盗難バイク買い取り輸出か ナイジェリア国籍の男逮捕 神奈川
2009年6月11日8時3分配信 産経新聞

 盗難バイクを窃盗グループから買い取り、輸出していたとして、県警国際捜査課と藤沢北署などは10日、盗品等有償譲り受け容疑で、ナイジェリア国籍の中古品買い取り業、オケケ・チャールズ容疑者(35)=座間市=を逮捕した。オケケ容疑者は「盗んだものとは知らなかった」と容疑を否認している。

 県警の調べによると、オケケ容疑者は4月27日、厚木市の作業場で、横浜市磯子区の無職、蛯名純被告(29)=窃盗罪で起訴=ら2人が同市内のマンションから盗んだバイク1台(6万円相当)を盗品と知りながら2万円で譲り受けた疑いが持たれている。

 蛯名被告らはこれまでにバイクを千台以上盗んだと供述しており、県警はオケケ容疑者がそれらを買い取り、輸出していたとみて、裏付けを進めている。