2007年01月19日

日銀、利上げ見送り

 日銀は18日の金融政策決定会合において、9人の政策委員の6対3の多数決で政策金利の引上げを見送った。背景には、生産・所得・支出の好循環のメカニズムは変わっていないが、個人消費や物価が弱含んでいることがある。
 世界的な暖冬による原油価格の下落とともに、エコライフやもったいない運動、納豆ダイエット、節酒・禁煙などで家計の衣食住面における無駄使いが減り、物価の安定が期待され、利上げの必要性はしばらくないと思う。

(推薦書籍)
ゼロ金利との闘い−日銀の金融政策を総括する
国債の歴史−金利に凝縮された過去と未来
貯蓄率ゼロ経済−円安・インフレ・高金利時代がやってくる
国債と金利をめぐる300年史−英国・米国・日本の国債管理政策
金融はこれからどう変わるのか
開発主義の暴走と保身−金融システムと平成経済 日本の〈現代〉 7
日本の金融制度改革
金融の機能不全 経済制度の実証分析と設計2
投資家のための金融マーケット予測ハンドブック 第3版

creagebook at 10:24│Comments(0)TrackBack(0)金融 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔