2019年02月24日

船外機メンテナンス

 近所の梅もほころんで、シーズン間近になってきましたね。いや失礼、既にシーズンインしている御仁もいらっしゃるようです。
 そこで、2019シーズンを迎えるにあたり船外機の整備を行いました。ご紹介するホンダの船外機の整備については、多くのWebで紹介されていますし、フローター用の船外機だからといって、特別な整備も必要ありません。あくまで自分流ということで紹介します。
 
ホンダ2馬力
 
 ホンダの2馬力船外機。空冷、遠心クラッチ、軽量、ちょっと(かなり?)ウルサイ が特徴の船外機です。個人的には、ドイツ機甲化師団が空冷エンジンを生かして、砂漠戦で大活躍した故事にならって、信頼性、易整備性からチョイスしました。おかげ様で、これまでエンジン不調は一度も経験はありません。
 
フィルター
 
 使用状況としては購入9年目、通算使用回数約400回、2018年は51回(淡水のみ)でした。今年もガンバってもらいましょ! まずはガソリンタンクと燃料フィルターの掃除。湖上での給油、雨天での給油、やはり燃料系が一番気を使います。1年使うとフィルターも汚れてますしね。パーツクリーナーを使ってキレイにします。キャブレターもドレンを緩めて水分やゴミを排出させておきます。
 
スターター

 スターターロープも、やや毛羽だってきてます。過去に1回交換してますが、使用時に切れると悲惨ことになるので、来年あたりはまた交換ですかね。とりあえずシリコングリスを吹いて滑りをよくしておきました。 
 
エンジンオイル

 続いてエンジンオイル交換。安原エンジンサービスのジョイントを使うと、オイルまみれにならずに交換が可能です。コレ便利ですよ〜。廃油受けのペットボトルをテープで貼って吊るします。更に船外機を傾けてじっくりオイル抜きを行います。1年でかなり汚れてますね。
 
 オイル抜きは比較的簡単なんですが、この船外機は新しいオイルを入れて、規定の油面が出るのに少々時間がかかります。まあ、抜いた分入れればいいということなんですが、少しずつオイルをいれながら、船外機を揺すりながら、スターターロープを引きながら、10分位かけてエンジン内部にオイルを行きわたらせます。オイルをパッと注いで、さっさと点検窓で油面出して、注油終了、だとおそらく大幅にオイル不足になりますのでご注意を。
 
ドレン用 ギアオイル
 
 そして、ギアオイルの交換。ギアオイルのボルトは大ぶりなマイナスネジ。このサイズのマイナスドライバーはあまり売っていないので、水道作業用ドライバーを使用しています。さらにボルトはシッカリ絞めてあるので、ドライバーにバイスプライヤ噛ませて確実に締め込んでいます。
 
 これもしっかりオイルを抜きます。白濁していないので、パッキン類にも問題はないようです。注油はドレン側から注油してアッパー側から溢れたら、慌ててドレンを塞ぎます。この作業は船外機独特ですよね。毎年やっても慣れないんだよな〜。 
 
クランク
 
 最後にプロペラ回りを点検します。プロペラを外すと案の定シャーピンがクランクしちゃってます。写真でも曲がっているのがお分かりいただけると思います。霞水系には柔らかな竹杭や木杭も沢山ありますから、軽くヒットしても少しずつダメージがあったんでしょうね。クランクしたシャーピン抜くのは面倒ですが、万全を期してシャーピンも交換します。今回はプロペラ軸にラインの巻き込みはありませんでした。耐水性のグリスのを塗って、プロペラを取り付けます。
 
 プラグについては、もっと過酷に回していた2輪、4輪の経験上トラブったことは一度もありません。プラグの品質を勝手に信頼していますので毎年は触りません。触るとプラグのガスケット交換しないといけないしね。予備プラグを携行することでよしとしてます。またキャブレターは基本的に触りません。下手にいじると調子が崩れますからね。
 
 ちんたら整備して2時間くらい、これでサムライ的には1年分の整備は終了となります。お疲れ様でした。
 

  
人間の方が整備不良ではないかと。
サムライ記
 
 

crazy_fbi at 18:26│Comments(0) Tackle | Others

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔