クリエイター日記

クリエイター/理学療法士(PT)/ヴォーカリスト/サッカー/日本代表/徳島ヴォルティス/ゲーム/ウイイレ/CoD/オセロ/自分磨き/筋トレ/キャンプ/車中泊/フリードスパイク/心霊スポット・廃墟巡り

クリエイター/理学療法士(PT)/ヴォーカリスト/サッカー/日本代表/徳島ヴォルティス/ゲーム/ウイイレ/CoD/オセロ/自分磨き/筋トレ/キャンプ/車中泊/フリードスパイク/心霊スポット・廃墟巡り

J1参入プレーオフ決勝展望、湘南ベルマーレ対徳島ヴォルティス。実力は拮抗、勝敗のカギを握るのは?

J1、J2入れ替え戦となるJ1参入プレーオフ決勝戦、湘南ベルマーレ徳島ヴォルティスが14日に行われる。お互いに3-4-2-1のシステムを基本とするいわゆる“ミラーゲーム”は、激しい展開になること間違いなし。カギを握るのはどういった部分になるだろうか。(文:編集部)

●いよいよ迎える運命の一戦

 今季の明治安田生命J1、J2、J3リーグは全日程を終了した。しかし、残留と昇格を懸けた争いはまだ続いている。14日には、湘南ベルマーレと徳島ヴォルティスがJ1参入プレーオフ決勝戦で激突。両者の運命が、ここで決まることになる。

 第33節のサンフレッチェ広島戦に勝利したことで自動降格を回避した湘南は、最終節で松本山雅FCと対戦。勝てば他会場の結果に関係なく残留が決まるという大一番で、湘南は前半こそ0-0で終えるものの、終盤の85分に途中出場のFW野田隆之介が待望の先制ゴールをマークし、勝利に大きく近づいた。

 しかし、悲劇は起きた。90分、右サイドからのクロスをファーサイドのDF飯田真輝がヘディングで中央へ折り返す。そこに反応したのは途中出場のFW阪野豊史。懸命に足を伸ばしてゴールへ押し込み、松本が土壇場で同点に追いついたのである。

 試合はこのまま1-1で終了。90分間ハードに戦い続けた湘南のイレブンは、バタバタとピッチに倒れていった。試合終盤の失点は、第32節のFC東京戦でも起きたこと。なおさらショックは大きかったはずだ。

 他会場では湘南と同じく残留を争っていた清水エスパルスがサガン鳥栖に勝利を収めたため、この時点で湘南の16位が確定。参入プレーオフに出場することになった。

 一方、今季の明治安田生命J2リーグを4位で終えた徳島は、参入プレーオフ2回戦でモンテディオ山形と対戦。引き分け以上で決勝進出という状況で、徳島は53分にFW河田篤秀が値千金の先制ゴールを奪取するなど、試合のペースを掌握する。

 試合終盤は山形のパワープレーに耐える時間帯もあったが、徳島は粘り強い守備で相手に隙を与えず。試合はこのまま1-0で終了し、徳島はプレーオフ決勝戦に駒を進めることになった。

●湘南の強みが徳島を生かす?

 決勝戦の舞台はShonan BMWスタジアム平塚。ホームでこの一戦を迎えることができる湘南は、引き分け以上で残留を決めることができる。対する徳島は昇格を果たすためには勝利が必須。アウェイでのゲームということで難しい展開になることが予想されるが、果たして2014年以来となるJ1参戦を決めることができるか。

 湘南の基本システムは3-4-2-1。前線から素早いプレスで相手の攻撃をけん制し、ボールを奪ったら時間をかけないスピーディーな攻めに転じる。ボールを保持する際のキープレイヤーとなるのは最前線のFW山崎凌吾。同選手の下にボールを収め、そこからパスを散らし2列目やサイドの選手を生かすことができれば、湘南の攻撃は一気に加速することになる。

 守備時に重要な役割を担うのは中盤底2枚。MF金子大毅とMF齊藤未月だ。彼らの幅広いエリアをカバーするハードワークは、相手の攻撃を早い段階でストップするためにも非常に重要なものとなる。徳島戦でもそうした強みは生かしていきたい。

 ただ、不安なのは得点力。湘南は今季のリーグ戦で計40得点を挙げているが、そのほとんどが開幕から夏場までの間に奪ったもの。第24節のベガルタ仙台戦以降、複数得点を奪うことができていないのが現状だ。ここ最近の試合で先制点を奪うことができているのはポジティブな要素だが、14日の試合では、徳島に先制されると残留はかなり厳しいものになってしまうだろう。引き分け以上で残留という有利な条件はあるが、そこだけは避けたいところだ。

 一方の徳島の基本システムも3-4-2-1。リカルド・ロドリゲス監督の下、こちらも前線からの激しいプレスを持ち味としており、ボールを奪ってからゴールに迫るまでのスピードもある。昇格を果たすためには湘南戦での勝利が必須ということで、立ち上がりからよりここの強度を高めて挑むはずだ。

 湘南にとって厄介なのは、徳島はボールポゼッション時でも持ち味を発揮できること。相手のプレスを的確に回避するパス回しの上手さがあり、決して無理はしないがジワジワと相手を押し込むことができる。湘南は引いて守るチームではないが、逆にそうした部分が徳島の強みを引き出してしまう可能性もある。

 徳島は先制に成功したとしても、決して自陣に引いて守ることはしない。それは、プレーオフ2回戦の山形戦でも見られた。1点を先に奪ったとしても、敵陣などでボール支配率を高めとにかく試合の主導権を渡さないというのが、強みだ。やはりこの試合のカギは先制点ということになるだろう。

 両者の過去の対戦成績は9勝5分9敗とまったくの五分。直近5試合では湘南が3勝2分とリードしているが、実力的には拮抗していると見ていいだろう。お互いに攻守の切り替えがかなり素早くなると予想されるこの試合。果たして勝利の女神は、どちらに微笑むだろうか。

元気が出るサポート
















勢いに乗る徳島、POでも「ラブ・ヴォルティス」ポーズ炸裂!

[12.8 J1参入プレーオフ2回戦 徳島1-0山形 鳴門大塚]

 J1参入プレーオフでも「ラブ・ヴォルティス(LOVE・VORTIS)」ポーズが炸裂した。徳島ヴォルティスは今季途中から選手の「L」とサポーターの「V」で完成するこのパフォーマンスが親しまれている。後半8分、FW野村直輝のスルーパスをFW河田篤秀がループで沈めると、4選手が並んで「L」を送り、サポーターが「V」で応えた。

 ゴール裏のサポーターに駆け寄るには距離が遠く、「点を取った時に逆側だったんですが、ノムくんが『ここからやろう』と言ったのでみんなでやりました」と河田が笑えば、野村は「もう少しサポーター側でやりたかったです」と振り返った。

 主将MF岩尾憲が両指で「LV」を作ったゴールパフォーマンスが発端。8月24日の琉球戦で野村が光線を発射するようなポーズで「L」、GK松澤香輝が両手を広げる「V」でパフォーマンスを掛け合うと、これを選手とサポーターで完成する形になった。野村がSNSを使うなど率先してパフォーマンスを広め、徳島を盛り上げてきた。

「チームのツイッターを含めて、『こういうポーズをしてください』ということを広めてくれたのがありがたかったです。徳島はお客さんが少なかったので、選手とサポーターの方が一緒になって盛り上がれるものがあれば何か違ってくると思った」(野村)。この日は今季2度目のホーム入場者数1万人を越え、勝利に沸いた。

 リーグ戦終盤は15試合で11勝3分1敗と快進撃を続けると、4位で臨んだプレーオフも勢いに乗っている。6年ぶりのJ1昇格まであと1勝。一週間後の決定戦はアドバンテージがあった1回戦、2回戦と違い、勝利が必要になる。勢いそのままに、アウェーでも「ラブ・ヴォルティス」を披露できるか。J1年間16位の湘南に挑む運命の決定戦は14日13時にキックオフを迎える。

【サッカー】J1参入プレーオフ2回戦 徳島が山形破りPO決定戦に進出!

徳島 1-0 山形
[得点者]
53'河田 篤秀(徳島)

スタジアム:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数:10,376人
https://www.jleague.jp/match/j1j2playoff/2019/120810/live/#live

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

J2徳島がPO決定戦でJ1湘南に挑戦!! 山形破り6年ぶりJ1復帰へ王手

[12.8 J1参入プレーオフ2回戦 徳島1-0山形 鳴門大塚]

 J1参入プレーオフは8日、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで2回戦を行い、徳島ヴォルティスがモンテディオ山形に1-0で勝利した。後半8分にFW河田篤秀が決勝ゴールを挙げ、6年ぶりのJ1復帰へ王手をかけた徳島。14日の決定戦ではJ1年間16位の湘南ベルマーレに挑む。

 昨季、プレーオフのレギュレーションはJ1リーグ16位との決定戦を加えた3段階で行われるJ1参入プレーオフに変わった。1回戦はJ2リーグ年間3位の大宮と6位山形、4位徳島と5位甲府がそれぞれ対戦し、徳島と山形が勝ち上がった。2回戦の勝者が決定戦でJ1リーグ16位の湘南に挑む。なお、90分間を同点で終えた場合は上位チームが勝ち抜ける。

 徳島はプレーオフ1回戦の甲府戦(△1-1)から1人を変更。負傷交代となったMF渡井理己に代わり、MF小西雄大がスタメンに入った。一方、1回戦の“下剋上”で勢いに乗る山形も大宮との1回戦(2-0)から1人を変更し、FW大槻周平に代わってFW山岸祐也が1トップに入った。

 立ち上がりにペースを握った山形は前半2分、山岸が鋭くプレスをかけてDFヨルディ・バイスからボールを奪い、PA右からクロスを配給。中央のFW井出遥也が右足ダイレクトで合わせたが、GK梶川裕嗣が好セーブ。対する徳島は前半9分、DF田向泰輝が右後方から逆サイドにクロスを入れ、走り込んだFW島屋八徳がシュートを狙うチャンスを作ったが、GK櫛引政敏が阻んだ。

 山形は中盤で素早く寄せ、セカンドボールを回収。徳島は連動した守備で攻撃を阻むと、ポジションを流動的に入れ替えながら攻め込んでいく。左サイドのパス交換から島屋がエリア内でビッグチャンスを迎えるが、GK櫛引が攻守を連発する。互いにセットプレーからも好機を作ったが、白熱の前半はスコアレスで折り返した。

 勝利が必要な山形は後半開始から柳を下げ、MF三鬼海を投入。しかし、均衡を破ったのは徳島だった。後半8分、田向のパスを受けたFW野村直輝がスルーパス。抜け出した河田は鮮やかな右足ループを放つと、シュートはGK櫛引の頭上を抜いてゴールマウスに吸い込まれた。

 山形は後半11分、山田を下げてMF南秀仁を投入し、4バックに変更してゴールを目指す。しかし、直後にDF松本怜大が負傷交代を余儀なくされ、FW高木彰人を投入して交代枠を使い切った。最後まで山形の反撃を跳ね返し、1-0で勝利をおさめた徳島。2014年以来、6年ぶりとなるJ1昇格を懸けて、14日に湘南との決定戦に挑む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-43474935-gekisaka-socc

ポケ活

今日は11:00~15:30ポケ活
レイド戦を制して高個体GET!!
ドサイドン以外にも個体値MAX欲しー😝笑
Screenshot_20191207-134221_Pokmon GO

加湿器届いた
20191207_174016

ロードバイクカバーも
20191207_174035

サイバーマンデー2019
































夜に

真冬の夜にロードバイクでジム&ポケストップ巡り✨
今朝は大発見でグラードンをGET!!
仕事終わりのレイド戦は厳しい結果となったが次に期待★
20191204_224431

【サッカー】J2 J1参入プレーオフ、山形と徳島が2回戦進出 山形2-0大宮 徳島1-1甲府

サッカーのJ1参入プレーオフは1日、J2勢による1回戦2試合が各地で行われ、山形(今季6位)と徳島(同4位)が、J2代表を決める8日の2回戦へ進んだ。
山形は2―0と大宮(同3位)をアウェーで破り、徳島は1―1で甲府(同5位)と引き分け、年間順位上位のため勝ち上がった。

 2回戦の勝者は14日、J1の16位チームと残り1枠を懸けて対戦する。

12/1(日) 15:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00050097-yom-socc

試合スコア
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j2/score/2019/2019120101.html

https://www.nikkansports.com/m/soccer/jleague/j2/score/2019/2019120101_m.html

娘作🍫🍪

20191201_110200
妻のフレンド2人が宿泊

オレはフレンドとポケモンGOをしに道の駅へ
スリーポイント初!帰宅してチューハイを飲んでカラオケして就寝🎤💤

今朝は買って来てくれたお菓子の家を娘が作った🏡

13:00からプレーオフだ⚽
NHKで見よかな📺

生活発表会

今日は午前中に息子の幼稚園で生活発表会があった
土曜日出勤の代休を取得していたので嫁さんと見に行けた
その後、ゆめタウンで昼食&買い物👜
午後からはロードバイクを修理してもらいポケストップ巡りに繰り出した🚵
寒かった~❄️

【サッカー】J2第42節 横浜FCがJ1昇格決定!柏はオルンガ8得点の13得点大勝!大宮、徳島、甲府、山形が昇格PO!全試合結果

山形 1-2 町田
[得点者]
47'大槻 周平   (山形)
79'下坂 晃城   (町田)
89'ロメロ フランク(町田)

スタジアム:NDソフトスタジアム山形
入場者数:11,601人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112401/live/#live


水戸 1-0 岡山
[得点者]
42'瀧澤 修平(水戸)

スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112402/live/#live


千葉 0-1 栃木
[得点者]
71'田代 雅也(栃木)
スタジアム:フクダ電子アリーナ
入場者数:13,358人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112403/live/#live


柏 13-1 京都
[得点者]
06'オルンガ     (柏)
23'オルンガ     (柏)
27'瀬川 祐輔    (柏)
33'オルンガ     (柏)
38'小屋松 知哉   (京都)
57'オルンガ     (柏)
60'クリスティアーノ (柏)
65'オルンガ     (柏)
67'オルンガ     (柏)
70'クリスティアーノ (柏)
78'オルンガ     (柏)
79'マテウス サヴィオ(柏)
84'クリスティアーノ (柏)
90+1'オルンガ    (柏)

スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
入場者数:11,736人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112404/live/#live


東京V 5-1 岐阜
[得点者]
38'小池 純輝      (東京V)
44'小池 純輝      (東京V)
45+1'レアンドロ     (東京V)
74'小池 純輝      (東京V)
86'ジャイルトン パライバ(東京V)
88'塚川 孝輝      (岐阜)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:6,559人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112405/live/#live


横浜FC 2-0 愛媛
[得点者]
32'皆川 佑介(横浜FC)
52'齋藤 功佑(横浜FC)

スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:12,937人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112406/live/#live


甲府 2-0 琉球
[得点者]
45+2'曽根田 穣(甲府)
74'曽根田 穣 (甲府)

スタジアム:山梨中銀スタジアム
入場者数:11,352人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112407/live/#live


新潟 2-1 長崎
[得点者]
48'レオナルド(新潟)
61'大武 峻 (新潟)
88'米田 隼也(長崎)

スタジアム:デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:16,814人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112408/live/#live


金沢 1-1 大宮
[得点者]
14'渡部 大輔(大宮)
71'清原 翔平(金沢)

スタジアム:石川県西部緑地公園陸上競技場
入場者数:8,048人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112409/live/#live


徳島 3-0 山口
[得点者]
38'河田 篤秀(徳島)
47'河田 篤秀(徳島)
52'田向 泰輝(徳島)

スタジアム:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数:9,326人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112410/live/#live


福岡 2-1 鹿児島
[得点者]
28'城後 寿(福岡)
40'韓 勇太(鹿児島)PK
72'山田 将之(福岡)

スタジアム:レベルファイブスタジアム
入場者数:11,292人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112411/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

13-1

J1(Jリーグ)記録
1998年4月15日
セレッソ大阪 1-9 ジュビロ磐田

旧J2記録
2016年5月28日
清水エスパルス 8-0 ザスパクサツ群馬

NEWJリーグ&J2記録
2019年11月24日
柏レイソル 13-1 京都サンガ

レイド巡り

20:00出発🚗
フレンドとジムやレイドを巡った⛩️
夜の御所神社の本殿は心霊スポットレベルの怖さだった👻
0:00帰宅🏡

「無理せず、慌てず、攻め急がず」J2徳島に根付くリカルド監督の思考。

 シーズンが大詰めを迎えるこの時期、優れた監督が積み上げてきた仕事は確実に数字とピッチ上に表われる。
 そのことを強く印象づけるのが、徳島のリカルド・ロドリゲス監督だ。

 最終節を残して、20勝10分け11敗の5位。自動昇格の2位以上は逃したが、最終節に勝てば昇格プレーオフ進出が決まる。

 徳島が素晴らしいのは順位だけではない。就任3年目を迎えるリカルド監督は、自分たちがボールを動かし、ゲームを支配する、プレーで唸らせるチームを創り上げた。

 結果と内容の両立。これはなかなかできることではない。
「どこかに道があるので、慌てない」

 徳島のプレイスタイルは「ボールを持つことを恐れない」、このひと言に尽きる。

 直近のゲームとなった東京ヴェルディ戦は2-1で勝ったが、とくに前半は押し込まれる時間帯が続いた。

 それでも苦し紛れにボールを蹴ることは滅多になく、3バックとキーパーが丹念にパスをつないで敵のプレスをかいくぐりながら、ボールを確実に前へ運んだ。

 この組み立ての精度が、徳島は非常に高い。

 敵のプレスを受けても、パスコースの確保と落ち着いたキープによって、しっかりとボールを保持し、前に持ち出す。ほとんど慌てることはない。

 実際にプレーする選手たちは、どういう感覚でプレーしているのか。今季水戸から加入、この日決勝点をアシストした田向泰輝にたずねた。

 「自分がボールを持って敵が寄せてきても、こことここには必ず味方がいてくれるという信頼関係があります。どこかに道があるので、慌てることもありません。プレッシャーから逃げたら自分たちの大事なものが失われる、そんなこだわりはありますね」

敵のプレスをチャンスに変える。

 田向はもう一歩踏み込んで、パスコースの作り方について端的に教えてくれた。

 「敵を引きつけることで、そこから生まれるスペースを突きます。これは正直、適応が難しいサッカーですが、1年やってきて少しずつわかってきた印象ですね」

 これで腑に落ちた。敵のプレスを受けることが、チャンスにつながる。

 そのことを知っているから、徳島の選手は寄せられても慌てない。むしろ、寄せてくるのを待っているのだ。敵のプレスを受けながらボールをつなぎ、いつの間にかチャンスが生まれる。

 2-1で勝った東京V戦でも、そうしたシーンが何度もあった。47分に生まれた2点目は、まさに徳島の真骨頂。

 左サイドのスローインから右へ回し、右から中央に入ってもう一度右に展開。右サイド深く侵入した田向からの折り返しを、ファーサイドでフリーになった河田篤秀が押し込んだ。

17本のうち、勝負パスは2本。

 起点となったスローインを含め、実に17本のパスがつながったゴール。このつなぎで特筆に値するのは、いわゆる勝負パスが2本しかないことだ。スローインからの15本のほとんどは、横パスやバックパス。縦につけても、すぐ戻す。

 観る人によっては「縦に入れろ」、「勝負しろ」と怒り出すかもしれないが、これがリカルド流である。

 スペイン生まれの指揮官は、3年前の就任会見で自身のポリシーについてこう語った。

 「やりたいのは“ポジショナルプレー”です。簡単に言うと、相手のボールを素早いプレッシャーで奪い、できるだけ長い時間ボールを保持してゴールを目指していく」

 リカルド監督は影響を受けた指導者に、同郷のペップ・グアルディオラを挙げているが、実際にペップの確立したポジショナルプレーが徳島に色濃く反映されている。

 無理せず、慌てず、攻め急がず。

 敵のプレスを適度に受けながら、いいポジショニングとテクニックを駆使することでボールをつなぎ、最後のところで勝負を仕掛ける。このスタイルには、無理をしないことで体力の浪費が抑えられ、頭と身体がフレッシュなままでプレーできるという利点がある。

プレッシャーがあることで強くなれる。

 最後に、主力唯一の外国籍選手であるヨルディ・バイスに徳島のスタイルについてたずねた。

 「ボールを支配して敵陣でゲームを進める。そんな徳島のスタイルが好きで、このチームに加入したんだ。今日は敵のプレッシャーを自陣で受けることになったが、プレッシャーを受けること自体は嫌いじゃないよ。敵からのプレッシャーや外的なプレッシャーがあることで強くなれるからね」

 今季7ゴールと得点源にもなっている、オランダ生まれのセンターバック。卓越した守備力に加えて、優れた展開力を備える彼は、徳島のパスワークの源流となっている。

 「いつでもプレッシャーをかいくぐって、ソリューションを見つけ出すよ。それが私のクオリティの一部だからね。5人が寄せてきても、フリーの味方を見つける自信はある。そうしたプレーは、フェイエノールトのアカデミー時代に身につけたんだ」

 限られた素材を最大限に生かし、賢いプレーを植えつけたリカルド・ロドリゲス。昇格レースの行方はわからないが、Jリーグきっての指導者であることは間違いない。

新しいウィラン

2019.11.21
エピソードオールクリア
Screenshot_20191121-205431

なぜ人気? 興収4億円突破のアニメ映画「すみっコぐらし」実況中継

 社会現象とまでなった「ジョーカー」に続き、「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」、そして「ターミネーター ニュー・フェイト」と洋画の話題作が次々と劇場を賑わせている現在。では、邦画の方はどうかというと、予想外のアニメ作品が注目を集めている。2週連続邦画ランキングでNo.1を獲得、口コミやSNSで高評価続出、Twitterトレンド入りも果たした「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」(アスミック・エース配給)だ。

■最終興収10億円も視野に

 上映2週目ですでに興行収入4億円を突破。なんでも、「アニメ作品の王道である春休みや夏休みを外した公開のタイミングからして、これは予想だにしない展開でダークホースといっても過言ではない。最終で10億円近くが見込める大健闘ぶり」(興行関係者)だというのだが、すみっコぐらしといえば、いわずと知れた大人気の「ゆるキャラ」コンテンツだ。当然、映画の方もほっこり癒やし系かと思いきや、どういうわけか世間では「逆詐欺映画」「大人も泣ける」と絶賛の声が数多く寄せられている。観てきたという人々のコメントはいずれも熱量の高いものばかりで、そんな作品の勢いに応えるかのように「新宿ピカデリー」(東京・新宿区)では先週13日には男性限定上映イベント、そして週末(16日、17日)には劇場の最大スクリーンであるシアター1での上映に打って出たのだ。

「映画 すみっコぐらし」は、絵本の世界に迷い込んだすみっコたちが、そこで出会った“自分が誰だか分からない”ひよこと出会い、ひよこのお家を探して旅をする、というストーリー。あらすじを読むだけではここまで感動の渦を巻き起こしている理由がてんで分からない……。一体、映画館で何が起きているのか? 確かめるべく日刊ゲンダイ男性記者(27)は16日、新宿ピカデリーに急行した。
 
580席も次々完売 「ターミネーター」もビックリの客入り

 とはいえ、疑い深い性分である。当初は「意外な話題作」程度だろうとタカをくくっていたのだが、想像以上のチケットの売れ行きに驚いた。予約の段階ですべての上映回数がソールドアウト(事前にネットで購入しておいてよかった……)。シアター1は580席を要する大箱で、この日の上映は計6回。つまり、3400人超の観客がすみっコ目当てに来場するということになる。

 同時期に公開された「ターミネーター」の新作ですら当日券で入場できるというのに、もはや「意外な話題作」では済まない“一大ムーブメント”だ。客層は週末ということもあって半数以上が子供連れのファミリー層だったが、若い女性やデートのカップルなどの客層もウジャウジャいた。

■「愛され力の高さ」イノッチ効果でつかみもバッチリ

 劇場内は上映開始直後から、何か面白いことがあれば素直に声を出して笑う子供たちのおかげもあって、すみっコ応援ムード全開。

 ただでさえ「ゆるかわいい」すみっコたちが絵本の中で戸惑いながらも一生懸命頑張っている姿は、ペットのホームビデオやはじめてのおつかい的な愛くるしさがある。観ている者は自然と庇護欲をかき立てられるのだが、そんなすみっコたちを見守るようにV6の井ノ原快彦(43)のナレーションが効果的に入ってくる。

 柔らかい声のトーンに加え、8年間に渡りNHK「あさイチ」で“朝の顔”を務めただけのことはある。イクメンタレントとしても知られる井ノ原の絶対的イメージは姿かたちを見せずとも、声だけで劇場内に癒しをもたらしているようだ。仕事が終われば、六畳一間でズブロッカをあおりながらクダを巻いているのが日常という記者のやさぐれた心さえも、自然と穏やかに……。

“レ・ミゼ超え”の切ないストーリーに思わずホロリの声

 キャラ萌えや人気タレントの声だけがヒットの要因ならば、ファミリー向けの良作止まりが関の山だろう。だが、特筆すべきは別にある。ストーリーの奥深さだ。

 居場所を探すひとりぼっちのひよこと、すみっコたちの冒険というストーリーは、劇中に出てくる「じぶんさがし」という言葉が象徴するように、大人の目で見るとそこに「他者からの承認」や「自己実現」といったテーマが見えてくる。そして、その物語はただ明るく楽しいだけではなく、辛く切ない現実も含まれているのだ。

 そもそも、すみっコという存在自体、食べてもらえなかったとんかつの切れ端やエビフライの尻尾、カタツムリのふりをしているナメクジなど、少なからず負の要素も抱えている。「こうなりたかった(けど、こうなれない)」そんなすみっコたちとひよこの姿は、現代を生きる大人にとって少なからず自分と重なるところもあるのではないだろうか。

 最初はそれこそペットや子供を見守るようなテンションだった観客の大人たちも、徐々に真剣になっていくのが肌で感じられるようだった。上映後に目を赤くして帰っていく人もチラホラと見られ、記者の後ろにいた女性も「レ・ミゼラブルより泣けた」と同行者に称賛しているのが印象的だった。

 まったくもって、隅に置けない一作。仕事に私生活に頑張る大人こそ劇場で観る価値は、ある。

ファイヤー🔥

ファイヤー🔥
Screenshot_20191120-080731_Pokmon GO

鍋つゆ🍲

【好きな鍋つゆランキング】

①ココ壱番屋のカレー鍋スープ→肉・野菜・ギョーザ・麺類と全てに合う

②ミツカンのとんこつしょうゆ鍋つゆ→肉・野菜・ギョーザ・ラーメンに合う

③ミツカンの濃厚みそ鍋つゆ→肉・ギョーザ・麺類に合う

プレミア12優勝🏆

プレミア12優勝おめでとう🎊
衝撃の敗戦から4年
今大会の日本代表は勝負強かった⚾
来年の東京オリンピックも期待☆
20191117_221413

ツリー🎄

嫁さんが買ったクリスマスツリー(150cm)を子ども達が飾り付け🎄
20191110_143856
広い家っていいね👍

コタツも新しくしたし
羽毛布団カバーをフリース生地に変更した
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
プロフィール

Creator1986

ギャラリー
  • ポケ活
  • ポケ活
  • ポケ活
  • 夜に
  • 娘作🍫🍪
  • 新しいウィラン
  • ファイヤー🔥
  • プレミア12優勝🏆
  • ツリー🎄
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
  • ライブドアブログ