2013年10月31日

2012/08/02()04():第27カ国目エジプト(2度目だから)

 

 

翌日、宿のスタッフにもう一度フェリー会社のアスワンオフィスに電話してもらおうとしたら、金曜日の今日は14時くらいが

ベストタイミングだから後でもいいかと聞かれ・・・

了承したけど、

そう言ったオーナー本人が14時を待たずして家に帰ってしまう事態が発生。

宿泊客に対するホスピタリティーが適当なのは

前回泊まった時点でわかってたけどさ・・・

大して使えなさそうな下っ端スタッフに事情を話して

電話してもらうも、

「冷たく“無い”と言い放たれて電話を切られた。

私はこれ以上わかりません」とのこと。

まぁジタバタしたってないものはないんだから仕方ないけど、

ただ単に、ここのスタッフの“直接お金にならないサービス”に

対する対応の真剣味のなさを

実感するだけの結果となりました。

ほんとそのへん3年前とちっとも変わって無いっつーか

むしろ更にひどくなってる気がする。

 

 

一連の流れからワタシがスーダンへ行くと悟った上層部スタッフ(おそらく経営者のエジプト人)が

「ここでスーダンポンドに両替できるよ、

国境に両替はないから多少持っておいた方が良い」

と言って来たので、考えさせてもらうためにレートを確認。

彼はハッキリした口調で『US14.6スーダンポンド』と言った。

 

スーダンは、闇両替の国である。

 

だからネットでレートを調べても、何の役にも立たない。

正規両替は損をするだけだ。

だからネットや現地でクチコミ情報を探すしか、

闇レートを確認する方法がない。

 

この時点でワタシは闇レートに関する情報がゼロだったため、即答せず両替を見送った。

過去の経験からして、国境に両替屋はなくとも両替商はいる。

ボリやごまかしなどのリスクは高いけど 自分次第で防げるし、

たったひとつしかない情報に決断を下してしまうことの方が

尚早だと思ったのです。

 

これがのちに大きな決断となる・・・。

 

 

 

ガイドブックにはないけど、

安宿のビルから徒歩圏内のトルゴマーンバスターミナルからも

アスワン行バスは出ている。

毎日17:00発で110ポンド、所要17時間半。

このアッパーエジプト社の長距離バスは

地元人も使いたがらないことで評判と聞いていたが

旅人目線でいえば申し分なく移動できる普通のバスだった。

 

このバスターミナルからもうざいタクシー客引きを蹴散らして

乗り合いのミニバスへ。

目指していた宿がつぶれていたけど、

代わりになりそうな宿を地元人が紹介してくれて

“ユースホステル”という看板を掲げる、

絶対協会加盟だとは思えない胡散臭い宿に宿泊。

30ポンド(=約420)とアスワンの安宿物価と比較すれば高いけど、個室で冷房付きなので良しとしよう。

今回はちょっと贅沢な娘ですがママ許して!笑

 

 

荷物を置いたら真っ先にフェリー会社のオフィスへ向かう。

ベニス細川家のスタッフ情報では「土曜日はオフィスが閉まる」と聞いていたのに、普通にやってるし・・・

そこで体験談ブログでよく登場するMr.SARA(男性)が登場。

アスワンでフェリーチケットを買う場合、

この会社の英語話者が彼しかいないので

彼が外国人対応窓口として、

バックパッカーの間では非常に有名なのです。。。

SARA






一部で「当日のキャンセル待ちが出た枠にMr.SARAは全員女性を優先した」という情報もあったので、出来るだけ可愛らしく

『あのぅ・・・次の月曜のフェリーチケットまだありますか?』と言ったら、超アッサリ「イエス!行きのスペースを確保できるよ!」という意外な返事!

 

やっぱり!

あんな利益最優先のクソ日本人宿の言うことを真に受けずに

チャレンジしてみて良かった!!

ただし

「チケットの発行にはビザナンバーが絶対条件で、

今は予約番号だけ出してあげるから

明日領事館でビザが取れたらチケットを正式発券できる」

とのこと。

もうほんっっっっっとに嬉しかった~。

17時間のバス移動で1週間待つ覚悟固めてきたから、

ホントにホントに嬉しかったぁ!!

 

 

すっかり上機嫌となり、ランチを贅沢マックで過ごしていたとき。

(ラマダン中のため日中は他の安レストランは開いていない)

53マックアラビア(エジプト限定)











↑アラブ諸国限定のマックアラビア

 

気がついたらオリンピック番組が流れていて

サッカーの日本対エジプトのゲームがやっていた。

私が座っていた席は偶然にもテレビ画面の近くで、

数人の人が注目している。

1-0で日本リードの後半戦。なんと日本が2点目を決めた!

 

・・・気まずい。だってここはエジプト。

 

マックの客で東洋人は今ワタシだけ。

サッカー中継を一緒に見てるとなれば、

対戦国の日本人であることは容易に想像がつくだろう。

残りの時間考えてももう日本が勝つだろうな~と思った

その瞬間、

なんと3点目のシュート!

 

・・・あまりの気まずさにワタシは店を出たのだった。笑



croccicrocci at 00:16│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | 2度目のエジプト/第27カ国目

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字