ぎをん齋藤 きょうの装い~創造日誌~

京都・祇園の老舗呉服店『ぎをん齋藤』スタッフのブログです。 オリジナルきもの・帯の創作からお届けまでの舞台裏を綴ります。

みなさんこんにちは!
すっかりご無沙汰してしまいました田中でございます。。まだ生きております(^^;;

さて、気が付けば朝夕涼しく過ごしやすくなり、自己主張の激しい蝉の声はマツムシだかコオロギだかの音に主役を譲り、五感に秋の訪れを覚える季節となって来ました。

ぎをん齋藤も夏休みの充電期間を終え、お客様に新たな逸品の数々をお届けする準備を進めております。


image

写真のようなお便りがお手元に届いていらっしゃる方も多いかと存じますが、ぎをん齋藤・恒例の京都陳列会、いよいよ10月1日より開催です!

今回は直前に主人の小裂コレクション展が開催されたこともあり、弊店のものづくりへのこだわりとその源を改めて皆さまにご覧頂くような陳列会になる予定です(^^)/

まだ弊店にお越し頂いたことのない方も、気軽にご来場頂けます。当代店主・齋藤貞一郎のものづくりへの飽くなき情熱を、是非ご覧くださいませ。

※ご案内状をご希望の方は、HPのお問合せフォームや各営業スタッフにご一報下さい。

みなさんこんにちは!少しご無沙汰しております…((+_+))
田中は引き染や刺繍など、弊店ものづくりにおける職方さんとのやりとりを主に担当しておりますので、今月末は棚卸等の社内的な業務に忙殺されておりました。。(もちろんそれも大切な仕事です!)

それが先週末にひと段落しまして、去る日曜日には私がお稽古に通っております「お謡」の発表会に出て参りました!


image
 田中は「経正」のワキを担当致しました!

会場は風光明媚の嵐山、渡月橋にほど近い料亭「熊彦」さんにて行われました。

image
 立派な構えのお店です!

image
 お天気はやや曇り空…

田中、弊店女将の勧めもあって昨年5月からお謡いの稽古に通っておりますが、公式の場でお役を頂戴して謡を披露したのは今回が初めてでございました。
しかも出番は何と一番手、ワキから始まる演目でしたので、会全体の口火を切るポジションを頂きました!!

田中の緊張たるや、皆さまにはお察しに余りあるかと存じますが、それでも背後で先生方の強力な地謡に支えられながらの謡は、本当に素敵な経験でした(*´ω`)

諸先輩方の個性ある謡・仕舞をたくさん拝見することも出来、ますます能楽の魅力を深く感じた一日でした。

いつか皆さまの前でも披露できる日が来ることを祈りつつ、これからもお稽古に励みます~☆

みなさまおはようございます!
本日は祇園祭・後祭りの山鉾巡行・花傘巡行でございます。

前祭りは長刀鉾はじめ有名な鉾が多く巡行しますが、人いわく「後祭りの山鉾の方が懸装品が豪華なものが多い」そうです(^^)/
さらに花傘巡行では花街の芸舞妓さんたちも登場しますので、いっそう華やかな雰囲気に包まれます。

後祭りへお越しの方は、その辺りにもご注目下さい!
また、残念ながら巡行を見逃してしまった方は、四条寺町の御旅所から八坂神社まで三基のお神輿がお還りになる「還幸祭」もハイライトの一つですので、夕方~夜もお祭りに参加して頂けますよ☆

和装小物オンラインショップにて開催中の「ぎをん齋藤の祇園祭」も本日24日注文分までが企画対象となります。


image

全商品送料無料、バッグお求めの方には帯締め進呈、夏の感謝祭でございます(*´▽`*)
この機会にぜひ!ご利用下さいませ♪

このページのトップヘ