2003年03月

2003年03月31日

○価値の高いアイテムを生産した際の性能決定処理において、
 想定を超える値が高い確率で設定されてしまい、
 著しく価値の高いアイテムが容易に量産可能となっていたため、
 性能決定処理の調整を行いました
                            〜公式ページより〜

生産で、お金を稼ごうと思ってた矢先に上の修正が入ってしまいました。
ある程度、いいランクのものが生産できることを前提に考えてたのに…

上の文では、"価値の高い"と書いてありますが、
"価値の低い(等級が1〜2程度)"の物まで下がっていました。

最近よく作っていた"木の首当て"。

100個以上作って等級 1/2/3/4 の物が
それぞれ 40%/50%/10%/1% ぐらいの割合だったのが
今回のメンテにより割合が 80%/18%/2%/0% になってしまいました。
等級4にいたっては、500個作っても1個も作成できず。
作成した物の性能も悪いものばかりです。
メンテ前は、ほとんど防御3のものが出来ていましたが、
防御2のものが大抵で、ごく稀に防御3が出来る程度になっていました。

出来すぎるのはまずいとは思いますが、これはいくらなんでも下方修正しすぎのような。

あるていど、数をこなさないといいものが出来ないらしいんですが、
木の首当てにいたっては自分がいままで作った総数は50000近くになっているはずです。

これでは、想定していたような金額は稼げません。
実際、500個作って、想定していた利益より半分ぐらいの利益しか出てませんでした。
もともと首当て500個作って出る利益なんて1〜2貫程度しかないのに…
かかる時間になると相当かかるのですが(−−;

もうこうなると、どうしたらいいのやら…
敵を倒して稼ぐと言う手もありますが、
神主に求められる役目として多種の付与術などで、多彩さが求められるのです。
そのためには目録を大量に購入しないといけないわけで…

自分の主義には反しますが、どっかのページで質問でも書いてみるか…

(22:31)

2003年03月30日

とうとう、MMORPGでは良くある問題にぶつかりました。
…お金が足りない……

現在の自分の所持金は10貫。
通常ならこれだけあれば十分なんですが、そろそろ防具も変えたい。
それに、なんといっても次の技能目録を買ってこないといけない。

皆伝した目録は、以下の11種。
・神官之心得 壱〜四
・神道 壱・弐
・古神道 壱
・祭式 壱
・弓術指南書 壱・弐
・野外活動 壱
現在、修行中の雅楽・壱もあと2個覚えれば皆伝です。
これでは、次に覚えれるやつでは、一番安いやつでも4貫500文します。
(懐剣術指南書もありますが、これは実験用にするため除外)

これは…しばらくお金稼ぎだな…

しかし、神主は技能的にみてもお金が稼げません。
採集技能である伐採では、単価の安いものしか取れませんし、
生産技能である宝飾作成では、髪飾りと首飾りしか作れず、
髪飾りにいたっては、女性専用という縛りがあるため需要は少ない。
その他の生産技能といったら、弓作成、矢作成など高く売れるものではない。

と、まぁ神主や巫女さんは大変なんですよ。
…お侍さんよりはましですが…
侍は、神主と比べちょっと上の程度しか稼げませんが、
必要な金額は武具の修理代などで神主とは比べ物にならないくらい必要です。

こうなったら、微黒字の生産物を大量に生産するしかないです。
現在、微黒字で材料入手が簡単なのが木の首飾り・竹の首飾り・木の髪飾り。
材料をPCに売ってもらえばかなり黒字になるのが漆塗りの髪飾り。
集める時間はかかるが、ほとんどの材料を自力で集められ、
漆塗りの髪飾り並の黒字が期待できるのは丸木弓。
こんなとこです。

…やっぱし、合戦で活躍しないとだめかなぁ。
敵のNPCを倒すとたまに"マゲ"を落とすらしく、
それを寄合所にもっていけば5貫払ってくれるそうだし。
…しかし、敵って40超えてるしなぁ。

もうちょっと考えないとまずそうです。
みんな、どうやって稼いでるんだろ?


(22:32)

2003年03月29日

雅楽・壱の"和みの唄"(敵勢力のモンスター以外のNPCから襲われなくなる)を覚えたため、
全国の城下町を巡る駆け足の旅へ

ついでに神官の与力昇進クエもこなすことに。
こちらの目的地は"尾張""遠江""甲斐""信濃"。

ルートとしては、尾張→三河→遠江→三河→駿府→甲斐→信濃。

ついでに、駿府で自分が良く見てる『ねじ@信長の野望Online 』の管理人・ねじさん、
『左手のやぼう in のぶらいん』の管理人・左手さん、『かぷせるにゃ』の管理人・安倍かぷせるさん、
の3人に会ってみようと勝手に計画。
手土産に柿ようかんを10個購入して出発。

尾張の与力昇進関連クエで山の中を尾張の山伏を探して駆け回ったり、
アクティブに絡まれ奇跡の3連続回避してなんとか逃げ切ったり、
遠江の与力昇進関連クエでPC鍛冶屋が作った杖をもってこいと言われ、
杖の材料を集め、作ってくれる鍛冶屋さんを探して走りまわったり。

そんなこんなで結局、美濃を出立して2時間後に駿府に到着。
ここが、3人の管理人さんが拠点としてる場所です。
さっそく、街中を探してみるか…あ、柿ようかん、両替商で出さないと。
(普通に持ってると、食事として食べてしまうため両替商に預けてました)

……ありゃ?あれって………安倍かぷせるさんだ!!

両替商で、安倍かぷせるさんを発見。どうやら、狩りに行かれる準備をしてるみたいでした。
行かれる前に、と慌てて両替商から柿ようかんを取り出して、ご挨拶。

"HP見てます、更新がんばってくださいね"

…こう話し掛けましたが、最初に話し掛ける言葉を考えて悩んでしまいました。
自分、HPを作ってもうすぐ1年経とうとしてますが、
ゲーム内で他のHP管理人さんと会ったことがあるのは数えるほどしかありません。

…ん〜なんか気恥ずかしいというかなんつうか ^^;

狩りにいかれるようだったので、ちょっと会話してお別れしましたが。
あ、そうそう柿ようかんはちゃんと渡しました。
…というか、かぷせるさん土下座までしてくれました。

喜んでもらえたのはいいのですが、ちょっとびっくり。

その後、甲斐・信濃といき与力クエも終了し、美濃に戻ろうとしたところ
"足まがり"なる敵に襲われ、あえなく昇天。
(通常アクティブな敵は街道までこないのですが、"足まがり"だけは街道を平気で徘徊しています。)

結局、戻りは死に戻りでしたが、安倍さんとも会えたし、
無事与力にもなれたし、良かった良かった (^-^)


(22:33)

2003年03月28日

しばらくがんばって、祭式・壱を皆伝しました。

祭式は、全体にかける付与(かけた相手を強化する)術に長けた系統です。
以前覚えた神道のとき一人一人にかけるのが大変だったので、祭式を目指したのですが…
(神道は個人にかける付与術に長じた系統です)

やっとこさ覚えたので技能スロットに登録しようと思ったのですが…
スロットが足りない…

神主は、徒党を組むことを前提に考えたほうがいいのでしょうが(ソロだと結構弱い)、
その徒党に組まれると、神主の仕事は二つあるわけです。
連携起点と、付与術。

連携起点は、信長やってる人には有名な"かしこみ連携"です。
退魔・壱からつなげる妖術連携という連携で、
他の連携と比べるとつなげやすい連携のためよく多用されます。
なぜこれが"かしこみ連携"なのかというと、
神主・巫女が"退魔・壱"を使うと詠唱準備時に
"かしこみかしこみもうす"(おそらく天津祝詞の最後の部分)と唱えるからです。

付与術のほうは、4種あり(英明・防御・攻撃・高速化)文字どうりの効果なんですが
それ以外にも、"かけた相手の属性値(土属性など)もあがる"という効果があります。
実際に、水系の術を使う陰陽師のかたに、水属性の上がる防御付与をかけると
術の攻撃力がUPしていました。

現在の技能のスロットは5つ。退魔・壱、付与4種で全て埋まってしまいます。
しかし、それ以外にも大地の唄(通常時の気合回復速度UP)や
与気合(気合を相手に分ける)も使いたいし…

うんうんうなって、結局次のように決定。
第1スロット…退魔・壱   (連携起点用)
第2スロット…防御の韻・壱 (近接攻撃のひとにも有効なため)
第3スロット…攻撃の韻・壱 (近接攻撃のひとにも有効なため)
第4スロット…フリー    (術を多用する人がいるのなら与気合などとメンバーによって変更)
第5スロット…大地の唄   (戦闘後の気合回復をはやめるため)

う〜ん、なんかいまいちのような気もしますが…

しかし、こう技能が沢山あると組み合わせを考えるのも大変だ。
…考えるのは楽しいんですけどね f(^-^;)

(23:28)

2003年03月27日

前日14になりましたが、倒してみたい敵がいたのでそいつに挑戦することに。

その敵は、昼間に茶屋の周りをうろついている坊主です。

始めた頃に、何も気づかず襲われ、何回死んだことやら。
あのときの恨み返しちゃるっ!!!

美濃の城下町から一番近くの茶屋にいたのは『そろばん坊主』
レベルを調べると14。自分とは同じとは…なかなかいい勝負ができそうだ。

戦闘開始。自分はお約束の"神の加護・弐"→"退魔・序"。
僧なので、相手から攻撃術を受けるとピンチです。
そのための回復アイテムは所持してますが、焼け石に水になる可能性も…

と、なんかものすごいいい勝負をしてたように書きましたが
実際のとはというと"楽勝"。
『そろばん坊主』は、自分に攻撃付与や高速化などの能力アップはしてきますが、
退魔・壱のような攻撃術は使ってきません。もっぱら攻撃は、棒で殴るだけ。
おかげで、余裕を持って倒すことができました。

さて、次の坊主です。
城下町からちょっとはなれた茶屋には『ゆさぶり坊主』がいます。
これも、レベル14だったので
『そろばん坊主』と同じように余裕でたおせるでしょう。

…甘い考えでした。

戦闘に入ると音楽自体違う。攻撃術もばんばん使ってくる。近接攻撃もかなり痛い。
ついでにこちらの攻撃のダメージは、相手の生命力のバーを1割も減らしません。
しかも、回復術もつかってくるし…

回復薬をがぶのみし、"神の加護・弐"の反撃ダメージに頼りやっと撃破。
もうちょっと、自分のレベルを上げないと場合によっては死んでしまいそう。

こんな感じで近くにいた坊主を倒してみましたが、
他の国には、『日和坊主』など他にも坊主がいるみたいです。
ん〜、坊主倒しの旅にでるのも楽しそうだ (*_*)


(23:29)

2003年03月26日

先に言っときます。ソロ活動だったので、日記が短いです(−−;

友人リストを見てみると、大半の人がレベル15を越え、20も超えてる人も何人か…
今日から、斎藤VS武田、徳川VS今川の合戦が始まってるし…
そんな中自分のレベルは13。

これじゃいかんということで、今日は生産をお休みしてソロでレベル上げをすることに。

防御が紙のLV13神主にとって、倒せそうな敵といえば…毒蛇かな?
ということで、毒蛇ポイントへ。

毒蛇発見→神の加護・弐→防御(気合回復待ち)→退魔・序を連打
を1セットとしひたすら連戦。

4時間ほどひたすら敵を倒しつづけ、レベル14に。
目録ももう少しで"神道・弐"が皆伝。やっと、"祭式・壱"が覚えれます。
はやく鼓を使ってみたいなぁ。

……やっぱ、ソロは寂しいよう(T-T)
明日ぐらい徒党組めなかったら、三河にでも行ってみるかな?

(23:30)

2003年03月25日

夜勤週間のため、ログインしてる人も少なめ。
こりゃ、徒党も組めそうも無いし、生産するかなぁ…
と、伐採しつつ何気に友人リストを見てみると、何人か他国に言ってる模様。

みんな高レベルだしなぁ、とは思いましたが、
気づいたら自分も他国へ行ってみたくなりました。
特に、美濃は海とか湖とか無いので"海がみたくなりました"。

となれば、所持金を全部銀行(両替商)に預け、伐採で取れたものを処分していざ出発。
目的地は、一番美濃から遠い駿河です。
レベルが低いため関所は通らず(敵国の関所だと常駐してる兵に襲われます)、
抜け道を通りつつ、美濃→信濃→遠江→駿河というルートでいくことに。
死を覚悟した移動のため、もちろんソロでいくことに。

抜け道というくらいから楽だろうと行って見ましたが…
レベル20超えのアクティブな敵がごろごろ…
みんなどうやって抜けてるんだ…いったい……

しかし、FFで培った(?)めたるぎあ戦法で何とか回避しつつ、
たまに見つかっても即逃げし、なんとか抜け道を通ることができました。

しかし、結構各国で違いがあるみたいです。
信濃は、雪国と言う設定なのか地面が真っ白だし、
遠江は、街道のすぐそばに農家が密集してたし。
…あ、武者狩りに襲われてる人がいる (−−;
(農家の近くにいる農民は、夜間になると武者狩りというアクティブな敵に変わることがある)

…ま、まぁなんとか無事に駿河に到着。
まっすぐ海岸に出て"海だーーーーーーーーー"と叫んでみたり、
(周りに人がいないのは、もちろん確認済み)
城下町を探索して、迷子になったり。

いろいろやって、一通りやったしログアウトするかということで、
フィールドにある廃城に突撃し、高レベルの敵にやられて死デジョン。

やっぱ、低レベルでの旅は楽しいですね (^-^)

(23:33)

2003年03月24日

生産しまくって、伐採しまくって疲れてきたので
唐突に"信長の野望"の神主・巫女情報を確認しようと情報を集める準備。

信長の野望は、β2のためか開始されて2週間ほどしかたってないせいか、
あんまし情報が出てないように思います。(FFだと、実装された翌日に情報が出回る)
さらに、神主の情報は少ないです。神主人口が少ないというのもありますが…
見かけるのは巫女さんばっかだしなぁ…

ということで、『無いなら自分で作ってしまえ』というわけで情報ページを作ったのですが、
出回ってる情報が少ないため、大半の情報は自分で確認することに。

PC立ち上げて、PS2の画面と比べつつエクセルに書いて…

…両方、見るの面倒だなぁ

…あ、文章間違えた(イライラ

…あ、依頼確認しようとしたら受けちゃったよ(イライライライラ

…………イライライライライライライライライラ………………………

やってられるかぁ〜〜〜〜!!!!!!
ということで、PCに入力するのでなく紙の裏に書くことに。
もぅ、殴り書き状態で記録しましたとも、えぇ… (−−;

技能と、生産レシピと、寄合所依頼を調べるだけで、3時間経過。
終わった頃には、空が明るく…というか午前11時だよ(T-T
(今週は夜勤で、午後18時出社、午前4時帰宅状態)

あとで、まとめることにしてそのまま就寝。

神主関連の情報を集めるだけでこんなに疲れるとは、いやはや。
総合情報ページを運営してる管理人さんはすごいや………

(23:34)

2003年03月23日

先日買えなかった、野外活動の目録を買うために山伏を探しに。
ついでに、近くにあるという"養老の滝"も探すことに。

マップに印をつけておいた場所へ行ってみると…
予想通り、山伏の姿は影も形も見えず (T-T

買うためにもってきたお金をしっかりと握り締め、
アクティブな敵に襲われないようにあたりを見渡して…
1時間近くの探索の結果、やっと発見。

この時点でかなり気づかれ(アクティブな敵がいっぱいなので気が抜けない)してたのですが、
そのまま養老の滝の探索へ。

近くにあるはずだよなぁと思ってさがしてみましたが見つからない。
Webでも美濃の北東にあるだけという情報しかないし…

そのうちに高レベルのPTと遭遇。声をかけて、場所を聞いてみると、
『東の岩山にそっていけばありますよ』
とのお答えが。おぉ、やったと思い『ありがとう』と入力してたら…
教えてくれた人、アクティブな敵に教われてました。(−−;

しばらく待ってましたが、戦闘が長引きそうなのをみて
あとで対話(FFのTELLみたいなもの)でお礼をすればいいやと思い、
その場を急いで離れることに。
(まだ、周りにはアクティブな敵がうろちょろしてました)

これで、すぐに見つかるだろうと思ってたのですが、
一向に見つかりません。
とうとうアクティブな敵に見つかり、命からがら逃げ出すはめに。
なんでかなぁと思いつつ、地図で現在位置を確認。

西に来てるやん……(T-T

分かれたときに方角を見ずに走りだしたもんで、
間違って、西に来てしまったようで。

結局、言われたところから東へ行ってれば10分で見つけれたところに滝はありました。
…2時間たってるよ(T-T

教えてもらった人に対話でお礼を言ってログアウト。

自分の方向音痴が再度確認できた日でした。
うぁ〜〜〜〜〜〜ん (T□T

(23:35)

2003年03月22日

今日は、LSのメンバーが増えるためにLS入会式をすることに。
21時からすると聞いていたので、その15分前ぐらいにログイン。

場所を詳しく聞いていなかったため、今までみたいにジュノ上層でやると
思っていたのですが…

自分  『場所は、ジュノの上層でいいんよね?』
メンバー『ちがうよ〜、ウィンの天の塔だよ〜』
自分  『えっ?!』

これを聞いたときいたのはジュノ上層。時間まで5分。
ひぇ〜と、急いで飛空挺に乗り込み、一路ウィンへ。

到着してみると、みんなそろっていました。
しかも、新しい人に加えて、以前FFをやめられた方が戻ってきてました。

自分も久しぶりだったため、天の塔入り口前にて立ち話。
…ただ、一つ言わせてください。

サブリガを正装と言い切らないでください。断固、反対します(−−メ

まぁ、そんなこんなで1次会の式、2次会のミッションをつつがなく終了。

新人さんの感想としては、
うちのLSの雰囲気に良くあったかたのようで。
えぇ、そらもうハイテンションで… (−−;

久しぶりの大型新人のようです。

これからもにぎやかになるといいね、リーダー。
…あ、そうそうログアウト時の挨拶で

"おつすみ(おつかれ+おやすみ)"

は、ど〜〜〜〜〜〜考えても変です (-_-)

(23:37)