塩飴

2018年07月16日

日々是反省2

 あまりに早い梅雨明け、そして想定外の猛暑の中、福島県の三春ダムで第4戦が行われました。この時期の三春ダムは減水傾向で、冠水ブッシュがなくなるので釣りやすいとの情報でしたが、大雨のおかげで全面冠水ブッシュ。見ためとってもイイ感じのロケーションになっていました。
 
冠水ブッシュ
 
 プラクティス。さて、どうしたものか? 夏場のセオリー通りに橋をこえて上流に向かうも、ブッシュ回りはコバスのスクールだらけ。

『いや、必ずキッカーも居るはずだ!』

 と腹をくくって強めのブッシュ撃ち。延々撃ってゆくと、岬絡みの浅めのストレッチで800gをキャッチ。更にキーパーサイズ以上の見えバスもチラチラ。すこし水温高めでしたが、ココはニゴリもなく水が良いと直感したので、本命ポイントとしました。結構いい感じのプラでしょ!
 
 そして試合当日、今日も酷暑予報なので朝イチ重視で、上流本命ストレッチへ急行。しかし今日は何故か水がよろしくない。水温も更に高め、うっすらとアオコもたなびき、ニゴリも入ってコバス君たちさえお留守。雨風吹いた訳でもないのに、わずか1日でこれだけ変わるのは初めてでしたね。もちろんノーバイトで迷走。撃てども巻けども音沙汰なし。パターン崩壊でのたうちまわると、見かねたギル君が癒してくれました。アリガトウ!
 
ギル
 
 こんな日でも上手い人は釣るんですよね。釣り全般に言えると思うのですが、上手下手の根本的な違いは、釣れない時間帯でも、いかにアタリを出すか? ポツリポツリでも釣り続けるか? だと思っています。結果の方はトーナメントインフォメーションを見ていただくとして、プラでのキッカーに妄想に縛られ、水質水温変化にアジャストできずに撃沈したサムライでした。反省して第5戦檜原湖はガンバリマス。
 
しおあめ
  
 さて、酷暑で釣りもキビシイ季節ですから、熱中症対策は大事です。今回は水分と塩飴を定期的に補充(乾く前に飲む)しながら、保水タオルを首に巻き、ラッシュガードを湖水で濡らしながらの試合でした。酷暑の日に、日陰のない湖上でフローターを漕ぐのは重労働ですが、試合後はすみやかに回復しはじめ、帰宅時には完全に回復していました。意識していると効果はあるものですね。皆さんも体調に気を使いながら楽しんでください。
 
 
塩分チャージ、結構いいかも。 
デコザムライ記
 



 

crazy_fbi at 11:48|PermalinkComments(0)