Sonatas & Partitas for Solo Violin
Sonatas & Partitas for Solo Violin

イブラギモヴァは無伴奏のリサイタルを先月宗次ホールでやっていたのですが、月曜日の公演でさすがに私は行けなかった。でも、事前にこの録音を聴いていたらあらゆる不義理を押し通してでも行ったかもしれないな。

名フィルのアンコールで1曲披露したときも驚くほどちいさな音で弾いていた。この録音で全曲通して聴いてもそういうちいさな声で個人的に楽器と対話したいだけ、みたいな部分がとくに印象に残った。いま、こういう演奏をする人にとても好感を持ってしまう。たぶん自分の中の傷みたいなものに自覚的な人なのではないかと思う。実はショスタコーヴィチのライブを聴いているときもああいう内側に凝集していくところを見ていたら「心の傷」というキーワードが浮かんできた(我ながら陳腐なキーワードですけど他に適切なのが思い浮かばない)。

このバッハも内面世界への旅でありますがとても客観的に冷めた感じがする。そういうのは重音の際にも決して音を濁らせることなく和音を大切に響かせるところに出てる。ガンガン殴りつけるように彫琢していくクレーメルあたりと大きく違うところであり、さらにクールな感性が現れてるところかも。こういう演奏をする人はこれからポツポツ現れるような気がするな。とくに日本で。ま、決してしんみり独白一辺倒でもなくパルティータの3番なんて技術的な切れ味がいいから、とっても小気味よく軽快な音楽になってる。

こういう無伴奏を聴いているとこの曲集だけは古楽奏者の進化もまだ道半ばという感じがします。実際とても難しい曲なんだと思う。いまさら管弦楽組曲をモダンオケで録音しようなんて誰も思わないだろうけど、無伴奏だけはこうして録音がまだまだたくさん出てくるわけで。ここにだけは幸せな共存が保たれてる。

そういえば・・・
はじめてこれをハイペリオンのサイトでダウンロード購入してみた。FLACやApple Losslessも選べるのにiTunesより安いってどういうことさ。円換算で最終的にいくらになったか見てないからなんともいえないけど。手続きに一抹の不安を感じたものの普通に購入できた。わたしはApple Lossless版で購入。CDプレイヤにUSB端子があってそこにiPhoneつないで聴いてます。ダウンロード時にはブックレットのPDFも落ちてきます(というか楽曲買わなくてもこのPDFは落とせますけどね)。面白いのは楽曲解説のテキストデータがiPodの歌詞の部分にも表示されること。なかなか親切。