2013年11月04日

2012/08/05():第27カ国目エジプト(2度目だから)

 

 

本日はアスワンにてスーダンビザ申請に向かいます。

カイロのスーダン大使館と違って、

アスワンのスーダン大使館はあまり知られていない。

昨年のネット上の情報では、カイロの日本大使館で

在アスワン・スーダン大使館のことを聞いても

日本大使館員ですらその存在を知らなかったと言っていた。

が、やはりそれは確かに存在し、

しかもカイロより断然条件がいい!!!

 

スーダンという国は政情があまり安定していないせいか、

在カイロの大使館でビザを申請する場合、

日本大使館からの推薦状を添える必要があり

更に発行までに所要3日・US100かかるらしいのだが・・・

在アスワンの大使館でビザを申請する場合、

日本大使館からの推薦状を添える必要は無く

即時発行・US50で済むのだ!!

今年に入ってから一部でアスワンでは翌日受領という情報も

あったけれど、結果難なく即時ゲットできました!

 

アスワン駅から徒歩15分くらい。住宅街(団地)の一角にあるので、わかりずらいです。
1在アスワン・スーダン大使館への行き方








 



9時過ぎに訪ねて、現地で申請書をもらって記入。

申請料US50はその場で現金払い。

待ち時間含め

所要1時間ちょいで1ヶ月観光ビザを取得できたのです!

ありがたい。。。

 

 

その足でフェリーチケットのオフィスへ行き

ついに念願のフェリーチケットも手に入れたぁぁぁぁぁ!!!
3念願のフェリーチケット!14念願のフェリーチケット!2 








Mr.SARAHは本当に紳士で、

英語の訛りがきついものの雑談なんかもたくさんした。

(※これが翌日とんでもない誤解を招くことになるのだが)

 

その話の中で両替について聞いたら、

やはりこのオフィス近辺や明日のフェリー乗り場前には

たくさんの両替商がいるとのこと。

現に帰り道「チェンジマネー?」と声をかけてくるエジプシャンがいて、そのおっさんは以下のようにレートを言ってきた。

 

110エジプトポンド=100スーダンポンド』 

US1=5.7スーダンポンド』

 

そう、ベニス細川屋ホテルのオーナーは、両替について

巧みな言葉遣いで騙すような発言をしただけでなく

レートについても極悪で儲けのことしか考えていなかったわけだ!

だって彼らが言ったレートは 

US14.6スーダンポンド』

ですよ!?

ほんと、ゲストを餌にするなんて信じられない・・・

っていうかこんなこと当たり前にやってる奴らになんて、

いずれ天罰が下るだろうな・・・。

 

とか思いながら、結局この場も保留。

「考えさせて。必要だったらまた来るから。

あなたはここにいるんでしょ?」 とだけ言っておいた。

前からわかってたつもりだったけど、

やっぱり簡単にエジプシャンを信じてイイコトはない!

 

 

結局両替は、翌日フェリーの港の最寄り鉄道駅に着いたときに

ドワッと両替商が寄って来て

彼らのレートが一律して

100エジプトポンド=100スーダンポンド』

US16スーダンポンド』 

だったことから、これが落としどころだろうと判断

 

その中に昨日レートを聞いたおっちゃんもいて

「昨日話したじゃないかぁ」的に言われたけど

いやいや、昨日のあんたのレートこれより悪かったじゃん!

と心の中でつぶやく。。。

周りにライバルがいないと思って、

小金稼ぎしようとしたのかもしれないけど

そんな性根の悪いヤツに報いなんて無いのよ!と

言わんばかりに、おっちゃんの目の前で別の両替商と

US600ほど両替を済ませてやったぜ。

ざまぁみろ。

 

ちなみに、あとでスーダンの港で会ったイタリア人個人旅行者によるとフェリー内で両替を持ちかけてきた奴のレートが

US16.1スーダンポンド』 だったとも言っていた。

スーダン側港町:ワディハルファにも両替商はいて

(トゥクトゥク運転手に聞くのが早い)

彼らのレートも 『US16スーダンポンド』 だった。

しかしあくまでこれは闇レートで、

正規のレートはUS15スーダンポンド前後。

 

ただしスーダン政府も闇両替が横行している事実は

承知しているものの食い止められず

その差を解消するために“ボーナスレート“という特別措置を

実施している銀行がある。

ハルツームの銀行で見たボーナスレートは

US15.5スーダンポンド』で、

ハルツームでは闇両替の情報を得る手段がわからなかったため、ワディハルファから入る場合は、先に必要な分を予測して闇両替しておくのが一番 得。



croccicrocci at 13:28│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | 2度目のエジプト/第27カ国目

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字