2013年11月19日

2012/08/09():第102カ国目スーダン

 

 

カリマからミニバスで30分ほどのところにある「クッル」を

観光することにした。

 

もうひとつの観光名所(名称忘れた)は、昨日のジュベルバルカルと似た感じのピラミッドがウリらしかったので、

似ていないクッルをあえて選びました。

スーク(市場)近くのローカルバスステーションからミニバスに乗り、道なき砂漠をひた走る。

クッルに着くと「ここだ」と皆が教えてくれるので降りてみる。

 

そのまま乗ってきたバスは走り去るも手がかりゼロ。

鍵の管理人に辿りつかないとお話にならないので、鍵知ってる?とジャスチャーすると、ドライバーが100mくらい先を指差したので、そっちへ歩いてみた。

壁画がある“ほこら”に入るための鍵を探して地元民の話を聞いてそこへ向かうって・・・

まさにリアルドラクエの世界じゃないですか!!笑

そして鍵のおじいちゃんに辿り着き、

チケット代30ポンドを支払って一緒にほこらへ。

69クッル367クッル1











 

行った人のブログを読むと、入場料が高いと感じて値切った人やおじいちゃんの虫の居所が悪かったのか撮影禁止だと言われてもめたとか、あんまりいい情報は無かったんだけど・・・

ワタシに対しては全然普通・・・つーかむしろ親切に

写真撮影するときは大きなライトが当たるようにアシストしてくれたり(フラッシュは禁止)、一生懸命これが何で…みたいに

説明してくれてた。

現地語(アラビア語)全開だったから全然わかんなかったけど、すごく一生懸命説明してくれるもんだから

わからないばっかりは言えなくて、知ってる言葉が出て来た時なんかは特に「ヒエログリフ!?Oh!!」とか頑張って大きなリアクションをとってあげました。
 71クッル573クッル7








74クッル875クッル9




85クッル1986クッル20




87クッル2194クッル28













 

脱出。 

内部に電気はありませんでした。当然か。

83クッル1797クッル31








 

 

2つのほこらを見終わったら、カリマ(に戻るのか)?と聞くので、カリマ(に戻る)!と答えると、

なんにもない・・・

いや、大通りがあるであろう遠いあっちを指差して親指を立てた。

98クッル32





 

あぁやっぱり帰りのバスは無いからヒッチハイクしろってことね。

にしてもちっこく見える車の大きさからして、あの幹線道路まで1kmはあるな・・・と砂漠しかない辺りを見渡しながら、

幹線道路へ歩き、ワタシはためらいもなく親指を立てた。

よそ者として、警戒心は最低限持ってますよ。

ただもう、この国に恐怖心は無い。

 

最初に来た車が乗り合いトラックぽい感じで。

地元のおっちゃん達に混ざって荷台に乗せてもらった。

砂まみれだってわかってるけど、感じた風はすっごい気持ちよかった。

荷台からの景色。
101クッルの帰りはミニトラックの荷台1102クッルの帰りはミニトラックの荷台2




103クッルの帰りはミニトラックの荷台3
 104クッルの帰りはミニトラックの荷台4





105ミニトラックの荷台から見えるジュベルバルカル1108ミニトラックの荷台から見えるカリマ











降りたときに10ポンド(=約133)も請求されて、荷台なのに高っ!と思ったけど

ラマダン中で疲れてるんだろうし、この街では本当によくしてもらったからこいつにちょっとボられるくらいまぁいいかと思えたので、言いなりの額を支払った。

 

宿へ戻る帰り道では少し身なりのいい人が英語で話しかけてきて、ラマダン中で食べるものが無くて困っているだろう?

と言って、レストランを紹介してくれた。

ラマダン中に地元レストランが営業していることはカナリ珍しいんだけど、ここは唯一なのかもしれない、すごくにぎわってた。

ラマダンとはいえ、お年寄り・子供・病気持ちの人は断食せず通常通りに過ごすから、そういう人たちがここに集まってきたのかな。 

ゴハンは文句なしにうまい。。。

109屋台メシ10ポンド










 

荷物を取りに宿へ戻る道で、下校中の小学生達に出会った。

彼女達は知っている限りの英語で、

外国人のワタシに興味を爆発させて来るのが可愛くて

写真が好きだというから、たくさん撮ってたくさん見せて、

使わせてあげた。
110村の子供たちと1
111村の子供たちと2




112村の子供たちと3113村の子供たちと4





 

こういう人種も貧困も関係なく無邪気な子供達の姿は、

世界中どこに行っても癒される。



croccicrocci at 21:36│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | スーダン/第102カ国目

2013年11月11日

2012/08/07()08():第102カ国目スーダン

 

 

やっぱりここカリマでもレジストレーション(滞在登録)が必要。

宿のおっちゃんが地図をくれて、この道を5ブロック行くんだよ~というのでその方向に向かうも、未舗装道路が多すぎて

どこがブロックなんだかわからない・・・。

近くの民家のおじさんに聞いたら「こっちの道をあの辺まで」的に指差してくれたところがこれまたワタシは全くわからず

「えっ…どこ、あれ? ん、もっとあっち?」みたいに言ってたら

なんと自家用車に「乗れ!」と言って、400m程の距離を送ってくれました。

もちろん金銭的な要求もセクハラも何もない、ただの親切。

 

手続きをするポリスは全く英語を話せず、

たかだかパスポートとビザの情報、渡航目的・前はどこから来たか・次はどこへ行くか

これだけの情報のやり取りで戦うこと20分・・・

 

 

そのあとは世界遺産であるジェベルバルカルを目指して歩き始めました。

街から徒歩30分の距離だという情報だったので、地元民に方角だけ指差してもらい、なんとなく歩けばつくだろうと、

とりあえず向かってみました。

 

ただ、この村ほんっとぉぉぉに田舎で、

ワタシみたいな東洋人女は目立ってしょうがない。

歩いていると、老若男女みんな興味津々の笑顔で挨拶してきます。

 

そのうち、トロトロ走っているトゥクトゥクが止まって“おいでおいで”してる。

ワタシ呼んでないよ?といったけど、

いいから乗れ乗れ~と言って、ワタシだけじゃなく

近くにいた地元民歩行者も2名ほど巻き込んで、

なぜかみんなでトゥクトゥクに乗っている。

一人地元民が降りると、どこに向かってるのー?と言われ

ジェベルバルカル見に行くんだって言ったら、

オッケー任しとけ~とそっちへ行くことに。

別に歩けるんだけど・・・

まぁ日差しも強いし、料金請求されたら軽く払っても良いかぁ

と思いながら3人で雑談。

15分ほどしてここだ、と言われ降ろされたあと

2人は料金を請求するそぶりを全く見せず、

話せて楽しかった、またね~と当たり前のように去って行った。

 

 

らしき方向に歩き始めるワタシの視界に、ロバとともにひとりの地元民登場。

砂漠にひとり、その姿があまりにカッコ良くて、ついシャッターを切ったら止まってポーズ!
64素朴な地元民165素朴な地元民2






 

そしてアラビア語全開で何言ってるんだかわからないけど、

おそらくジェベルバルカルの説明と、どこから来た的なワタシに

対する疑問と、楽しんで!という歓迎の心を頂きました。。。

 

すごすぎるんですけど。

スーダン人の親切さと歓迎っぷり。

 

まだこの国は2日目。

だけど、この親切心っぷりは、イエメンもイランも越えているかも・・・。

 

 

ジェベルバルカルは遺跡&ピラミッドのほかに壁画みたいなのもあるらしいんだけど、そこには鍵が掛かっていて、

その鍵を持っている人が近くにいなかったので見れず。

遺跡部分は無料なので、ぐるっと一周。

他に観光客が一人もいないので、

ジェベルバルカルを独り占め。。。
46世界遺産;ジュベルバルカル150世界遺産;ジュベルバルカル5




51世界遺産;ジュベルバルカル652世界遺産;ジュベルバルカル7





54世界遺産;ジュベルバルカル956世界遺産;ジュベルバルカル11




58世界遺産;ジュベルバルカル1360世界遺産;ジュベルバルカル15








 

夜は外の方が涼しいくらいに気温が下がるものの、

部屋の中は空気がこもって超あっっっつい!!

地元民はみんなベッドを屋外に運び出して外で寝てる。

ワタシもそうしたいところだけど、このカリマは既にマラリア汚染地域。

予防薬を飲めないワタシにそんな油断は許されない・・・

 

電力が充分でないこの田舎町ではいたるところから自家発電モーターの音が聞こえる。

見知らぬ東洋人にも当たり前に優しい屋台おっちゃんが作る食事は10ポンド(=約133)

 

なんでもない1日だったけど

なんだかものすごく特別な1日だったような、

ものすごく素敵なカリマでの経験でした。。。



croccicrocci at 19:05│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | スーダン/第102カ国目

2013年11月10日

2012/08/07()08():第102カ国目スーダン

 

 

スーダンに入って1時間時間が進み、

14時少し前にワディハルファの港をあとにした。

向かった先はレジストレーション(滞在登録)オフィス。

スーダンでは宿泊する街ごとに専用のオフィス(大体ポリスステーション)を探して、滞在手続きをしないとならないので

これが非常に面倒くさい!

初回手続き時に支払う金額は、

2年前の情報で100ポンド(=約1333)と聞いていたのに

実際は250ポンド(=約3333)に値上がりしていてビックリ!!

経済が不安定で闇両替が先行、

銀行も闇両替に対抗するためにボーナスレートなんてのを

作っちゃってるもんだから・・・

通貨価値は下落する一方なこの国の現状。

2年前は1ポンド=31円とかだったのに

今では13.5円と半分以下に下落しているので、

その落差を考えると若干値上げした程度で支払う金額はあまり変わってないって感じだな。

 

港からレジストオフィスまでは軽トラの荷台のシェアタクシーに乗って15分くらい。

10ポンドって言われてたけど、ここだよって降ろされたところでドライバーがオフィスの場所を丁寧に説明してくれるもんだから

「わかった!行ってくる、ありがと!」って意気込んで行ったら、

のちのち料金を支払い忘れたことに気付く。

さすがに悪いなと思い、

あとで下ろしてもらった場所に戻ったけど、いるはずもなく・・・

申し訳ないことしたけど、勝手にご好意ということにして

その親切を心に刻むことにしました。

 

 

一件だけ、エジプト人に紹介された宿があったので

行ってみたけど満室。

ワディハルファはとても小さな街でそもそも宿泊施設が3件?

とかしかないらしい。

そこに700人もの乗客が押し寄せたら、

そりゃ満室にもなるか。。。

もともとスーダンは敬虔なイスラム教徒が多いため、

安宿(現地ではロカンダの呼び名で通っている)の相部屋を

女性が使えないことはもちろん

安宿自体の宿泊を断られることもあるという。。。

 

うーん、困った。 

 

こっちは全然気にしないから泊めてほしいっていっても、

そうはいかない。

とはいえ満室じゃどーしようもないし、

フェリー移動が思ったより過酷でなかったこともあって

次なる地:ドンゴラへミニバスで更に移動することに決めました。

 

それにしてもワディハルファに着いてこの2時間弱の間に、

何度通りすがりの人に極上の笑顔でWelcome to SUDAN!!と言って頂いたことか。

たぶん10人くらい。

こんなに複数の人が、ただこの言葉を言うためだけに

話しかけてくれるなんてスーダンの第一印象は最高です。

 

観光資源も少なく政情も安定しないことで観光客が少ない、

つまり国民がスレていない

そんなスーダンはバックパッカーの間でも親切さでは定評があるのでいったいどんな感動に出会えるのか、

これから始まるこの国の旅が非常に楽しみです。。。

 

 

しかしこのミニバス、ドンゴラに行くとはいったものの、

乗客がなかなか集まらず・・・

満員になるのを待ったため出発が17時半・・・

ラマダン中の今、この時間に移動するってことは大切な日没と遭遇するわけで、現地人の皆さんは日没前から車を止めて

今か今かと日没を心待ち、そして夕食。
36砂漠の夕日2 







 

ドンゴラ着いたのは23時すぎという強行移動になってしまいました。

この街に関する情報も無いので周りの人に聞いて適当な宿に転がり込み、とりあえず就寝。

翌日すぐバスターミナルヘ行き、

目的のカリマへミニバスで移動しました。

 

まぁ当たり前なんだけど、どこに行っても注目の的で。

目立つ分、みんなから気も遣ってもらえるっていうメリットもあるんだけどね。

 

いよいよカリマに近づいてきたと思ったら、

行きたいと思っていたホテルの前をちょうど通り過ぎたので降りたい!と言ったんだけど、

荷物降ろすのに手間かかるからバスターミナル行ってから戻る、みたいなこと言われた。

英語がイマイチ通じないからなんとなくでしかわからないけど

バスターミナルでみんなが降りるのをおとなしく待ってたら、

本当にさっきのホテルまで戻って送ってくれました。

もちろん追加料金の請求もなし、笑顔での見送りに感動。。。

 

ホテルは村一番の安宿で、覚悟してたけどシャワーがない。

というか、あってもナイル川の泥水が直通で流れてくるから

濾過した水←もちろんこれも川の水よりマシとはいえ

思いっきり濁ってる・・・を

バケツで運んでそれを使って洗い直すという、

身体を洗っても本当にきれいになってるんだか逆にバイ菌をつけてるんだかよくわからない状態ですが・・・
37どこでも水を濾過してる143カリマの宿のシャワー・・・





 

 

これぞアフリカ!とでも言っておきましょう。

病気は心配ですが・・・生水を飲むわけじゃあるまいし、

きっと人間そんなに弱くないはず。

先進国:日本出身スガキ、現地人の生活に挑みます。。。



croccicrocci at 21:48│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | スーダン/第102カ国目

2013年11月08日

2012/08/06()07():第27カ国目エジプト(2度目だから)

 

 

とりあえず席を確保したら、

おじちゃんはじゃ俺は仕事があるから!といって去っていった。

マジでありがとう、おじちゃん。
13助けてくれた船会社のおじさん 






 

時間はまだ11時前。出航予定は17時。 6時間以上ある・・・。

(ちなみに、出航予定は17時だけど実際に出るのは

いつも18時をまわってかららしい)

まぁワタシは暇だけど、

スタッフ達はこの荷物を約7時間積み続けるわけだ。

21この荷物を約7時間積み続ける





 

まだ人数が少なく移動がたやすい今のうちに軽く船内を探検。

操縦室見せてもらったり、キャプテンと写真撮ったりして。

12操縦室の中

 17キャプテンとワタシ




19船の間をまたぐ220いざという時はこれで脱出







ワタシが乗ったころはこんなにスカスカだった船内も

22最初はこんな座席も・・・







最後には人と荷物がベンチ・床関係なくごったがえして

足の踏み場もない状態に。

23最後には人と荷物で足の踏み場もない124最後には人と荷物で足の踏み場もない2





 

 

こんな胡散臭い電化製品は山ほどあります。

25胡散臭く日本製を語る電化製品






Nationel ナショネル“って・・・ 単なる英単語ですよ?

そのスペリングミスって・・・。

 

まぁこんな低いクオリティに騙される方も安易だけど、

JAPANって書けばなんでもいいと思うんじゃないよ!

いくらなんでもひどすぎるわ・・・。

 

 

チケットには1等・2等関係なく、一食食事がついています。

本当ならこれにチキンもプラスだけど、

ちょうどチキンの仕込が切れたタイミングで

あまりお腹が空いていなかったからチキン無しでいいからと

いって頂きました。

26一食付き!本当ならこれにチキンもプラス






 

ただ、ものすごい人数が乗りますから、

料理人たちは休む暇なく常に調理。

27料理長はずっと調理128料理長はずっと調理2






 

隙あらば陣地を広げようとするエジプシャンたちと争いながら、

クッションもない木製ベンチで横になって就寝。

それでもなんとなく寝れちゃうワタシって!

 

翌朝明るくなって、改めてナイル川を見た。

デッキは大変な荷物ですが。

29船から見えたナイル川の景色131デッキは大変なありさま





 

 

到着数時間前からはスーダンのイミグレがオープン。

スタンプをもらっていよいよ未知なるスーダンへの扉が開く。

着岸が近づくと、人の移動が目立ってきて、

通路は人と荷物で更にごった返し出した。

一度この波に飲まれたらもう戻れないであろう事を予測し、

バックパックを持って移動するも

見た目明らかに外国人のワタシにおいでおいでする奴がいる。

仕方がなくついて行ったら、

外国人はスーダン国内で旅行許可証が必要だから

このオフィスで手続きをしてから降りて(無料)、ということだった。

 

まぁ旅の途中で面倒に遭うよりは事前に手続きできるに越したことないけど、実際この旅行許可証はどこでも提示を求められず、持っている意味が全くなかった。

 

13時半ごろ、いよいよ着岸。

やっと目標にしていたアフリカ:スーダンの地に降り立った!

32ワディハルファの港は何にもない!134ワディハルファの港は何にもない!3



croccicrocci at 19:00│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | スーダン/第102カ国目

2013年11月07日

2012/08/06():第27カ国目エジプト(2度目だから)

 

 

スーダン行きのフェリーの出航予定時間は17:00

乗船締め切りは14:00

だけどMr.SARAHは「席取りがあるからゲートオープンの10:00前にはいた方がいいね!」と言ったので、

港があるアスワンハイダムにはアスワンから鉄道で行けるのですが、アスワン8:00発の鉄道が一番いいとのアドバイスを戴きました。

ものすごく雑なスケジュール構成に笑える・・・けど、

エジプト人の効率性なんてこんなもの。

電車は若干早めに出ることもあるというので、

万が一にも逃さない様に7:30前に駅に着き

フェリーポート!と駅員に聞くも「ゴータクシー」といわれる。

 

確信犯なのか、

物事を知らなすぎるだけなのか、

英語が通じないのか知らんが、

無視。

別の駅員数人に聞き込み、

チケットは事前入手でなく社内で購入ということが判明。

プラットフォームも確認して電車を待っていると、これだよ~と

周りの人が教えてくれるままに乗車。

そして以外にもアッサリ発車!

え!?8:00が若干早くなるかもとは聞いてたけど、今

まだ7:40ですよ?

テキトー・・・

ま、もうワタシは乗り込んでるし、

どこだろうが待つのに変わりはないからいいですけどね。
5港に向かうローカル列車16港に向かうローカル列車2







港開門までの待ち時間に、

フェリー会社の英語が話せるおじちゃんと仲良くなったら

ちょいちょいスタッフたちに話しかけられるようになったんだけど、大体「国籍・名前・職業」を聞かれるのが王道で

Acupuncturist(鍼師)と言っても、相手が医療に精通している

もしくは英語のボキャブラリーが堪能でない限り伝わらないので、大体の場合はMassage Therapistと言うようにしている。

いつも通り そう言ったはずなのに、

なんか反応が妙に大げさな感じ。

 

実は昨日チケット発券のときMr.SARAHと職業について話をしていたとき、彼はワタシの技術にたいそう興味を持っていた。

その彼のワタシに対する尊敬の念?みたいなものが話を大きくしてしまったようで、いつのまにかワタシは“日本から来たマッサージ専門ドクター”として

社内の人間に噂が先行してしまっているらしかった!

 

いやいやいやいや・・・3年+3年しか専門学校に行っていない身でそんなこと言われたら本物のドクターに申し訳ないっす!と思いながら、

一応プロフェッショナルマッサージは本当だけどドクターじゃないよ!と鎮火に取り掛かるも、一向に効果がないので

諦めました。

 

その後ワタシは10人くらいの現地人にスカウトされまくった。笑

「場所はうちの一角を使っていいから、

このヌビア村でマッサージのビジネスをすればいい。

絶対に成功するよ!みんなマッサージ大好きだからね。

もちろん僕も!」

と言うような誘いをここで待っていた2時間のあいだ、

何度受けただろう。。。

いつのまにかワタシは、このあとスーダンに行ってもヌビアの村に戻ってくることを強制的に約束させられたのでした。

(戻ってこないってさんざん言ったのに・・・)

 

まぁ現実は別だとしても、これだけマッサージや鍼灸に興味を持ってくれる体制があるっていうことが知れただけでも、

面白い経験だったなぁと思う。。。

 

 

10時少しすぎに、港の門はオープン。

ずっと傍にいてくれたおじちゃんが「ついて来い」とVIP待遇で案内してくれた。

エジプトからの物資を運ぶ現地人とその大量の荷物で、

ゲート周辺は大変な混雑状態。

8ごったがえす港9開門は10時頃







おじちゃんのお陰で外国人パワーを使って、

ワタシはサラッと通過。

 

税関・イミグレを通るとき、

予想外に出国税2ポンド(=約28)を請求され

「全部両替しちゃってエジプトポンドが残ってない」と言ったら

まったくもって当たり前かのようにそのおじちゃんが2ポンド払ってくれた。

2ポンドなんて気にするなって言ってくれたけど、

おじちゃんが払う必要もないお金なのに

素敵だなぁと感心してしまいました。。。

 

建物の外に出て、おっフェリー発見!

10この豪華客船は白人の高級ツアー用






と思ったら、これはプライベート用の豪華客船で、

今日乗るのはこっち。

11左側の船に700人と一杯の荷物を詰め込む






この写真左側の船に、

乗客700人前後ととてつもない荷物を積みます・・・

(ちなみに定員は400名ですが、誰もそんなの気にしちゃいません)