企画は、第三者に向けたストーリーのあるメッセージの塊です。

これから目標達成について、次の書籍の内容についてレビューしていきます。
この目標達成はきわめて個人的な内容になります。個人が対象というわけです。

今回取り上げる書籍は、成功の教科書 熱血!原田塾のすべてです。




著者はこの分野では一流の人といってよいでしょう。
この書籍のほかに次のような書籍・DVDも発売していますね。

夢を絶対に実現させる方法! (DVD付) (日経ベンチャーDVD BOOKS)

カリスマ教師原田隆史の夢を絶対に実現させる60日間ワークブック―わずか2カ月で「なりたい自分」に必ずなれる!

関心のある方は手に取ってみてください。お勧めします。

■ 異論、反論の前に肯定的に取り組むことが大切です。

内容については、いろいろ反論や異論があるかもしれませんが、まずは肯定的に内容を確認していけばいいと思います。実際わたしもこうしたノウハウものの書籍には近づこうとはしませんでした。

「そんなに簡単にできてたまるか」
「大事なところはセミナーで・・・とか言って結局中途半端に労力をかけるだけ」

という目で見ていました。

食わず嫌いというわけですね。

某社での話題で、社員の目標達成意欲に問題あり、というのがトップの見解でした。

何とかいい解決の糸口になる情報はないものかと思い、書店に寄った折に自己啓発コーナーを見て、この書籍がいいかなと思いました。

なぜ推薦できるのかを自ら実際に書籍の内容を作業して体感しようと思いました。
わたし自身にとっても「目標達成プログラム」は必要だからです。
そうして得た結論がまずは取り組んでみることが大事ということです。

企業内で個人の能力をためるために目標達成はよく話題になります。

個人がそれぞれの仕事をどう捉え、どんな目標設定で内外とコミュニケーションをとって、企業も個人も望む成果を生み出していくのかが大きなテーマです。

互いに意味があり、意欲的に取り組むための動機付けはどうあるべきか。

目標達成はきわめて重要なテーマですね。

旧態依然とした目標達成シートなどを、今でも後生大事に使っていては目標設定する側も、それをレビューする側も単なる儀式をしているようなものです。

今までよりも一歩個人の中に踏み込んだ本書のような実践的な内容が受けるのでしょう。

それでは、第1回目のスタートです。

■ 全体を概観してみよう。

次の二つの図をご覧下さい。

最初の図は、本書についてのアピール内容で、わたしが概要などをまとめたものです。
二つ目の図は、目次を中心に全体を概観したもので、目次に沿ったものです。

02b238c3.png

101f7214.png

読みにくい場合は図上をクリックしていただけると拡大されたものがご覧になれます。

ポイントは「成功は技術」であり、誰でもステップを踏むことで自らの成功をつかむことができるということですね。その要領を紹介し、納得してもらうのがこの書籍でテーマです。


次回からは、この目次に沿って内容をレビューしていきます。