2005年08月21日

ビッグ・フィッシュ

主演アルバート・フィニー、ユアン・マクレガー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング
監督ティム・バートン
脚本ジョン・オーガスト
製作2003年、アメリカ

父の冒険物語
折りにふれては実際に体験したこととして不思議な話を語る父とそれを人の目を自分に惹きつけるためのホラ話だと思っている息子とが和解する物語。
出産間近の妻ジョセフィーン(マリオン・コティヤール)とパリで暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム(ビリー・クラダップ)は、父のエドワード(アルバート・フィニー、ユアン・マクレガー)の病状が悪化したとの報せを受け、妻を連れて帰郷する。エドワードは不思議に満ちたファンタジーを自分の体験したこととして語り、周囲のスポットライトを浴びる人物だった。三年前のウィルの結婚式のスピーチで、エドワードが例によってホラ話をしてパーティの主人公になってしまったことが原因で喧嘩して以来、ウィルは父親とうまく行っていなかったのだが、久しぶりに会った父は、病床でも相変わらずホラ話をしていた。気立ての優しい妻のジョセフィーンはエドワードの話を楽しんでいたが、ウィルは父の死期が近いことを悟り、その本当の姿を知り、深いところでわかり合いたいと思っていた…。
父の話によると、その人生は魔女や不思議な町や巨人や巨大魚が登場するファンタジーそのもの。息子は子供の頃はそれらの物語に夢中になっていたが、息子が大人になっても不思議な話を語り続ける父にだんだん不信の念を抱くようになったのだ。しかし、死の床についた父と和解しようとする息子は、父の若き日の冒険旅行の話に素直に耳を傾ける。それは、冒険旅行の途中に妻(つまりウィルの母)のサンドラ(ジェシカ・ラング、アリソン・ローマン)と出会い、熱烈な恋をして人生の伴侶にした出来事を軸にした、数々の不思議に満ちた物語だった。
息子が父親に抱くイメージを見事に描いている作品だ。たしかに昔の人は今の人間より波乱万丈の人生を送っているものだ。体験を共有していない若者は昔話に感情移入できない。ホラ話ではないかとさえ思う。しかし、もしかしたらそれらは真実の物語かもしれないのだ。
(☆☆)

Amazonでチェックする
ビッグ・フィッシュ ユアン・マクレガー アルバート・フィニー ビリー・クラダップ ジェシカ・ラング ティム・バートン

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/critic/50025534
この記事へのトラックバック
【ネタバレです】 ほら吹きの父親エドワード(アルバート・フィニー&ユアン・マクレガー)に愛想つかした息子ウィル。父の死期が近づき、本当の姿を知りたいと願うが・・・ 父親の脚色に包まれたちょっと不思議な話の真実(大げさなもんじゃないけど)が回想シーン...
「ビック・フィッシュ」【the borderland】at 2005年08月22日 23:37
さるおです。 『BIG FISH/ビッグ・フィッシュ』を観たよ。 監督はティム・バートン(Tim Burton)。 出演はユアン・マクレガー(Ewan McGregor)、『MURDER ON THE ORIENT EXPRESS/オリエント急行殺人事件』『ERIN BROCKOVICH/エリン・ブロコビッチ』『OCEAN'S TWELVE/オーシャン...
映画鑑賞感想文『ビッグ・フィッシュ』【さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー】at 2005年08月24日 04:04
『ビッグ・フィッシュ』出産間近の妻とパリで幸せに暮らす、ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)。彼の父エドワード(アルバート・フィニー)は、自分の人生を、幻想的で不思議に満ちた物語として語り、聞く人を魅了し、楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも...
『ビック・フィッシュ』 bigtalk【*モナミ*】at 2005年08月24日 07:30
映画の予告編を見て「これは感動するぞ!」と思って見ました。 基本は父親と息子の絆を深めあう物語なんだけど、 父親が話すファンタジックな物語がたまらなく面白く、 はっとする不思議な感覚の映像が見られます。 この映画「ビッグ・フィッシュ」の監督ティム・バートン...
ビッグ・フィッシュ【ハルハルの映画レビュー】at 2005年08月24日 08:56
ティム・バートン監督 ユアン・マクレガー主演 「ビッグ・フィッシュ」。 思いっきりファンタジーで色彩が眩しいくらい鮮やか、 みんしるさんがラジオで思い出し泣きしてたんで、いつか見ようと思ってましたが、 正直、、、んーーーーーって感じでした。 同監督の「...
ビッグ・フィッシュ【えいがの感想文】at 2005年08月24日 09:27
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションposted with amazlet at 05.06.07ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004/10/27) 売り上げランキング: 2,695 通常24時間以内に発送Amazon.co.jp で詳細を見る幻想的で感動的な良い映画でした〜w 死期の迫った父親...
花も嵐も 踏み越え進む【Honey Vanity】at 2005年08月24日 12:38
「ビッグ・フィッシュ」を観ました(詳しくは本家・fab*funにて)。
「ビッグ・フィッシュ」【るるる的雑記帳】at 2005年08月24日 14:33
監督:ティム・バートン 製作:リチャード・D・ザナック 製作総指揮:アーン・シュミット 撮影:フィリップ・ルスロ 音楽:ダニー エルフマン 出演者:ユアン・マクレガー 、アルバート・フィニー 、ビリー・クラダップ 、ジェシカ・ラング 、ヘレナ・ボナム・カーター ...
#355 ビッグ・フィッシュ【風に吹かれて-Blowin' in the Wind-】at 2005年08月24日 15:07
ビッグ・フィッシュを観ました。ティム・バートンのファンタジーの世界は遊びゴコロがあってちょっと奇妙で、とても好きです。いつも女の子が金髪で天使のようにキレイなのは監督の好みなのでしょうか?主役がユアン・マクレガーで良かった。詩人役のスティーブ・ブシェミも
BIG FISH【カタログ】at 2005年08月24日 18:00
何で、私はこれを映画館で観なかったんだろう。一応ユアンファンだし、ティム・バート
ビッグ・フィッシュ【tomozoのうれし★たのし★大好き】at 2005年08月24日 21:13
BIG FISH 監督: ティム・バートン 出演:ユアン・マクレガー  アルバート・フィニー  ビリー・クラダップ ジェシカ・ラング   ヘレナ・ボナム=カーター  音楽・映像素晴らしい!  予告編を見たときに、いかにも「シザーハンズ」を思わせるダニー・エルフマンの音...
ビッグ・フィッシュ(2003/米)【虫干し映画MEMO】at 2005年08月25日 08:01
“ティム・バートンはフェリーニだった‥‥”、ボクがこの映画を観終わって、 いの一番に浮かんだ感想はそれだった。劇中で印象的に挿入されるサーカスの場面、全ての登場人物が一同に介するラストシーン‥‥これらは明らかに本作が、 かの偉大なるフェデリコ・フェリーニ
『ビッグ・フィッシュ』、観ました。【肯定的映画評論室Blog支店】at 2005年08月26日 13:51
この前、ネットカフェに泊まった時、「ビッグ・フィッシュ」のDVDを観ました。映画館に掛かってた時に観たかったんですが、見損なってた映画です。つい、最近の映画のはずなんですが、もうDVDが出回っているんですねえ!早いなあ。 主人公の男性(名前を忘れた・...
「ビッグ・フィッシュ」(DVD)【大福。】at 2005年08月26日 22:46
映画好きの友人が「すっごく良かった!たぶん今年のNo.1!」と言っていた「ビッグ
ビッグ・フィッシュ【 poco a poco】at 2005年08月28日 22:22
タイトル: ビッグ・フィッシュ 死期が迫った父が、改めて息子に語り聞かせる人生の回想。巨人とともに故郷を出て、サーカスで働きながら、あこがれの女性と結ばれる。戦争へ行き、ひとつの町を買い上げる……。何度も聞かされた父の話は、どこまでが本当なのだろうか
ビッグフィッシュ【アンチハリウッド!な映画部ブログ】at 2005年09月05日 23:48
魚買い 釣り上げた餌 でかい夢   「チャーリーとチョコレート工場」でチャーリーから「ネバーランド」を思い出すように、ティム・バートンから「ビッグ・フィッシュ」を思い出した。  そういやあ、ジェシカ・ラングが出てましたなあ。「女優フランシス」はよかっ...
ビッグ・フィッシュ【空想俳人日記】at 2005年09月22日 05:32
BIG FISH(2003年アメリカ) 2004/11/10@早稲田松竹 □簡単適当なあらすじ□ エドワード(父親)は話が上手くて、なんでもかんでもファンタジックなおもしろい話に変えてしまう。だからみんなの人気者だけど、ただ一人息子のウィルだけは父の話を嫌っている。ばかみた...
ビッグ・フィッシュ【befounddead】at 2005年10月01日 05:06
 深夜に一人で、DVD「ビッグフィッシュ」(2003)を観る。これほどズバリの悪夢、あるいはスリリングな夜はない。観始めた時は眠かった。さらに途中で睡眠薬3種5錠(右のプロフィール欄に書いてある)をのんだんだが(非常識でしょう。でものんでも、効くまでにか....
深夜の「ビッグフィッシュ」で眠れない【万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記】at 2005年10月05日 00:07
出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム(ビリー・クラダップ)。彼の父エドワード(アルバート・フィニー)は自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞....
ビッグ・フィシュ(2003/アメリカ/監督:ティム・バートン)【のら猫の日記】at 2005年10月12日 00:00
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ ビッグ・フィッシュを観た。 今年の夏の拾いものは「チャーリーとチョコレート工場」だった。 前にもこのブログで書いたが ヒューマン=ブラック・ボックス 「...
映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ【ヒューマン=ブラック・ボックス】at 2005年10月18日 07:13
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションティム・バートン ユアン・マクレガー ヘレナ・ボナム・カーター おすすめ平均 幸せな最期、幸せな人生癒されるvvうたい文句の通り!!父の話は 幸せの時フィクションのはかなさとノンフィクションのきびしさAmazonで詳しく...
ビッグフィッシュ【サブカルチャーがメインになる日】at 2005年10月18日 23:53
ファンタジーって、あまり感情移入が出来ないので特に好きなジャンルではないのですが、さすがティム・バートン監督!スッゴク良かったです!ファンタジーな部分と現実の部分がきちんと分けられているのでコレなら私でもOKでした!! 父親の話す、信じがたいストーリ...
WOWOW「ビッグ・フィッシュ」【☆ 163の映画の感想 ☆】at 2005年10月31日 01:10
久々のWOWOW三連発。 そして大トリは一番の問題作が登場。
ビッグ・フィッシュ WOWOWハイビジョン【tosiブロ 物欲優等生】at 2005年10月31日 14:40
原題:Big Fish  ??父と息子のファンタジーワールド?? ティム・バートン監督の最高傑作といって間違いないと言いたい。ファンタスティックな感動作品で文句の付けようもない。ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール...
映画『ビッグ・フィッシュ』【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2005年11月01日 00:53
何で、私はこれを映画館で観なかったんだろう。一応ユアンファンだし、ティム・バート
ビッグ・フィッシュ【tomozoのうれし★たのし★大好き】at 2005年11月03日 11:03
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
父親の昔話に感情移入できないってのはありますよね。
何回も同じことを言われると特に。
私も将来気をつけなければと思いました。

この映画では最後に父と子の心が通い合ってよかったです。
Posted by ハルハルの映画レビュー at 2005年08月24日 09:04
TBありがとうございました。
やはり男性が入り込める作品なのではないでしょうかね。
ティム・バートンの「チャーリーとチョコレート工場」がとても楽しみです。
Posted by pretty_kitten at 2005年08月24日 09:30
なんだか父と息子って母と娘よりも遠い存在なのかもしれないなぁなんて思いながら見ていました。
なんでもない話を面白おかしく脚色する人って意外と多いと思うのだけれど、このお父さんは天下一品でしたねぇ・・・
見終わったあとに、心があったかくなるようなそんな気持ちになれました
Posted by chibisaru at 2005年08月24日 15:11
ハルハルさん、人間は自分が体験したことにしかリアリティが持てないので、他人の体験談はなかなか伝わってこないということがありますね。

pretty_kittenさん、たしかにこの映画は男の冒険ファンタジーなのかもしれませんね。

chibisaruさん、父と息子は明らかに母と娘よりも遠いと思います。お互いに独立した存在であろうとしますからね。
エドワードの話は真実なのですよ(笑)。

Posted by Ray at 2005年08月24日 20:16