今はスタジオはないですが、出張にて録音してますクルースタジオの主です。
雪解けだけが楽しみ…。

で、ベンチャーズな訳ですが、僕はリアルタイムって訳ではないです。まぁ,確かに小学校の頃に薄っらと記憶にあるかないかで、中高で音楽をやり始めた頃に不良の先輩がコピーをやってたのが記憶に或るくらいですね。
この頃は、来日して全国くまなく巡業していたので田舎ながらポスターなんかを見た気はします。
全盛期は1965年頃ですかね。来日公演も大盛況でエレキブームの神様みたいなかんじだったんだと思います。
オリジナル・メンバーは、サイドギターのドン・ウィルソンとベースのボブ・ボーグル(最初はリード・ギター!)。
結構、メンバーの出入りが多くて脱退、再加入なんかを繰り返してます。
ノーキー・エドワードも当初はベースで参加していて、後にボブに変わってリード・ギターになって大ヒットを飛ばす事になります。
バンドは、ギター・インストで当時のヒット曲をカバーしてオリジナルのごとくヒットさせてました。今ならただのBGMあつかいですけど、当時はそのエレキ・サウンドが衝撃的だったんですね!
しかし、そんなエレキの大ブームもイギリスの4人組が一瞬で吹き飛ばしてしまうわけですが、それでもバンドは地味に継続していて毎年来日してます。
一瞬のブームとはいえ、当時のバンド少年には大きな影響をあたえていて、リスペクトしてるバンドマンが沢山います。
それが、この「30周年」の映像で垣間みる事ができるんですね!
バンドとして、あまりセッションなんかをするイメージはないですけど、ここでは「ピーター・フランプトン」や「ジェフ・バクスター」、「クリス・スペディング」なんかと楽しそうに演奏してます。
この楽しそう、ってのがいいんですよ!セッションというと、アドリブ合戦と思いがちですが、ベンチャーズの場合は、曲はカバーでアレンジもサイズも決まっていて、アドリブ・パートが基本的にはありません。
いわゆる合奏になるんですが、これが実に気持ちいい。
なんというか、ただ演奏してるだけじゃなくその中にベンチャーズ愛が溢れてるんですよね〜!出しゃばった事はしないでノーキー、ひいてはベンチャーズを引き立ててるっていのが、一流の成せる技なのかなと思います。
勿論、ノーキーのカントリー・フレーバー溢れるフレイジングや、バンドの8ビートのグルーブなんか難しい事はやってないけれど、やろうとするとこのノリは出せないと思うんです。
やっぱり、バンドの基本なんですよね〜!いつ聴いても新鮮で、若い子にも聴いてもらいたいものです。
  


で、珍しく原曲を!

気聴くらべると、いかに売れる様にアレンジしたかが分かりますね!
ということで、懐かしくも新しい発見もあるベンチャーズでした!

まぁ、こんな時期なんで録音でもしてみませんか?¥30000、あればなんとかします!
PAのお手伝いしま〜す!今年の予定が空いてるので、録音なんかのお仕事宜しくお願いします!
バンドや弾語りなんかも出向きます!高校生も大歓迎!
https://www.facebook.com/CREWSTUDIO/

市内、地方でのPA、録音依頼承ります!
*ライブのお手伝いも格安でいたしますのでお気軽にご相談ください。
*呼ばれた所に飛んで行きますので、どしどし呼んで下さい!
*録音しながら遊びませんか!?ご依頼おまちしてます!
*ライブ録音のお手伝いもします。お気軽に!

終了のご挨拶
*お客様のところまで出張録音します、気軽にお問合せ下さい!
 予算は、気軽の相談してくださいね!思ってるより、かなりリーズナブルですから!!
 プリプロや、録音時のディレクションのお手伝いいたします。
ミックスだけ、録音だけでもOKです。

*Twitter(@crewstudio)、FBのフォローも宜しくお願いします。
(問合せ Tel 090-2817-5593/crew0328@gmail.com)

物件情報及び、今後のスタジオをサポートして頂ける方がいましたら宜しくお願いします。

音サンプル

http://blog.livedoor.jp/crewstudio/archives/2015-05-17.html