2008年10月26日

WEBデザイナーの学校紹介★

毎週月曜日に更新されています♪

〜クリエイター専門の転職サイト〜『クリエイティブキャリア』



【関東地方】

日本全国のWEBデザイナーを専攻して勉強できる学校を集めました。
WEBデザイナーになるための専門学校から、社会人も勉強できる短期集中の教室(スクール)まで地域別で探せます。
WEBデザイナーを目指す方は必見!!とりあえず、まずは資料請求してみよう!


【求人情報】

IT業界のプロになりませんか?WEBデザイナーでキャリアをスタートさせよう!!

上場企業で新規のモバイル事業やりませんか??


クリエイティブ業界!!特に『WEBデザイナー』の転職を考えられている方は・・・・



これからもたくさんの求人やお得情報を配信していきますね!!
ちなみに姉妹サイトらしいですが。。
英語を活かしてお仕事をしていきたい方必見!!


★海外出張もできる営業企画しませんか?


“グローバルキャリア”


creativecareer at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月13日

プロが教えるWEBデザイナー職務経歴書!!4

毎週月曜日に更新されています♪

〜クリエイター専門の転職サイト〜『クリエイティブキャリア』




【要約】


WEBデザイナーという職種は他の業界・業種とは異なり、
職種名だけでは貴方の経験値を計り知ることができません。
WEBの制作工程においてどんな業務を担当してきたのか、
明瞭・簡潔に記述することが重要です。

冒頭部分は職務経歴書の中でも真っ先に目に飛び込んでくる場所。
ここで人事担当者に「アナタ」という一度も会ったことのない人物を
リアルにイメージさせることで、他の候補者に差をつける事が重要なのです。

【職務経歴1】


20××年×月 ~ 現在 株式会社○○○○

職務経歴は直近のものから順に記入するのが一般的です。
在籍企業については有名・無名に関係なく、その会社の特徴、
概要を詳しく明記すると親切です。
また、WEB業界は特殊な世界であるため、
職種名だけでは貴方のスキルを計り知ることが出来ません。
上記のように簡略化した組織構成と自身の担当フェーズを
記載しておくことによって、貴方のスキルレベルが更にイメージしやすくなります。

(記載例)
■業務内容
WEBサイトの制作業務(デザイン、コーディング作業)
立ち上げ時以降のコンテンツの更新
FLASHのアニメーション作成及びActionScriptコーディング
■主な作品
○○○株式会社 「会員向けコミュニティサイト」
http://xxx.xxxxx.xx.xx/
○○○株式会社 「新商品プロモーション&ECサイト」
http://xxxxx.xx.xx/


クリエイターの仕事ほど、相手に業務内容を説明するのが難しい職業はありません。
また、携わった案件ごとでも担当業務は多岐に亘るはず。
したがって従事された案件の中でも主だった作品を抜粋し、
そこで担当した役割、実績、自分なりの「こだわり」などを
“作品ごと” に詳しく明記すると非常に丁寧です。
またその際、作品の画像を貼り付けると、よりイメージが付きやすくなり
同時に見栄えもよくなるので、担当者の記憶にも留まりやすくなります。

IT業界のプロになりませんか?WEBデザイナーでキャリアをスタートさせよう!!

上場企業で新規のモバイル事業やりませんか??


クリエイティブ業界!!特に『WEBデザイナー』の転職を考えられている方は・・・・



これからもたくさんの求人やお得情報を配信していきますね!!
ちなみに姉妹サイトらしいですが。。
英語を活かしてお仕事をしていきたい方必見!!


★海外出張もできる営業企画しませんか?


“グローバルキャリア”


creativecareer at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月07日

WEBデザイナーに転職するための作品集★5

毎週月曜日に更新されています♪

〜クリエイター専門の転職サイト〜『クリエイティブキャリア』




先日お話したとおり、WEBデザイナーへの就転職活動には、作品集が必要です。

一般的な就転職と違い、あなたの技術を見せる必要があるのです。


つまり学習段階の作品作りから既に就転職活動を意識しておけば、
後々就転職活動にスムーズに入れるわけ★

ではどういった作品を作ればいいのか?
あなたがプロのWEBデザイナーとしてデザイン事務所や
プロダクションに所属しているとして、どんな仕事があなたに来るのでしょうか?

もちろんホームページ制作の依頼には違いありませんが、
その多くは、会社案内のサイトであったり、ショッピングサイトが多いでしょう。

つまりそういったサイトを作品として作るのが、一番即戦力としての技術をアピールしやすいのです。


1.会社案内
2.ショッピングサイト



最低このうちのどちらかを含めた2点以上の作品を作りましょう!

Flashを前面に押し出した意味のないひとりよがりなサイトは作ってはいけません。
技術をアピールしたければ、必要な部分に使いましょうね。
必要なのは実用的なサイト。

ホームページは本じゃありません。
トップページはすぐさま情報を探し出せるように内容をわかるようにしておかなければなりません!!

実用的な実力も見せつつ、あなたの発想や可能性を示すことができます。

IT業界のプロになりませんか?WEBデザイナーでキャリアをスタートさせよう!!

上場企業で新規のモバイル事業やりませんか??


クリエイティブ業界!!特に『WEBデザイナー』の転職を考えられている方は・・・・



これからもたくさんの求人やお得情報を配信していきますね!!
ちなみに姉妹サイトらしいですが。。
英語を活かしてお仕事をしていきたい方必見!!


★海外出張もできる営業企画しませんか?


“グローバルキャリア”


creativecareer at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)