みちくさ日記

犬と小鳥とみちくさ

つい2日ぐらい前は、本気で倒れそうな暑さだった。
きょうは雨降りで涼しい。
仲良しさんたちから
心のこもったメッセージや贈りものが届く。
父をデイサービスに送り出してから
すこしだけのひとりの時間にクルマで
マンゴー杏仁ムースを買ってきて
ひとりで食べて
マニジュのDVDを見る。
カノジョはすこしだけズレてる〜♪ の手つきが好きなんだよね。

1A7B1099-36F9-4408-988A-6138601D71E7

毎日バタンキュー。
仕事も家事もさすがに忙しい。

きのうは突然体験終了後のお客様から真顔で
「体験自体も素晴らしかったが、あなたの前説明に感動しました。
すごいエネルギーと愛情とオーラを感じました」
というようなことを言われる。
朝早くて眠くて、昨日の疲れはとれていないし
こんな疲労のピークのわたくしのどこからエネルギーやオーラが出てるのか
目をうるませているその男性が相当感受性が強い方なのでしょう。
もしかしてまた、苦手なスピリチュアル自己啓発系の勧誘でもされるのかしらん
とやや引き気味に「ありがとうございます。励みにいたします」と答えてしまった。

入り口説明は次へつなぐためにわかりやすく簡潔に済ませることにしていて
お客様に余計な緊張を与えないように自分もリラックスを心がけている。
横にいたるいが「マイナスイオンが出てたんじゃないっすか〜」と笑っている。
きみちゃんも爆笑していた。
でもお客様には心からきてくれてありがとうと思っているので
それは伝わってうれしい。
倒れないようにがんばろう〜。

IMG_2056

お友達が送ってくれたスイカ。
今年はとくに美味しいー!
カリウムと水分に制限のあるにーさまには
ひとくちサイズのキューブにカットしておくと「おいしーっ」と叫びながら食べてる。

鷺沼の叔父さんが庭でとれたキュウリを山のように持ってきた。
酢の物、サラダ
塩をつけてかじったり。

8月は仕事が目一杯入っているので
夏休みもお楽しみもまるでないのだけど
9月には、アッコちゃんライブや夏フェスが待ってる。
夏フェス、体力的に大丈夫かしら。
じーさまをショートステイに預ける手配も整えた。

ダーリンのツアーはどうやら来年らしいので
今年はビルボードあるかしらと思っていたら
10月の銀次さんの45周年ライブがビルボであるらしく、
元春もゲストで出るというので行くことにした。
育子ちゃん夫妻も行くそうなので久しぶりに会えるね。
育子ちゃんたちはこないだダイアログにも来てくれた。
いろんな人がわざわざ来てくれて感激。
この場所ではラストスパートなので
丁寧に楽しく頑張りたい。

IMG_2036

仕事から帰ったらポストに届いてた。
スイミングとグルテンフリーで7キロ痩せたダーリンですが
高桑さんによれば体調は絶好調とのこと。
ファンのために、歳を重ねても美しくいてくれてありがとうございます。
61歳にして自然体でハゲたり太ったりしていないって凄いことです。
俺はもうおじさんだからなどとけして言わない元春をわたくしも見習いたいです。

新譜は優しく鋭く気高く瑞々しく神秘的で軽やかなサウンドで
さすがわたしたちのダーリンですね。
勝手に誇らしい気持ち。

IMG_2019


IMG_2013



土日は一日中立ち仕事なので夜中に足がつったりする。
もすこし体力が欲しいー。

病院のケージの中でガタガタ身体を震わせてうずくまっていたあの日を思うと
家でのんびりダラダラしているクリコさんの姿を見られるということはしあわせだなあ。
やっと日常が戻りつつあるけれど
じーさまのお世話に気を使う暑い季節到来。
仕事で留守にする間が心配。
出来ることをして出かけるけれど
帰宅すると想定外の状態になってることも多く、
なるようにしかならないといういつもの結論。
早く秋がきて欲しいの。

IMG_1974

IMG_1976

手術と入院でお世話になった動物病院で最後の診察。
「僕の願いは、もう、ここには来ないでね。そしてながいきしてね」
と、執刀医の若い先生が仰ってくださった。
危篤状態からだんだん復活するまで「胃が痛くなっちゃった」そうです。

クリコさん、がんばりました。
膵炎の数値は日毎に良くなり
あとは、ずっとお薬を飲んでいる胆嚢の経過を引き続きみていってくださいとのこと。

思えば吐き気がして辛そうだった頃は
夜中に何度も起きて落ち着き無くウロウロしていたけど
退院してからは、夜もよく寝ている。
起きてもペロンと私の顔を舐めてまた寝る。

日曜日にはにーさまと一緒に吉祥寺でみちこ叔母さんと久しぶりに会う。
子どもに返ったような懐かしい気持ちになる。
親孝行ができなかったから叔母さんには恩返ししたいねとにーさま。
美味しかったパフェ。

IMG_1932

IMG_1934

数値も右肩上がりに良くなってきたとのことで
クリコさん、本日いったん家に戻ってきました。
まだ、口からごはんが食べられないので
鼻にカテーテルとエリザベスカラー付きです。
通院しながら治療していきます。
応援していてくださったみなさまありがとうございます。

父のこと、兄のこともあり、仕事だってしたいし
とにかく私が元気出さないといかんです。
クリコさんにはもう一度のんびり過ごしてほしい。

病院へ行くのに、何度かバスやタクシーを利用した。
愛犬愛猫の話をしてくれた運転手さんや
隣に座っておしゃべりしてくれたご婦人。
温かかったなあ。
職場のみんなも優しかった。

ありがとうございます。

IMG_1867

クリコさん、ただいま入院中です。
吐き気があり食欲がなくなりぐったりしてしまった水曜日
慌てて病院へ連れて行きレントゲンを撮った結果
胃に異物がある模様。

異物取り出しの手術は問題なかったのだけど
もともと数値が悪く怪しかった膵臓がやはり膵炎を起こしていて
手術翌日の夜、危険な状態に。
「今晩か明日までもたないかもしれません」と病院から電話があり
覚悟していましたが輸血をして一命をとりとめました。
まだ、予断の許さない状況ではありますが
会いに行くと、立ち上がれるまでになりました。

ヘルニア手術とリハビリの時もお世話になった動物リファーラルセンター。
最新の設備と専門のスタッフが揃っていて
急患や小さな病院では難しい手術に24時間態勢で対応してくれる。
なにより、全スタッフの動物への接し方が愛情深くてそこにホッとする。
たからもののように動物を扱うのだ。
何かあれば、主治医の紹介で受け入れてくれて
家からも近いのでいざという時安心なところ。

犬の事で仕事を休んでしまうのは申し訳なかったのだけど
家族で動けるのが私しかいないため、数日お休みをいただいた。
こころよく休ませてくれるだけではなくて
みんなして励まして応援してくれるのはやはり私の職場らしいところ。

父のこと、兄のこと、考えたらキリがないけど、がんばらないと。

という訳で、いま、スマホや家の電話が鳴るとたいへん心臓に悪い日々のため
しばらくわたくしへのお電話はご遠慮くださいますようお願い申し上げます〜
クリコさんもがんばっております。

IMG_1842

こないだの水曜日。
みほけんのお誕生日をお祝いに鎌倉へ。
ヒロくんに花束を作ってもらう。

海でギターを弾いて歌っていたみんなと
若宮大路で合流して
やまかストアでたこ焼きの材料を買い
みほみぞのおうちへ。
大学時代にたこ焼き屋さんでバイトしてたというシンガーソングライターのえみいちゃんが手際良く準備して、みほけんがひっくり返してくれたのを食べる。

いつものように時間がなくて
すぐに帰らなくてはならなかったけど
妖精みたいな人しか登場しない1日だったなと思いながら根岸線に揺られる。

IMG_1786

IMG_1784

IMG_1792

きのうは、みちくさ友達とあきる野市を山あるき。
東京都とは思えない。
たくさん歩いたあとは
立川のお蕎麦の名店で蕎麦呑み。
飲みながらも話題は仕事のことになる。
グラフィックデザイナーや造園家や
環境ジャーナリストや植物のエキスパートの皆さんなのだけど
いい仕事をする人ならではのピュアなスピリットに触れ
お話を聞いているだけで清々しい気持ちになる。
自分にはもったいないくらいの
すばらしいお友達に恵まれているなぁ。
私もせめて心を込めて丁寧に仕事をしていこう。

ぶちおのためなら
何でもお手伝いするよというと
「なつこさんのことはもっと大事にしておきたい」などと仰る。
ただぼーっとしているだけの私を
そんな風に思ってくれてありがとう。

IMG_1727

IMG_1755

IMG_1742

↑このページのトップヘ