クレジットカードランキングとおすすめカードの紹介

クレジットカードのランキングや比較を中心に実際に利用されている方々のクチコミ情報をもとに作成しております。

アメックスの最高級カードはホワイトカード!?「ZYNC」

AMEXから新しいカードのご案内がきました。

AMEXといえば、グリーン→ゴールド→プラチナ→センチュリオン(ブラック)とランクが上がって行くのですが、この新しいカードは「ZYNC」と あります。見た目は「ホワイト」!

恐らくZinc White(亜鉛白)にかけたんだと思いますが、どういうブランディングなんでしょう。
インビテーションも至ってカジュア ル。

コンセプトには

+ECO +GO +CONNECT +SOCIAL

というキーワードが踊っています。

直感的には30代独身、スタイルコンシャス、エコ・グリーン志向、Facebook世代みたいなイメージが浮かびます(笑)

 

 

Img_0729

 

 

ちなみに調べてみると、いくつかのブログで紹介されていて、

年会費$25、ターゲットは20代から30代(アラサーってことか)、”Pack"をひとつ選ぶと特定の商品ジャ ンルで特典がゲットできるようになるそうです。

 

例えば、ソーシャルパックを選ぶとイベントチケット特典があり、Goパックを選ぶとレンタカーの割引 や$50相当の旅行クーポンがもらえると言った次第。

 

しかし従来のカードと一番大きく違うのは、リボ払いはなく、使った分は翌月にきっちり払うという仕組み。

 

要はこれまでクレジットカードを持たず、デ ビットカードを主に利用していた世代に訴求しているわけです。

 

この世代は利用金額も少ない割には、信用リスクも結構高く、クレジットカード会社からみればメインターゲットにはなっていなかったと思うのですが、

 

様々な特典と引き換えに毎月きっちり返済してもらうというのはリスクヘッジにもなって良いんじゃないでしょうか。

 

ANAダイナースカードのポイントを解説!

ANAダイナースカードは、全日空(ANA)のマイル特典などが受けられるだけでなく、ANAマイレージクラブと提携しているユナイテッド航空やエアチャ イナなどの特典にも交換できます。


また、国内外の空港に設置された、会員制のクラブラウンジが無料で利用できた り、ANAカード会員限定の割引運賃が利用できるなど、便利な特典が豊富です。



加えて、ANAダイナースカードには、付帯保険として最高1億円の旅行傷害保険も 付いていますので、数あるクレジットカードの中でも、最高のステイタスカードです。


なお、ANAダイナースカードには、カード入会するだけで、はじめから2,000マイル相当のポイン トがもらえる入会特典が付いています。


ANAダイナースカードにはマイル付き電子マネーEdyを装備

ANAダイナースカードには、プリペイド式の電子マネー「Edy(エディー)」をセットしていますので、航空やコンビニなど、さまざまな店舗で現金を使わ ずに精算することができます。


特に、航空内では、ほとんどのお店がEdy対応となっていますので、旅行用の荷物やお土産をかかえているとき、急いでいるときなどは、Edyを提示すれ ば、財布を取り出したり、お金を出す手間が省けますので、とても便利です。


また、ANAダイナースカードに装備されたEdyを利用すると、200円利用するごとに1マイル付 きますので、ここでもマイルを貯めることができます。


ちなみに、ANAダイナースカードの場合は、ただショッピングに利用するだけでなく、Edyにお金を チャージをするときも、200円ごとに1マイル加算されますので、より早くマイルを貯めることができます。




ANAグループ便の搭乗で、通常マイル+25%分のマイル加算

航空券の支払い時にANAダイナースカードを利用して、他のANAマイレージクラブの飛行機に搭乗すると、通常の基本区間マイレージに加えて、+25%分のマイルがもらえます。



なお、ANAマイレージクラブには、アジアのを拠点とする航空会社をはじめ、アメリカ、ヨーロッパの航空会社など、さまざまな国の航空会社がANAマイ レージと提携しています。


ANAマイレージクラブの提携会社一覧



【ANA/スターアライアンスメンバー + 提携航空会社一覧】

・ エアカナダ
・ 中国国際航空(エアチャイナ)
・ ニュージーランド航空
・ アシアナ航空

・ オーストリア航空
・ bmi(ビーエムアイ)
・ エジプト航空
・ LOTポーランド航空

・ ルフトハンザドイツ航空
・ スカンジナビア航空
・ 上海航空
・ シンガポール航空

・ 南アフリカ航空
・ スパンエアー航空
・ スイスインターナショナルエアラインズ
・ TAPポルトガル航空

・ タイ航空
・ トルコ航空
・ ユナイテッド航空
・ USエアウェイズ

・ JBEXエアラインズ
・ マレーシア航空
・ カタール航空

・ ヴァージンアトランティック航空
・ エバー航空
・ ジェットエアウェイズ




ANAダイナースカードの旅行保険は最高1億円!

ANAダイナースカードには、ANAダイナースカードには、国内旅行の場合は最高5,000万円、海外旅行の場合は、最高1億円の旅行傷害保険が付いています。


また、海外旅行時に、航空券などの支払いに利用しなくても最高5,000万円、支払いに利用した場合は、補償される金額が、最高1億円!になります。


すべて数字で書くと・・・【100,000,000円】(笑)。大手保険会社で取り扱っている一般的な旅行保険でも、1億円も補償している商品はほとんど ありません。


ANAダイナースカードならば、初めから最高額の付帯保険が付いていますので、国内外の旅行をするときには、安心感が違います。




翌年度以降、毎年+2,000マイルのボーナスが付きます

ANAダイナースカードでは、毎年、クレジットカードを更新するたびに、ボーナス特典として、2,000マイルがもらえます。


つまり、ANAダイナースカードを持っているだけで、1年間に最低2,000マイルは必ず貯まるこ とになります。



通常、飛行機に乗るだけでマイレージを貯めようとすると、出張などで頻繁に乗らないかぎり、限界がありますよね(;^_^A。


また、ANAマイルには、最終獲得日から3年間というポイント有効期限もありますので、普通に飛行機の搭乗だけで貯めるのは、正直、難しいと思います。



そこで、ANAダイナースカードを持っておくと、毎年、最低2,000マイルが貯まるだけでなく、入会ボーナスやEdyチャージなど、さまざまな方法でマ イルを貯める機会がありますので、早くマイルを貯めるには、ANAダイナースカードはかなりお勧めです。




ANAダイナースカードなら国内外の空港ラウンジが無料

空港ラウンジとは、飛行機が出 発するまでの間、ゆっくりとくつろぐことができる特別待合室で、ゴールドカードプラチナカードな ど、一定以上のステイタスカードや条件をクリアした会員のみが利用できる、いわば、VIPルームです。


空港ラウンジでは、新聞や雑誌、ドリンクから高級そうなお菓子まで、いろんなモノが用意されており、ANA ダイナースカードを持っていると、無料で利用することができます。


空港ラウンジの中には、お茶やお酒が飲めるだけでなく、インターネットができたり、シャワーを浴びることができるところもありますので、早めに行って利用 したり、飛行機から別の飛行機に乗り換えるときなどは、とても便利です。



以上、ANAダイナースカードの特典や付帯保険などを紹介してきましたが、この1枚を持っているだけで、一般的な普通のクレジットカードとは異なった、特 別なサービスが受けられる、ということは分かっていただけたと思います。


また、ANAだけでなく、他の航空会社や飛行機への搭乗以外の方法でも、マイルを貯めることができますので、旅行が好きな方や、ビジネスでさまざまな飛行 機に乗る機会の多い方は、特に、持っておいて損のない、最高クラスのステイタスカードだと思います。


ANAダイナースカード 付帯保険・サービス

海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 10000万円
傷害・疾病治療 200万円
賠償責任 10000万円
救援者費用 300万円
携行品損害 50万円
コメント 【自動付帯】
日本を出発してから最高3ヶ月間、最高1億円の傷害死亡・後 遺障害保険がつきます。
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 5000万円
傷害・疾病治療
コメント 【利用付帯】
入院日額:5,000円
手術一時金:5万円~20万 円
通院日額:3,000円
シートベルト
傷害保険
死亡
重度後遺障害
ショッピング保険 海外 500万円
国内 500万円
補償期間 購入日から90日間補償されます。
コメント ショッピングリカバリー保険(動産総合保険)がついています。高額な買い物は現金 ではなく、カード決済をすると保険がつくのでオススメします。
その他の保険 自動車
ロードサービス
クレジットセイバーサービス
オンライン
プロテクション
リターン
プロテクション
コメント
トラベルデスク 世界37都市で緊急時や現地のイベント情報、レストランの予約などできます。


ANAダイナースカード 提供会社

会社名 シティカードジャパン株式会社
資本金 1億円
設立 1977年4月2日
所在地 東京都品川区東品川2丁目3番14号シティグループセンター
貸金業登録番 号 関東財務局長(2)01376号





訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

皆さまからのコメント
ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー

MSNボットチェッカー

Googleボットチェッカー


検索エンジン kensakusaku
相互リンクについて

当運営のブログは相互リンクを積極的に募集しています。
相互リンクはサイトのジャンルを問わずに募集していますが、
アダルトサイトや公序良俗に反するサイト様とは、相互リンク出来ませんのでご了承願います。

※相互リンクをご希望の方は必ず先にリンクを貼っていただいてからご連絡下さい。
□<<リンク用キーワード>>クレジットカードランキング

貼っていただいた後に
creditcard_ranking@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。

□ご連絡いただく際の注意事項。
お名前、メールアドレス、貼っていただいたURL、貴サイトのリンク用キーワードをご記載下さいませ。
※基本1週間以内に対応させていただきます。
livedoor プロフィール
RSS
ゴールドカードランキング
ゴールドカードランキング第1位
シティゴールドカード


ノースウエスト/シティ ワールドパークス ゴールドカード

国内海外共に1億円の旅行保険
入会の基準は原則25才以上で年収400万円以上
世界最大の金融グループ・シティが発行するゴールドカードなので、世界のビジネスエリートが使用するカードとして有名。
バランスの取れたカードといえます。
最短3ヵ月〜1年の利用で憧れのプラチナカードのインビテーションが届く。
満足度:★★★★★


ゴールドカードランキング第2位
ダイナースクラブ

サービス内容も旅行保険は国内、海外共に最高1億円。 ショッピングガードも500万円と他社のゴールドカードと比較しても最高レベル。
原則として33才以上で勤続10年以上の役職者。
ゴールドカードの中では最高のステータスカード。
満足度:★★★★


ゴールドカードランキング第3位
JCBゴールドカード

空港ラウンジサービスやホテルの限定プランなどで充実したサービスを提供。
20才以上で安定継続収入。
最近ゴールドカードのサービス強化に力を入れており、海外旅行保険の補償額がゴールド最高レベルの1億円になりました。
※今ならディズニーチケットプレゼント。
満足度:★★★
  • ライブドアブログ