2013年11月07日

2012/08/06():第27カ国目エジプト(2度目だから)

 

 

スーダン行きのフェリーの出航予定時間は17:00

乗船締め切りは14:00

だけどMr.SARAHは「席取りがあるからゲートオープンの10:00前にはいた方がいいね!」と言ったので、

港があるアスワンハイダムにはアスワンから鉄道で行けるのですが、アスワン8:00発の鉄道が一番いいとのアドバイスを戴きました。

ものすごく雑なスケジュール構成に笑える・・・けど、

エジプト人の効率性なんてこんなもの。

電車は若干早めに出ることもあるというので、

万が一にも逃さない様に7:30前に駅に着き

フェリーポート!と駅員に聞くも「ゴータクシー」といわれる。

 

確信犯なのか、

物事を知らなすぎるだけなのか、

英語が通じないのか知らんが、

無視。

別の駅員数人に聞き込み、

チケットは事前入手でなく社内で購入ということが判明。

プラットフォームも確認して電車を待っていると、これだよ~と

周りの人が教えてくれるままに乗車。

そして以外にもアッサリ発車!

え!?8:00が若干早くなるかもとは聞いてたけど、今

まだ7:40ですよ?

テキトー・・・

ま、もうワタシは乗り込んでるし、

どこだろうが待つのに変わりはないからいいですけどね。
5港に向かうローカル列車16港に向かうローカル列車2







港開門までの待ち時間に、

フェリー会社の英語が話せるおじちゃんと仲良くなったら

ちょいちょいスタッフたちに話しかけられるようになったんだけど、大体「国籍・名前・職業」を聞かれるのが王道で

Acupuncturist(鍼師)と言っても、相手が医療に精通している

もしくは英語のボキャブラリーが堪能でない限り伝わらないので、大体の場合はMassage Therapistと言うようにしている。

いつも通り そう言ったはずなのに、

なんか反応が妙に大げさな感じ。

 

実は昨日チケット発券のときMr.SARAHと職業について話をしていたとき、彼はワタシの技術にたいそう興味を持っていた。

その彼のワタシに対する尊敬の念?みたいなものが話を大きくしてしまったようで、いつのまにかワタシは“日本から来たマッサージ専門ドクター”として

社内の人間に噂が先行してしまっているらしかった!

 

いやいやいやいや・・・3年+3年しか専門学校に行っていない身でそんなこと言われたら本物のドクターに申し訳ないっす!と思いながら、

一応プロフェッショナルマッサージは本当だけどドクターじゃないよ!と鎮火に取り掛かるも、一向に効果がないので

諦めました。

 

その後ワタシは10人くらいの現地人にスカウトされまくった。笑

「場所はうちの一角を使っていいから、

このヌビア村でマッサージのビジネスをすればいい。

絶対に成功するよ!みんなマッサージ大好きだからね。

もちろん僕も!」

と言うような誘いをここで待っていた2時間のあいだ、

何度受けただろう。。。

いつのまにかワタシは、このあとスーダンに行ってもヌビアの村に戻ってくることを強制的に約束させられたのでした。

(戻ってこないってさんざん言ったのに・・・)

 

まぁ現実は別だとしても、これだけマッサージや鍼灸に興味を持ってくれる体制があるっていうことが知れただけでも、

面白い経験だったなぁと思う。。。

 

 

10時少しすぎに、港の門はオープン。

ずっと傍にいてくれたおじちゃんが「ついて来い」とVIP待遇で案内してくれた。

エジプトからの物資を運ぶ現地人とその大量の荷物で、

ゲート周辺は大変な混雑状態。

8ごったがえす港9開門は10時頃







おじちゃんのお陰で外国人パワーを使って、

ワタシはサラッと通過。

 

税関・イミグレを通るとき、

予想外に出国税2ポンド(=約28)を請求され

「全部両替しちゃってエジプトポンドが残ってない」と言ったら

まったくもって当たり前かのようにそのおじちゃんが2ポンド払ってくれた。

2ポンドなんて気にするなって言ってくれたけど、

おじちゃんが払う必要もないお金なのに

素敵だなぁと感心してしまいました。。。

 

建物の外に出て、おっフェリー発見!

10この豪華客船は白人の高級ツアー用






と思ったら、これはプライベート用の豪華客船で、

今日乗るのはこっち。

11左側の船に700人と一杯の荷物を詰め込む






この写真左側の船に、

乗客700人前後ととてつもない荷物を積みます・・・

(ちなみに定員は400名ですが、誰もそんなの気にしちゃいません)



croccicrocci at 23:55│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | 2度目のエジプト/第27カ国目

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字