなものばかりが並んでいるのは一目でわかります。憧れだったルアーなんかみつけると『ウ〜ン コレハ ナツカシ〜!』と思わず声が漏れてしまいます。 
 
 その中でも今回感動したのは、JCSF(日本キャスティングスポーツ連盟)のブース。その名のとおり、釣りそのものではなく、キャスティング自体を極める団体とのことです。競技は距離10mから18mまでの、75センチの的を狙ってキャストで精度を競うとのこと。『普段使っているタックルでできますよ』との説明でした。
  
JFLCC2
 
JFLCC3
 
 しかし競技用として展示されてあったリールがスゴい。スピニング、ベイトともベルトドライブをかました超ハイギア! 恐らくギア比はノーマルの2〜3倍 になっているはずです。キャスティングプラグ回収の為のハイギア化とのことでした。実際手に取ってみました、かなり剛性感もあり、コダワリの完成度を感じました。 これは普段お目にかかれないリールです。
 
JFLCC4
 
 そして、いつもお約束の 虎狩り、サル顔狩り 中心にハンティングを楽しみました。本場アメリカではバス釣りとハンティングは、セットで楽しむのが常識とのことですよ。ホントに。
 
 
ま〜た使いもしないものを買ったかもしれない・・・
サムライ記
 
 

crazy_fbi at 22:00│Comments(0) Tackle | Fishing Gear

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔