皮膚の構造私たちのお肌3つの層から出来ています。
一番上の層を表皮、真ん中の層を真皮、一番下の層を皮下組織といいます。

画像をクリックすると拡大した図が見られます。

【表皮】外部の刺激から身体を守り、肌の見た目の美しさを決めるお手入れに最も深いかかわりをもつ部分。

【真皮】肌のハリや弾力を保ち、肌の若々しさを決める大切な部分。

【皮下組織】外部の刺激から骨や筋肉を保護するクッションの働きをする。ハリのある肌の要因ともなる。

<皮脂と汗>
皮脂(油分)と汗(水分)とが皮膚の表面で混ざり合い皮脂膜になります。
この皮脂膜が天然のクリームとなり角質層の水分の蒸発を防ぎ、肌を保護する役目をします。
この水分量と皮脂量のバランスが肌質にかかわってきます。