・ワンツー

・パス&ゴー

・SBオーバーラップ促進

・トラップスルー

・ダブルタッチドリブル

・大きく蹴り出すドリブル

・スーパーキャンセル

・ダイレクトプレー

・ミドルシュート

・ループシュート

・シュートフェイント→サイドでの1:1の仕掛けやアタッキングサード&PA内で相手GKを交わす際に特に効果的→間合いが重要

・アーリークロス

・タイミングを外したロングパス

・切り返し→グイッと中にドリブル

・DFを外すトラップ&ターン

・DFの重心を見てドリブルコースを決定

・良い体勢&利き足側でセンタリング→ダイレクトでヘディングor×ボタンで繋いでシュート

・DFが居ても良い体勢であれば積極的にシュートを狙う→DFに当たってゴールになる場合がある

・良い体勢&利き足側でゴール前で横パスorスルーパスを送り体勢が良ければダイレクトシュートでフィニッシュ

・相手GKとの1対1は交わして体勢&角度を整えて利き足側で確実にシュート

・CK攻撃時はカーソルを切り替えてニアに走り込む選手に合わせるorデカい選手めがけて蹴る

・CK守備時はデカいCBにカーソルを切り替えて中央ややニア寄りをケア

・逆回転CK

・R2ふんわりカーブCK

・チョンと出してFK

・PA付近は壁が近すぎるので○ボタンチョン押しFK

・FKの強さゲージは真ん中ちょい超えたぐらい

・PKキッカーで真ん中か利き足側に蹴るPK

・PKキーパーで真ん中か利き足側に飛ぶGK

・キックオフ直後はボールが吸い付いているので能力の高い選手でゴリ押し

・見やすいスタジアム+ボールを選択

・レーダーでフリーの選手を確認

・常に中の状況や選手の人数を確認

・作戦はセミオートを使用してL2ボタンでCBオーバーラップをコントロールしながらオートでカウンターアタック→プレッシング→中央突破の順番で選択

・攻撃意識調整→オフェンスオート+CBオーバーラップ

・CBオーバーラップはデカくてヘディングが強くてシュート力があって攻撃性が高い選手を選択

・パス&クロス&シュートは身体の向き&利き足側&角度が重要ポイント

・L1ボタンで素早くカーソル切り替え

・相手の事故を誘発するような嫌らしいパス

・タッチライン際では外に追い出す&押し出す

・DFはチャレンジ&カバー

・×ボタンプレス禁止→ディレイ+□プレス利用

・抜かれても付いて行く粘り強さ+5バックを用いた人海戦術

・CBがサイドに釣り出されない様に注意

・サイドを突破されても中でしっかり対応

・自陣深くでは無理にパスを繋がないで大きくクリア

・守りきりたい時は4バックのSBをCBに変更して4人のCBを並べる

・ファーストタッチやトラップの瞬間にプレス

・利き足でシュートを打たせない

・相手エースにシュートを打たせない

・パスコースを限定する

・シュートコースブロック

・能力よりコンディション重視

・敢えて初めは主力を温存→スーパーサブとして利用

・相手に合わせ柔軟に戦術+フォーメーション変化

・基本的に1TOP戦術は弱い

・基本的に3TOP戦術が強い

・相手が格上でガチで勝ちに行く場合はインテル『5-2-3』orチェルシー『4-3-3』のフォーメーションでディフェンスオート+カウンター戦術が有効

・ビハインド時は早めにメンバー&フォーメーションをチェンジし、強くて速い選手を入れて4か5TOPに変更しオフェンスオート+CBオーバーラップ使用

・出来るだけスライディングしない→抜け出されて後半終了間際PA外側であればやむなし

・相手が5バックの場合→こちらは3TOPを使わず1TOP+MFを厚くしてパスを繋ぎながら中盤を支配しサイドから崩すor中盤の空いたスペースを生かしてミドルシュートを放つ

・相手が格下で5TOPの場合→こちらが弱いチームを使っている事が多い→5TOPで張り合うと能力差でゴリ押しされて打ち負ける→通常のフォーメーションで望み出来るだけ5TOPにボールを入れさせないようにプレスをかける→奪ってからはカウンターでスペースを生かしながらサイドから崩す

・相手が格下で超強豪クラブを使ってくる場合→こちらも強豪クラブを使わないと準強豪クラブや中堅クラブでは能力差でゴリ押しされて厳しい