どうも、ksknです。
前回の記事も4ヶ月半ぶりくらいだったのですが、今回は6ヶ月半ぶりです。筆無精すぎる。

さて、ご存知の方も多いとは思いますが今朝Bangladeshに負け、CWLシーズン5が終わりました。
強かったです、バングラ。どうでもいいけど国旗が似てますよね。日本とバングラ。
負けはしましたが、CWLという世界のトップリーグでベスト4に入ることができたのは素晴らしいことだと思います。皆よく頑張った。




Crazy Monkeyというクランは、そもそもCWLに出ようという目的のもとに生まれたクランでした。
僕は2017年の2月、CWLのシーズン2が始まる少し前に加入。初期メンバーではありません。(じゃきかすより後輩)
シーズン2がクレモンにとっての最初のCWLで、そこから4シーズン山あり谷ありでした。

シーズン2は弱すぎて勝てないので途中ではぐれに助っ人を頼んでプレーオフに滑り込み。
シーズン3はさらに弱すぎてプレーオフにも出れず。
シーズン4は脱退者が続出。途中で人が足りずに棄権ギリギリまでいったけど、アカウントをかき集めてなんとか完走。

でもその間もずっといろんな人に助けてもらって、みんなもどんどんすごいプレーヤーになっていって、それでここまで来ることができました。
11月にヤスくんに会ったときに、「猿の名前がInviteの中にあって素直に嬉しいですよ!」って言ってくれて、あー頑張ってよかったなぁと思った気持ちは今でもすごく心に残っています。
ただプレーオフ決まったときもベスト4決まったときも何も言ってこなかったけど。言ってこいよおい。リプライ待ってます。

ちなみに手前味噌な話ですが、CWL4シーズン連続で休み無く完走し続けたのはクレモンとガイハジしかありません。ガイハジはすぐプレミアに上がって、めちゃくちゃ置いていかれましたけどね。
でもその2クランがインバイトの舞台で対戦できたことは僕にとって、おそらくみんなが感じてた以上に、感慨深いものでした。







1年前からリーダーになって、それは自分にとって初めての経験でした。
でもリーダーって、言いたくなくても言わないといけないこともあるし、嫌でもいろんな人と関わらないとダメだし、他にもいろいろ、めんどくさい。
今だから言えるけど愛想もなければ思いやりもない自分には向いてないなー、嫌だなーって思いながらやってました。
よくこんなリーダーに付いてきてくれたなって思います。感謝。オレなら無理。
でもそんな中でリーダーやってよかったなって思うのは、偉そうなんですけど一緒にいるみんなの成長を間近で見られたことです。それはまるで我が子の成長を見るような気持ちでした。
だからみんなのことはあやみと同じくらい大好きです。嘘、あやみの方がだいぶ好きです。でも好きなのはほんと。知らんけど。





そしてGSグループとの提携。
GSグループの助けがあったからこそここまで来ることができたので、本当に感謝に尽きます。
GSの実力は、FPコミュニティ内のMixで戦えるクランとしては世界最高レベルにあると確信しています。
きっとこれからもっともっと世界で活躍するでしょうし、注目されるようになると思います。
そのほんとに一端ですが、関わることができたことはとても幸せで楽しいことでした。
今後も末永く関係を続けていっていただけたら嬉しいなと思います。




最後に、僕はCrazy Monkeyのリーダーを辞め、じゃきに譲ることにしました。
彼との付き合いももう2年になるわけですが、彼はきっと僕よりリーダーに向いていると思います。
ちょっとバカですけど。あ、ちょっとじゃないかも。
そういうわけで、どういう方向に進むかは分かりませんがもっと良いクランになることは間違いないです。
もしこれを読んで少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ門を叩いてみてください。
新リーダーはちょっとデブですけどね。あ、めちゃくちゃデブかも。
まぁそんな感じで。


(=゚ω゚)ノホナ、マタ!!