2006年06月01日

こんにちわ。

 今日は会社の健康診断がありました。昨日のサッカーのおかげで生活習慣がかなり崩れました。その影響で今日は体がだるいです。アルバイトの影響もあるのでしょうが。
 
 まずは昨日の答えです。昨日の問題はサッカーに関係する用語でしたので、案外簡単で、分かりやすかったのではないかと思います。
 足球:サッカー
 世界杯:ワールドカップ
 徳国:ドイツ
 でした。そのうち音声でも熱田絵できるようになればいいなと思ってますので、その時はよろしくお願いします。

 何事もやってみないと分からないと思いませんか?私はたいしたことも考えずに中国に留学しました。しかし、行ってみる事に価値があるなと思います。やってみることに価値があると思います。何もせずに失敗するよりやってみて失敗した方がまだ気持ちはいいです。
 別に留学じゃなくても構いません。遊びに行くのでも構いません。そういうのって大事だなと思います。積極的な気持ちで考えていきたいです。

 では、今日の問題です。
 珈琲、加油、明天、です。





2006年05月31日

今日は眠いです。

 昨日はサッカーがありましたね。テレビで見ていました。面白い試合でした。昨日はテストマッチということで、結果も大事なのかもしれませんが内容も重要だったと思います。二点取られてから追いつかれるという悲劇的な結果ではありましたが、この時期にとられていて良かったのかもしれません。というのは、今まで見えなかった悪い点が見えてきたからです。もし、取られていなかったら見つけることができなかった弱点かもしれないからです。

 これは、どこの世界でも通じることだと思うのですが、指摘されて初めて気が付くのと同じようなことだと思います。痛い目にあってやっと分かり、そこから今後はなくしていこうというのと同じです。それに、チームプレーも重要になってくると思います。一人で全部まかなうのは無理がありますので、どうしても身近にいる人や関係者にお世話になってしまいます。私もそうですが、今は中国に関するブログを書いています。私は最近書き始めたばかりで、このブログを見ていただいてる方のほうがずっと先輩だと思います。そういった意味で、見ていただいてる皆さんにご指導よろしくお願いします。

 今日は中国語に関する問題です。テーマはサッカーからです。
 
 足球、世界杯、徳国、この3個の意味はそれぞれ何でしょう?答えは次回です。




↑分かりやすいのでお勧めです。

2006年05月30日

久しぶりに書いて見ます。

 こんにちわ。なかなか書けなくてすいません。最近アルバイト始めて時間が取れませんでした。この前の答えからです。

 生魚片:刺身です。

 これ、日本人だと知ってても良いと思います。旅行で中国に行って日本料理を食べるときなどにこれを見れば刺身だとすぐに分かりますよ。

 再度確認という意味で、このブログの目的やどういった人に見てもらいたいかなどを書いておきます。

 私は2004年の9月から2005年の8月まで、上海の浦東地区の某大学に国費留学生として留学していました。初めての海外で、文化の違い、言語(中国語)を学んできました。異文化に興味のある人にはぜひ見てもらいたいなと思います。また、中国語のクイズや写真、海外生活で困ったことなども掲載していきますので、今留学中の人にもためになるようなブログを作成していくつもりです。皆さんからの質問についても受け付けていますので、気になることなどはどんどん質問してください。

2006年05月24日

最近の話です。

 日本に帰ってきてから中国人と話す機会が比較的多くなりました。実は、私の研究

室には中国からの研究生がいます。去年の秋くらいから来ています。彼は日本に来る

前はカナダで勉強していたらしく、英語の方は完璧に近いのではないかと思います。

私はといえば、そんなに英語は話しません。話せるには話せるのでしょうが、せっか

く中国にいたわけですので、中国語で話す機会のほうが多いです。今日の昼は一緒に

学食で食べました。もう一人、中国人を紹介しておきます。私が帰国後、初めて学校

であった中国人の方です。彼は日本にいる期間が長く、8年いるらしいです。だか

ら、日本語のほうは、ほとんど完璧に分かっているみたいです。ちなみに私の研究室

にいる彼は日本語は話せません。中国語が話せると、こういった人たちとも仲良くな

れるので良いなと思います。たとえ話せなくても、身ぶり手振りでどうにかなるもの

なので、チャンスを探せばいいのではないかと思いまうす。今日の昼に言われたの

は、前に中国語を話してたときよりもうまくなったのではないか?ということでし

た。私はそうは思ってないのですが、中国の方が言っていたので、そうなのかなと思

いました。私自身はそんなに自覚はないですが(笑)国際交流はいろいろなことを知

る機会ですので、みなさんにも参加してもらえたらいいなと思います。文化の違い、

語学学習、目的は何でも良いので、話してみることが一番大事なのではないかと思い

ます。交流を少しでも持つことが一番の理解ですね。

 今日は問題を出しておこうと思います。生魚片はどういう意味でしょう?今日話し

てて思い出した言葉です。答えは次回発表します。





2006年05月23日

今日もこんにちわです。

 最近、寝る前に中国語を聞いています。中国留学時に買った教材です。日本で教材を買うとCDがついてくるのが普通なのですが、中国ではテープが普及しています。私の基本的な学習方法を今日は紹介しておこうと思います。

 まず、聞く能力をUPさせたい場合についてです。やはり、これは何回も聞くのが最善の近道ではないかと思います。といっても、一日中ずっと聞いてまた一ヵ月後に聞くという方法ではありませんよ。毎日少しずつ聞いていくのがいいと思います。初めて中国語を学習する場合には、やはり、ピンインが重要になってきますので、これも自分で聞いて、書くようにしたらいいと思います。私の初期の学習方法はまず、中国語を流して一回聞きます。ここで注意するのはやはり良く聞くことです。ここでは聞くだけでいいのですが、ただ意味もなく聞くだけではなく、声調とどういうアルファベットで書けばいいかです。頭の中で想像するか、答えを見ながら聞いていました。次に二回目に聞くときには、先に述べた、声調とアルファベットを書いていきました。このときに一回答えを見たからといって全部あっている必要はないので、間違えたものについては極端に読んでみるようにしました。こういう地道な学習(作業)を1ヶ月も繰り返せば、嫌でも分かるようになってきます。ある程度聞いたら耳も慣れてきますので、アルファベットで書くのもなれてくるはずです。この初期の段階が一番重要だと思います。中国人と会話するのに意味が分からなければ答えようがありませんし、会話になりませんからね。日々の地道な努力が分かるようになる一歩です。ややこしい意味も中にはありますので、これがしっかりとできるようになれば、次からは案外すんなりレベルアップしますよ。

 話す能力についてです。先日、某大学の中国語学科の方(日本人)と話す機会がありまして、6時50分はなんていうのか聞いたところ、答えられるには答えられたのですが、これを中国人が聞くとはっきり分かるのだろうかと思いました。ここで私が言いたいのは、初期の頃に中国人と同じようなスピードで話そうと思わなくていいのではないかということです。ゆっくりでいいからはっきり言うことで相手にも分かりやすく伝わると思います。このようにいう私も留学したての頃は全然話せませんでした。学校で習ったことであっても伝わらなかったことの方が多かったです。ある日、先生に何故はっきりとは伝わらなかったのか聞いたところ、4声がはっきりしていないのと、巻舌がうまくできていないからだといわれました。日本人男性の舌ははっきり言うと短いです。これははっきり言うと致命的な欠陥で、巻舌の文字を読むときに困ります。逆に女性は比較的舌が長いらしく、案外簡単にできるみたいです。この克服方法としてはやはり、何回も読むしか方法がないのではないかと思います。私は部屋で一人のときによく発音練習をしていた記憶があります。そのおかげもあり、巻舌に関しては1週間ほどで修正できました。といっても、修正後にはっきりと分かるようになったわけではなく、3ヵ月後くらいにしっかりとできるようになったのではないかと思います。4声については、これも難点でして、一人で読むようにしました。早く読むと4声がはっきりと発音はできなくなる。4声をはっきりと発音すると早く読むのは難しくなる。というような悪循環が起きてきますので、どちらをとるかということになります。私は初期の段階では後者のスタイルで勉強しました。慣れてくると自然に早く言うこともできますので、こちらをお勧めします。4声は話す上でも聞く上でも重要になってきますので、重点的に学習しました。これは留学中は毎日勉強していたと思います。

 書く能力についてです。これは基本的に日本人であるならば簡単にできると思います。なぜなら日本語と同じような文字がほとんどだからです。多少なりとも違うものがありますが、比較的似ていますので、これについてはあまり心配する必要はないと思いますが、代わりに、単語の意味、読み方を覚えるようにした方が良いです。意味については、日本語と同じようなものが多いので、これもあまり心配しない方がよいと思います。日本語と違う意味のものだけはしっかりと覚えておく必要がありますが、日常会話ではそこまで多くはなかったような気がします。日本語にない単語については、書いて覚えるようにしました。そう簡単には覚えられませんので、3日間毎日一回は同じ単語を書くようにしました。それを適当に繰り返しておくと、覚えることはできました。1個ずつ覚えていくのは大変ですので、慣れてくると分かってくるようなこともあります。例えば、機械関係の言葉には「机」という字が出てくることなどです。こういったことが分かってくるとなんとなく言ってることがわかってくるようになります。読み方には重点を置きました。これもはっきりと読むことがポイントです。

 以上の点から、私が初期で重要視した順番は、聞く、話す、書く、です。今日はこの辺で。では、また。


【旺文社の通信講座】ゼロからカンタン中国語



2006年05月21日

こんにちわです。

d4853bba.jpg 昨日はアルバイトに行ってて更新できませんでした。ごめんなさい。早速昨日の話の続きをしようと思います。よろしくお願いします。
 
 中国の朝は、はっきり言うとかなり早いです。5時半くらいには町の清掃員の人もいました。道に捨ててあるごみがかなり多く、毎日掃除しないと町中がごみであふれかえる位の量です。6時くらいには道を歩いてる人が多くいます。その時間くらいから道には人が多くなるので清掃員の方々は5時半くらいから掃除しているのだとは思いますが……。私の行ってた学校は8時20分から始まります。まるで小学生です。昨日の付け足しで、私が普段の朝ごはんとして食べていたのは、ジダンピンという小麦粉を水で溶いて鉄板で焼き、この上に目玉焼きをおいて特製のソースをつけたものなんですが、これは日本では見たことがなく、そこそこ美味しかったです。ただ、少し油っぽくてその点が嫌ではありましたが、慣れてしまえば、気にすることなく食べられました。日本で誰かが店を開いてくれたら食べに行きたいなとは思うのですが……。値段は日本円に換算すると20円もしなかったような気がします(肉まんもそうですが)。そのジダンピンには香辛料のパクチーを入れるかどうか聞かれることが多く、私は基本的にパクチーは嫌いでしたので入れることはなかったです。ちなみにパクチーは中国語では香菜(xiang cai;14)というみたいです。ちなみに写真は清掃員です。今日はこの辺で。
必要最低限レベルは3ヶ月でマスター!ゼロからカンタン中国語


2006年05月19日

中国の朝です。

 こんにちわ。訪問してくれた皆さん、ありがとうございます。私のブログは中国に留学しようとお考えの方や、中国語を勉強しようという方のためにかいています。少しでもためになれば良いかなと思っていますのでよろしくお願いします。
 
 タイトルの通り、中国の朝についてです。私は日本では、はっきり言って朝早く起きるのは苦手です。この原因についてははっきりとは分かりませんが、夜の生活に慣れてきたからだと思います。しかし、中国ではできるだけ朝早くに起きるようにしました。せっかく外国にいるのに、色々なことを学んでこないともったいないと思ったからです。

 中国では基本的に朝家で食事はしないそうです。かといって外食にするのかといえばそういうわけではなく、屋台です。屋台だから、ラーメンやおでんを食べるのではないかとも思われるかも知れませんが、これも外れです。じゃあ何を食べるのかといわれたら、肉まんです。これが多分一番よく見かけたのではないかと思います。半径100メートル以内にはあったような感じがします。日本ではおやつ感覚で食べているのですが、現地では朝ごはんとして食べているようです。肉まんの肉の代わりに野菜のものや、中に何も入っていないのもありました。私は肉まんが好きでしたので、基本的に肉まんは良く食べました。最初にまだ全然話せなかったときには「これ、これ」と中国語で言いながら指を指して示していました。外から見ると面白く写ったようには思えますが……(笑)でも、結局は何とか食べることができてよかったです。

 中国の朝ご飯についてでした。





2006年05月18日

アニョハセヨ。

 昨日は学校に泊まってしまった。というよりも学校のすぐそばの寮で、友達と朝までゲームしてた。朝7時くらいから学校で寝てた。もうすぐ12時だけど、まだ眠い。肩もこったままだ。ストレスが抜けていないみたい。

 日本では、朝の挨拶はおはようございます、昼はこんにちわ、夜はこんばんわが普通なのだが、私の行って来た中国では、朝夜の区別なく、ニィハオといっていた。初めは私も使い分けていたのだが、これは文化の違いなのかなと思い、その国の文化に慣れる為にもニィハオというようになった。そもそも文化の違いなのだろうか?向こうに一年間いたにもかかわらず、それは分からない。知り合いに会っても大体がそういってたので、私もそういうようにしたというのはあるのだが……。日本にいるときから知ってた言葉、それがニィハオ。ほとんどそれしか知らなかったと言っても良いんじゃないかなと思う。これだけしか知らずに行ったような私もどうかとは思うのだが……。他に知ってた言葉は朋友(pengyou)=友達、我=私、などのようなものである。ニィハオは、あなたは良いです見たいな感じなのだが、ここからどのようにしてこんにちわになったのは不明だ。習慣として言われてることだから、向こうの人にしてみたら当たり前なんだろうけど、外国人にしてみたら謎である。誰かご存知の人がいたらご一報ください。ちなみに、おはようございますは、ニィザオで、こんばんわはワンシャンハオだった。

 ※中国語表記できなくてごめんなさい。方法が分かりませんでした。ご存知の方はご一報ください。

中国語の脳を作るのはこれしかない!!聞き流すだけの中国語


2006年05月17日

自己紹介です。

 はじめまして。インターネットに関しては全然知識がないのですが、日記でも書いてみようと思い、ブログを立ち上げました。ブログでは色々な人の意見が聞けたり、交換できる情報もあるんじゃないかなと思っています。アフィリエイトに関してみ少しずつやっていけたらいいなと思っています。
 僕の趣味はペット観賞(熱帯魚)、読書、中国語会話です。ペットに関しては一年半ほど前にアロワナを飼っていました。留学のために手放さざるを得なかったのですが、飼っていた2年間は大切に育てていました。読書は、基本的にどんな本でも読みますが、難しい本は少し苦手です。最近は法律の本を読んでいます。中国語会話は、帰国してからはほとんど話す機会がないので、かなり落ちたかなとは思っています。