みちくさ日記

犬と小鳥とみちくさ

寒いぞ。
12月並みだとかで、病人のいる我が家はもう暖房スイッチオン。
にーさまは今月初旬に足のカテーテル手術も無事終わり
ずいぶん歩くのが楽になったようで
年末にちらほら入っているイベント仕事もやや安心。

私のほうは浅草橋までの通勤にも少し慣れてきた。
日によって出勤時間が異なるので、電車が混む時間の日はこのルート
ゆっくり行く日はこのルート、と変えてみているのだけどやっぱり遠い〜
外苑前の頃よりもさらに寄り道する時間がなくなり駅と家との往復のみ。
でも仕事は朝から夜まで立ちっぱなしではなくなったせいか
身体の疲れ方はずいぶん違う。
夏までよくぞあんなハードなことをこなしていたなぁと思ってしまう。
お客様とのやりとりが楽しかったから苦にはならなかったけれど。

きょうは期日前投票に行ってきた。
あっという間に今年も終わりそう。
クリコさんもだましだましなんとか元気。
無事に一年が終われますように。

今年も矢野顕子トリオ@ブルーノートへ。
カッコよかったー。スカッとした。
途中、へんな手拍子をしようとしたお客さんに
♪手拍子は〜やめて〜
うえはらひろみは〜やさしいから〜いわないけど〜
ほんとは〜手拍子されると〜チッ!とおもってるはず〜
と歌ったのに笑った。

最近、達郎さんがラジオで仰った
「ライブ中に歌うお客さんは迷惑」発言が
あちこちで話題になっていたけど
アッコちゃんも達郎さんもハッキリと言うところが似てるな。
いいライブはその場所にいる人たちのグルーヴで作られてく。

今夜のライブも気持ち良かった。
帰りに思わずラーメンを食べに行ってしまいました。
ラーメン屋さんの店員さんに写真を撮ってもらう。
お会計の時に
「さっき皆さんがおっしゃっていた矢野顕子さんの曲のタイトルをもう一度教えてください」「仕事終わったら検索して聴きます」
って店員さんが言っていた。
楽しい夜でした。

39301AC3-2B88-4A3B-B76C-6A9AE4100D99

23日はクリコさんの15歳の誕生日でした。
6月の手術では九死に一生を得て
すっかりおばあちゃんですが
余生をのんびりゆっくり過ごしてほしいな。

そんな秋分の日には
矢野顕子ファンクラブ主催のイベント「うちコン」へ。
アットホームなライブ
普段はあまり歌わない曲ばかり
コアなファンのリクエスト曲を次々と演奏してくれます。
最後はひとりずつ握手してお別れ。
アッコちゃんのあのピアノを弾く手なんだと思うと感慨深い。
「ブルーノート、楽しみに伺いますね」と伝えると
「頑張って練習しまーす!」って仰ってくださった。
そう。天才と言われるけれどあのピアノは練習の賜物なのですよね。

IMG_2412

きのうはひとりでお墓参りへ。
いいお天気で気持ちが良かった。
じーさまがショートステイから戻り
またいつもの日常が戻る。
自分とにーさまのゆで卵を作ってコーヒーを淹れるだけの朝はすごく楽チンだった。
じーさまが戻ると忙しい。仕方ないけど。

まだ浅草橋まで通勤するのに慣れず
色んなルートを試している。
スタバやマックなどのチェーン店がない街。
スタバのコーヒーは不味いので行かない。
自分で淹れるコーヒーのほうがはるかに美味しい。
純喫茶のコーヒーをいつか飲みに行きたいな。

IMG_2382

はるばる千葉の袖ヶ浦まで氣志團万博へ。
台風接近であいにくの雨だったけどポンチョを着て万全の装備で臨む。
お目当てのユニコーン、岡村ちゃん、達郎さんの頃には降ったりやんだりの小雨に。

もっちと一番楽しみにしてた達郎さんのステージ。
出演アーティストごとにお客さんが場所を入れ替わるので
岡村ちゃんの時はすこし遠くから見ていたけど
かなり近くにつめよって、肉眼で見た(笑)
雨でお客さんが冷えちゃうからきょうはバラードやりません!踊ってください!
と、セットリストを変更しての40分間ノリノリバージョンでのお届け。
ツアーの時と同じフルメンバーだったので、コロちゃんのギターも聴けたし
まりやさんもコーラス参加、達郎さんのカッティングギターも相変わらずカッコよくて
花道まで出てきて弾きまくる演出もありみんな大コーフン。
ホールツアーはプラチナチケットで運が良くなきゃ見にいけないから
今日初めて生演奏を聴いた人もたくさんいたはず。
「実在するんだ」「神が降臨した」なんて言ってる人もいた。
超一流。やはり別格なのだ。でも凄い現役感。

最後の「さよなら夏の日」は霧雨の中で美しくて。まるで映画みたいだった。
周りの人はみな号泣。

遠かったけど、行けて良かった。
氣志團ありがとう。故郷を愛する気持ちのいい人たちだ。
いよいよ秋ですね。

IMG_2372

職場のお引っ越しも無事終わり
荷解きの筋肉痛が今日になってやってきてる。

新しい職場は屋形船が浮かぶ神田川沿いのビルの3階。
内装は外苑前よりもお洒落でシンプル
狭くなった感はあまりない。
他のフロアに入居している会社の方々も
我々の活動を知っていてくださり温かい雰囲気。
一階にはカフェができるらしい。
混沌とした下町の雰囲気はたまに遊びに行くと面白いのだけど
ずっとそこにいると疲れてしまう。
でも職場は別空間なので
通勤はかなり遠くなったけど何とか頑張れそうな気がしてきた。

今月からは平日メインで土日は仕事がないので
10月から今までのじーさまのデイサービス利用曜日を変更してもらうことに。
久しぶりに土日が休みになったのでにーさまをクルマに乗せてたまプラまで。
お天気のいい土曜日、人がいっぱいワイワイしてるところでランチするのが妙に嬉しかった。

IMG_2320


IMG_2322

昨日は外苑前への最後の出勤日。
引っ越しの荷詰め作業できょうはちょっと腰痛〜。
外苑西通りは馴染み深い通りで
私が生まれ育った家も外苑西通り沿いにあった。
目黒駅行きのバスが通るとなんだか嬉しかった。
がんばりなさいと言われてるみたいで。

引っ越し作業もいつものように冗談を言い合いながら。
しかし8年ぶんの荷物はすごかった。
しんちゃんが野菜と畑づくりの本を「なっちゃん、これ」とくれた。

今週からしばらくは浅草橋勤務になる。
私にとっては全く縁もゆかりもないなんかアウェーな感じの場所だ。
でも近くに住んでいたりする友達は
「近くなってうれしい」とか
「一緒にごはんたべようねー」なんてメッセージをくれたりして嬉しい。

まずは目を使わない同僚たちが自力で出勤できるようになるための練習からはじまる。
外苑前でも8年の間に近所のコンビニの店員さんたちは
とても親切に買物をサポートしてくださるようになり
通路にはみでている木の枝を切ってくれたり
雪の日は雪かきしてあったり。
一般運営最後の日にはご近所のミニストップの店長さんが
両手にたくさんのリポDとウィダーインゼリーの入った袋を下げて
ご寄付もくださり暗闇を体験して帰って行った。

目の見えない人といつもいつも接していて
それが普通の現象になると
気負わず自然に接することができるようになる。
次の場所でもきっとそうなっていくことでしょう。
しかし、通勤がさらに遠くなるのでいったい何時に起きればいいのかなー!

IMG_2270

怒涛の8月が終わり
職場はお引越し。
大好きな場所なので
理不尽なオトナの事情に
悔しさや寂しさもあるけれど
これからはじまる壮大な計画への楽しみもある。
多種多様な愉快な仲間と部活をしているように楽しみながら
静かに社会を変えていこうとする
上下関係も何もなくてニックネームで呼び合う
犬も出勤してくるし、赤ちゃんがいる時もある。
こんな職場はあんまりないかもしれない。
でもそれが普通になるといいな
まさにダイバーシティ。

じーさまをショートステイに預けて
昨夜は帰りの時間を気にせず働いた。
そのつどやりかたを変えて柔軟に
自分が元気でいられるようにしていこう。

IMG_2256

8月で外苑前がクローズなので平日もできうる限りの運営をしている。
なので、ひたすらレセに立ち続ける。
仕事は大好きだけど
帰りの電車は足がパンパンで痛くてへとへと
家に帰っても疲れすぎて思考能力が働いていないので
ただ身体が覚えていることをやるだけ。
夏休み、欲しいよーう。

つい2日ぐらい前は、本気で倒れそうな暑さだった。
きょうは雨降りで涼しい。
仲良しさんたちから
心のこもったメッセージや贈りものが届く。
父をデイサービスに送り出してから
すこしだけのひとりの時間にクルマで
マンゴー杏仁ムースを買ってきて
ひとりで食べて
マニジュのDVDを見る。
カノジョはすこしだけズレてる〜♪ の手つきが好きなんだよね。

1A7B1099-36F9-4408-988A-6138601D71E7

↑このページのトップヘ