2005年04月10日

夜を賭けて

主演山本太郎、ユー・ヒョンギョン、山田純大
監督金守珍
脚本丸山昇一
製作2002年、日本・韓国

大阪アパッチ族
大阪の屑鉄泥棒の集団アパッチ族を描いた作品。原作は梁石日。
1958年、大阪。敗戦後の雰囲気が残る大阪の元兵器工場近くの朝鮮人部落に住む老婆が、工場から屑鉄を掘り起こして大儲けする。そんな時、屑鉄ラッシュに沸く村に金義夫(山本太郎)が帰ってくる。義夫がリーダーになり、大規模な屑鉄盗みを開始、彼らはアパッチと呼ばれ、警察との攻防が始まった…。
戦後の在日朝鮮人部落の生態を描いている。歴史離れした空想的な部分もあるが、生活のためにありとあらゆることをやった在日朝鮮人の雰囲気は出ていた。
金守珍監督はそんなにセンスは悪くないと思うので、良い脚本で撮って欲しいところだ。
(☆☆)

Amazonでチェックする
夜を賭けて 原作 山本太郎 ユー・ヒョンギョン 山田純大

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/critic/18531711
この記事へのトラックバック
 日韓合同製作映画「夜を賭けて」は、はっきり言って下品な映画です(笑)。しかし映画としては粗削りで完成度はそれほどでもありませんが、勢いと迫力のある骨太映画です。男性向き。劇団「新宿梁山泊」の面々が出演。 1958年の大阪が舞台、主演は山本太郎。李麗仙と山
夜を賭けて【ある在日コリアンの位牌】at 2005年04月11日 20:29
「夜を賭けて」★★★★ 2002年日本 韓国 監督:金守珍
夜を賭けて【いつか深夜特急に乗って】at 2005年07月01日 21:35