2017年01月

 高3生は一般入試を受け始める生徒も出始め、
本命の入試ラッシュも目前に控えています。
今年はセンター試験を受けた生徒はいましたが、
国公立志望者はいないため、この2週間が勝負になります!

 そんな先輩たちの姿を見ている高2生は
学校で行った「センターチャレンジ」(今年の実際の問題)で
現実を知るという光景が毎年のように見受けられます。
今年は、当校の現役生英語トップは171点で金剛高校の男子でした。2番目は富田林高校の女子で158点。はっきり言って
大学受験に高校は関係ありません。
(過去には河南高校生が182点をとったこともあります)
大学受験は、どの高校に通おうが、最終努力した人が勝ちます。
高2生には、先輩たちの結果を報告し、危機感をさらにもって
もらい、自ら勉強するように働きかけます。
受験に勝つ人は、自己管理もできる人間です。
今からその訓練です。

 2月6日(月)からは新学年に備えた『ゼロ学期』が
スタートします。基礎をもう一度再確認していく期間です。
ただ、残念なことにここからスタートする人は毎年
学校で習っているはずのことでも「初めて聞いた」という人が
多いです。それだけ今までまともに勉強をしてこなかったという
ことが浮き彫りになります。これをできるだけ早く気付いてほしいというのがこちらの願いです。スタートが遅くても、志望大学の
レベルまで達する人もいますが、大半の人は間に合わないまま
受験に臨んでしまいます。
「もう少し早く始めていたら、、、」と思っても時間は取り戻せません。少しでも早く気付いてもらえたらと思います。

イメージ 1

イメージ 2
イメージ 3

 今年は、2大特典として塾代とスタディサポートを用意しました。
早く始めた人が得をするシステムです。塾代サポートに関しては
クジ引きというスタイルに、スタッフからは「ゲームっぽくないですか?」という声もありましたが、よく予備校が実施する「成績優秀者優遇」という
スタイルにはしたくありません。スタート地点でのチャンスは平等にという
考えからこのようにしました。割引金額に差があるのは、本人の運試しです(^-^; 今回は1学期の授業料に対する割引ですが、当校で頑張ってもらい
こちらが指定する結果を出せたら割引期間を延長という制度も検討中です。
初めての試みにはなりますが、モチベーションアップにも繋がると
思うので、頑張っても得をするクリエイト予備校に是非お越しください。

 去年も同じ講座を開催し、好評だったので今年も実施します(^^)/
ちょうどセンター試験が終わると、大半の学校では、
「センターチャレンジ」として、高2生に実際のセンター試験
(英語・国語・数学)を受けさせます。
まだ受験の意識に乏しい人は、これを受けさせられることで
現実を知り、焦りだします。ここで実際何かを始める人と
焦るだけで何もしない人の差が出ます。

 そんな中、英語や数学は点数が取れない理由とし
「英単語、英文法、公式を覚えていない」といった
ある程度の原因が分かります。
ただ、「国語」に関しては、
漢字や古文単語を覚えていないという理由もありますが
それはあまり大きな要因ではなく、
実質「何をやったらいいのかわからない」ので
特に今まで何もやってこなかった人が多いと思います。

でもそのままでは、当然国語の成績が伸びることはありません。
大学受験に向けた「国語の勉強法」を知らなければなりません。
得意な人でも安定して点がとれるとは限りません。

今回実施する公開講座は
現代文だけに留まらず、受験全般の話も組み込まれるので
必ず今後に役立つと思います。
ご希望の方は、ご来塾、お電話、お問合せフォームにて
お申込みください。

TEL:0721-25-3011 (16:00~22:00)
※お問合せフォームの場合は、下段の「お問合せ欄」に
「2月3日参加希望」と表記願います。
イメージ 1

 今日、生徒のT君が自習室に入るなり
「ほうきありますか?」と部屋から出てきました。

「どうしたん?」と聞くと

「昨日学校でサッカーをしたから、今机の下を見たら
砂だらけなんで気になって」

「あ、そうなんや、じゃあこれ使って」

とほうきと塵取り一式を渡すとすぐさま机の下を掃いて、
それで終わるのかなあと思ったら、近辺も掃きだしました。

ちょうどその時、女子も来て
その光景にびっくりしてましたが、
T君は、「ついでに掃くで」と言って
少し離れた彼女がいつも座っている机まで移動して
掃いてあげてました。

イメージ 1


普段から、このT君は気が利き、素直なので
成績も今年1番伸びた生徒です。
頑固な一面もありますが、根拠があっての
頑固さなので、これはプラス方向に働きます。

センター試験では英語はこちらが想定していた以上の点をとったので
びっくりしました。(本人は、少しミスってしまった箇所があったようで
あと10点以上はとれていたと悔しがっていました)

ここまで急速に成績が伸びたのは
「勉強方法がわかったから」と本人は言い切ります。
(余談ですが、彼がやっと勉強方法をみつけた頃に
別の高校に行っている友達がAO入試で落ちてしまい
それを心配した彼は、その友達と一緒に本屋に行き、
彼のレベルに合った問題集を買い与えるという友達思いの面も)

入試は公募推薦は受けていないので、いよいよこれからが本番ですが、
彼の成長ぶりを見ていると、不安要素はありません。

入塾当初は、人気のあの大学への道のりは相当険しいと
思われたのが、今では合格圏内です。

毎年、ここまでくるとこちらは、
全員悔いが残らない受験ができるように祈るばかりです。

最後まであきらめず頑張れーー!!

 昨日、小学生がハンドボールのゴールポストの転倒で亡くなるという事故がありました。安全点検を定期的に行っていれば、起こらなかった事故なだけに大変残念な出来事です。

今日生徒とその話をしていたら、その生徒の学校でも今日の午前のクラブ中に同じくハンドボールのゴールポストが強風で倒れかけるというハプニングがあったそうです(><)近くにいた男子2名がネットを引っ張ったそうですが、昨日の今日、しかもこの強風となれば、クラブ前に点検するべきだったのではと思います。


さて本日はセンター試験初日でした。
こちらの地域では強風でしたが、雪に見舞われることもなく
交通機関等には特に影響はなかったようです。
明日はさらに冷え込みがきつくなりそうですが、
気持ちを引き締めて、今の実力をすべて出してくれたらと祈るばかりです。

そんな先輩たちの姿を見ている高2生には、
今月から受験に向けた勉強を計画的に始めてもらうために、
学習進捗表を作成し毎月配布することにしました。

まず自分が何をすべきかを書き出し、割り振った上で
実践していく。既に勉強を始めている人もいますが
進捗具合を把握するためにも記録していく習慣をつけてもらいます。
イメージ 1

また、自習室を頻繁に利用する高2生には
自習室の入退室時にタイムカードを打つという高3生対象の
システムも実践してもらってます。
びっしり打ち込まれたタイムカードを見て
「今月こんだけ頑張ったんや~」とモチベ-ションアップにもつながります。

センター試験まで1年を切ったということを自覚して
時間を大切にしてがんばりましょう(^^)/


↑このページのトップヘ